CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« 自閉症スペクトラム支援のための専門セミナー(裏話) | Main | 真夏のピザづくり »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
自閉症スペクトラム支援のための専門セミナー7/29[2012年08月02日(Thu)]
2日目のセミナーは、昨年の復讐として「見える会話の実践」でした。
実技や昨年の受講者の実践例を紹介するコーナーもあって、
ワクワクする講義でしたよ。
2012072905.jpg

2012072904.jpg


また、実際に会話の見える化で、コミュニケーションが格段に進歩された方々のビデオが紹介され、支援開始直後とその一年後に大きく成長された姿を拝見させていただきました。これは、参加者の心に響いたようで、ひとりひとりが支援の必要性を強く感じた講義でもありました。

2012072903.jpg


島根のレベルアップにご協力いただきました佐賀の皆さん、
  本当にありがとうございました。
島根は、東西に長い県で、県内の連携が難しいと言われていますが、
皆さんのご協力を糧に、支援者も家族も連携して、困っている方を支えていけたらと思っています。
Posted by のびのび at 22:00 | 学習会 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nobinobi/archive/483
コメントする
コメント