CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(5)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
狂言教室 [2012年06月30日(Sat)]

6月29日の狂言鑑賞教室のご報告です。29日も横浜市立小学校の生徒さんたちでした。

最初の中森貫太の解説。能面を皆さんにお見せしながら、
IMG_3335.JPG

面(おもて)を照らす(上に向ける)と笑っているように見え・・・
IMG_3337.JPG

面を曇らせる(下に向ける)と悲しんでいるように見える・・・
IMG_3336.JPG

面の裏面もお見せし・・・
IMG_3338.JPG

こんな風につけるのですよ〜
IMG_3340.JPG

面ですが(「おもて」と読みます)、耳の所に穴が開いていて、そこに「面紐」と呼ばれる紐を通して、頭の後ろで紐を縛って面をつけます。よく「裏に出っ張りが出ていて、そこを口にくわえて付けているのですか?」と質問されたりしますが、能面はそういう作りになっていないですし、口にはくわえません。謡(うたい)も謡いますので!

解説の次は大蔵教義師の「柿山伏」
IMG_3351.JPG

山伏が柿をもぐもぐ食べている場面
IMG_3354.JPG

山伏が畑主におんぶされて帰っていきます。
IMG_3363.JPG

狂言が終わると、狂言方の先生が装束から紋付きに着替える間、もういちど貫太先生の解説。能の楽器についての話しでした。

IMG_3364.JPG

そして、狂言の先生によるワークショップ。さっきの、柿をもぐもぐのシーンをみんなでやってみました。

IMG_3381.JPG

体験の最初は「お願いします」、最後は「ありがとうございました!」と正座できちんとご挨拶。

IMG_3368.JPG

お疲れ様でした! 

7月も鎌倉市内小学校の生徒さんの狂言鑑賞教室が4校(こちらは文化庁の「地域活性化事業」の助成事業です)と、藤沢の私立小学校の生徒さんの狂言鑑賞教室(こちらは日本財団助成事業)と、小学生さん向けの公演が続きます。お能が無いのが残念です・・・ 小学生さんも、能「土蜘蛛」など見てくれたら、「能って面白い!」と思ってくれると思いますのに〜!
狂言教室 [2012年06月28日(Thu)]

本日は横浜市立小学校の生徒さんの狂言教室でした。

舞台の前で全員で集まり静に点呼、見所に入ってきてもとても静かな生徒さんたちでしたグッド(上向き矢印)

いつものように中森貫太の説明のあと、

狂言「柿山伏」 シテ 野口隆行師、アド 奥津健太郎師

IMG_3318.JPG

もう一度中森貫太が能の楽器等の解説をしたあと、狂言の体験をしてもらいました。

IMG_3321.JPG

後ろで待っているお友達もきちんと正座をして待ってくれています。

体験を始める前には、正座をして「お願いします」とご挨拶をする、終わりには「ありがとうございました」と挨拶をする・・ その一歩からが伝統の体験ですねるんるん

今年はこの日本財団事業の「こども狂言ワークショップ」も大人気で、9校が決まってしまいました。

鎌倉市内小学校の狂言教室は、文化庁の「地域活性化事業」の助成金でこれから行います。市内16校のうち、14校の学校が参加してくださるそうです。

文化庁や企業の”文化への助成金”を大事に使い、これからも活動を続けていきたいと思っています!ガンバリマス!!
狂言教室 [2012年06月21日(Thu)]

本日は鎌倉能舞台にて、修学旅行で鎌倉に来ている埼玉県の小学生さんの狂言教室を行いました。

最初に中森貫太の解説があり・・

IMG_3129.JPG

狂言「柿山伏」の上演を見ます。本日のシテは大蔵教義師。

IMG_3132.JPG

最後に数人のお友達が舞台にあがり、狂言の先生達に、狂言の笑い方や「柿山伏」の柿を食べる仕草などを教えていただきました。

IMG_3137.JPG

日本の伝統芸能を楽しく学んでいただけましたでしょうか?

