CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年09月 | Main | 2009年11月»
<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
隅田川 [2009年10月28日(Wed)]

26日、足の速い台風のせいで荒天の中、「県民のための能を知る会」無事に終了いたしました。お足元の悪い中、ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました。

午前中の部は、毎年学年で観劇くださる市内K女学園の生徒さんの団体でした。

 

時節柄(?)、マスクの生徒さんが多くいらっしゃいました。皆さん、ノートを取りながら解説を熱心に聞いてくださっていました。

狂言 「茶壺」 シテ 深田博治師、アド 高野和憲師、月崎晴夫師。



能 「隅田川」 午前の部 シテ 中森貫太、ワキ 則久英志師、大日方寛師。





子方ちゃんは5歳の翼くん。今回が初舞台です。実は、ずっと探していたのに子方が見つからず、今回は子方無しの「隅田川」にしようかと思っていたところ、お弟子さんのご紹介で「やってもいい」と名乗り出てくれた子方ちゃんでした。最近はなかなか子方を務めてくれるお子さんが見つからず、貴重なお子さんです。これからも続けてくれたら、橋弁慶・船弁慶などもまた出せるのですが。。。期待しています!

「隅田川」 午後の部 シテ 五木田三郎師



午後の部は一般のお客様でした。ますます雨風のひどくなる中、本当に良くお出ましくださいました。ありがとうございました。
Posted by kamakura nohbutai at 14:24 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)
追善能 [2009年10月22日(Thu)]

21日、国立能楽堂にて「能を知る会 東京公演」でした。 中森晶三 一周忌追善能 と副題で、中森貫太が「求塚(もとめづか)」を被かせていただきました。

ロビーの一角に、晶三先生の遺影とお花を飾りました。



解説は無しで、足立禮子師、津村禮次郎師、観世喜正師のお仕舞いの後、狂言「武悪」 (シテ 野村萬斎師、野村万之介師、深田博治師)



55分の大曲でした。

休憩を挟んで、観世喜之師の仕舞のあと、能「求塚」(シテ 中森貫太)。110分のボリュームでした。





鎌倉能舞台の公演にしては、狂言も能もボリュームたっぷりの1日でしたが、よい追善になったのでは無いかと思います。ご観劇くださったお客様、おつきあいいただきました出演者の皆様に心から感謝申し上げます。
Posted by kamakura nohbutai at 16:37 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)