CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年07月 | Main | 2008年09月»
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年05月(4)
2017年04月(8)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
       
小鍛治 [2008年08月26日(Tue)]

昨日は、県民能 鎌倉公演でした。改修後初めての県民能です!朝から冷たい雨の降る中、ご来場賜りましたお客様、ありがとうございました。

改修後のこけら落としではありましたが、これから能楽博物館のオープンさせなくてはいけないので、舞台改修に関して、昨日の公演では特別な事はいたしませんで、通常通りの能の公演をさせてきただきました。

解説は能の小道具について、中森貫太。



狂言は「千鳥」 シテは東次郎先生より変更で山本則俊先生。



能は「小鍛治(こかじ)」 昼の部は中森貫太。



幕が鏡板の延長上に上がりますので、客席から見ていて、ぽっかり壁に穴が開いて出てくるような、不思議な感覚でした。

ワキは殿田謙吉先生。 



天井を高くしたり、橋がかりを少しのばしたりしても、能の作り物(ここでは”一畳台”)の大きさは変わらず・・・・ 大きな先生方の舞台だと、やはり狭そうですね〜 笑顔

午後の部のシテは小島英明先生。



幕と橋がかり、照明、天井の高さなどなど・・・ 改修後は懸案だった場所がリニューアルでき、なかなか快適な舞台になりました。

これから能楽博物館オープンに向けて、ショーケースや展示の方法などなど煮詰めていきたいと思います。 ショーケースの出来あがりが来月半ば頃になるそうなので、オープンはそのころになるかと・・・

こんな展示が見たい等、ご意見などありましたら、お寄せいただければ嬉しいです!
Posted by kamakura nohbutai at 23:35 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)
こども狂言教室 [2008年08月23日(Sat)]

21日に、改修後初めての”狂言鑑賞教室”を行いました。今年度初めての日本財団助成事業です。対象は由比ヶ浜の子供会の皆様がたでした。

まず、いつものように中森貫太先生の解説がありまして、



次に、山本泰太郎&則孝先生の狂言「柿山伏」を鑑賞。



最後に、紋付き姿に着替えられたお狂言の先生方が、足袋を履いて舞台に乗った子ども達に狂言の所作を伝授(?!)



みんな一生懸命、楽しそうに体験してくださっていました。

教科書に「柿山伏」が掲載されているようで(・・今でも「柿山伏」のままでしょうか?)、いつも「柿山伏」を鑑賞していただくのですが、体験は「蝸牛」などがとても受けるようなので、「蝸牛」を鑑賞していただいて、みんなで「でーんでん むーしむし!!」とやった方が楽しいかしら・・・ どうでしょう?

舞台も、また使い始めるとあちこち手直しする必要が出てくるかもしれませんが、無事に上下とも全部使えるようになりました。

8月25日は改修後初めての能公演です。舞台の後面についたお幕の調子がどうでしょうか。ワクワクドキドキ。 お楽しみに!
舞台の改修 他 [2008年08月19日(Tue)]

・・・で、舞台の改修は終わったの?というお話ですが。

お稽古に使えるようにはなっています。貸し舞台にもお貸しいたしました。

1階のお舞台部分は、こんな感じになりました。





・・・・写真がヘタクソで( σ(・_・) )わかりにくいかもしれませんが、”飾り庇”がつき、橋掛かりも少し長くなり、幕が鏡板と同じ向きに付き(・・建物の壁いっぱいまで橋掛かりを伸ばしたので、橋掛かりの端ッコは壁なのです!!)、舞台天井の上の蛍光灯は全部やめにして天井は板張りにして・・・

そこそこ”趣のある能舞台”らしく、なりました。 

8月25日の午前の部の「県民能(能 小鍛冶 シテ 中森貫太)」が、”改修後の鎌倉能舞台”お披露目公演となります! まだ空席がございますので、ぜひお出かけくださいませ♪ 詳しい番組は →こちら←です!

