CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 生徒さん向け公演(一般公演) | Main
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
2008年08月(4)
2008年07月(1)
2008年06月(2)
2008年05月(1)
       
2016年度主催公演スケジュール [2016年01月27日(Wed)]

2016年度の主催公演「能を知る会」の年間スケジュール表が出来上がりました!!

nenkan_1.jpg

nenkan_2.jpg

チケットのお申込は1年間を通じて承っております。

お申込みいただいた公演のチケットは、それぞれ公演の2ヵ月前に鎌倉能舞台からチケットと振込用紙を同封して郵送させていただきます。チケットのお代金は、その後、1週間以内にお振り込みいただくようお願い申し上げます。

一度お申込みいただいたチケットは、お客様ご都合によるキャンセルはお受けできませんので、お気を付けくださいませ。

詳しい番組等は http://www.nohbutai.com/perform/

チケット申込みフォーム、お電話、FAX等で承っております。

お申込み、お待ちしております!!
鎌倉能舞台改装中 [2014年04月29日(Tue)]

3月末から、鎌倉能舞台で外装をプチ改装中です。

まず、10月の台風でベニヤ?が飛ばされボロボロになっていた屋根の軒を綺麗に張り替えてもらいました。ベニヤがボロボロになった箇所だけの修理というわけにはいかず、前の屋根の軒下全体の工事となりました。

DSC_0946.jpg

そして、次に、長年の使用と二度の雪の重みで、人が乗るとグラグラと折れそうになっていた正面の階段を、木からコンクリートに替える工事をしました。

コンクリート+タイル貼りで、今までのように木が腐ったり白蟻に喰われてしまったりの心配は無くなりました。

DSC_0948.jpg

DSC_0947.jpg

木の階段に比べると無機的になってしまいましたが・・・

木の階段を取り外したところ、階段を支えていた柱が白蟻にやられていることが判明し・・まだ柱を切って継ぎ足しする修理が残っていますが、正面の顔が綺麗になりましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

綺麗になった鎌倉能舞台をぜひ見にいらしてくださいね!!

GWの「能を知る会」(5月6日)もまだまだ空席ございますので〜手(パー)

ご来場、心よりお待ちしております!!!

0506.jpg

見所の座席について♪ [2012年05月01日(Tue)]

鎌倉能舞台の見所(けんしょ)はいわゆる”桟敷舞台” ・・・見所の床はカーペット敷きなので、玄関で靴を脱いで上がって頂く見所となっております。そして座席は・・・昔は全席、座布団+座椅子、でしたダッシュ(走り出すさま)

・・・・というわけで、昔の「鎌倉能舞台」をご存じのお客様は「舞台が近くて良いんだけど、なんたって足が痛くてねーー」という思いを抱いていらっしゃるかと。。

しかし!2年前の改築以来、いろいろと座席も改善を進めておりまして、今では正面の2列が昔ながらの座布団+座椅子になっていますが、それ以外のお席は全席椅子席となっております!!
椅子席と言っても・・・長い木の椅子に座椅子が背もたれがわりになっている席ですが・・・

DSC_0254.JPG

座椅子ごと後ろにひっくり返らないよう、木の板をうってもらいました。

DSC_0255.JPG

それから、座布団だけではお尻が痛いわ〜と言う声を反映させ、座椅子にカバーをかけ一つずつスポンジをいれ、お尻に優しい?ように改善しました。

DSC_0256.JPG

というわけで、「鎌倉能舞台は正座してなくちゃいけないから行けないわ〜」と思っていらっしゃったお客様!! 大丈夫です、2時間半の公演の間は足も腰もきっと痛く無い・・ (多分) そんな見所に生まれ変わっておりますので〜 

そして、自由席入場券にプラス1000円かかりますが、全席、お好きなお席をお選びいただけます。正座が得意だし、一番前で見たいわ♪とお思いになるお客様は最前列と2列目のお座布団席もお選びいただけますし、一段高い畳の間から見たいとお思いになればそちらの席、脇正面がお好きな方は脇正面と・・ お客様のお好きなお席をどうぞお選びくださいませ。(空いている席は事務所にお電話していただければご確認いただけます!)

