CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月04日

寿司と言えば…

IMG_3865.jpg

 久しぶりの更新。

 私がお寿司と聴いて頭に浮かぶのは、トロやのハマチなんかの握り寿司なんだけど。(好物)

 「のびのび」の、ご利用者さんたちにとっての寿司は「ちらし寿司」
 しかも、木枠に積めて押して作る「岩国寿司」です。

 寿司と言えばこの寿司であって、地の人は岩国寿司とは呼ばないんだと。
 広島の人が「広島焼き」と言わないのと一緒だな〜

 今日は、みんなで「岩国寿司」を作りました。

IMG_3875.jpg

 木枠は、ご利用者の娘さんからお借りしています。

 さて、作るのはいいんだけど、スタッフは誰もこの寿司を漬けたことがないようです。

 みなさんに教わるしかないな。

 錦糸卵を焼いたり、レンコンを薄く切って酢蓮にしたり。

 「お寿司は祝いごとがある時によく作ったね。」
 「運動会で こしらえてもらったよ。」と、お話も弾みます。
 
 材料が揃ったら、ここからが本番。

IMG_3871.jpg


 木枠の底にサニーレタスを敷いて、白身魚を混ぜた酢飯を摘めて。
 椎茸や蓮なんかの具を散らしたら、また酢飯を敷きます。

 3段重ねたら 桜でんぶや卵で飾る。

 蓋をして重しを置いて、少ししたら完成だ。

 「たくさん重ねて高くなったね〜。」と、横から眺めて嬉しそうな ご利用者さんたちです。

IMG_3880.jpg

 並行して、岩国寿司には付き物の「大平」も作りました。

 要は煮物なんだけど、すごく具たくさんです。

IMG_3882.jpg


 食べやすい大きさに切り分けていただきます。

 なるほど。

 握り派の私ですが、この寿司も美味しいと思います。

 ご利用者さんたちの気持ちがわかった気がする。
posted by 林 督善 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック