CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | お知らせ»
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
2008年11月(2)
2008年10月(5)
2008年09月(2)
       
公演のご報告−6月4日「能を知る会−源氏物語と能−」 [2017年06月09日(Fri)]

”紫陽花の鎌倉”で混み始めた4日、無事に「能を知る会−源氏物語と能−」の公演は終了しました。ご来場いただきましたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました!

講演は小林健二先生(国文学研究所副所長)の、源氏物語についてのお話

17.06.04 閭ス遏・莨喟003.JPG

午前の部 狂言「伯母が酒」大蔵吉次郎師

17.06.04 閭ス遏・莨喟017.JPG

午前の部 能「玉鬘(たまかづら)」シテ 中森貫太

17.06.04 閭ス遏・莨喟036.JPG

字幕モニターには、現代語訳と英訳を場面ごとに写しだしています。

17.06.04 閭ス遏・莨喟040.JPG

17.06.04 閭ス遏・莨喟060.JPG

午後の部 狂言「鏡男」

17.06.04 閭ス遏・莨喟093.JPG

午後の部 能「半蔀(はじとみ)」シテ 遠藤喜久師

17.06.04 閭ス遏・莨喟097.JPG

17.06.04 閭ス遏・莨喟107-2.JPG

午前・午後共に、終演後に中森貫太がお客様からの質問にお答えする質疑応答を行いました。たくさんのご質問、ありがとうございました。

17.06.04 閭ス遏・莨喟001.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

源氏物語に因んだ能も、わかりやすい字幕で、よりシテの心情などおわかり頂けたのではないかしら・・・と思います。

次回、「能を知る会」は、6月18日(日)午後2時より国立能楽堂で、「歌舞伎と能」をテーマに、能「一角仙人」を上演します。こちらの公演も、国立能楽堂に大きなスクリーンを2台設置し、現代語訳と英訳の字幕を写し出します。歌舞伎「鳴神」の原典の「一角仙人」、ぜひ見にいらしてください!!

20170618#3-1.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 22:27 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ワンコイン事前講座 & 外国人のためのワークショップ ご報告 [2017年05月28日(Sun)]

5月は他に、6月の「能を知る会」の事前講座(「玉鬘」「半蔀」「一角仙人」と3番分の解説でした!)や、カマコン様のご依頼で外国人の方々をお招きしてのワークショップを行いました。

まず、事前講座の様子です。字幕の写真を撮り忘れました・・・ 扇の説明や、一角仙人では扇ではなく団扇を使う・・など、あらすじや背景の他、能面や装束、小物の解説がありました。

DSC03788.jpg

外国の方々のワークショップでは、能の解説を英訳したパワポ資料で解説を行います。

能面の説明

DSC03761.JPG

装束の説明と、実際に装束を羽織っていただきました。

DSC03768.JPG

能面をかけてみる体験

DSC03775.JPG

舞台の上を歩いてみる体験なども人気です。

DSC03783.JPG

ご要望に応じて、オリジナルなワークショップを考えさせて頂きます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
Posted by kamakura nohbutai at 16:30 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
5月 学生さん向け公演のご報告 [2017年05月28日(Sun)]

5月11日に、鎌倉能舞台にて北鎌倉女子学園の生徒さん向けの公演を行いました。

例年、学校の講堂で狂言の鑑賞&体験をさせていただいていたのですが、数年前から、鎌倉能舞台にお越しいただき、能と狂言を鑑賞してくださるようになりました。学生時代に能楽堂で能と狂言を鑑賞する機会を作っていただけたこと、とても感謝しています。


最初に中森貫太の【解説】。パワポ画面をリモコンで操作しながら、プレゼンのような能楽解説も定番です!

【狂言「附子(ぶす)」】大蔵吉次郎師、大藏教義師
【能「経正(つねまさ)」】中森健之介
【狂言体験ワークショップ】
【質疑応答】

という番組立てでした。

能には毎回解説字幕を同事に出し、わかりやすい能楽鑑賞となっています。(英文は今回は作っていませんが・・・)

このような形での学生さん向け能楽鑑賞教室も承っております!ぜひ鎌倉観光+能楽鑑賞もお気楽にご相談くださいませ♪ (←ご報告&宣伝・・・)

DSC0370.jpg

DSC03734.JPG

Posted by kamakura nohbutai at 16:19 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
公演のご報告「能を知る会鎌倉公演−子供の日に因んで」 [2017年05月05日(Fri)]

5月3日の「能を知る会鎌倉公演」無事に終了しました。GW初日で鎌倉市内が大変混んでいる中、ご来場くださいましたお客様、ありがとうございました。

”わかりやすい字幕解説付き能楽公演” 本格始動初回!ということで、新聞社などの取材の方もいらしてくださり、また、午前の部に鎌倉市長松尾さま、午後の部に鎌倉市議河村さまにご鑑賞いただきました。お忙しいところありがとうございました。

jcom鎌倉局さまが午前の部を取材くださり、5月4日の鎌倉市のデイリーニュースの中で放映いただきました。その様子は、1週間、スマホのアプリ「ど・ろーかる」をダウンロードすると試聴できるようです。 jcom鎌倉、5月4日のニュースから見られます。→アプリ http://www2.myjcom.jp/special/dolocal/index.shtml?cid=my_dolocal-004

アンケートにもたくさんの方がご記入くださいました。最初の解説(こちらも字幕付きで、リモコンでカンタ先生が字幕をめくりながらしました)と、能の上演中に現代語訳が字幕に写し出されるため、初心者の方も楽しく見られた、英語表記も時期を得た取り組みとお褒めいただき、字幕解説付き公演に肯定的なご意見を多数頂戴しました。ありがとうございました。

ただ、聴覚障害者の方からは、現代語訳の字幕だけでは能の謡に触れることができなかったというご意見がありました。なるほどーと気付かされたので、字幕のページごとの謡本をお渡しして読んでいただくなど、今後考えてみなければいけないと思いました。

今のところ字幕作成は能だけなので、外国人のお客様のためには解説や狂言も英訳が必要だ、などなど、まだまだ課題はいっぱいです。少しずつ、改善していけるところは改善して、良い方向へ進めていきたいと思っています。

ということで、公演のご報告です!!

最初の中森貫太の解説も、「事前ワークショップ」用に作成した字幕を出しながら解説しました。

17.05.03 閭ス遏・莨喟005.JPG

午前の部 狂言「抜殻」 山本泰太郎師、山本則孝師

17.05.03 閭ス遏・莨喟019.JPG

午前の部 能「雷電」シテ 中森貫太 ワキ 殿田謙吉師

17.05.03 閭ス遏・莨喟047.JPG

17.05.03 閭ス遏・莨喟055.JPG

17.05.03 閭ス遏・莨喟104.JPG

17.05.03 能知会_083.JPG

午後の部 狂言「柿山伏」山伏 山本則孝師

17.05.03 閭ス遏・莨喟131.JPG

午後の部 能「鍾馗」シテ 中森健之介

17.05.03 閭ス遏・莨喟137.JPG

17.05.03 閭ス遏・莨喟175.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

次回の鎌倉能舞台での公演は、6月4日(日)、源氏物語と能をテーマに、解説は小林健二先生、午前の部 能「玉鬘」シテ 中森貫太、午後の部 能「半蔀(はじとみ)」シテ 遠藤喜久師、です。この公演も能に日本語と英語の字幕解説をつけます。

また、6月18日(日)は国立能楽堂で 歌舞伎と能をテーマに、解説は葛西聖司氏、狂言「船渡聟」野村万作師、能「一角仙人」中森貫太、を上演します。こちらも、国立能楽堂に大きなスクリーンを持参して、能に字幕を出す予定です。

字幕、どんな風に出るのだろう・・と興味をお持ちになられたら、ぜひお出かけくださいませ!!

