CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
カレンダー 続編 [2011年10月29日(Sat)]

数日前にお知らせ記事をアップしたカレンダーですが、出来て参りました!!!

カレンダー表紙写真 こちら



カレンダー申込みは こちらのページからできます。

http://www.nohbutai.com/contents/13goods.htm

カレンダーの写真をよ〜く見ていただければわかるかも・・ですが、鎌倉能舞台は11月1日より『公益財団法人 鎌倉能舞台』となります!!

← 財団法人は、”一般財団法人” か ”公益財団法人” かに移行しなくてはいけなくなり、鎌倉能舞台でも移行作業を進めておりましたところ、晴れて県より”公益財団法人”認可がおり、11月1日より『公益財団法人』に生まれ変わるキラキラ・・というわけです。

というわけで、2012年、また鎌倉能舞台は新たな一歩を踏み出します。今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます!!

・・・あ、カレンダーもよろしくお願いいたします すいません  とても美しい仕上がりですハート
Posted by kamakura nohbutai at 17:11 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
俊成忠度/忠度 [2011年10月29日(Sat)]

10月26日は鎌倉能舞台での「能を知る会」でした。テーマは”平忠度”。狂言・能とも午前・午後と曲を替えての上演でした。

解説は国文学研究資料館教授 小林健二氏による「文武両道の将 平忠度」



足袋をご持参くださり、足袋で舞台の上でお話されました。

午前の部 狂言「蚊相撲」 野村萬斎師、月崎晴夫師、深田 博治師



午前の部 能「俊成忠度(しゅんぜいただのり)」 シテ 中森貫太 (ツレ 奥川恒治師、中森健之介)



午後の部 狂言「清水(しみず)」 野村萬斎師、深田博治師



午後の部 能「忠度(ただのり)」 シテ 古川充師



午前・午後と続けてご観劇されたお客様も多かったようです。ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました!
Posted by kamakura nohbutai at 16:57 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)
学生能楽鑑賞会 [2011年10月29日(Sat)]

10月24日は鎌倉市内の女子校の学生能楽鑑賞会でした。毎年この時期にご観劇いただいています。

本日は狂言は「棒縛」 善竹富太郎師、大倉基誠師、善竹大二郎師

(・・すみません、写真、失敗してしまってありません青ざめ

能は「羽衣」 中森貫太



質疑応答も質問がたくさん出ました。



鎌倉能舞台まで歩いて集合できる鎌倉市内の私立学校で、毎年必ず高2の授業の一環として能と狂言を鑑賞してくださっていること・・・とても嬉しく思います。

世界遺産登録を目指す鎌倉と、ユネスコの無形世界遺産に認定された”能狂言”の振興を図っている鎌倉能舞台と・・・もっとコラボできればいいのになーーといつも願っています。

鎌倉市内の学校の生徒さんは全員能狂言を見て欲しいなーー そう、心から思います!!

K女学院様、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!
紅葉狩 [2011年10月29日(Sat)]

10月16日は国立能楽堂にて「能を知る会東京公演」がございました。テーマは昨年に引き続き”歌舞伎と能”。平成23年度芸術祭参加公演でございました。

最初に、葛西聖司氏の解説がありました。テーマは「歌舞伎と能」。



狂言「悪太郎(あくたろう)」 野村萬斎師、野村万作師



仕舞「船弁慶」 観世喜之師



能「紅葉狩」 中森貫太、中所宜夫師、鈴木啓吾師、古川充師



後シテ



最後の中森貫太による質疑応答も、たくさんのお客様が残っていろいろ質問してくださいました。

ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました!
Posted by kamakura nohbutai at 15:51 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)
カレンダー お知らせ [2011年10月15日(Sat)]

今年もカレンダーの季節がやってきました!!

表紙はこんな感じです。中の写真もとても美しい仕上がりです。



昨年同様、カレンダー部分は2ヶ月ずつ、全6枚+表紙で、折るとA4版、貼るとA3版サイズで、お値段は1000円(税込み)です。

見本はできてきているので、ブログにも全ページの画像をアップしますね。来週中にはカレンダー販売ページとフォームもHPにもアップします。今しばらくおまちくださいませ!

お電話・FAXでのお申し込みはすでに受付中です。カレンダーはでき次第お送りいたしますので、よろしくお願いいたします!
Posted by kamakura nohbutai at 13:44 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
狂言教室 [2011年10月15日(Sat)]

・10月1日は日野市中央公園で「ひの薪能」でした。夜風が心地よい自然の中で、善竹十郎師の狂言「栗焼」、中森貫太シテの「天鼓」を行いました。残念ながらカメラマンを頼まなかったので写真がありません・・・残念悲しい

・10月5日は鎌倉能舞台で埼玉県の小学生の「狂言教室」を行いました。

狂言「柿山伏」 善竹富太郎師



体験も小学生はとてもノリノリで楽しくできます。



以上、駆け足での公演ご報告でした。

他に、中森貫太他能楽師一行(!)は、現在文化庁の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」で四国・関西地方の公演に回っています。各学校、ワークショップと本公演と2回ずつ伺っています。またそのご報告は別記事でさせていただきます!
四日市学生能 [2011年10月15日(Sat)]

・9月28日、29日は四日市の中学校4校の学生能でした。午前1校、午後1校を2日間いたしました。

体育館の床に直接、能舞台サイズのカーペットと簡易欄干&柱を置き、「能舞台」とします。

最初に中森貫太が能狂言について解説をします。



次に狂言「仏師」  野村又三郎師



能「羽衣」



最後に、数人の生徒さんが狂言方から狂言の体験をしてみました。泣き方、すり足の仕方など、真面目に取り組んでくれました。



こちらの事業は、文化庁の「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」の助成を受け、四日市市教育委員会のご協力のもとで開催されました。

毎年4校ずつの開催で、市内中学校全校開催を目指しています!
県民能「野守」 [2011年10月15日(Sat)]

ブログの更新が滞ってしまっていました。申し訳ありませんすいません ちょっと遡って記事をアップさせていただきますね。

・9月26日は鎌倉での「能を知る会」でした。

解説は「能の鬼」 中森貫太  能面をお客様にお見せしながら、鬼の面、鬼の出てくる曲目などについての解説でした。

 


狂言「膏薬煉(こうやくねり)」 シテ 深田 博治師、 アド 高野 和憲師



能「野守(のもり)」 午前のシテ 中森 貫太 、ワキ 殿田 謙吉師



午後のシテ 観世 喜正師 (ワキは午前と同じ)



ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました!
Posted by kamakura nohbutai at 13:08 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)