CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
一昔前に比べ、子育てはとても難しくなっています。
私が専業主婦で30年以上前に子育てをやった時も煮詰まりましたが、今はさらに母親は孤立化しています。周りの大人のちょっとした優しさ・心遣いで母親たちをサポートしていきましょう。ちょっとした手助けが必要なお母さんと先輩ママが手をつなぐための「場」です。
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
体験しよう!乳児と幼児の救命救急法(in 船橋) [2018年04月30日(Mon)]
昨年好評だった乳児と幼児の救命救急法の体験会を今年も開催します。

消防団の女性指導員が乳児と幼児の救命救急法を人形を使って指導してくださいます。
救命処置の手順、AEDの使い方、誤飲時の気道異物除去法などを実際に体験しながら学べます。
広い和室なので、お子さん連れで参加できます。

日時: 6月4日(月) 10時ー12時
場所: 西部公民館(下総中山か京成中山から徒歩約7分)
対象: 子育て中のママ、孫育て中の方
参加費:300円
申込み:080−6548−5656 (先着26名)

お待ちしています♪

チラシ2.JPG

QQ11.JPG
Posted by 二宮 at 23:16
こんな支援もしています [2018年04月18日(Wed)]
家庭訪問型の支援で、双子ちゃんとご自宅近くの公園に行きました。

1歳9か月になって、2人が異なった方向に歩いて行ってしまうけど、やんちゃなAくんが危なくて目が離せないので、おとなしいBくんはつい手薄になってしまう、申し訳ないと思うけど一人の時はどうしようもない。なので、Bくんに思う存分つきあってくださいというのがママのご要望。

とことん付き合って、すべてB君のペースで1時間余り過ごしました。気の向くままトコトコ歩いて、5センチの段差を見つけて何回も確かめ、落ち葉のたまり場でカサコソ音を楽しみ、アリさんを見つけ、散歩にきているワンちゃんに近づいて挨拶し、全身を使って探検。お母さんと支援者は離れてもアイコンタクトで時々確認し合います。

小さい子どもを見ていると遊びがお仕事だと実感します。遊びを通して体験して、観察して、学んでいく。お家に帰ってたくさんお昼を食べて、フ〜。見送ってくれた玄関で、帰らないでと座って足をずりずりしたのは気に入ってくれたからかな?

また来週も遊ぼうね。

船橋市とその周辺にお住いのお母さん、子育てで手一杯になり、ちょっと心のゆとりがなくなったら、ホームスタート・しゅっぽっぽに声をかけてくださいね。

行田2 (1).JPG

行田2 (2).JPG
Posted by 二宮 at 12:38
プロフィール

二宮さんの画像