CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ | Main | 日本財団助成「狂言鑑賞体験教室」»
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年05月(4)
2017年04月(8)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
       
あけましておめでとうございます [2017年01月02日(Mon)]

新年、明けましておめでとうございます。
本年も日本の伝統文化 能楽の普及と振興のために、尽力して参りたいと思っております。
ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

酉年の年賀状は、鳳凰を冠っているということで、「羽衣」の写真にしました。

0101.jpg

鳥のように大きく空へ羽ばたける1年となりますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by kamakura nohbutai at 11:58 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
謹賀新年 [2015年01月07日(Wed)]

新年のご挨拶が大変遅くなりました。

2015年度も能の普及のために公私ともに心を尽くしていきたいと思います。

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

名称未設定 6.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 14:12 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
謹賀新年 [2012年01月01日(Sun)]

2012年が始まりました。

2011年は日本も世界もたくさんの悲しく辛い試練を与えられた年でした。2012年はみんなが夢や希望をもてる、幸せな1年になりますように。

今年も鎌倉能舞台スタッフは日本の伝統文化の普及・振興のため心を尽くしていきたいと思います。

新年の公演は1月7日(土)「能を知る会 鎌倉公演」がスタートです。能は新年を言祝ぐ曲「高砂」です。午前午後とも空席がございますので、ぜひ鎌倉への初詣かたがた、鎌倉能舞台へも足をお運び下さいませ!

午前の部は10時はじめ、午後の部は2時はじめ、開場はそれぞれ開演の30分前となっております。

今年もよろしくお願い申し上げます。

Posted by kamakura nohbutai at 15:20 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
東日本大震災、お見舞い申し上げます [2011年03月19日(Sat)]

東北地方太平洋沖地震から1週間が過ぎました。被害に合われた方、ご家族が被害に合われた方々に心からお見舞い申し上げます。

鎌倉では地震の日は直後から夜まで停電が続き、慌てて乾電池式のラジオや懐中電灯を探し、ラジオから聞こえる地震の情報は得ていたのですが、9時過ぎにテレビがついて津波に襲われた情景を目にして初めて東日本の被害の大きさを思い知りました。鎌倉でもしもあの大きさの津波が来たら・・・ 

1つの伝説になっていますが、長谷の大仏も昔は奈良の大仏のように建屋の中に入っていたのに、関東大震災の津波で建屋が流されたという・・・。 大きな地震に動転し、停電で情報も入らず、緊急地域メールも混乱で届かず・・・という事態が起こった中で、15分後30分後にあんな津波が来たら鎌倉もどうやっていたか・・・ 

その後、鎌倉では計画停電が始まりました。地震直後の停電はいつ電気が復旧するか先の見えない不安がありましたが、時間の決まった停電は気が楽です。節電、計画停電という形が少しでも「今、私達にできること」として役に立つならば苦にはなりません。 (・・地域格差をつけず、被害にあった地域以外の東京電力の管轄内全ての地域で実施すべきだと思いますが)

ただ、地震の後の交通の不安、全体的な自粛ムード、いつまた大きな地震があるかもしれないという不安から、鎌倉からは観光客が消え、能狂言も含む公演やイベントはほとんど中止・・となっています。 鎌倉のお店は計画停電の中、ろうそくの灯火でも営業を続けています。また、私たち能楽に携わるものは、能狂言を通して文化を発信することが”自分たちの使命”と思っています。

もちろん、ボランティアや寄付もできることはしていきたいと思います。

しかし、それ以外に「今 できること」  それは、日々の責任を全うし、きっちり仕事をしていくこと。被害にあっていない土地が元気で、経済を回し、税金を払い、国家の再建に寄与することだと思うのです。

テレビを見て涙を流し、外出も消費も控え(not 電力 ←物を買う、などの消費)、全ての娯楽を自粛する・・・。衝撃が大きい間は動けません。「お能を見せますぞえ」のブログも1週間何も書けませんでした。

1週間。もう1週間。まだ1週間。

原発の鎮静化に向けてハイパーレスキュー隊や自衛隊の方々のご活躍でやっと少し明るい見通しもついてきたようです。被災地の方々も他の土地に一時避難する道が開かれてきました。救援物資もやっと現地に届き始めたようです。国外からも続々と支援の申し出が届いているようです。

