CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

☆地域移行を検証するblog☆

……長野県・西駒郷は知的障害者の入所施設として昭和43年に開設。500名を超えた入所者は今、地域へと戻リ始めた。そのひとり1人に焦点をあて、ノーマライゼーションを検証するチームの調査レポート。


<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
たまごハウス
報告書の公開 (08/20)
TWENTY
報告書の公開 (08/19)
三田
聞いてくれてありがとう (07/07)
堺・自立をすすめる障害者連絡会
聞いてくれてありがとう (07/06)
たまごハウス
最終報告会のご案内 (06/08)
たまごハウス
報告会開催します (05/13)
たまごハウス
報告会開催します (05/13)
TWENTY
報告会開催します (05/11)
しすやげんた
流行語になったのなら (05/02)
TWENTY
流行語になったのなら (04/30)
流行語になったのなら [2008年04月21日(Mon)]
三田です。

新年度を迎え、西駒郷地域生活支援センター所長は定年を迎えた山田優さんから、大池ひろ子さんにバトンタッチ。
長野県本庁自立支援課長からの抜擢です。
ずっと長野の地域移行のリーダーシップをとってこられた方ですので、山田さんの後継者にハラハラドキドキしていた者の一人としては安堵した次第です。
山田さんも立場は変わりつつも、今後も西駒郷に関わってくださるので大池&山田のタッグに期待したいです。
そのうち、山田さんから報告もあるかと思います。

さて、久々の更新ですが、書きたいことは山のようにあります。
怒濤のごとく(?)更新できたらいいなあ、と隠れファンの皆様には一応宣言しつつ…。

今日はタイトルに掲げたように、近頃ますます「地域移行」という言葉が、障害者福祉の世界で流行っていることを実感しています。

地域移行勉強会
地域移行モデル
地域移行のためのステップアップ
地域移行支援
入所施設の役割と地域移行 …などなど

本当にあちらこちらで使われています。
なんだかマニュアル化していくことで、本質的な議論がかすんでしまうようにも思えるこのごろです。

一方、こんな発言もあったりします。

「地域移行が進んだら入所施設の運営に響く。職員の生活保障も一緒に考えて進めてほしい…」
「せいぜい5%の人数なら出してあげてもいいけど…」


地域移行は経営に響かない範囲で仕方なく「出してあげる」ものですか?

こんな言葉を耳にするにつけ、実は

地域移行と施設運営
地域移行と職員の職場保障

などが影のテーマなのかも知れない、と思わざるをえません。

もちろん、上記は重要な事項です。切実なのもわかります。

でも、入所者は職員と同じ「人間」です。
まず運営ありきの考え方がこれまで社会的入所を生み出してきたのではないでしょうか?
切実なのは、「いつ出れるの?」と長い長い時間、待っているおひとりおひとりではないですか?

入所者である障害者ひとりひとりの「権利保障」を抜きに、地域移行ということばが流行語になってはいけないと思うのです。

自分も仕方なくたまに使ってしまう言葉ではありますが

地域移行モデルとかステップアップだなんて言葉、障害者ご本人にとったらどう聞こえるのでしょう?

以前、精神(科)病院に入院中(社会的入院)の方を「固定資産」と称した偉いお医者さまがいました。そんな昔の話ではありません。
公的な場で堂々と、入院患者さんをそう言い切ったのです。

私の当時の感想は

「患者ひとりひとりの顔も浮かばない医者に人生は預けたくないな」

というものでした。ぞっとしたのです。


まず病院、施設、専門職ありき、ではなく…。

流行語になったのなら話は早いかも。
この機に、地域移行(私や山田さんは地域生活移行と必ず表します)の意味を「当事者中心」にこだわって考えていくことをしつこく提案していこうと思います。

提案しなくてもすでに実践してる!!

そんな地域や、魅力的な人々をここでもご紹介していこうと思います。

…更新、がんばるぞ!!

(夜中に書くと過激になるかも)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/56620
コメント
長野ではいろいろお世話になりました。久しぶりの更新ごくろうさまです。この国は流行にのることが好きなようです。私たちの「就労」も今までほとんど誰も言っていなかったのに・・・・ブームでは困るんですけどね。
なので、こんな時だからこそ大切なのは「療育」です。とみなさんには言って地域をまわります。今年度もまたどこかでご一緒できたらと思います。
Posted by:しすやげんた  at 2008年05月02日(Fri) 14:16
更新楽しく読みました。
施設がなくなったら一応自立生活支援という産業は膨らむんですけど、そちらの仕事もいろいろ職員待遇の問題はあるようなので、やりやすいように変わってくれればいいかなとちょっとだけ期待します。
Posted by:TWENTY  at 2008年04月30日(Wed) 09:49
久々の更新&コメント、とてもうれしいです。ご多忙とは思いますが、楽しみにしていますので、更新もよろしくお願いします。
Posted by:たまごハウス  at 2008年04月23日(Wed) 18:10
プロフィール

さんの画像
西駒郷山田
プロフィール
ブログ
リンク集
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nishikoma-pro/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nishikoma-pro/index2_0.xml
最新トラックバック