CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 文化庁地域活性化事業「鎌倉狂言教室」 | Main | 貸し舞台»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年12月(2)
2017年11月(7)
2017年10月(7)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
       
平成30年度「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」 実施校募集のお知らせ [2017年11月15日(Wed)]

平成30年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回事業」 実施校募集が始まりました!!

○鎌倉能舞台の行っております「巡回公演」の様子は、こちらのブログよりご覧いただけます 
http://blog.canpan.info/nohbutai/category_7/1

○鎌倉能舞台の平成30年度伺う地域は、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県、となります。

学校体育館にて生徒さんに能狂言を鑑賞いただく事業です。簡易能舞台設営のお手間も、公演に関する学校の負担金もございません。

鑑賞する生徒さんは小学校1年生から中学生までOKです。

○募集案内は、「文化芸術による子どもの育成事業」のHP
http://www.kodomogeijutsu.go.jp/ の、
「新着情報」の上の「募集に関する情報」をクリック、
◎ 平成30年度「巡回公演事業」−実施校募集のご案内−
http://www.kodomogeijutsu.com/application/index.html#junkai
より、ダウンロードしてください。

鎌倉能舞台の公演の詳しい内容は、
「J 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 ダウンロード」
から、ご覧いただけます。

ぜひ「自校の生徒に日本の伝統文化 能楽を体験させたい」という学校さんのご応募、お待ちしております!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい。それが私たちの願いです!


22751218_1523407417751096_424802681_o.jpg

22690405_1523407414417763_1948158507_o.jpg


■文化芸術による子供の育成事業とは
小学校・中学校等において一流の文化芸術団体による巡回公演を行い、優れた舞台芸術を鑑賞する機会を提供することにより、子供たちの発想力やコミュニケーション能力の育成を図り、将来の芸術家や観客層を育成し,優れた文化芸術の創造に資することを目的とした文化庁事業です。
※募集要項HP  http://www.kodomogeijutsu.go.jp/application/index.html

■具体的にどんな事業?

学校体育館に能舞台を再現し、プロの能楽師による、生徒向けにアレンジした狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を鑑賞、体験もします。字幕も出るので大人も子供も楽しく鑑賞できます。

■学校の負担は?
公演料、能楽出演者の交通費等、学校の負担金はありません
能舞台の設置・搬出も能楽団体が行い、体育館を使う時間は公演時間を含めて午前か午後の半日のみでOKです。

■学生向け能楽公演実績
公益財団法人鎌倉能舞台では学生のための「能楽(能と狂言)」公演を48年来開催、文化庁巡回公演事業は平成20年度より受託し、年間5千人以上の生徒児童が「能楽」を鑑賞・体験しています。
ろう学校、視覚支援学校での実績もございます。

■事業の概要
〇公演開催地域:
Jブロック:大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

〇公演実施可能期間:平成30年6月4日〜平成30年7月20日(うち平日34日)
平成30年 8月20日 〜 平成30年12月21日(うち平日86日)

〇公演内容(詳しくは別紙チラシを参照してください)
「事前ワークショップ(90分)」と「本公演(100分))を別日に行います。
「事前ワークショップ(90分)」※本公演に先立ち「能の話、謡体験、能面と能の楽器体験、能の小道具の作成」を行います。(授業時間2時間内)(能楽師3名で伺います。)
「本公演(100分)」※狂言「柿山伏(かきやまぶし)」(15分)、能「小鍛冶(こかじ)」
(40分)の鑑賞と、狂言の体験ワークショップ(20分)、質疑応答(20分)を行います。
能鑑賞の際には、プロジェクターに映し出された字幕を見ながら鑑賞する、事前ワークショップで
練習した謡の一部分を生徒全員で謡うなど、生徒参加型の、わかりやすい公演を行います

〇舞台設営にかかる時間
 本公演の舞台設営は簡易舞台セットを持参し能楽師が行います。設営・撤収にかかる時間は約30分ですので、公演時間を含めて、体育館は午前のみ、または午後のみの使用で大丈夫です。

〇対象:小・中学生とその保護者、教職員(小学1年生から参加可能です)

〇学校の費用負担
この事業にかかる費用(出演料、交通宿泊費等)で学校が負担する費用はございません

〇提出期限:平成29年12月23日(水)【必着】
上記の提出期限とは、都道府県等が域内の申請を取りまとめて(株)JTBコミュニケーションズへ提出する期限です。学校から都道府県等へ提出する期限は、お早めに教育委員会に問い合わせてください。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人鎌倉能舞台
担当:中森 貫太(能楽師観世流シテ方)
〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
TEL・Fax:0467-22-5557
Email:webmaster@nohbutai.com
HP:http://www.nohbutai.com/

「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森 最終クール [2017年11月14日(Tue)]