と、そんな風に改善してまいっております。ぜひ一度ご来場になり、お確かめくださいませ〜グッド(上向き矢印)
能楽博物館 [2010年04月23日(Fri)]

秋の学生さん向け公演ラッシュ以降(公演があると見所の展示物を片付けなくてはいけないので・・・)開店休業状態だった「能楽博物館」でしたが、また装束や楽器の展示をし直しました。



↑ 能面を裏側からご覧になれます。目の穴はこんな風に開いているのね〜などなどとご覧ください。



↑ 「玄象(げんじょう)」で使う大龍戴(だいりゅうたい)です。



↑ 面も入れ替えました。



↑ 能の楽器たち。手にとって体験していただく・・・・というのも時間を決めてやりたいと思っています。



↑ 装束も展示しました。

というわけで、今のところ金・日がお休みで、それ以外の日は10時から5時までオープンしております。GW中もオープンの予定ですので、ご来館お待ち申し上げますメロディ

能楽博物館の入館料はお一人様500円です。(公演の際の入場料金は、博物館入場料金と異なります)

よろしくお願いいたします星2
Posted by kamakura nohbutai at 12:20 | 鎌倉能舞台 舞台紹介 | この記事のURL | コメント(0)
舞台の改修 他 [2008年08月19日(Tue)]

・・・で、舞台の改修は終わったの?というお話ですが。

お稽古に使えるようにはなっています。貸し舞台にもお貸しいたしました。

1階のお舞台部分は、こんな感じになりました。





・・・・写真がヘタクソで( σ(・_・) )わかりにくいかもしれませんが、”飾り庇”がつき、橋掛かりも少し長くなり、幕が鏡板と同じ向きに付き(・・建物の壁いっぱいまで橋掛かりを伸ばしたので、橋掛かりの端ッコは壁なのです!!)、舞台天井の上の蛍光灯は全部やめにして天井は板張りにして・・・

そこそこ”趣のある能舞台”らしく、なりました。 

8月25日の午前の部の「県民能(能 小鍛冶 シテ 中森貫太)」が、”改修後の鎌倉能舞台”お披露目公演となります! まだ空席がございますので、ぜひお出かけくださいませ♪ 詳しい番組は →こちら←です!

2階の、お稽古場(公演時は楽屋)はこんなだだっ広い空間になっています。



広さがいまひとつわかりにくいですね〜? 手前の畳の部分が八畳あって、その奥の白っぽい板張りが舞台と同じ寸法(三間四方)あります。

この2階部分、あまりに広くて貫太先生のお稽古場で週に数回使うだけではもったいない。貸し稽古場として、皆様にもお使いいただければと思います。 ヨガ教室くらいできそうですよ〜。 ただ、椅子は数が無いので、地べたに座ってできるもの限定・・になりますが。

で、肝心の”能楽博物館”ですが!!??

現在、まだ幕の奥の鏡の間が改修中だったり、細かい、ペンキを塗ったり、クロスを貼ったり・・というのがまだ出来上がらず。(25日までには完成するそうです)

これから、ショーケース屋さんに展示用のショーケースを納品していただき、展示部分を煮詰めていくところでございます。

能面師の方から能面の出来上がる課程の”できかけの能面”は納品していただいているので、「こんな木の固まりを」「こんな風に削って」「能面ができていきます!」という展示とか、

扇の作り方のお写真とか、

大小笛太鼓の展示とか、

能装束を衣桁にかけての展示とか(・・・マネキンにお装束を着せて、舞台の上に置く・・・というご意見も頂きました! 地謡から囃子方から並んでいたら・・・ 夜、1人で電気でも消しに入ったら、怖いかも〜〜青ざめ)、

などなど。

来月中旬過ぎ(?!)のオープンに向けて、ガンバリマス!!

そうそうそれから、「乱能」がとても賑やかになりそうです!! 

今、すでにお能が6番(「邯鄲」「土蜘蛛」「融」猩々乱」「石橋」「吉野天人」)、狂言は「髭櫓」「附子」「蚊相撲」、他に「勧進帳」の一調や、舞囃子、仕舞 などなど、豪華”仮”番組が出来上がりつつあります。 

あの方も、この方も、ご出演してくださる予定ですよ〜〜!!!!

久しぶりの乱能なので、ワクワクドキドキ、楽しみです。今年度の全てのお仕事は、この乱能を、心おきなく楽しく成功させるためにあります・・・・?!  頑張りましょう!(・・・もちろん、乱能に至るまでの全てのお仕事を、頑張る・・・ということです!)

