CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2019年01月(6)
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
       
平成31年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」学校募集開始のお知らせ! [2018年12月13日(Thu)]

平成31年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」 実施校募集が始まりました!!

○鎌倉能舞台の行っております「巡回公演」の様子は、こちらのブログよりご覧いただけます 
http://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

○鎌倉能舞台の平成31年度伺う地域は、神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 、横浜市 川崎市 相模原市 静岡市 浜松市 名古屋市、となります。

学校体育館にて生徒さんに能狂言を鑑賞いただく事業です。簡易能舞台設営のお手間も、公演に関する学校の負担金もございません。

鑑賞する生徒さんは小学校1年生から中学生までOKです。

○募集案内は、「文化芸術による子どもの育成事業」のHP
http://www.kodomogeijutsu.go.jp/ の、
「新着情報」の上の「募集に関する情報」をクリック、

◎ 平成31年度「巡回公演事業」−実施校募集のご案内−
http://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.html
より、ダウンロードしてください。

鎌倉能舞台の公演の詳しい内容は、
「D A/B区分 D 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 横浜市 川崎市
相模原市  静岡市 浜松市 名古屋市  ダウンロード」
http://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/dl/h31_kouen/abblock_d.pdf
から、ご覧いただけます。

学校の応募締切が1月18日(金)となります。

ぜひ「自校の生徒に日本の伝統文化 能楽を体験させたい」という学校さんのご応募、お待ちしております!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!



チラシ「柿山伏」「小鍛冶」-1.jpg

チラシ「柿山伏」「小鍛冶」-2.jpg

■具体的にどんな事業?
学校体育館に能舞台を再現し、プロの能楽師による、生徒向けにアレンジした、狂言「柿山伏」と
能「小鍛冶」を鑑賞、体験もします。字幕も出るので大人も子供も楽しく鑑賞できます。
■学校の負担は?
公演料、能楽出演者の交通費等、学校の負担金はありません。能舞台の設置・搬出も能楽団体が行い、体育館を使う時間は公演時間を含めて午前か午後の半日のみでOKです。
■学生向け能楽公演実績
公益財団法人鎌倉能舞台では学生のための「能楽(能と狂言)」公演を48年来開催、文化庁巡回公演事業は平成20年度より受託し、年間5千人以上の生徒児童が「能楽」を鑑賞・体験しています。
ろう学校、視覚支援学校での実績もございます。
■事業の概要
〇公演開催地域: Dブロック 神奈川県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
横浜市 川崎市 相模原市 静岡市 浜松市 名古屋市
〇公演実施可能期間:本公演 平成31年 6月 3日 〜 平成31年 12月27日
事前ワークショップ 平成31年 5月7日 〜 平成31年12月27日
〇公演内容(詳しくは別紙チラシを参照してください)
「事前ワークショップ(90分)」と「本公演(100分))を別日に行います。
「事前ワークショップ(90分)」※本公演に先立ち「能の話、謡体験、能面と能の楽器体験、能の
小道具の作成」を行います。(授業時間2時間内)(能楽師3名で伺います。)
「本公演(100分)」※狂言「柿山伏(かきやまぶし)」(15分)、能「小鍛冶(こかじ)」
(40分)の鑑賞と、狂言の体験ワークショップ(20分)、質疑応答(20分)を行います。
能鑑賞の際には、プロジェクターに映し出された字幕を見ながら鑑賞する、事前ワークショップで
練習した謡の一部分を生徒全員で謡うなど、生徒参加型の、わかりやすい公演を行います。
〇舞台設営にかかる時間
 本公演の舞台設営は簡易舞台セットを持参し能楽師が行います。設営・撤収にかかる時間は約30分ですので、公演時間を含めて、体育館は午前のみ、または午後のみの使用で大丈夫です。
〇対象:小・中学生とその保護者、教職員(小学1年生から参加可能です)
〇学校の費用負担
この事業にかかる費用(出演料、交通宿泊費等)で学校が負担する費用はございません。
〇提出期限:平成31年1月18日(金)【必着】
上記の提出期限とは、都道府県等が域内の申請を取りまとめて(株)JTBコミュニケーションズへ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限は、お早めに教育委員会に問い合わせてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当:中森 貫太(能楽師観世流シテ方)
〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
TEL・Fax:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/
マグカル インタビュー記事 [2018年12月13日(Thu)]

マグカルドットコムに、中森貫太と野村萬斎師の対談記事がアップされました!