平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の青森公演 11/6-11/8の公演報告です。最終クールです。

公演の内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間くらい前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。撤収も20分前後です。

11月6日(月) 青森県南部町立南部中学校 (生徒119人)
11月7日(火) 青森県十和田市立西小学校 (生徒168人)
11月8日(水) 青森県立八戸聾学校・盲学校 (生徒22人)

公演の様子です。

南部町立南部中学校

17.11.06+文化庁南部中+(109).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(138).JPG

17.11.06+文化庁南部中+(172).JPG

十和田市立西小学校

0201.jpg

0202.jpg

0205.jpg

0206.jpg

青森県立八戸聾学校・盲学校

0301.jpg

0302.jpg

0303.jpg


ろう学校での公演は、解説・狂言・能とも現代語訳の字幕を出しました。事前に先生方も授業でよく教えてくださっていて、手話通訳の方の通訳もあり、生徒さんたちも大きな声で一緒に謡ったり、体験をしたりしてくれました。

このクールの公演をもって、鎌倉能舞台の平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」は終了となりました。秋田県、北海道、石巻市、仙台市、青森県の全24校、約5800人の生徒さん(+ご父兄や地元の方など)に、能楽を鑑賞&体験していただきました。

本公演前に能楽師3名で伺った「事前ワークショップ」では、能面や装束を着けてみたり、能の楽器をさわってみたり、小鍛冶のシテとワキが使う小道具の「鎚(つち)」と「刀」を紙で作り振ってみる型をやってみたり・・能について学習して貰いました。

本公演では、体育館に簡易能舞台を設営し、プロの能楽師が演じる狂言「柿山伏(かきやまぶし)」と能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらい(能と解説には現代語訳の字幕解説付きで)、狂言の体験もしてもらいました。

能狂言、楽しかったなー、音楽がすごかった、面白かったよ!と、鑑賞してくれた生徒さんの心に印象が残ってくれるととても嬉しいです。そして、日本の伝統文化を大切に残していかなくちゃと思ってくれるとさらに嬉しいです。

24校全て無事に公演を終え、ほっとしています。ありがとうございました。

来年は南九州&沖縄の学校へ参ります!自校の体育館で生徒さんに能楽を鑑賞させたいと思われる先生は、ぜひご応募くださいませ。

これからもこの事業に限らず、学生向け公演に力を入れていきたいと思っています。【全ての日本の子ども達に能狂言を見て欲しい!】そう願っています!!
新聞掲載 [2017年11月14日(Tue)]

北海道新聞に、函館戸倉中学校の巡回公演の様子を、読売新聞に八戸ろう学校・盲学校の公演の様子を掲載いただきました!

平成29年度の文化庁巡回公演は、たくさん取材もいただいました。ありがとうございます。励みになりますし、この事業の素晴らしさを広く読者の方にも知っていただけて、感謝申し上げます。

記者さんも、解説や字幕付きの公演を生徒たちと一緒に楽しんで頂けたならば、とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。

2017函館 新聞.jpg

読売20171109.jpg



文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森・函館 [2017年11月05日(Sun)]

平成29年度文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の青森・函館公演 10/30-11/1の公演報告です。

公演の内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間くらい前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。撤収も20分前後です。

10月30日(月)青森県七戸町立天間西小学校(生徒221人)
10月31日(火)青森県平内町立小湊小学校 (生徒264人)
11月 1日(水)函館市立戸倉中学校    (生徒390人)

7月の秋田4校(1073人)、8月の北海道9校(1563人)、9月の仙台5校(1881人)に加えて、青森・函館の3校(875人)、合計5392人の小中学生に能楽を鑑賞していただきました。他にも、PTAや近隣の方や、また、新聞社やテレビニュースの取材も入っていただいていました。

公演の様子です。

10月30日(月)青森県七戸町立天間西小学校

DSC05544.JPG

DSC05551.JPG

DSC05554.JPG

DSC05562.JPG

DSC05572.JPG

10月31日(火)青森県平内町立小湊小学校

DSC05592.JPG

DSC05599.JPG

DSC05618.JPG

DSC05622.JPG

11月 1日(水)函館市立戸倉中学校

DSC05634.JPG

DSC05637.JPG

DSC05653.JPG

DSC05663.JPG

DSC05671.JPG

小学校1年生から中学生まで、とても興味深そうに鑑賞してくれました。ありがとうございました!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

平成30年度もおかげ様でこの事業を鎌倉能舞台は続けさせていただけることとなりました。

ブロックが南九州の、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県の学校を巡回させていただきます。この地域の学校さまで、狂言「柿山伏」と字幕解説付き「小鍛冶(こかじ)」と狂言体験を、自校の学校体育館で生徒に見せたい!!とお思いの学校さまは、応募開始期間を公式HP http://www.kodomogeijutsu.go.jp/ でご確認の上、ぜひご応募くださいませ!!

