CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
一昔前に比べ、子育てはとても難しくなっています。
私が専業主婦で30年以上前に子育てをやった時も煮詰まりましたが、今はさらに母親は孤立化しています。周りの大人のちょっとした優しさ・心遣いで母親たちをサポートしていきましょう。ちょっとした手助けが必要なお母さんと先輩ママが手をつなぐための「場」です。
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
外国人住民の子育支援 [2019年08月26日(Mon)]
横浜で、かながわ国際交流財団主催の「外国人住民子育て支援フォーラム2019」に参加しました。外国から日本に来て子育て中の方もホームスタートとして支援していこうという動きがあり、参加することで神奈川県の現状報告や支援の取り組み事例、当事者の声を聴くことが出来ました。

言葉だけではなく、文化も違うので、出産や子育ての「アタリマエ」が日本と当然異なります。日本では妊婦健診が14回ありますが、お腹が大きくなってから産院に初めて行く国もあります。まだ栄養不足気味のため、国のお母さんから妊婦は2人分食べなさいと毎日連絡が入る方もいます。その辺りの説明も必要でしょうし、日本の制度や連絡先が分からなくて不安な方にどう繋がって、どのような説明が出来るのか。

まずは市役所だけではなく、外国人コミュニティ、国際交流団体、子育て支援センター・拠点、自治会、地域で子育てをしているママらとお互いが出来ることを協力していく方法を見つけていく必要があると痛感しました。

日本人なら妊娠・出産から小学校入学までにどんな手続きが必要か、大半の方はなんとなく想像がつきますし、誰に聞いたらいいか手掛かりがありますが、外国から来た方は何をどこで聞いたらいいのか途方に暮れるようです。この1枚の子育てチャートで先が見通せるようになり、とても助かっているとの声を会場で聴きました。母子手帳と一緒に渡すのもいい方法だと思いました。


IMG_1940.JPG

もちろん、日本人の子育て中のママもどんなことに一番困っているのか、たえずアンテナをたてて、当事者から教えてもらえるようにしていきたいです。

IMG_1943.JPG

*「外国人住民の妊娠から子育てを支えるガイドブック」および「Parenting Chart for foreign residents」のお問い合わせは「かながわ国際交流財団」までお願いします。

Posted by 二宮 at 22:08
手作りの音楽会 [2019年08月18日(Sun)]
「手と手」というトリオの音楽会のお手伝いをしました。

子育て中のお母さん3人が同じ子育て中のお母さんとお子さんに生の演奏を楽しんでもらいたいと企画。子どもたちは小さなペットボトルを持参して参加し、会場でカラフルなプラスチックなどを入れて、それぞれがマラカスを作りました。それを使ってメドレー曲を一緒に演奏。お母さん向けのロマンチックな美しい曲もあり、あっという間の30分余りでした。

才能のあるお母さんが活躍する場と、子育てをしているお母さんが音楽に癒される時間が作れたら、win-winですね。次回は公民館で子連れの音楽会を企画中です。こうした行事をちょっと覗いて、外に出たり仲間を作るきっかけになれば嬉しいです。


IMG_1935.JPG
IMG_1938.JPG
IMG_1939.JPG
Posted by 二宮 at 23:20
聞いてみないと、わからない [2019年08月11日(Sun)]
「今日ね、一人っ子になるの!」
「一人っ子?」
「そう。あこがれの、一人っ子」

保育園の年中のKちゃんには3歳年上のお姉ちゃんがいて、何でもお姉ちゃんの真似をして、最近はライバル意識丸出しの時もありますが、昨年の七夕の短冊に「Yちゃん(お姉ちゃん)になりたい」と書いたほどのお姉ちゃん好き。そのお姉ちゃんがその日、1泊2日のキャンプに出掛けて、お家でパパとママを独り占めできるというのです。

Kちゃんが「憧れ」という一人っ子。昔は、一人っ子が姉妹のいる友達を羨ましがった時代もあったのですが、事情が変わったのでしょうか?

1986年の統計を見ると、児童のいる世帯が全世帯の46.2%で、半分弱でしたが、30年後の2016年は全体の23.4%、4軒に1軒弱。また世帯当たりの子どもの数は、1986年が2人(全世帯の22.3%)、1人(16.3%)、3人以上(7.7%)の順でしたが、2016年は1人(10.9%)、2人(9.4%)、3人以上(3.1%)。一人っ子の方が多くなっているのですね。

兄弟はたくさんいた方が賑やかで良いという自分の思い込みで話をしていると、「あこがれ」の気持ちをキャッチしそこなうなと思いました。共通の話題がいっぱいあっても、ご本人に聞いてみないと分からないこと、他にもたくさんあるだろうなぁとKちゃんとの会話を通して気が付きました。これからもいろいろ教えてもらいましょう♪

kids-1966202_640.jpg
Posted by 二宮 at 22:22
安田講堂は観光スポット?! [2019年08月03日(Sat)]
10月からの幼児教育・保育の無償化に伴い、保育の質に関心があったので、「発達と保育の本質の探究」というシンポジウムに参加した。先着1000名・無料という安田講堂での公開シンポジウムには日本各地から保育・幼児教育関係者が参加。

先輩ママがお母さんに寄り添うホームスタートの活動では「指導」はしないので、専門知識は必要ではないとされるが、知識があることで気が付くこともあり、何より自分が知りたく、学べるとワクワクするので(3歳児並みの好奇心!)時間を作って出かけてみた。

10時半から5時までの濃い一日だったが、収穫の1つはOECDの「教育とスキルの未来:Education 2030」の目指す方向の1つとして豊かさとは経済成長に限らず個人および社会全体の「包摂的成長」だという概念を知ったこと。自分を大切にできる、自分のままですばらしいのだと思える子どもに成長できる“子育ち”になるよう、専門家の力を借りつつ、地域で何ができるか様々な角度から考えていきたいと思った。今回初めて知った東大の発達保育実践政策学センター(Cedep)のホームページも覗いてみよう。

東大キャンパスは観光名所にもなっているようで、中国人の団体や外国人グループが次々と安田講堂の前で記念撮影をしていた。目まいを起こしそうな猛暑の中、居眠りを交えつつも(笑)、講堂内で楽しく刺激的な一日を過ごしました。

IMG_1927.JPG

IMG_1923.JPG

IMG_1926.JPG

まる一日のシンポジウムを経て帰路につく参加者
Posted by 二宮 at 22:37
プロフィール

二宮さんの画像