CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「能を知る会鎌倉公演−秋の名曲」公演のご報告 | Main | 文化庁「文化芸術による子供の育成事業−巡回公演事業」@青森・函館»
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年11月(7)
2017年10月(7)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
       
「能を知る会鎌倉公演−能の音楽」公演のご報告 [2017年10月26日(Thu)]

10月24日、台風一過の鎌倉での公演のご報告です。

解説は「能の音楽」 中森貫太

17.10.jpg

午前中は鎌倉市内の女子高生さんの団体でした。毎年鑑賞してくださっています。ありがとうございます。

午前の部 狂言「寝音曲」シテ 深田博治師 アド 高野和憲師

17.10.24+能知会_012.JPG

午前の部 能「天鼓」シテ 鈴木啓吾師

17.10.24+能知会_056.JPG

午後の部 能「天鼓」シテ 中森貫太

17.10.24+能知会_083.JPG

17.10.24+能知会_124.JPG

ご観劇いただきましたお客様、ありがとうございました!

(舞台写真撮影:駒井壮介氏)

字幕は、このような形で、シテや地謡の言葉の意味や、囃子のこと、舞の名前等、”能楽師が演じながら皆様にお伝えしたいこと”をリアルタイムにお客様にお伝えできるシステムです。

DSC05441.JPG

例えば、「小督」では、一度幕に入ったシテが、装束の肩を上げた状態で出てくると、それは「馬に乗っている」状態なのだ、とか、笛の音に合わせて出てくるのが「一声のかけごえ」で馬を駆って急いでいる様子を表しているとか、作物が引かれると、そこは小督の局の居間になったなど、

また「天鼓」では、呂水に流された天鼓が水を波立てて波と戯れる情景が字幕によって浮かび上がったり・・・

見ているお客様が想像力を巡らすための補助となるシステムだと思います。現代語訳と英訳と出ますので、外国人の方にも、今、何をやっている場面なのか理解していただけると思いますので、ぜひこれからも「字幕能」をよろしくお願いいたします!!
Posted by kamakura nohbutai at 12:19 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1313012

コメントする
コメント