2階の、お稽古場(公演時は楽屋)はこんなだだっ広い空間になっています。



広さがいまひとつわかりにくいですね〜? 手前の畳の部分が八畳あって、その奥の白っぽい板張りが舞台と同じ寸法(三間四方)あります。

この2階部分、あまりに広くて貫太先生のお稽古場で週に数回使うだけではもったいない。貸し稽古場として、皆様にもお使いいただければと思います。 ヨガ教室くらいできそうですよ〜。 ただ、椅子は数が無いので、地べたに座ってできるもの限定・・になりますが。

で、肝心の”能楽博物館”ですが!!??

現在、まだ幕の奥の鏡の間が改修中だったり、細かい、ペンキを塗ったり、クロスを貼ったり・・というのがまだ出来上がらず。(25日までには完成するそうです)

これから、ショーケース屋さんに展示用のショーケースを納品していただき、展示部分を煮詰めていくところでございます。

能面師の方から能面の出来上がる課程の”できかけの能面”は納品していただいているので、「こんな木の固まりを」「こんな風に削って」「能面ができていきます!」という展示とか、

扇の作り方のお写真とか、

大小笛太鼓の展示とか、

能装束を衣桁にかけての展示とか(・・・マネキンにお装束を着せて、舞台の上に置く・・・というご意見も頂きました! 地謡から囃子方から並んでいたら・・・ 夜、1人で電気でも消しに入ったら、怖いかも〜〜青ざめ)、

などなど。

来月中旬過ぎ(?!)のオープンに向けて、ガンバリマス!!

そうそうそれから、「乱能」がとても賑やかになりそうです!! 

今、すでにお能が6番(「邯鄲」「土蜘蛛」「融」猩々乱」「石橋」「吉野天人」)、狂言は「髭櫓」「附子」「蚊相撲」、他に「勧進帳」の一調や、舞囃子、仕舞 などなど、豪華”仮”番組が出来上がりつつあります。 

あの方も、この方も、ご出演してくださる予定ですよ〜〜!!!!

久しぶりの乱能なので、ワクワクドキドキ、楽しみです。今年度の全てのお仕事は、この乱能を、心おきなく楽しく成功させるためにあります・・・・?!  頑張りましょう!(・・・もちろん、乱能に至るまでの全てのお仕事を、頑張る・・・ということです!)

乱能チケット、ご予約承っております。全席自由、6000円です。2009年2月2日、於 国立能楽堂です。
Posted by kamakura nohbutai at 21:39 | 鎌倉能舞台 舞台紹介 | この記事のURL | コメント(0)
寒川神社薪能 [2008年08月19日(Tue)]

8月15日、相模一の宮の寒川神社での薪能でした。

お天気の心配の無い、とても良く晴れた日でした・・・・ 暑いこと、暑いこと。でも、客席は風が通って割りに涼しかったとか・・・? 何にせよ、雨の心配を全くしなくて良い薪能というのは、幸せなものです。

最初の能は「大仏供養」 ワキ方 殿田謙吉師、立衆 小島英明師、中森健之介、中森慈元、源頼朝(子方) 中川優奈ちゃん。



シテは中森貫太。 直面なので少しは涼しいとか・・・?!



狂言は「蚊相撲(かずもう)」 シテ 野村萬斎師、蚊の精 深田博治師。



最後の能は「養老」 ”水波之伝””祝言之式”と小書がついが、半能です。

  

シテ 観世喜正師、天女 鈴木啓吾師。



すっかり日も落ちて、金色の光の下、とても美しい舞台でした。


来年は寒川薪能も40周年になるそうです。40周年を記念しての薪能、何か特別なお能をさせていただこうと思いますが・・・何がよろしいでしょうね。40周年ということは、40×2番ずつ・・で、たいていの曲はもうさせていただいているような・・・。

ぜひ、この寒川神社様で、こんな能を見たい!とご希望がありましたら、どんどんお寄せくださいませ!!   ・・・・道成寺とかは、ちょっとムリかとも思いますが。。。。。。すいません
Posted by kamakura nohbutai at 21:17 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0)