そんな1週間の衝撃期間が過ぎた「今、私達にできること」。

それは、日本の再建のために1人1人が今まで以上に努力をすること。

今すぐ何かをできるわけで無ければ、今まで以上に一生懸命働くこと。

被害にあっていない地域が元気でなければ、日本を元気にできないと思うので。

なので、鎌倉能舞台ではお弟子さんのお稽古や公演は中止にせず、させていただきたいと思っています。それが私達の責任だと思うので。


今晩は満月です。月が地球に近いそうで、いつもより明るく大きな”スーパームーン”と呼ばれる満月なのだそうです。

皆様の心を満月が大きく照らしてくれますように。明けない夜は無いと言います。被害に合われた方々が失われたものはとてつも無く大きいと思います。私達はその悲しみを忘れずに、明日の日本のために頑張らなくてはと。祈りとともにそう心からスーパームーンに誓います。



月 日本財団経由の義援金の寄付はこちらから・・

CANPANニュース

http://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
Posted by kamakura nohbutai at 23:13 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
能楽博物館&来年の予定 [2010年09月06日(Mon)]

いつまでも本当〜に暑いですが、季節は秋。芸術の秋!!です♪

鎌倉能舞台でも「能楽博物館」に装束の展示も戻し、皆様のお越しをお待ちしております。今のところ金曜日(・・と日曜日)が休館日としております。9月の連休以降は日曜日も開館する予定ですので、ぜひ鎌倉散策のひとこまに、鎌倉能舞台にも足をお伸ばしくださいませ!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

来年のカレンダーがもうすぐ出来上がって参りますが、来年度の主催公演の予定もボチボチ固まりつつあります。

今年度は鎌倉公演を1日1回にしてしまいましたが、来年度は従来通りの1日2回公演に戻そうと思っています。その2回を、午前午後で違う曲目にしようか・・という案も出ています。いかがなものでしょうか?

今のところ来年度(平成23年4月〜平成24年3月まで)の候補曲は、鎌倉公演は吉野静、須磨源氏、雷電、俊成忠度、船弁慶、絵馬。東京公演6月が自然居士+葵上、10月未定、横浜公演の11月が通園と鵺、3月が熊野、だそうです。鎌倉、土日が多めです。(まだ予定は未定ですが・・)

曜日や演目のご希望などございましたら、ご意見お待ちしております!皆様の声を反映させていただければと思っています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この秋の公演の予定ですが・・・ 鎌倉は9,10,11月とも満席となりました。 ・・・1日1回公演にしてしまったため、いつもの年の半分の方にしかご覧頂けないという事態になってしまったためと反省しております。

10月17日の国立能楽堂の「安宅」はまだまだお席がございます! 鎌倉の定員が160席、国立の定員が480強という、舞台のキャパの差でこうなったようです。

東京公演のチケットは以下からお求めいただけます!また、1月8日の鎌倉公演、3月10日の横浜公演のチケットもご予約承り中ですので、お申し込み心からお待ち申しております!

鎌倉能舞台チケット申込みフォーム <こちら>
http://www.nohbutai.com/contents/cgi/pfmail/mousikomi.htm

☆10月17日「能を知る会東京公演−安宅−(平成22年度文化庁芸術祭参加公演)」
・チケットぴあチケット購入ページ <こちら>
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1034042
eプラスチケット購入ページ <こちら>
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002043897P0050001P006001P0030001
・ゲッティ指定席チケット購入フォーム(セブンイレブンで発券できます) <こちら>
http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=no00ai88&S=101017
・ゲッティ自由席チケット購入フォーム(セブンイレブンで発券できます) <こちら>
http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=no00ai88&S=101710

☆1月8日「能を知る会鎌倉公演−難波(なにわ)−」
・ゲッティチケット購入フォーム(セブンイレブンで発券できます) <こちら>
http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=no00ai88&S=110108

☆3月10日「能を知る会横浜公演−春日龍神−」
・ゲッティチケット購入フォーム(セブンイレブンで発券できます) <こちら>
http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=no00ai88&S=110310
Posted by kamakura nohbutai at 16:23 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
今年もよろしくお願いいたします [2010年01月01日(Fri)]

新年明けましておめでとうございます。

前の記事からほとんど1ヶ月空いてしまいました。申し訳ありません。前回の記事でもお願いした”文化庁への意見公募”が来年度予算案にどう反映されたかについて、文部科学省のHPに公開されています。