先日、「能を知る会横浜公演」の後に横浜能楽堂での対談をまとめていただいたものです。

前編・後編と読み応えたっぷりの記事となっています。

ぜひお読みください!

https://magcul.net/topics/128897

無題.png
Posted by kamakura nohbutai at 13:48 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鎌倉ブランド物語 [2018年12月13日(Thu)]

鎌倉能舞台もお世話になっております鎌倉市の将星国際特許事務所様が「鎌倉ブランド物語」というシリーズで、鎌倉能舞台の動画も作成くださいました。

「能を知る会」「字幕e能」について簡潔にまとまっているのでぜひご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=mtCCqpuvW7s&t=10s

無題.png
Posted by kamakura nohbutai at 13:34 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年度版「能カレンダー」好評発売中です! [2018年12月06日(Thu)]

2019年度版「能カレンダー」、好評発売中です。

cal_2.jpg

cal_3.jpg

閉じるとA4版、掲載時A3版サイズ゙ 春夏秋冬の能の写真12種類が楽しめます!

☆シテ:中森 貫太、 中森健之介
撮影:駒井 壮介氏 他 
☆1部1,200円※消費税込み 10部お買い上げごとに1部プレゼント!
☆[お申し込み方法] FAX、お電話、メールフォーム等でお申し込み頂ければ郵送いたします。 ☆ [お支払い方法] カレンダー到着後、代金(1部1,200円)+ 送料(1部〜5部は100円、6部以上はレターパック料金)をお振り込みください。(郵便局 または 横浜銀行)

詳しい申込みページは こちら http://www.nohbutai.com/goods/calendar.htm

申込みフォームは こちら http://www.nohbutai.com/goods/order.htm

または、申込み用紙をFAXでお送り下さい。

こちら http://www.nohbutai.com/goods/img/2019pdf.pdf

お申込みお待ちしております!
Posted by kamakura nohbutai at 14:15 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能楽ワークショップのお知らせ [2018年12月03日(Mon)]

−能楽ワークショップ【東京2020公認プログラム】のお知らせ−

神奈川県では、次代を担う青少年のみなさんに日本の伝統芸能を身近に感じてもらうため、能楽ワークショップを開催します。能のセリフをうたったり、能面をつけてみたり、ミニ鑑賞したりと、親子で楽しく「能楽」の面白さ、奥深さを学べます。日本を代表する伝統芸能「能楽」に、ぜひ、ご家族でチャレンジしてみてください! 

詳しい内容・申込み方法は神奈川県HPをご覧ください!!

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/nougaku.html

【ワークショップ概要】
<日時>
【小田原会場】平成31年2月16日(土曜日) 10時30分開始 12時30分終了
【横浜会場】 平成31年3月2日 (土曜日) 10時30分開始 12時30分終了
<会場>
【小田原会場】小田原市民会館小ホール
 (小田原市本町1-5-12:小田原駅下車徒歩約10分)
【横浜会場】 県立青少年センター 多目的プラザ(HIKARI)
 (横浜市西区紅葉ケ丘9-1:桜木町駅下車徒歩約10分)
<講師> 
中森 貫太 (観世流シテ方、重要無形文化財総合指定保持者) ほか
<内容(予定)>
1 能の歴史を学ぼう
2 能を体験してみよう(謡曲、能面)
3 能装束の着付実演
4 能ミニ観賞
5 質問コーナー

神奈川県ワークショップチラシ2019-3-1.jpg

神奈川県ワークショップチラシ2019-3-2.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 15:05 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
小山市民能 [2018年12月03日(Mon)]

2019年2月23日に小山市で開催される「小山市民能」のお知らせがとちぎ文化情報ナビに掲載されていました。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/culture/event/301.html

復曲能「小山安犬」を上演します。

「小山安犬(おやまやすいぬ)」は、故 中森晶三師が小山市とのご縁で、小山市の市制50周年の時に復曲され、それ以後5年ごとに上演させていただいています。

安犬丸は小山市のお子さんが演じ、地謡も市民の方が出演されます。

復曲能「小山安犬」の過去の公演の様子です。

初演 2004年
http://www.nohbutai.com/contents/07/03/16-0125.htm

第2回 2009年
http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/94

第3回 2014年
http://blog.canpan.info/nohbutai/archive/319

今年のチラシはこちら

小山市民能チラシAタイプ#4.jpg

予定番組はこちらです。(出演者等は変更になる可能性があります)(安犬丸は小山市のお子さんが演じられます)

小山市民能31_02_23.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 14:54 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ユニバーサルツアー [2018年12月03日(Mon)]

先日、車椅子の方々がボランティアの方と鎌倉を巡るツアーの最後に、ドローンで撮影した鎌倉の様子を見る会場に鎌倉能舞台をお使いいただきましたが、そのツアーの様子が、ジャパンタイムズに掲載されていました。

https://www.japantimes.co.jp/news/2018/11/28/national/wheelchair-accessible-tour-kamakura-aims-revolutionize-tourism-people-disabilities/#.XATAGeRReUn

鎌倉能舞台の写真も掲載されています。

この時、車椅子の方が何人かご来場になったのですが、見所内がバリアフリーでないこと、車椅子で入れるトイレが無いこと、など、様々な方にお使いいただける能舞台への改修が必要だなと感じました。

字幕を出すだけではなく、階段を使わなくて入れるバリアフリーなトイレを用意する、見所内も段差が多いためスロープを増やしてフラットにするなど、観光地鎌倉にある能舞台として、もっとユニバーサルな使い方のできる能舞台として生まれ変わりたいと思います。

鎌倉能舞台はこのようにいろいろな用途にお使いいただけますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!!