明日も大蔵先生の狂言教室がございます。これらの事業は日本財団の助成金により、生徒さん1人当たりの負担は小さく、本物の能狂言に触れられる機会を得ることができるという事業です。5年間日本財団さんから助成をいただきましたが、継続事業としての5年を迎えてしまいますので、来年度は子ども達への公演も違う事業を考えていかないといけません。何か良い知恵が無いか・・・ご一緒に考えていただければ幸いです!!


東京公演別会 無事終わりました [2012年06月21日(Thu)]

17日(日)の「能を知る会東京公演別会」は無事に終わりました。ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました。

初番の能「賀茂」 シテ 観世喜正師

IMG_2896.JPG

IMG_2902.JPG

狂言「鱸庖丁」 シテ 山本東次郎師 アド 山本則孝師

IMG_2903.JPG

今回の公演は番組の順番が変則となり、林望氏の解説がここに入りました。

IMG_2906.JPG

観世喜之師と五木田三郎師の仕舞がつづき、最後に能「高野物狂」 シテ 中森貫太

IMG_2917.JPG

子方ちゃんも頑張りました!

IMG_2927.JPG

最後に定例の中森貫太による質疑応答で終演となりました。

IMG_2930.JPG

長い番組立ての1日でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?

次の「能を知る会」は9月14日の鎌倉公演、9月26日の横浜公演となります。詳しい内容は こちらの記事 を御覧くださいませ!! 皆様のお越しをお待ち申し上げております♪
Posted by kamakura nohbutai at 22:52 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
明日の番組−時間割り変更− [2012年06月16日(Sat)]

おはようございます!

昨日、17日(日)の「能を知る会東京公演 別会」の番組時間割をお知らせいたしましたが、一部、出演者の変更に伴い(狂言のシテが山本泰太郎師→山本東次郎師)、番組の順番が入れ替わることになりました。

20120617.jpg

・能「賀茂(かも)」 シテ 観世喜正師 13:05〜14:35(90分)
・狂言「鱸包丁(すずきぼうちょう)」 シテ 山本東次郎師 14:35〜15:05(30分)
・休憩  15分
・講演「能で尋ねる世界遺産」 林望氏 15:20〜15:50(30分)
・仕舞「経正」 観世喜之師、「春日龍神」五木田三郎師  15:50〜16:00(10分)
・休憩  10分
・能「高野物狂(こうやものぐるい)」 シテ 中森貫太 16:10〜17:35(85分)
・質疑応答 中森貫太 17:35〜17:45(10分)


お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします m(__)m
Posted by kamakura nohbutai at 12:07 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
17日の「能を知る会東京公演」時間割 [2012年06月15日(Fri)]

6月17日(日)は、国立能楽堂にて「能を知る会東京公演別会」がございます。

今回は「能で訪ねる世界遺産」をテーマとした公演です。

上賀茂、下鴨神社の縁起物語である「賀茂」高野山を舞台とした「高野物狂」。仕舞も仁和寺を舞台の「経正」と春日大社所縁の「春日龍神」です。

賀茂には「素働(しらはたらき)」の小書(特殊演出)が付き、重厚かつ力強い舞台となります。また高野物狂は珍しい男物狂の曲で高野山の風景を描きながらの道行や曲舞をお楽しみください。

林望氏の講演も能を観るためにより興味が湧く内容です。


0617_1.jpg


稀曲のせいか、まだまだチケットに余裕がございます。当日のお越しをお待ち申し上げております!

当日の時間割をこちらにアップしておきますね。

・能「賀茂(かも)」 シテ 観世喜正師 13:05〜14:35(90分)
・休憩  15分
・講演「能で尋ねる世界遺産」 林望氏 14:50〜15:20(30分)
・狂言「鱸包丁(すずきぼうちょう)」 シテ 山本泰太郎師 15:20〜15:50(30分)
・仕舞「経正」 観世喜之師、「春日龍神」五木田三郎師  15:50〜16:00(10分)
・休憩  15分
・能「高野物狂(こうやものぐるい)」 シテ 中森貫太 16:10〜17:35(85分)
・質疑応答 中森貫太 17:35〜17:45(10分)


・・・・ボリュームのある公演ですが、高野物狂は子方ちゃんも活躍しますので、ぜひ見にいらしてくださいませ!
Posted by kamakura nohbutai at 09:48 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成23年度募集チラシ [2012年06月12日(Tue)]

