CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
このページは学校をはじめ集団での学習や生活をしんどいと感じている子どもたちを大学生のサポーターが安心して活動し子どもに自信をつけるためマンツーマンでサポートしている「楽習サポートのびのび」の活動を紹介しています。
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
のびのびスタッフ紹介2010 その4[2011年03月28日(Mon)]
いまいまです。のびのびスタッフ紹介をアップします。

 今回は、ゆうぼうです。

 1.ニックネームは?
村上友太からゆうぼうで。ゆうぼーでもゆう坊でもだいじょうぶです。ほかにもゴリラ、馬、ロバ、ラクダ、ジャガイモなどもw

2.のびのび歴は
3回生の11月からやってます

3.関わったきっかけは
最初は橘大学の広告のほうにのびのびのチラシをみてなんとなく心に留めていました。後に学校の飲み会で知ったヤツがスキマ企画をしていて勧められて「これはやるしかないな。」と思ったからです

4.大学は?専攻は?
京都橘大学文化政策学部文化政策学科の卒業生。主にインテリアについて勉強してました。

5.のびのび自慢
学校の枠を超えた出会いかな。響きはチャラそうですが、いろいろな人がいろいろな学校などから来ているんで自分の刺激になるんは間違いないと思います。

6.意気込みを
もう学校は卒業してしまったし、兵庫県の実家の方に帰っちゃったけども、時間が許す限り関わりあいたいです。
あと脱ニート&就職w

7.最後に
ひろばに関わってから自分や周りが変わったような気がします。公園にいる子供や見ず知らずの婆ちゃんに話し掛けられることが多くなったり、周りの友人に深く関われるようになったり…。正直今までなかったことです。
本当にこどものひろばは子供も学生の生き方を変えれる場所やと思います。

 というわけです。相変わらずピュアな同期ですね。(ブログ編集長の私と入った時期が一緒なのです。笑)
 熱い気持ちが伝わりました。悲しいゆうぼうらしい。きゃんぷで学生最後の思い出をつくっていきましょー。笑い
遊びたい@ちゃれんじ[2011年03月26日(Sat)]
ブログ係のいまいまです。パンダ3月の遊びたいの活動をお届け。

 今回は、@おぐりすのりょうちゃんが書いてくれました。

こんにちは(^‐^)
 りょーちゃんです♪ ブログへは初投稿です!!
遊び隊@ちゃれんじには、初めて参加させてもらいました。
今回は、初めてばかりですが……。(汗)

さぁ〜はじめに
サポーター:えーちゃん・テル・かっぱ・りょーちゃん
      みなみちゃん
子ども:まっちゃん・ひろとくん +あーちゃん

ちなみに、遊び隊@ちゃれんじの日は、
生憎の曇り空で、雨が降りそうな天気でした。

中央公園では、おにごっこ・遊具で遊んだりしていました。
 おにごっこでは、子どもたち・サポーター含めて追いかけたり、逃げたり、隠れたり無我夢中にしていました。
 中央公園には、子どもたち・サポーター以外にも、子ども・親子連れ等がいらっしゃって、その子どもたちも混ざって、鬼ごっこを笑顔一杯・楽しみました。
こういう活動をとおして、より地域とのつながりが深められたら〜と思いました。
また、遊び隊も含めて地域の人たちとともに遊ぶのは、のびのびでは、見られない子どもたちの表情が見られるなぁとも感じました。
途中で、雨が降り始めてしまって、センターに戻りました。
そこは残念でした(泣)
サポーター合宿[2011年03月25日(Fri)]
やっほー☆ふじこです

3月25日26日は、のびのび初のサポーター合宿でした!!

のびのびはサポーターの数や活動がどんどん拡大してきています。
でも、ただ大きくなってもダメ!
のびのびは一つなんだってことを伝えたくてこの合宿を開催しました。

25日は、らいふの子どもたちと一緒にスポーツを楽しみ、ごはんを食べたりおしゃべり楽しみました。

26日は、
午前に「のびのびのイメージって?」という発散のワーク
お昼はわいわいお弁当!!
午後からは、まず「のびのび」を伝えるためのグループワーク
そして、活動を創ったゆっきーのお話
ブレイクタイムはおやつを食べながら今までの活動を映像で振り返りました。
懐かしい子どもの姿や、若々しいサポーターの姿も・・・
そして、最後に「のびのびの歴史・これから」
これまでを振り返って、今後ののびのびをみんなで共有。

