CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年11月(7)
2017年10月(7)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
       
「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森 最終クール [2017年11月14日(Tue)]

平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の青森公演 11/6-11/8の公演報告です。最終クールです。

公演の内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間くらい前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。撤収も20分前後です。

11月6日(月) 青森県南部町立南部中学校 (生徒119人)
11月7日(火) 青森県十和田市立西小学校 (生徒168人)
11月8日(水) 青森県立八戸聾学校・盲学校 (生徒22人)

公演の様子です。

南部町立南部中学校

17.11.06+文化庁南部中+(109).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(138).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(172).JPG

十和田市立西小学校

0201.jpg

0202.jpg

0205.jpg

0206.jpg

青森県立八戸聾学校・盲学校

0301.jpg

0302.jpg

0303.jpg


ろう学校での公演は、解説・狂言・能とも現代語訳の字幕を出しました。事前に先生方も授業でよく教えてくださっていて、手話通訳の方の通訳もあり、生徒さんたちも大きな声で一緒に謡ったり、体験をしたりしてくれました。

このクールの公演をもって、鎌倉能舞台の平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」は終了となりました。秋田県、北海道、石巻市、仙台市、青森県の全24校、約5800人の生徒さん(+ご父兄や地元の方など)に、能楽を鑑賞&体験していただきました。

本公演前に能楽師3名で伺った「事前ワークショップ」では、能面や装束を着けてみたり、能の楽器をさわってみたり、小鍛冶のシテとワキが使う小道具の「鎚(つち)」と「刀」を紙で作り振ってみる型をやってみたり・・能について学習して貰いました。

本公演では、体育館に簡易能舞台を設営し、プロの能楽師が演じる狂言「柿山伏(かきやまぶし)」と能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらい(能と解説には現代語訳の字幕解説付きで)、狂言の体験もしてもらいました。

能狂言、楽しかったなー、音楽がすごかった、面白かったよ!と、鑑賞してくれた生徒さんの心に印象が残ってくれるととても嬉しいです。そして、日本の伝統文化を大切に残していかなくちゃと思ってくれるとさらに嬉しいです。

24校全て無事に公演を終え、ほっとしています。ありがとうございました。

来年は南九州&沖縄の学校へ参ります!自校の体育館で生徒さんに能楽を鑑賞させたいと思われる先生は、ぜひご応募くださいませ。

これからもこの事業に限らず、学生向け公演に力を入れていきたいと思っています。【全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい!】そう願っています!!
新聞掲載 [2017年11月14日(Tue)]

北海道新聞に、函館戸倉中学校の巡回公演の様子を、読売新聞に八戸ろう学校・盲学校の公演の様子を掲載いただきました!

平成29年度の文化庁巡回公演は、たくさん取材もいただいました。ありがとうございます。励みになりますし、この事業の素晴らしさを広く読者の方にも知っていただけて、感謝申し上げます。

記者さんも、解説や字幕付きの公演を生徒たちと一緒に楽しんで頂けたならば、とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。

2017函館 新聞.jpg

読売20171109.jpg