「事業仕分けについて」の中でも、文化関係@「・芸術創造・地域文化振興事業等・子どものための優れた舞台芸術体験事業業・芸術創造・地域文化振興事業」についてはオーケストラ、舞踊、演劇など幅広い分野から11万件の意見が寄せられたそうです。

文部科学省のHPの「予算(平成22年度)」 (http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h22/index.htm)の、「事業仕分け結果・国民から寄せられた意見と平成22年度予算(案)における対応状況(平成21年12月25日) (PDF:481KB)」(http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/12/28/1288506_3_1.pdf)に、国民から寄せられた意見と、予算案に対する対応が掲載されています。文化関係は34,35ページにありました。

違う形であれ、国が文化の振興に努めてくださるとの結果を読んで、本当に良かったと思います。ご意見を文化庁宛にお送りくださった全ての方に感謝申し上げます。

今年も一年、能狂言の普及のためにも、心をこめて公演をさせていただきたいと思っています。

新年最初の「能を知る会」は、1月9日(土)の鎌倉能舞台での公演になります。狂言は「鐘の音」、能は「盛久」と鎌倉のご当地曲でございます。午前・午後ともお席がございますので、お初詣かたがた、鎌倉での観能はいかがでしょうか?ご来場を心よりお待ち申し上げております。


↓ 「寅年」に因んで「龍虎(りゅうこ)」の写真をば。(中森貫太・桑田貴志、写真:森田捨史郎)



今年もなにとぞよろしくお願いいたします!!
Posted by kamakura nohbutai at 22:04 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
芸術・文化とは・・・ [2009年11月19日(Thu)]

雑文です。

『”行政改革”とはこういうものです!!』というパフォーマンスのような、”必殺仕分け人”による『行政作新会議「事業仕分け」』の結果にとてもとても落胆しました。 ←文化・芸術に関する仕分けの部分です。

芸術・文化の振興という目に見えない国の資産を、国が守る必要は無い、国が出す必要の無い無駄なお金だとばっさり切られてしまっては、身も蓋も無いというか・・・

芸術・文化への支援は、その成果が数字ですぐに表れるようなものでは無いのは確かです。数値では表せない、だからこそ国が守ってくれるべきものが文化の振興だと思うのですが。

中高生に能狂言を見せたとしても、だからと言って、見せられた生徒が大人になって会社社長になり、自分が見せて貰った能をまた小学生にも見せたいからと冠公演をしてくれるようになる・・・なんてありがたい事にはきっとなかなかならないと思います。大人になって「そうそう、小学生の時に体育館で能を見せられた事があるよ」という思い出話しになる・・・そんな程度の事かもしれません。

でも、義務教育時代に学校の授業の一環として能狂言を見るという経験をしてもらう事、それがすなわち”文化振興としての成果”なのだと思うのですが。

第3WGのコメント(評価シートに記載されたコメント)「芸術文化への国費の投与を0にできる見通しが示せないから、国費の投入は無駄。地方自治体がすべきこと。民間からの寄付を集める努力が不足。」 

なんて悲しい言葉なのでしょう。文化は国の財産では無いのでしょうか?そんな無形の財産だからこそ、国しか守ってくれられない。国が守る姿勢を見せてくれるからこそ、地方や企業も後をついていくのでは無いかと・・・。国が「守る必要が無い」と言い切ったものを、地方や企業が果たして守っていこうと思うかというと・・難しくなるだろうな〜と憂慮します。

鎌倉能舞台では、数年前からは日本財団さんの助成金で、昨年・今年は文化庁の「本物の舞台芸術体験事業」で、公立小中学校での出張能狂言教室をさせていただいています。

どこの学校も、子ども達に能狂言を見せる機会を得て嬉しいと喜んでくれています。そして出演する能楽師も、どんな地方での公演だとしても、仕事があって嬉しいと付き合ってくれています。

後継者育成事業として受けている仕事ですが、これからの日本を担う子ども達に、第1回ユネスコの無形文化遺産に認定された能狂言を見て貰うという大きな成果の他に、演じる側から見ても、公演数が増えてそれだけ公演に出演できるという、出演者側の”後継者育成”という成果もあるのです。

能楽師になりたい若い世代は減っています。なぜならば、そんな職業があることを知らないから。なぜならば、せっかくなっても能楽師だけでは食べていけないかもしれないから。なぜならば、将来の保障も無いのにきつい職業だから。なぜならば、別にあってもなくてもいい”無駄なもの”だから・・・・?!

