CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年04月(6)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
       
2016年度文化庁地域活性化事業「鎌倉市内小学生のための狂言鑑賞体験教室」 [2017年02月13日(Mon)]

文化庁事業「文化遺産を活かした地域活性化事業」−鎌倉能狂言− の公演で、鎌倉市内の小学生に、狂言鑑賞と体験教室を行っています。

平成22年度の9校参加から始まり、毎年参加頂ける校数が増え、28年度はとうとう鎌倉市内小学校全校開催となりました\(^o^)/

【参加校・参加児童数・実施日時】
鎌倉市内小学校全16校 全1,254人 が参加してくれました。

鎌倉市能狂言実施校.jpg

【実施内容】
解説「能の話、謡曲体験、楽器解説」 30分
狂言「柿山伏」鑑賞 30分
狂言体験ワークショップ 20分、質疑応答 10分

この事業によって、
・本物の能楽を一度は体験、鑑賞することにより、子ども達に、我が国の宝、伝統芸能に対する感性を育む。
・市民の地域の文化遺産に対する関心や意識が向上し、今後市民の協力による地域の文化遺産の保存と、次世代への継承とともに、地域の活性化が期待できる。
・体験の際に、最近の学校や家庭では学ばない、日本古来の正しい挨拶の仕方、稽古に臨む姿勢などを教えることにより、日本人としての礼儀作法も身に付くことが期待できる。

などのメリットがあると思います。「武家の街鎌倉」の生徒さんたちが、小学生の頃から能狂言を体験できる、貴重な事業です。

今後ともこの事業が続きますことを心から祈っております。この事業存続のためにお心配りいただいている関係者の方々に感謝申し上げます。

page001.jpg

page002.jpg

page003.jpg

page004.jpg

page005.jpg



若手演歌歌手さんのPV撮影! [2017年02月08日(Wed)]

暮れに、鎌倉能舞台を使って若手演歌歌手さんのプロモーションビデオ撮りがされました。

本日、2月8日にその新曲が発売されるということで、情報を解禁させていただきましたグッド(上向き矢印)

演歌歌手さんのお名前は「丘みどり」さん。新曲は「佐渡の夕笛」です。能舞台でのすり足や能面の持ち方、能管のあて方など、中森貫太がアドバイスさせていただきました。

プロポーションビデオのスポット(45秒)の動画はこちら! YouTube https://www.youtube.com/watch?v=wzuzbQP_Z7A

丘みどりさんのオフィシャルサイトは こちら https://www.okamidori.com/

小柄で可愛くて歌のとっても上手な演歌界のアイドル的存在の方ですね!今年の紅白にはぜひこの「佐渡の夕笛」で出て頂きたいですね〜ひらめき

鎌倉能舞台をお使いいただきましてありがとうございました!丘みどりさんのますますのご活躍、お祈り申し上げます!!

013_Resize.JPG

1933_Resize.JPG

15585191_1169827223103374_4878041795571133220_o.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 20:31 | 貸し舞台 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
遡っての公演ご報告 [2017年02月06日(Mon)]

2016年9月に、秋田県大仙市のまほろば能楽殿にて能楽公演を承ったのですが、ブログに公演報告記事をアップし忘れていましたので、遡って記事をアップしました!

こちら http://blog.canpan.info/nohbutai/daily/201609/06

また、2017年4月26日の午後5時半より、国際花火大会開催にあわせて、薪能を上演いたします。

花火と競演・・というわけでは無いようですが、大自然の中の素晴らしい能楽殿なので、ぜひご来場頂ければと思います。

演目は、半能「吉野天人」、狂言「昆布売」、半能「石橋」と、華やかな演目です。

国際花火大会 こちら http://www.oomagari-hanabi.com/isfireworks_spring2017/index.html

薪能のお知らせは載っていないようですが・・・ 毎日、大きな花火が打ち上げられるようですね!!
Posted by kamakura nohbutai at 11:09 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
3月の「能を知る会横浜公演」稀曲「九世戸(くせのと)」 [2017年02月05日(Sun)]

3月の「能を知る会横浜公演」は、稀曲ながら、登場人物も多く華やかで劇的な能「九世戸(くせのと)」を上演します!この機会にぜひご覧くださいませ!