乱能チケット、ご予約承っております。全席自由、6000円です。2009年2月2日、於 国立能楽堂です。
Posted by kamakura nohbutai at 21:39 | 鎌倉能舞台 舞台紹介 | この記事のURL | コメント(0)
職人さんの技 [2008年07月25日(Fri)]

大変大変お久しぶりです。うっかりログインパスワードを忘れてしまうくらい、長い間更新していませんでした・・・・ごめんなさい m(__)m

東京公演別会の後、能舞台の改修も本格的に始まり、こっちの荷物をあちらに動かし、大量のゴミを捨て、事務所も建物内で移動し、毎日朝から晩まで大工さんがお仕事をしてくださる中、何だかもう能舞台事務所も地に足がついていないような状態で・・・

なんたって上から下からの大改修で、まるでテレビ番組のビフォアアフターの”ビフォアー”状態がずっと続いていた感じで・・・ 本当に8月の県民能までに「なんということでしょう!!!」という”アフター”を迎えられるのか?!と危惧しておりました。

が、工期は一応今月末ということで、ようやく”何となく終わりそうかな〜”という希望が見えてきました。

今、舞台の方はこんな感じです。



一度、天井板を全部剥がし、昔の冷暖房のダクトを全部外し、水漏れしていた水道管も新しくしていただき、ダクトが無くなった分高い位置に天井板を張り直していただき、舞台の上の天井裏に入っていた蛍光灯は全部撤去し、新しい照明器具をつけ、舞台に飾り庇を作っていただいているところです。

この、飾り庇が、素晴らしい職人さんの技で!!



あら。ちょっとピンぼけ・・・あせあせ(飛び散る汗)

今時のお家の作り方のように工場で決まったサイズに刻んできた材料を繋げていくだけ・・・では無く、その場で計って木を切って飾りを造作して・・・という、一つ一つ手作りの技で、この庇だけでものすご〜い手間と時間をかけていただいています。宮大工さんの技ぴかぴか(新しい)ですね〜〜 だんだんこういう造作のできる大工さんが少なくなっている中、手をかけ、手間をかけていただけてとても嬉しいです!

2階のお稽古場になる部屋は、今はこんな感じまで仕上がってきました。



事務所+楽屋だったところを、柱と壁を全部外して、鉄筋で補強して、だだっ広い部屋となりました。 1階の舞台が、”能楽博物館”として一般の方にオープンされるので、お弟子さん方のお稽古場はこちらの2階でいたします。

2階も広くなるので、今後は、能面や絵の展覧会などにも、貸し舞台&貸し会場として使っていただければいいな〜と思っています。

大工さん工事が終わった後には、またさらにさらに片付けが待っているのですが・・・・作物や地下に保存してある事務書類たちを、新たに置き場所を決めて、整理しなくては・・・・どんっ(衝撃)

8月25日の県民能には、全館綺麗になった鎌倉能舞台を皆様にお披露目できる・・・・筈電球

もうひといき、片付けガンバリマスので、新規オープン、楽しみにお待ちくださいませ!!!
Posted by kamakura nohbutai at 10:24 | 鎌倉能舞台 舞台紹介 | この記事のURL | コメント(0)
工事中 [2008年05月29日(Thu)]

能舞台の改修工事、外の壁(数年おきにペンキを塗り替えなくてもいいように、今の素材に張り替え中)と平行して、中の工事も始まっています。

天井の埋め込みの照明を外して、2階からの水漏れ箇所をみつけがてら、天井板をバリバリはがし、見所と舞台の高さを出そうという計画です。





来月に入ると2階をいじり始めるので、事務所も屋内で移動することになります。

どんな風になっていくのか楽しみなですが・・・・ 落ち着くまでが大変だな〜とも。

というわけで、なかなかブログの更新もできずに・・・ごめんなさい平謝り


6月8日の国立能楽堂の別会は、まだチケットがございます。 当日券でも大丈夫ですので、どうぞお出かけくださいませ。

改修工事中で、お弟子様方のお稽古もお休みなので、久しぶりに皆様のお顔を拝見できるのを楽しみにしています。ウインク

今週末は秋田のまほろば能楽殿での薪能、2日は松戸の大学での公演、7日は目黒でT大学の公演と貫太先生も大忙しですが、持病の腰痛を発症しないで頑張ってくれますようにメロディ
Posted by kamakura nohbutai at 12:53 | 鎌倉能舞台 舞台紹介 | この記事のURL | コメント(0)