全ての日本の子ども達に能狂言を見る機会を持って欲しい。それが私たちの願いです!!

22751218_1523407417751096_424802681_o.jpg

22690405_1523407414417763_1948158507_o.jpg

文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」事前ワークショップの様子 [2017年09月24日(Sun)]

文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」では、本公演(能・狂言・体験の鑑賞)の前に、一度本公演を行う学校に伺い、事前ワークショップを行います。

鎌倉能舞台では能楽師3名で事前ワークショップに伺い、スクリーンを使って、能の歴史や楽器・本公演の演目の説明を行います。本公演で使用する能面・鬘・楽器や装束も持参して、実際に能面を掛けたり、鼓を打ったりと体験してもらいます。

また、本公演の「小鍛冶」の最中に、見ている生徒さん全員で謡って貰うワキの謡の部分を、皆で練習します。

座学だけでは退屈してしまうので、「小鍛冶」でシテとワキが刀を打つ場面の小道具の「鎚(つち)」と「刀身(とうしん)」を、ミシン目を切り取ってセロテープで貼れば作れる紙で工作してもらっています。

鎚と刀身が出来たところで、スクリーンに動画で、実際の刀鍛冶の方が刀を打っている場面と、能「小鍛冶」のシテとワキの刀を打っている場面の両方を見て貰い、子供たちにも自分たちで作った鎚と刀身を振る型をやってもらいます。

事前に能の知識や能の場面の予習をすることで、本公演で実際に能の場面を見た時に、あの時のお話の場面だ!と、子ども達がさらに興味を持って見てくれるようになります。

そんな事前ワークショップの様子の写真です。

001.JPG

002.jpg

003.JPG

004.jpg

005.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

010.JPG

011.JPG



文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@仙台 [2017年09月24日(Sun)]

文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の仙台公演 9/11-15の公演報告です。

内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間〜1時間半前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。

9/11月 宮城県 石巻市立蛇田小学校 学校体育館   774人 10:20
9/12火 仙台市 仙台市立住吉台中学校 学校体育館  195人 13:40
9/13水 仙台市 仙台市立吉成小学校 学校体育館   316人 9:40
9/14木 仙台市 仙台市立幸町小学校 学校体育館   283人 9:30
9/15金 宮城県 宮城県立仙台二華中学校 学校体育館 313人 13:00

7月の秋田4校(1073人)、北海道9校(1563人)に加えて、仙台5校(1881人)、合計4817人の小中学生に能楽を鑑賞していただきました。(他にも、PTAや近隣の方も見に来てくださっていました)

仙台クールの写真をアップしていきます。

9/11月 宮城県 石巻市立蛇田小学校 学校体育館

DSC05041.JPG

DSC05050.JPG

DSC05063.JPG

DSC05065.JPG


9/12火 仙台市 仙台市立住吉台中学校 学校体育館

DSC05083.JPG

DSC05095.JPG

DSC05113.JPG

9/13水 仙台市 仙台市立吉成小学校 学校体育館

DSC05127.JPG

DSC05144.JPG

DSC05168.JPG

9/14木 仙台市 仙台市立幸町小学校 学校体育館

DSC05175.JPG

DSC05207.JPG

DSC05233.JPG

9/15金 宮城県 宮城県立仙台二華中学校 学校体育館

DSC05237.JPG

DSC05247.JPG

DSC05266.JPG

人数の多い学校や、中学生さん、小学一年生から鑑賞してくれた学校などいろいろでしたが、どこの学校でもとても楽しそうに興味深く鑑賞してくれました。

ありがとうございました!
文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@北海道A [2017年09月10日(Sun)]

文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の北海道公演A 8/28-9/1の公演報告です。

内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間〜1時間半前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。

8月28日 月 札幌市 札幌市立澄川西小学校 246人
8月29日 火 札幌市 札幌市立新琴似小学校 321人
8月30日 水 札幌市 札幌市立あいの里西小学校 518人
8月31日 木 札幌市 札幌市立開成小学校 174人
9月1日 金 北海道 赤平市立赤間小学校 55人

7月の秋田4校(1073人)に加えて、北海道9校(1563人)で、合計2636人の小中学生に能楽を鑑賞していただきました。(他にも、PTAや近隣の方も見に来てくださっていました)

北海道クールAの写真をアップしていきます。

8月28日 月 札幌市 札幌市立澄川西小学校

DSC04737.JPG

DSC04758.JPG

DSC04787.JPG


8月29日 火 札幌市 札幌市立新琴似小学校

DSC04794.JPG

DSC04802.JPG

DSC04851.JPG

DSC04859.JPG


8月30日 水 札幌市 札幌市立あいの里西小学校

DSC04865.JPG

DSC04876.JPG

DSC04901.JPG


8月31日 木 札幌市 札幌市立開成小学校

DSC04922.JPG

DSC04954.JPG

DSC04960.JPG


9月1日 金 北海道 赤平市立赤間小学校

DSC04976.JPG

DSC04985.JPG

DSC04994.JPG

DSC05007.JPG

DSC05021.JPG

北海道クールも、@の時よりとても涼しく、旭川は肌寒いくらいでした。どこの学校でも先生も生徒さんもとても真剣に観劇&体験してくれました。ありがとうございました!!