平成23年度募集チラシ

11_B5能教室_表B.pdf

11_B5能教室_裏.pdf
Posted by kamakura nohbutai at 15:34 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
寒川神社 薪能のお知らせ [2012年06月11日(Mon)]

晴れ 今や夏の風物詩とも言える薪能。薪能の中でも「鎌倉薪能」が有名ですが、その鎌倉薪能は中森貫太の父、中森晶三が昭和34年に”薪能再考”を考え、演出・出演を任されていました・・・ (中森晶三:こちらを参照 が、長い年月の間晶三師の代に何か?いろいろ??あったようで、今は公益財団法人鎌倉能舞台も中森貫太も残念なことに鎌倉薪能には係わっておりません。

が、相模一之宮である寒川神社様の「相模薪能」は創設以来、鎌倉能舞台が承っております。毎年8月15日に寒川神社の境内にて薪能をさせていただいているのですが、なんと、ご観劇は申込み制の全て無料となっておりますexclamation


今年の観劇の申込みは7月1日から、往復葉書で寒川神社宛にお申し込みが必要なようです。

こちらに、寒川神社様の広報より抜粋した記事と、当日の番組をアップしておきます。

sagami_01.jpg

相模薪能.jpg

昨年の相模薪能の写真をご参考までにアップしておきますね〜  本殿をバックにとても荘厳で美しい舞台です。ぜひ一度ご覧くださいませ〜exclamation×2

051.JPG

Posted by kamakura nohbutai at 14:38 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
チラシ等更新情報 [2012年06月11日(Mon)]

ひらめき 鎌倉能舞台ホームページの「空席案内」(主催公演スケジュール)に、11月25日の「能を知る会 鎌倉公演」までのチラシと、eプラスでのチケット販売ページの情報をアップしました。

こちら http://www.nohbutai.com/contents/03kuuseki.htm

チケットは年間を通してご予約受付中です! 鎌倉能舞台でのお席の指定なども承っておりますので、ご覧になりたい演目・お日にちはお早めにご予約くださいませexclamation×2

0914_1.jpg

0926_1.jpg

1021_1.jpg

1023_1.jpg

1116_1.jpg

1125_1.jpg

・・・裏面をスキャニングするのを忘れましたあせあせ(飛び散る汗)  詳しい番組(地謡・囃子等)をお知りになりたい方は鎌倉能舞台事務局までご一報くださいませ! チラシを郵送いたします〜手(パー) 
Posted by kamakura nohbutai at 13:47 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
源氏物語2題 [2012年06月09日(Sat)]

6月5日は「能を知る会 鎌倉公演」でした。ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました!

解説は午前・午後とも尾島政雄氏による「源氏物語と能」について。

午前の部、狂言「盆山」 シテ 善竹十郎師 アド 善竹富太郎師

IMG_2824.JPG

能「須磨源氏」 シテ 中森貫太

前シテ:
IMG_2829.JPG

後シテ(撮影:駒井壮介)
12.06.05 能知会(26).JPG
↑後シテは”光源氏”ですぴかぴか(新しい)


午後の部、狂言「千鳥」 シテ 善竹大二郎師  アド 善竹十郎師
IMG_2840.JPG


能「源氏供養」 シテ 奥川恒治師

IMG_2844.JPG

人気の源氏物語に因んだ能ということで、午前・午後とも両方ご覧いただいたお客様も多数いらっしゃいました。


「能を知る会」では、最初に”本日の能”についての解説付きですので、当日のお能についてプチ知識を仕入れてからご観劇いただkます。

それにプラスして最後には中森貫太による質疑応答がございますので、「今持った疑問はその場で解決!」できますし、また観劇後のプチ解説でより深く掘り下げてお帰りいただくことができます。

IMG_2853.JPG

次回の「能を知る会」は、6月17日 国立能楽堂での「別会」になります。

こちらは能が2番でボリュームのある公演となりますが、リンボウ先生の解説、能「賀茂」と稀曲「高野物狂」を両方1日で見られるチャンスです!!

まだまだチケットございますので、ぜひ足をお運び下さいませ〜ハートたち(複数ハート)
Posted by kamakura nohbutai at 21:50 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