すっごーい盛りだくさん☆
だけど、のびのびのことを知ることはもちろん、サポーター同士の交流の場となり、
とても充実した1日でした(^−^)

写真もまた掲載しますね♪
議事録も作りました。また、みんなでみましょー星
4月の活動予定@ひろば[2011年03月23日(Wed)]
いまいまです。パンダもう3月もあとわずかになりましたね。悲しい
まだまだ寒いので、早くあったかくなってほしいですね。

クローバー4月の予定クローバー

のびのび@ひろば 

10日(日):ヨモギ団子を作ってお花見へ行こう!
 時間:9時30分〜16時30分
(Jrキャンプのみんなと一緒に、疏水公園で)

24日(日):カモナス運動会へ行こう
 時間:9時〜16時

のびのび@ちゃれんじ

17日(日):あそび隊
 時間:14時〜16時
やませいでスポーツ@ひろば[2011年03月22日(Tue)]
ご無沙汰しています。どれくらいぶりでしょうか?(x‐x;)
いまいまです。ブログ更新復活です。(≧∇≦)/
 
今回は、2月26日の活動の報告をかっぱさんから。

この日はやませいの体育館でスポーツをしました。

人数も多くみんなが楽しんでいました笑顔

まずみんなでしっぽとりをしました。まっちゃんは人一倍色んな人のしっぽを取って相変わらずの運動神経の良さを発揮してくれてました。最後まで白熱していたのは、はるちゃんと高校生の女の子でした。こどもたちも『はるちゃん早くしっぽ取られろ〜』と野次を飛ばして楽しんでいました(笑)



次にやったのがドッジビーでした。ドッジビーとはドッジボールとルールは一緒なんですが、違うのはボールを使うのではなく、フリスビーを使う遊びです。ともくんのテンションが高くて、そんなにドッジビーが好きなんやなとちょっと驚きでした。ひろとくんもあまり投げてない人に自分が取ったフリスビーを渡すなど紳士は健在でした。(笑)最後はハンカチ落としをみんなでしました。小学生のグループがとても楽しんでくれてました。あっちゃんもみんなに負けじと必死で頑張っていました。



こんなに大人数で遊ぶことはあまりなかったので、みんなとっても楽しそうにしていました。またこういう風にみんなで遊びたいな〜!
来週から受け入れはじめます![2011年03月18日(Fri)]
昨日のお知らせですが、
(トワイライトステイの受け入れ対象に
 新たに震災を受け京都に避難してきた子どもも含む)
当初は資金(寄付)が
集まってから受け入れるつもりでしたが
一日でも早く必要な子どもがいれば
受け入れたいと思います。
来週の火曜日から問い合わせがあれば
随時、対応していきます!
問い合わせはこちらまでお願いします。
【NPO法人山科醍醐こどものひろば】

半年間で約60万円の事業指定寄付を
集めた実績があるのできちんと伝えれば
お金(寄付)は必ず後からついてくると
応援してくれる市民やマスコミがいることを信じて
まずは活動を必要な子どもたちに届けること
そして機会があればすぐにでも使えるようにすること
この2つを先行することにしました。
私たちの活動に来てあの震災でつらい経験をした子が
少しでも「ホッとする」「笑顔がみえる」時間を
与える日が一日でも早く来るように
スタッフ一同努力していきます。

あ、もちろん寄付も同時に走らせます。
(4人の子どもを受け入れるのに3ヶ月で
 約20万円が必要なのは変わらないので)
ネットからは信頼できる地域創造基金の
「事業指定寄付」のみで受け付けます。
今、全国各地で行われている
被災者へ浅く広く渡る義援金も大事ですが
目の前の子どもに確実にサービスが伝わる
私たちへの寄付もよろしくお願いします。
【事業指定寄付:子どもの貧困対策事業】

※注意
この寄付は、震災を受け京都に避難してきた子どもだけに
使われるのではありません。現在利用している
生活困難・養育困難家庭の子どものためにも利用されます。
どちらも地域や市民の支えが必要な子どもたちです。