北海道新聞・釧路新聞 [2017年09月07日(Thu)]

8月24日の釧路市立山花小学校の本公演の様子を、北海道新聞と釧路新聞が記事掲載をしてくださいました!

ありがとうございました!

20170906155713208_0001.jpg

20170906155806092_0001.jpg

取材していただきました記者さまたちも、最初から最後まで観劇くださっていました。本当にありがとうございました。
文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@北海道@ [2017年09月07日(Thu)]

8月21日-24日までと、8月28日−9月1日まで、北海道の下記の9校で 文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」の公演をさせていただきました。

内容は、最初に解説(10分)、狂言「柿山伏」(15分)、休憩(10分)、能「小鍛冶(こかじ)」(40分)、体験ワークショップ(10分)、質疑応答(5分)【全100分】です。

舞台設営はだいたい20分くらいなので、公演の1時間〜1時間半前に学校体育館に出演者&スタッフ全員で伺い、舞台設営をしてから、紋付きや装束に着替えて演じます。

8月21日 月 北海道 北海道札幌視覚支援学校 31人
8月22日 火 北海道 帯広市立稲田小学校 123人
8月23日 水 北海道 帯広市立川西中学校 81人
8月24日 木 北海道 釧路市立山花小中学校 14人

8月28日 月 札幌市 札幌市立澄川西小学校 246人
8月29日 火 札幌市 札幌市立新琴似小学校 321人
8月30日 水 札幌市 札幌市立あいの里西小学校 518人
8月31日 木 札幌市 札幌市立開成小学校 174人
9月1日 金 北海道 赤平市立赤間小学校 55人

7月の秋田4校(1073人)に加えて、北海道9校(1563人)で、合計2636人の小中学生に能楽を鑑賞していただきました。(他にも、PTAや近隣の方も見に来てくださっていました)

まず、8/21-24の北海道@のご報告写真をアップしたいと思います。

8月21日 月 北海道 北海道札幌視覚支援学校  

こちらの学校の公演では、ワークショップ時には装束や能面・楽器などを手で触って頂いたり、字幕やテキストを事前に学校にお送りして点字にして頂いたり、また当日は字幕の他に、貫太先生がマイクを持って公演中ずっと解説を喋るなど、生徒さんに楽しんで頂けるよう、学校の先生のご意見を伺いながら取り組みました。

DSC04539.JPG

DSC04571.JPG

DSC04578.JPG

8月22日 火 北海道 帯広市立稲田小学校

DSC04587.JPG

DSC04602.JPG

DSC04623.JPG

8月23日 水 北海道 帯広市立川西中学校

DSC04587.JPG

DSC04602.JPG

DSC04623.JPG

8月24日 木 北海道 釧路市立山花小中学校

DSC04587.JPG

DSC04602.JPG

DSC04623.JPG

どこの学校でも、生徒さんも先生もとても熱心に能楽を見てくれました。ありがとうございました!!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

おまけの写真たち。

舞台設営風景。ラフな格好で舞台設置作業をしてくださっていますが、能楽師の先生方です。いつも本当にありがとうございます。

DSC_5924.JPG

DSC_5926.JPG

DSC_6028.JPG

帯広から釧路へ貸切バスで移動で立ち寄った十勝ヒルズと池田ワイン城の広大な景色!

DSC_5996.JPG

DSC_6004.JPG

釧路のPAからは海が臨めました。

DSC_6006.JPG

釧路の学校で楽屋差入れに頂戴した、絞りたての牛乳。とても美味しかったです。お心遣い頂きましてありがとうございました!

DSC_6029.JPG
文化庁巡回公演 本公演の感想 [2017年07月28日(Fri)]

7月12日に文化庁巡回公演の本公演を行った秋田県由利本荘市山田小学校の皆さんから、感想文を頂戴しました。全学年の生徒さんが書いてくださいました。ありがとうございます!

絵入りの可愛い感想文をご紹介させていただきます。

本公演は、狂言「柿山伏」・能「小鍛冶」を観賞してもらい、狂言の体験も行いました。

感想文、ありがとうございました!

17-07-28-15-11-25-224_deco.jpg
| 次へ