※神仏の力」をテーマに、日本三景の一つ「天橋立(あまのはしだて)」を舞台とした、天女や龍神が登場して御代を寿ぐ祝言能「九世戸(くせのと)」と、神主と山伏がどちらの力が勝っているかを争う狂言「禰宜山伏(ねぎやまぶし)」を横浜能楽堂でご覧頂きます。
「九世戸」は、ここ70年位の間に東京では2〜3回しか上演記録が無い稀曲です。正統派の脇能としてなぜ出が遠いのか不思議に思います。書道に例えれば「楷書」の曲なので、奇をてらわずに、颯爽とした神様を演じたいと思っております。
曲を理解するための講演や終演後の質問コーナーもあり、能楽初心者にもお薦めです。横浜散策とセットで是非御来場下さいませ。

2017年3月9日横浜公演fix-1.jpg

◆日時 2017年3月9日(木)午後14時始め
◆会場 横浜能楽堂(桜木町駅下車徒歩15分)
◆入場料 正面席 7,000円 脇・中席 5,500円
(プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
・講演「天橋立を照らす天地の燈明」小林 健二
・仕舞「氷室(ひむろ)」観世 喜正
・仕舞「大江山」弘田 裕一
・狂言「禰宜山伏(ねぎやまぶし)」山本泰太郎 他 
・能 「九世戸(くせのと)」中森 貫太 他
・質疑応答 中森 貫太
◆あらすじ
「九世戸」
帝の臣下は、文殊菩薩勧請の地、丹波の国天橋立にやってくると、二人の漁夫に出会う。臣下が、この地を九世戸と言ういわれを尋ねると、漁夫は「昔この所で暴れていた龍神を鎮めるために、此処に天神七代・地神二代の九世をかけて、天橋立を作って文殊菩薩をお迎えし、龍神を鎮めた所からだ」と語り、今日は龍神(地神)と天人(天神)が御燈を灯し、天地を結ぶ橋を掛ける神事の日にあたるため、是非ご覧くださいと語り、姿を消す。
程なく空から天女が舞い降り、海からは龍神が現れ、各々御燈を神前に捧げる。神々は御代を言祝ぎ、やがて天女は虚空に、龍神は海中にと姿を消す。

→詳しい番組はこちら http://www.nohbutai.com/perform/yokohama.htm

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス(http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206230P0030001
Posted by kamakura nohbutai at 10:54 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会鎌倉公演−新春公演「能の定番曲」 公演のご報告 [2017年01月31日(Tue)]

1月28日には、鎌倉能舞台にての「能を知る会鎌倉公演−新春公演「能の定番曲」」の上演を行いました。ご来場賜りましたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました。

今回は、事前ワークショップでの告知や読売新聞が取り上げて頂きました「字幕解説」を使った試みの会でした。アンケートを回収したところ、たくさんの方がお答えくださり、舞台だけ見たいのに字幕も目に入って邪魔だった、逆に字幕が見えなかった、黒地や地の背景の色が強すぎる、などのご意見や、とてもわかりやすかったと肯定的なご意見など、いろいろと書いていただきました。さらなる進化へ向けての貴重なご意見ありがとうございます。

朝の部

解説 中森 貫太  今回は客席の皆さんもご一緒に高砂を謡っていただきました。

17.01.28 能知会 (3).JPG

狂言「昆布売」シテ 山本 則重師、アド 山本泰太郎師

17.01.28 能知会 (9).JPG

能「羽衣」シテ 中森 貫太

17.01.28 能知会 (64).JPG

昼の部

狂言「二千石(じせんせき)」シテ 山本泰太郎師、アド 山本凜太郎師

17.01.28 能知会 (83).JPG

能「高砂」シテ 中森健之介 シテツレ 桑田 貴志師

17.01.28 能知会 (118).JPG

ワキ 森  常好師

17.01.28 能知会 (95).JPG

後シテ 中森健之介

17.01.28 能知会 (152).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

皆様のご意見を参考に、29年度の鎌倉公演ではより良い字幕をお出しできるよう、頑張りたいと思います!

ありがとうございました!
Posted by kamakura nohbutai at 16:44 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
府中芸術の森劇場新春能楽公演 [2017年01月31日(Tue)]

1月14日に、府中の森芸術劇場にて、新春能楽公演を上演させていただきました。

毎年、1月の第2もしくは第3土曜日に伺っておりますが、午前・午後とも客席もほぼ満席で、館の他の演劇や音楽などの自主公演もとても盛んにされている中、たくさんのお客様に能狂言も見て頂けること、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