利用について詳しいご案内は こちらまで! http://www.nohbutai.com/use/
Posted by kamakura nohbutai at 14:43 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
公演のご報告B〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月28日(Wed)]

平成30年度 巡回させていただいた学校は、下記の学校です。ありがとうございました!

『本公演』
2018/6/12 火 宮崎県延岡市立黒岩小学校
2018/6/13 水 宮崎県宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校
2018/6/14 木 宮崎県五ヶ瀬町立五ヶ瀬中学校"五ヶ瀬町民センター"

2018/6/26 火 宮崎県延岡市立土々呂中学校
2018/6/27 水 鹿児島県薩摩川内市立入来小学校
2018/6/28 木 鹿児島県鹿児島市立西伊敷小学校
2018/6/29 金 徳之島町立亀津中学校 "徳之島町文化会館"

2018/7/10 火 大分県宇佐市立高家小学校
2018/7/11 水 大分県竹田市立豊岡小学校
2018/7/12 木 大分県日出町立日出中学校
2018/7/13 金 大分県豊後大野市立緒方小学校

2018/10/ 9 火 大分県佐伯市立切畑小学校
2018/10/10 水 大分県日田市立南部中学校
2018/10/11 木 大分県大分市立東大分小学校 "平和市民公園能楽堂"

2018/11/5 月 鹿児島県南九州市立川辺中学校
2018/11/6 火 鹿児島県鹿屋市立大姶良小学校
2018/11/8 木 沖縄県那覇市立小禄小学校


page001.jpg

page002.jpg

page003.jpg

page004.jpg

page005.jpg

page006.jpg

page007.jpg

page008.jpg

page009.jpg

page010.jpg



公演のご報告A〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月28日(Wed)]

本公演に先立って、能楽師3名で本公演前の事前ワークショップを行います。

本番で使う能面や装束をみたりさわったり、刀と鎚を作って振ってみたり、謡をうたってみたり、また、能の楽器を実際にさわってみたりと、能のお話だけでなく、体験型のワークショップです。
だいたい、授業時間の2駒、90分くらいのワークショップです。

0702_07.jpg

DSC00276.jpg

DSC00293.jpg

P1030764.jpg

DSC00094.JPG



公演のご報告@〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月27日(Tue)]

鎌倉能舞台では平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」として、南九州・沖縄の学校17校、5300人の生徒さんに、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」の公演を行いました。

能と狂言が一体となった「能楽」を、学校体育館で興味深く鑑賞していただくために、簡易能舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマーク を体育館にセットします。

DSC06604.JPG

最初に、事前ワークショップで生徒さんたちと練習した謡の一節の練習や、これから鑑賞する狂言と能についておさらいをスクリーンの絵を見せながら説明します。(5分から10分)

DSC07489.JPG

次に、狂言「柿山伏」の鑑賞。(15分) 狂言は字幕を出しませんが、聴覚障害の生徒さんがいる学校などでは字幕を出して上演できます。

DSC07044.JPG

10分の休憩のあと、いよいよ能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらいます。(40分)

事前ワークショップで、刀と鎚をつかって本物の刀鍛冶が刀をうっている動画を見て、また、刀と鎚を紙工作で作って振ってみたり、謡の一部を練習して本公演の時に生徒全員で謡う・・など、導入の説明をしている + 公演の間、わかりやすい現代語訳の字幕を出しながら上演する、と、小学校低学年でも飽きずに見て貰えるよう、工夫しています。

DSC06854.JPG

DSC06970.JPG

次に、狂言方の先生がもう一度登場、狂言でみたばかりのしぐさを一緒にやってみます。
ユーモアあふれる体験に、体育館は笑いに包まれます。

DSC07745.JPG

最後に、生徒さんたちからの質問にいくつか答えて、終了です。という、全100分の公演となります。

簡易舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマークの設営&撤収ともに30分程度ですので、だいたい事業時間の2時限+休み時間の間の体育館の使用となります。

先生や生徒さんたちからも楽しかったと声があがり、好評をいただいております。