CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
乱能 [2009年02月04日(Wed)]

2月2日「鎌倉能舞台40周年記念 乱能」は無事に公演を終えることができました。たくさんの先生方にご出演いただき、また客席も満々席で、大変賑やかしい公演となりました。ご出演くださった先生方、ご来場賜りましたお客様、今まで40年間鎌倉能舞台を支えていただいた全ての方々、本当にありがとうございました。

蓋をあけたらチケット難でチケット難で・・・・ 「こんなに乱能が人気あるなら、普段から役を取り替えてやってみる?!」と先生方から冗談が出るくらい(・・普段の能の会がこのくらい盛況なら嬉しいのに。。という気持ちも含めて) 大変申し訳なく思っております。

で、久方ぶりに「公演レポート」、アップいたしました〜太陽 こちら

鎌倉能舞台のHPの「新公演レポート」からも見られます。

抱腹絶倒というより、真剣モードで・・かなり真面目な乱能でしたが、写真を見る限りでは・・・ やっぱり楽しい〜ハート

また、5年後には賑やかに乱能を催したいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたしますびっくり
Posted by kamakura nohbutai at 11:12 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)
復曲能 [2009年02月03日(Tue)]

2月1日に、小山市で復曲能「小山安犬(おやまやすいぬ)」の上演をいたしました。5年前の市制50周年記念の時に復曲した「安犬」再演です。

前回と同じように、子方くんは小山市在住のお子さんにお稽古して本番に臨んでいただきました。また、地謡にも市民の方々に参加していただきました。

1年前からお稽古を積んできた成果発揮キラキラ 素晴らしい舞台となりました。

ご参加くださった市民の皆様、子方くん、そして準備に準備を重ねてお力添えいただいた市の方々。本当にありがとうございました。

終演後、5年前に子方をしてくれた男の子が楽屋を尋ねてきてくれました。スラッと背の高い高校生になった姿を見て、「我々も年をとるわけだーーー」と5年前も出演くださった出演者の皆からも声があがりました。

また5年後に再演させていただけるよう、精進していきたいと思います。5年後にはまた、素晴らしい子方くんに巡り会えますように!!


↓解説の後、市民地謡隊の皆様と祝いの謡を。こんな風に地謡はひな壇に座りました。



↓狂言は「蝸牛」 シテ:野村萬斎師



↓能「小山安犬」 シテ:中森貫太





↓頑張った、子方くん!

Posted by kamakura nohbutai at 17:36 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)