”無駄を削減する”中で、初日にバッサリ削減されて、とても悲しいです。文化を担う当事者の立場から必死に守っていこうと思っていたものを、日本では「文化は国が守る価値も無いもの」と宣言されてしまったようで。

そんな意地悪言わないで、どうか、日本の文化を守ってくださいませ。

参考:

第3会場評価結果 11月11日  
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/3kekka.html
→評決結果
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3.pdf

文化関係(1)―(独)日本芸術文化振興会(文部科学省)
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf
→予算要求の縮減(圧倒的な縮減)

文化関係(2)―芸術家の国際交流等(芸術家の国際交流、伝統文化こども教室事業、学校への芸術家派遣、コミュニケーション教育拠点形成事業)(文部科学省)
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-5.pdf
→芸術家の国際交流:予算要求の縮減
→伝統文化子ども教室、学校への芸術家派遣、コミュニケーション教育拠点形成:国の事業として行わない


文部科学省 行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください 
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

芸団協 ((社)日本芸能実演家団体協議会) 
http://www.geidankyo.or.jp/
→行政刷新会議「事業仕分け」に関する意見書
http://www.geidankyo.or.jp/02shi/pdf/0911jigyoshiwke.pdf
Posted by kamakura nohbutai at 16:05 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
[2009年04月07日(Tue)]

前回の記事から2ヶ月が立ってしまいました。
3月は年度終わりで、最後の主催公演「県民のための能を知る会横浜公演」で「屋島」があり、翌12日は日本財団助成公演の中学生のための能鑑賞教室があり・・・そのご報告の記事を書かなきゃ〜!と思っている間に、あらあら、もう4月ですチューリップ

駅に出たついでに、段葛(だんかつら)を覗いてみました。鎌倉の桜も満開でした!!




さて、新年度。心を引き締めて今年度も頑張っていきたいと思っています太陽
Posted by kamakura nohbutai at 15:55 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
追悼抄 [2008年04月01日(Tue)]

本日付の読売新聞の夕刊の”追悼抄”という欄で、中森晶三の記事を載せてくださってあります。

ありがとうございました m(__)m


今日から新年度です。

鎌倉能舞台一同、心を引き締めて、新たな気持ちで頑張って参りたいと思います炎


Posted by kamakura nohbutai at 20:26 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
平成20年度のお仕事 [2008年03月21日(Fri)]

平成19年度もあと1週間ほどで終わりです。 主催公演や学生能等の報告書が「年度末○○日以内」ととても早くなっているので、早くまとめなきゃ〜〜と気持ちだけは(?)急いています 走る

平行して平成20年度のお仕事もいろいろと決まってきております。主催公演は鎌倉能舞台のHPにアップした通りですが、その他に文化庁事業の学生能も決まりました。

1つめは【芸術団体人材育成支援】という事業で、そちらは、四日市(1日2校×2日)・神奈川県立高校(1校)・川崎市立小(合同)の3件の学生能への支援をいただけることになりました。

もう1つめは、2月16日の記事にも書いた【本物の舞台芸術体験事業】という事業ですが、こちらは応募が無いどころかたくさんの応募をいただいたそうで、その中から10校の学校へお伺いして公演をさせていただくことになりました。愛知・岐阜・長野・静岡・神奈川と移動距離がかなりあるのと、事前にワークショップにお伺いもするので、体力・事務能力ともに頑張らなくてはいけませんね〜ロケット

この文化庁の2件の事業と&日本財団事業の鎌倉能舞台でのワークショップ公演事業と合わせると、今まで日本財団の助成で承っていた学生能以上の公演をさせていただくこととなりましたペンギン

改修工事もあるし、かなり真剣に”お仕事頑張らなくてはびっくり”な年度となりそうです。

そして、年度の終盤には楽しい乱能が待っています鐘 出演者の先生方はお稽古大変でいらっしゃいますが(前日は小山の公演もありますし・・・)、久しぶりの乱能、とっても楽しみです〜ハート  

というわけで、平成20年度もガンバリマショウ山というお話でした。  (・・・その前に、報告書、報告書・・・・汗
Posted by kamakura nohbutai at 23:09 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