NPO法人山科醍醐こどものひろば
 理事長/楽習サポートのびのび担当 幸重忠孝
震災から避難してきた子どもも受け入れます![2011年03月17日(Thu)]
昨日、子どもの貧困対策事業として
子どもたちに「ホッとする夜」を提供すべく
寄付によって運営しているトワイライトステイ
「のびのび@らいふ」活動で
今回の北地方太平洋沖地震によって被災し
京都に避難してきた子どもたちも
受け入れ対象としていくことが決定しました。

この半年間。夜ひとりで過ごしている子どもを
「こども生活支援センター」で当たり前の日常を提供し
マンツーマンによる学生サポーターとの関わりで
利用している子どもたちはホントに
大きな成長を遂げています。
今回の震災で不安を抱えて京都に避難していた子どもに
ぜひこの活動を使ってもらって、楽しい日常の時間を
過ごしてほしいとスタッフ一同切に願っています。

とはいえ、資金的には今の事業をまわすのがやっとなのも
正直なところです。特に資金については100%寄付に頼って
運営しているので、まずは受け入れできるように寄付を集め
同時に多数の子どもたちを受け入れできるように
サポーターを増員することになります。

資金については
1人の子どもが1夜過ごすための運転資金が3000円。
(夕食、入浴、マンツーマンサポーターにかかる費用)
今回は4名の定員枠を避難してきた子どもたちの利用に
使っていくことになります。
この活動は長期的に使ってもらって意味があるので
3ヶ月安心して利用してもらおうと考えると
最低18万円は準備しないと来てもらっても
満足した一夜を過ごしてもらえません。
多少の余裕も欲しいので20万円は必要。

サポーターについては増員の目安も
たっているのでこちらは当面は大丈夫かな。

あとはどう被災して避難した子どもに
このサービスを伝えるか。
チラシなどの正当法の他に
協力いただいているマスコミの力や
あと期待しているのはこの震災で注目あびている
ソーシャルネットワークで届ける方法。

我々NPO法人の一事業のスタッフだけでは
サポーターの確保はできても
寄付集めや被災者にサービスをつなげるのは難しいです。
ということでこのブログを読んで
この震災で何かをしたいと思っている
みなさんの力が必要な時です
寄付、そしてこの活動で京都に避難した子どもたちに
この活動を届けるための広報活動に協力をお願いします。


NPO法人山科醍醐こどものひろば
 理事長/楽習サポートのびのび担当 幸重忠孝


★今回の震災から避難してきた子どもの受け入れについての
 思いは理事長幸重のブログを参照ください。
 「スクールソーシャルワーカーのぼちぼちいこか」

★震災に関わる寄付には残念なことに募金詐欺も起こっています。
 そこでみなさんに信頼してもらうため、子ども受け入れのための
 寄付は公益財団法人京都地域創造基金で審査の上、
 地域課題解決やよりよい地域社会につながる
 「信頼性」と「公益性」の高い事業と認定された
 【事業指定寄付:子どもの貧困対策事業】でのみ集めます。

★事業指定寄付による支援の流れは
 京都新聞「教育と福祉のはざま照らす 担い手、資金… 自治の気風」
 京都地域創造基金「事業指定助成プログラム」
卒業シーズン[2011年03月15日(Tue)]
卒業式シーズンですね!!
今日は中学三年生の男の子が卒業式帰りにらいふに来てくれました☆

お昼間は、ひろばの追いコン企画の一つである
大学四回生の卒論発表会もありました。

でもでも
今日のらいふもいつものように・・・いやいや
いつもより笑いの絶えない楽しいらいふでした。

というのも、重ちゃんが復帰☆
みんな「しげぞう」やら「海老蔵さん」やら
言っていたけど、久しぶりに会えたことに嬉しそう!!

こうやって迎えてくれる仲間がいると
ふらっとよりたくなっちゃいますね。
(実際、重ちゃんもふらっとよって夕食まで食べてくれました)

今日は、ゴキブリポーカーやドミニオン、
人生ゲームにウノなどなど
たーっくさんゲームして、笑って、おいしい夕食食べて
楽しかったです。



卒業シーズンは同時にお別れだったり、次の準備期間だったり
なにかとバタバタと過ぎてしまうけど、
こうやっていつもと変わらない
ふらっとよりたくなる場所があるっていいですね。



