CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«公演のご報告「かながわ伝統芸能ふれあい祭」 | Main | 公演のご報告A〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」»
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2018年12月(11)
2018年11月(10)
2018年10月(14)
2018年09月(6)
2018年08月(5)
2018年07月(3)
2018年06月(6)
2018年05月(4)
2018年04月(6)
2018年03月(10)
2018年02月(3)
2018年01月(1)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(6)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
       
公演のご報告@〜平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」 [2018年11月27日(Tue)]

鎌倉能舞台では平成30年度文化庁「文化芸術による子どもの育成事業−巡回公演事業」として、南九州・沖縄の学校17校、5300人の生徒さんに、狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」の公演を行いました。

能と狂言が一体となった「能楽」を、学校体育館で興味深く鑑賞していただくために、簡易能舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマーク を体育館にセットします。

DSC06604.JPG

最初に、事前ワークショップで生徒さんたちと練習した謡の一節の練習や、これから鑑賞する狂言と能についておさらいをスクリーンの絵を見せながら説明します。(5分から10分)

DSC07489.JPG

次に、狂言「柿山伏」の鑑賞。(15分) 狂言は字幕を出しませんが、聴覚障害の生徒さんがいる学校などでは字幕を出して上演できます。

DSC07044.JPG

10分の休憩のあと、いよいよ能「小鍛冶(こかじ)」を鑑賞してもらいます。(40分)

事前ワークショップで、刀と鎚をつかって本物の刀鍛冶が刀をうっている動画を見て、また、刀と鎚を紙工作で作って振ってみたり、謡の一部を練習して本公演の時に生徒全員で謡う・・など、導入の説明をしている + 公演の間、わかりやすい現代語訳の字幕を出しながら上演する、と、小学校低学年でも飽きずに見て貰えるよう、工夫しています。

DSC06854.JPG

DSC06970.JPG

次に、狂言方の先生がもう一度登場、狂言でみたばかりのしぐさを一緒にやってみます。
ユーモアあふれる体験に、体育館は笑いに包まれます。

DSC07745.JPG

最後に、生徒さんたちからの質問にいくつか答えて、終了です。という、全100分の公演となります。

簡易舞台セット=どこでも能舞台レジスタードマークの設営&撤収ともに30分程度ですので、だいたい事業時間の2時限+休み時間の間の体育館の使用となります。

先生や生徒さんたちからも楽しかったと声があがり、好評をいただいております。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1408497

コメントする
コメント