CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
一昔前に比べ、子育てはとても難しくなっています。
私が専業主婦で30年以上前に子育てをやった時も煮詰まりましたが、今はさらに母親は孤立化しています。周りの大人のちょっとした優しさ・心遣いで母親たちをサポートしていきましょう。ちょっとした手助けが必要なお母さんと先輩ママが手をつなぐための「場」です。
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
子育て応援メッセで考えたこと [2019年06月24日(Mon)]
6月15日の浦安子育て応援メッセ。映画「こどもこそミライ」は先日見る機会があったので、「私たちの暮らしじっくり考えてみませんか?」という堤未果さんによるミニ講演会と子育てママとの対話に参加しました。堤さんが昨年10月に出版した『日本が売られる』をベースに子育て中のママとして例えば水道が民営化された場合のリスクを知り、民営化を阻止できるのか、子ども世代に何を残せるのかといった話題も出ました。分からないからと政治家任せにしていることで、取り返しのつかない選択がなされていくことは一有権者として極力避けたいと思いました。

広い会場に様々な団体が集まって情報発信していたので、あちこち覗き、子育て関係の資料もいただきました。廊下に段ボールの電車と線路が登場して、信号機の管理を高校生ボランティアがしているのを見て、いいなぁと微笑ましい感じがしました。

水道の管理の流れで、『クレージーで行こう!』を読みました。老朽化した水道管のインフラ保全で、機械学習の応用で大幅なコスト減を目指すという事業をアメリカで立ち上げた3年間の記録。一気に読了。クレージーが褒め言葉の土地柄とのことですが、仕事だと思わず、楽しいからやっているという価値観。すごく分かります!ただし、他人に押し付けたらブラックになりますね。自発的だからこそやれるし、楽しいのです♪


堤、川田.JPG

線路.JPG
線路2.JPG

クレージー.JPG
Posted by 二宮 at 00:07
この記事のURL
http://blog.canpan.info/ninoko5656/archive/120
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

二宮さんの画像