☆お知らせ☆
3月16日(水)は、高校入試合格発表の日!!!!
「発表見に行った後に、センターに来ると思うよ」と言っていました。
合格してますようーにキラキラ


藤原


和気藹々@らいふ[2011年03月11日(Fri)]
こんばんは月
ともかっちですペンギン

今日のらいふは、中三の男の子が卒業旅行(?)で
買って来てくれたお土産を広げて和気藹々笑いハート



こうやってお土産とか買ってきてくれると、
らいふのこと想ってくれてるんだな、なんて思ってしまう‥キラキラ

ありがとうね。嬉しかったよー
そして、みんなも笑顔でそのお土産の和菓子をばりぼり笑顔

また、今日は新たなサポーター「てっしー」も登場!
モロッコかららいふに帰ってきてくれましたキラキラ

お風呂から帰ってきてからは、大流行中のドミニオン。
わたしは一回やったけれど、全然ルールが分からないままです。。
早く流行が去ってくれないかと願っているくらいお手上げダメ
なので、まったく存在感なく輪の中におりました(笑)
コラム「しばけん」[2011年03月09日(Wed)]
うめちゃんです星

しばけんからのコラムお送りしたいと思います!!

--------

どうも〜

柴犬です。

私なりの、のびのびへの思いを書いていきます(*^^)v



私がはじめて、楽サポの活動に参加したのは
確か2回生の夏終わりのことでした。



はじめ、ゆっきーから色々事業について説明を受けましたが、
その時の印象は


福祉とか、幼児の専門でもないから
楽サポのような活動は
正直、難しいんじゃないだろうか??

これが率直な感想でした。




ま、とりあえず一回参加してみないと何も分からないな〜
と思い楽サポの活動へ・・・


けど、そのような不安は
初めて活動に参加して、すぐになくなりました。



思っていた印象と正反対に違い、
すごい楽しかったな〜というイメージが残っています。





私自身、軽度ながら吃音という症状があります。
小学校の5年あたりから症状が出始めて、受容できるようになるまで


それなりに、しんどさを抱えてきました。



あっ余談ですが、「英国王のスピーチ」という映画がアカデミー賞をとりましたね。
一回見てみたいですね。。




こういう自分の背景もあり、


「自分もしんどさを抱えていた時に、
のびのびのような活動があれば嬉しかったな〜」


と思いながら、のびのびの活動に関わってきました。




はじめのうちは、時間が空いている時に活動に参加できたらいいな〜

という感覚でした。


まだその当時は
はじめに少し自己紹介をして、活動が終わるとみんな帰るので、
名前と顔が一致しないという感じでした。




けど、楽サポも初めてのキャンプを企画しよう
というあたりから


すごく色々と成長しましたよね。
あの時のことは鮮明に覚えてます。




やっくんや、うめちゃん、もちろんその他のメンバーのおかげで
楽サポも学生主体で、どんどんと成長していきましたね。


それから、大学の学祭に行ったり、サポーター交流会をしたり
はじめの楽サポのことを思うと、
まず考えられないですよね。。


私も、楽サポブログを更新しながら
日々成長してるな〜と本当に実感しました。



この1年は家の家業の手伝いで、
どうしても日曜は、展覧会が重なって行けない日のほうが多いですが




今ののびのびを見ていると、
@ひろばはもちろん、おぐりすのほうも、らいふも

本当すごいですね。



もう、のびのびだけで1つNPOとして独立できるような笑



本当にこの活動は子供達、保護者、地域からもニーズが高い、

素晴らしい活動と思います。



今年でのびのびのほうは卒業しますが



のびのびの活動は、影ながらですがもちろん応援させていただきます。


ひろばのほうには、ちょくちょく行くので
また、その時に声をかけるんで


その時はよろしくです。

キャンプの成功期待してるよ〜。。


みんなありがとう(*^_^*)


ではでは
| 次へ
プロフィール

のびのびさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nobinobi2009/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nobinobi2009/index2_0.xml
最新コメント
いしだ
高校生初★ブログ@たいむ (08/02) いまいま
高校生初★ブログ@たいむ (08/02) いまいま
なあなあ!聞いて!@ら〜にんぐ (05/23) 炭酸男
お鍋パーティー@たいむ (12/30) ゆっきー
くやしいー!!@らいふ (12/08) ゆっきー
5/23(月) らいふミーティング (06/02) はるちゃん
5/23(月) らいふミーティング (05/26) うめちゃん
第2回のびのび@たいむ (05/25) HIROTO
第2回のびのび@たいむ (05/22) H
第2回のびのび@たいむ (05/22)