チケット好評発売中です♪

20170604_001.jpg

20170618#3-1.jpg
Posted by kamakura nohbutai at 23:50 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
国際花火シンポジウム記念薪能@秋田県大仙市協和 まほろば唐松殿 [2017年04月30日(Sun)]

4月26日の夜、秋田県大仙市協和にある「まほろば唐松殿」で「大曲国際花火シンポジウム」記念薪能をさせていただきました。

大曲国際花火シンポジウムはこちら http://www.oomagari-hanabi.com/isfireworks_sprin…/index.html

「唐松城能楽殿は、平成2年(1990年)ふるさと創生事業の一環として、現存最古の京都西本願寺の北能舞台を模して造られた秋田県で唯一の本格的な屋外で演じられる能舞台です。」〜http://www.daisen-park.jp/fasilities/mahoroba.html より転載

↑ この能楽堂の計画が持ち上がった時、能楽堂について義父 中森晶三がいろいろと相談に乗ったという経緯があり、それから薪能の際には鎌倉能舞台にお声かけいただき出演させていただいています。

最初は観世流と他流様と年に2回開催だったのが、1年ごとの承りとなり・・・ それでも途切れることなく、定期公演を続けておられ、その公演に参加させていただいていること・・・本当に感謝しています。

この4月の公演は常の定期公演とは別に、大曲で開催される「国際花火シンポジウム」の記念薪能の開催が唐松城能楽殿で行われることになったそうで、臨時の薪能のお仕事を頂戴いたしました。

・・・だったのですが、当日は朝から大雨!20数年、まほろば唐松殿の薪能にお伺いしているのですが、ここまでの本降りは初めてでした。が、能舞台には屋根がありますし、お客様も、白州周辺の席は屋根が無くカッパ対応でしたが、屋敷内のお席はぬれずにすみます。何より、連日の花火大会は雨では中止にせざるを得ないが、能は雨でも決行できるので、花火大会記念としては雨の薪能でも大丈夫だった、とのことで。安心しました。 出演者も、楽屋と鏡の間との間は雨で足下がビチョビチョになったり、舞台上も雨が吹き込むため、地謡を囃子方の後ろに配置し・・と、変則的な編成となりましたが、全行程、無事にさせていただけて良かったです!

雨の唐松殿

DSC03553.JPG

結構大雨・・・

DSC03562.JPG

開演前に「昼花火」があがりました!

DSC03585.JPG

奉行さま。大仙市長様と、国際花火シンポジウムの委員の方。薪能の火入れ式を裃姿でなさいました。

DSC03596.JPG

能「吉野天人」

DSC03602.JPG

DSC03614.JPG

DSC03616.JPG

狂言「昆布売」

DSC03621.JPG

能「石橋」

DSC03640.JPG

DSC03646.JPG

お疲れ様でした。

DSC03654.JPG


おまけ

翌日、朝一番で東京へトンボ帰りの能楽師一行とは別行動で、事務員Aだけ1人角館に途中下車させていただきました。

桜が!!満開で、素晴らしい景色でした。武家屋敷の残る町並みと、しだれ桜・・・ とても美しい街でした。

3.jpg

12.jpg

7.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 11:40 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会横浜公演−九世戸(くせのと)」 公演のご報告 [2017年03月25日(Sat)]

3月9日、横浜公演で行いました「能を知る会横浜公演−九世戸(くせのと)」 公演のご報告です。

まず、

・講演「天橋立を照らす天地の燈明」小林健二先生

17.03.09 閭ス遏・莨喟009.JPG

・仕舞「氷室(ひむろ)」観世 喜正師

17.03.09 閭ス遏・莨喟010.JPG

・仕舞「大江山」弘田 裕一師

17.03.09 閭ス遏・莨喟017.JPG

・狂言「禰宜山伏(ねぎやまぶし)」 山本泰太郎師、山本則孝師 他

17.03.09 閭ス遏・莨喟031.JPG

・能「九世戸(くせのと)」シテ 中森貫太」

見所の右側の壁面にスクリーンを設置し、字幕(簡易な現代語訳)を出しました。

17.03.09 閭ス遏・莨喟042.JPG

17.03.09 閭ス遏・莨喟051.JPG

間狂言 若松師 間狂言のことばも現代語で字幕に流しました。

17.03.09 閭ス遏・莨喟061.JPG

後シテ 中森貫太、後ツレ 佐久間二郎師

17.03.09 閭ス遏・莨喟087.JPG

17.03.09 閭ス遏・莨喟098-2.JPG

字幕について、たくさんのアンケートをお答えいただき、おおむね好評でした。詞章を読んでも意味がわからない事もあるので、現代語訳が出て、何をしている場面かわかりやすかったというご意見が多くありました。また、現代語訳だけでなく、囃子の説明、舞の説明なども字幕に出したため、謡を習っているお弟子様方にも、囃子の説明などあってわかりやすかった、とご意見を頂きました。

ただ、スクリーンが明るすぎて気が散った、作物で字幕が読めない席だった、等、いろいろなご意見も頂戴しております。

29年度は全ての公演に能の字幕解説を入れる予定です。

皆さんに能を楽しんで頂くための工夫を、さらに一歩、未来のために。頑張りたいと思います!!

(写真撮影:駒井壮介氏)

Posted by kamakura nohbutai at 21:09 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県ワークショップ [2017年03月25日(Sat)]

2月25日、3月4日に、神奈川県主催 能楽ワークショップを小田原市民会館と、神奈川青少年センターにて行いました。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

2月25日:小田原市民会館

能についての解説のあと

DSC03413.JPG

能面をかけて歩く体験や

DSC03414.JPG

小鼓の体験をしてもらいました。

DSC03421.JPG

その後、「高砂」の装束付けを皆様の前で行い、

DSC03423.JPG

仕舞「高砂」をご覧いただきました。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

3月4日:神奈川県立青少年センター

能の動画をお見せして

DSC03430.JPG

能面体験

DSC03437.JPG

DSC03449.JPG

DSC03451.JPG

小鼓体験

DSC03453.JPG

「高砂」の装束付けをお見せして、仕舞をご覧頂きました。

DSC03478.JPG

一人で参加してくれた中学生さんも、保護者の方と参加してくれた小学生さんも、これをきっかけに、能や狂言を見に行ってみようと興味を持ってくれたら良いなーと思っています。

ご参加くれた皆様、主催くださった神奈川県・小田原市の担当の方々、本当にありがとうございました。

学生さん向け公演も、字幕を次々に作成し、よりわかりやすい公演を目指していきたいと思っています。来年も、バージョンアップした講座を続けていきたいと思っていますm(__)m
Posted by kamakura nohbutai at 20:42 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
能を知る会鎌倉公演−新春公演「能の定番曲」 公演のご報告 [2017年01月31日(Tue)]

1月28日には、鎌倉能舞台にての「能を知る会鎌倉公演−新春公演「能の定番曲」」の上演を行いました。ご来場賜りましたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました。

今回は、事前ワークショップでの告知や読売新聞が取り上げて頂きました「字幕解説」を使った試みの会でした。アンケートを回収したところ、たくさんの方がお答えくださり、舞台だけ見たいのに字幕も目に入って邪魔だった、逆に字幕が見えなかった、黒地や地の背景の色が強すぎる、などのご意見や、とてもわかりやすかったと肯定的なご意見など、いろいろと書いていただきました。さらなる進化へ向けての貴重なご意見ありがとうございます。

朝の部

解説 中森 貫太  今回は客席の皆さんもご一緒に高砂を謡っていただきました。

17.01.28 能知会 (3).JPG

狂言「昆布売」シテ 山本 則重師、アド 山本泰太郎師

17.01.28 能知会 (9).JPG

能「羽衣」シテ 中森 貫太

17.01.28 能知会 (64).JPG

昼の部

狂言「二千石(じせんせき)」シテ 山本泰太郎師、アド 山本凜太郎師

17.01.28 能知会 (83).JPG

能「高砂」シテ 中森健之介 シテツレ 桑田 貴志師

17.01.28 能知会 (118).JPG

ワキ 森  常好師

17.01.28 能知会 (95).JPG

後シテ 中森健之介

17.01.28 能知会 (152).JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

皆様のご意見を参考に、29年度の鎌倉公演ではより良い字幕をお出しできるよう、頑張りたいと思います!