今年は”日本刀”をテーマに、本阿彌光蓮氏の講演「日本刀のふれあい」、狂言「佐渡狐」、能「小鍛冶」、質疑応答という番組を上演させていただきました。

本阿彌光蓮氏

17.01.14 府中能狂言_002.JPG

狂言「佐渡狐」午前の部 シテ 野村 万作師、アド 高野 和憲師、月崎 晴夫師

17.01.14 府中能狂言_006.JPG

能「小鍛冶」午前の部 シテ 観世 喜正師、ワキ 殿田 謙吉師

17.01.14 府中能狂言_025.JPG

ワキツレ 大日方 寛師

17.01.14 府中能狂言_026.JPG

間狂言 飯田 豪師

17.01.14 府中能狂言_035.JPG

後シテ 観世 喜正師、ワキ 殿田 謙吉師

17.01.14 府中能狂言_052.JPG

質疑応答 中森貫太

17.01.14 府中能狂言_069.JPG

狂言「佐渡狐」午後の部 シテ 野村 萬斎師、アド 高野 和憲師、竹山 悠樹師

能「小鍛冶」午後の部 シテ 中森 貫太

17.01.14 府中能狂言_099.JPG

間狂言 中村 修一師

17.01.14 府中能狂言_105.JPG

後シテ 中森 貫太

17.01.14 府中能狂言_151.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

来年の府中の森芸術劇場での新春能狂言は、平成30年1月13日(土)と日程が決まりました。よろしくお願い申し上げます。
Posted by kamakura nohbutai at 16:15 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読売新聞に・・・ [2017年01月24日(Tue)]

読売新聞の記者さんが、先日の、15日の「事前講座」を取材くださったのですが、その際に中森貫太が「字幕システム導入」の話しを熱く語り、それを大きな記事にしてくださいました!!

0124.jpg

文化庁巡回公演で「安達原」の字幕を公演時に生徒さんたちに見せながら上演しているのですが、それを(詞章を全部載せるのではなく、わかりやすい現代語で、今どんな場面かの説明を映し出す)、鎌倉能舞台主催公演「能を知る会鎌倉公演」でも29年度より導入したい・・・

と、暫定的に、今週28日の「能を知る会」でも、試験的に始めてみます。

・・・といっても、今まだ文章作成中なのですが・・(^_^;)

28日は、午前の「羽衣」はおかげ様で満席となりました。午後の部の「高砂」はまだ空席がございます!

ご覧になって、ご意見なども承れば幸いでございます。

大きな記事にしていただきまして、ありがとうございました!!
Posted by kamakura nohbutai at 08:31 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能楽ワークショップ〔東京2020公認プログラム〕 [2017年01月20日(Fri)]

神奈川県と小田原市主催の能楽ワークショップを今年も行います!!

神奈川県HP こちら (申込み方法、申込みフォームもこちらのページをご覧ください)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p883752.html

【ワークショップ概要】 

日時:
(小田原会場)平成29年2月25日(土曜日)
(横浜会場) 平成29年3月4日 (土曜日)
各会場共 14時開始(16時終了予定)/ 13時30分より受付

会場:
(小田原会場)小田原市民会館小ホール(小田原市本町1-5-12:小田原駅下車徒歩約10分)
(横浜会場) 県立青少年センター練習室(横浜市西区紅葉ヶ丘9-1:桜木町駅下車徒歩約10分)

対象:小中学生とその保護者 (※小中学生のみの参加も可能です。)

定員:各30名

応募締切:平成29年2月13日(月曜日)<必着>

参加料金:1人1,000円 ※見学者は無料です。

申込みフォーム https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000000370&check

お申し込み、お待ちしております!!

kanagawa_workshop2017#2-1.jpg

kanagawa_workshop2017#2-2.jpg

Posted by kamakura nohbutai at 23:35 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成29年度年間スケジュール表 [2017年01月20日(Fri)]

平成29年度年間スケジュール表ができました!

29年度は、文化庁巡回公演で好評な「字幕システム」を、鎌倉能舞台の公演で導入したいと考えています。

字幕といっても、詞章(謡本に載っている、能の謡)を映し出すのではなく、今のこの場面がどういう場面なのか、簡単な現代語訳に直した文章を、能の流れに邪魔にならない程度に流せれば・・と考えています。

いずれは、英訳などもできれば・・良いなーーと思っています。

平成29年度のチケットのお申し込みも順次受付開始いたします!! 一年間を通してチケットのご予約を承っております。チケットのご送付は、公演の2ヶ月前になります。

ご予約いただいた日程や座席をお忘れにならないでくださいねー。毎年、少なからずのお客様に、公演の2ヶ月前になってチケットをお送りすると「私が頼んでいないチケットが送られて来た」とお怒りのお電話を頂いたりします(^_^;)

29年度も鎌倉能舞台の主催公演をよろしくお願いいたします!!

2017OMOTE最終.jpg

2017URA最終.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 23:22 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
湘南リビングWebに、記事アップいただきました! [2017年01月17日(Tue)]

湘南リビングwebに、1月15日に開催した「教えて!貫太先生&健之介先生」(事前講座)の取材記事を掲載いただきました。

湘南リビングweb こちら

ありがとうございます!

1月28日の「能を知る会鎌倉公演」も、まだ空席ございます。解説時に「みんなで一節を謡ってみよう」、また、能には字幕(わかりやすい日本語訳)を導入してみます。
ぜひご来場いただき、忌憚ないご意見を賜れば幸いです。よろしくお願いいたします!
Posted by kamakura nohbutai at 23:10 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)