CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月の公演についてのワークショップのお知らせ | Main | 字幕モニター! わかりやすい字幕解説付き能楽公演»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
月別アーカイブ
2017年10月(5)
2017年09月(6)
2017年08月(2)
2017年07月(10)
2017年06月(5)
2017年05月(7)
2017年04月(7)
2017年03月(4)
2017年02月(4)
2017年01月(9)
2016年12月(5)
2016年11月(13)
2016年10月(10)
2016年09月(8)
2016年08月(9)
2016年06月(4)
2016年05月(3)
2016年04月(4)
2016年03月(2)
2016年02月(4)
2016年01月(8)
2015年12月(1)
2015年11月(4)
2015年10月(7)
2015年09月(2)
2015年08月(3)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(7)
2015年04月(5)
2015年03月(3)
2015年02月(7)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(7)
2014年10月(10)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年06月(6)
2014年05月(2)
2014年04月(2)
2014年03月(3)
2014年02月(3)
2014年01月(6)
2013年12月(8)
2013年11月(7)
2013年10月(6)
2013年09月(2)
2013年08月(4)
2013年07月(2)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(5)
2013年01月(5)
2012年12月(6)
2012年11月(14)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(2)
2012年07月(2)
2012年06月(11)
2012年05月(4)
2012年04月(2)
2012年03月(3)
2012年02月(2)
2012年01月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(8)
2011年08月(2)
2011年07月(2)
2011年06月(2)
2011年04月(1)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(4)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(6)
2010年09月(4)
2010年08月(3)
2010年07月(3)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(8)
2010年03月(3)
2010年02月(2)
2010年01月(4)
2009年12月(2)
2009年11月(5)
2009年10月(2)
2009年09月(1)
2009年08月(2)
2009年07月(3)
2009年06月(9)
2009年05月(1)
2009年04月(2)
2009年02月(2)
2009年01月(2)
2008年12月(1)
       
国際花火シンポジウム記念薪能@秋田県大仙市協和 まほろば唐松殿 [2017年04月30日(Sun)]

4月26日の夜、秋田県大仙市協和にある「まほろば唐松殿」で「大曲国際花火シンポジウム」記念薪能をさせていただきました。

大曲国際花火シンポジウムはこちら http://www.oomagari-hanabi.com/isfireworks_sprin…/index.html

「唐松城能楽殿は、平成2年(1990年)ふるさと創生事業の一環として、現存最古の京都西本願寺の北能舞台を模して造られた秋田県で唯一の本格的な屋外で演じられる能舞台です。」〜http://www.daisen-park.jp/fasilities/mahoroba.html より転載

↑ この能楽堂の計画が持ち上がった時、能楽堂について義父 中森晶三がいろいろと相談に乗ったという経緯があり、それから薪能の際には鎌倉能舞台にお声かけいただき出演させていただいています。

最初は観世流と他流様と年に2回開催だったのが、1年ごとの承りとなり・・・ それでも途切れることなく、定期公演を続けておられ、その公演に参加させていただいていること・・・本当に感謝しています。

この4月の公演は常の定期公演とは別に、大曲で開催される「国際花火シンポジウム」の記念薪能の開催が唐松城能楽殿で行われることになったそうで、臨時の薪能のお仕事を頂戴いたしました。

・・・だったのですが、当日は朝から大雨!20数年、まほろば唐松殿の薪能にお伺いしているのですが、ここまでの本降りは初めてでした。が、能舞台には屋根がありますし、お客様も、白州周辺の席は屋根が無くカッパ対応でしたが、屋敷内のお席はぬれずにすみます。何より、連日の花火大会は雨では中止にせざるを得ないが、能は雨でも決行できるので、花火大会記念としては雨の薪能でも大丈夫だった、とのことで。安心しました。 出演者も、楽屋と鏡の間との間は雨で足下がビチョビチョになったり、舞台上も雨が吹き込むため、地謡を囃子方の後ろに配置し・・と、変則的な編成となりましたが、全行程、無事にさせていただけて良かったです!

雨の唐松殿

DSC03553.JPG

結構大雨・・・

DSC03562.JPG

開演前に「昼花火」があがりました!

DSC03585.JPG

奉行さま。大仙市長様と、国際花火シンポジウムの委員の方。薪能の火入れ式を裃姿でなさいました。

DSC03596.JPG

能「吉野天人」

DSC03602.JPG

DSC03614.JPG

DSC03616.JPG

狂言「昆布売」

DSC03621.JPG

能「石橋」

DSC03640.JPG

DSC03646.JPG

お疲れ様でした。

DSC03654.JPG


おまけ

翌日、朝一番で東京へトンボ帰りの能楽師一行とは別行動で、事務員Aだけ1人角館に途中下車させていただきました。

桜が!!満開で、素晴らしい景色でした。武家屋敷の残る町並みと、しだれ桜・・・ とても美しい街でした。

3.jpg

12.jpg

7.jpg


Posted by kamakura nohbutai at 11:40 | 公演報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1267963

コメントする
コメント