ありがとうございました!
Posted by kamakura nohbutai at 16:44 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
府中芸術の森劇場新春能楽公演 [2017年01月31日(Tue)]

1月14日に、府中の森芸術劇場にて、新春能楽公演を上演させていただきました。

毎年、1月の第2もしくは第3土曜日に伺っておりますが、午前・午後とも客席もほぼ満席で、館の他の演劇や音楽などの自主公演もとても盛んにされている中、たくさんのお客様に能狂言も見て頂けること、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

今年は”日本刀”をテーマに、本阿彌光蓮氏の講演「日本刀のふれあい」、狂言「佐渡狐」、能「小鍛冶」、質疑応答という番組を上演させていただきました。

本阿彌光蓮氏

17.01.14 府中能狂言_002.JPG

狂言「佐渡狐」午前の部 シテ 野村 万作師、アド 高野 和憲師、月崎 晴夫師

17.01.14 府中能狂言_006.JPG

能「小鍛冶」午前の部 シテ 観世 喜正師、ワキ 殿田 謙吉師

17.01.14 府中能狂言_025.JPG

ワキツレ 大日方 寛師

17.01.14 府中能狂言_026.JPG

間狂言 飯田 豪師

17.01.14 府中能狂言_035.JPG

後シテ 観世 喜正師、ワキ 殿田 謙吉師

17.01.14 府中能狂言_052.JPG

質疑応答 中森貫太

17.01.14 府中能狂言_069.JPG

狂言「佐渡狐」午後の部 シテ 野村 萬斎師、アド 高野 和憲師、竹山 悠樹師

能「小鍛冶」午後の部 シテ 中森 貫太

17.01.14 府中能狂言_099.JPG

間狂言 中村 修一師

17.01.14 府中能狂言_105.JPG

後シテ 中森 貫太

17.01.14 府中能狂言_151.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

来年の府中の森芸術劇場での新春能狂言は、平成30年1月13日(土)と日程が決まりました。よろしくお願い申し上げます。
Posted by kamakura nohbutai at 16:15 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「能を知る会横浜公演−修験道と能」の公演のご報告です。 [2016年11月16日(Wed)]

11月15日は横浜能楽堂にて「能を知る会横浜公演−修験道と能」のご報告です。

解説は、声明(しょうみょう)の世界でご高名の真言宗豊山派宝玉院住職の新井弘順氏が「修験道と能」についてお話くださいました。

16.11.15 能知会_001.JPG

スペシャルゲストに、お知り合いで、山伏の修行をされた、群馬県の真言宗豊山派自性寺住職の斉藤説成氏が、”本物の山伏”の扮装でご登場してくださり、ホラ貝を吹いてくださいました!

16.11.15 能知会003.JPG

良いお声の住職様方、次回はぜひ声明を聞かせていただきたいと思いました。ありがとうございました。

仕舞「高野物狂」弘田裕一氏

16.11.15 能知会_005.JPG

仕舞「谷行」駒瀬直也氏

16.11.15 能知会_008.JPG

狂言「箕被(みかずき)」シテ 野村萬斎氏、アド 高野和憲師

箕(み)を被(かず)く、という言葉と、三日月 をかけた、とても珍しい狂言でした。

16.11.15 能知会_015.JPG

16.11.15 能知会_021.JPG

能「葛城(かづらき)大和舞」シテ 中森貫太、ワキ 殿田謙吉師

16.11.15 能知会_024.JPG

16.11.15 能知会_032.JPG

16.11.15 能知会_061.JPG

16.11.15 能知会_081.JPG

(写真撮影:駒井壮介氏)

始めて能狂言をご覧になるお客様もたくさんいらっしゃいました。最後の、中森貫太による質疑応答もたくさんのご質問が出ました。

ご鑑賞いただいたお客様、ご出演いただきました先生方、ありがとうございました!

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

次回、能を知る会は、新春1月28日(土)「能を知る会鎌倉公演」です。能は、能の入門編ともいえる「羽衣」(午前の部)と「高砂」(午後の部)を上演します。

公演の始めに「謡を謡ってみよう!」というコーナーを設けて、客席の皆様もご一緒に謡ってみましょう。

12月末か、1月始めに「事前講習会」を行おうかとも思っています。

鎌倉への初詣かたがた、鎌倉能舞台で能の鑑賞はいかがでしょうか!お申し込み、お待ちしておりますm(__)m

1月28日鎌倉公演fix-1.jpg

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
申込みフォーム http://www.nohbutai.com/ticket/
eプラス
午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206144P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206145P0030001



Posted by kamakura nohbutai at 21:45 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