CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年05月 | Main | 2015年07月»
月別アーカイブ
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
モンゴルから10名来日しました。 [2015年06月28日(Sun)]

 6月15日から22日まで、ニンジンでは、モンゴル障がい児保護者の協会(APDC)からリーダーを招へいしました。
 ニンジンでは、日本国際協力財団、まちづくり地球市民財団の助成を受けて、毎年専門家グループが訪問し、ウランバートルで診察・相談、療育従事者への研修(PT研修会)、保護者、医療者に向けての啓発セミナーを行い、日本では40年あまり前の経験になりますが、療育を実現するには行政の動きを待つだけでなく、当事者である保護者たち自身の動きが重要であることを伝え、啓発活動をしてきました。
 その甲斐あってか、地域にできた保護者のグループのなかに、昨年来ウランバートル市内で自主保育を立ち上げたグループも出てきました。そんな状況下、日本でどのように早期発見、早期療育の実現に向けて保護者たちがが立ち上がり動いてきたか、どのような状態を作り出せばいいのか日本で研修したいという希望が今回、立正佼成会一食平和基金の助成をいただいて実現しました。8名を招へいし、2名は自費で参加され、全部で10名が来日しました。
 乳児健診の現場、障がい児の幼児教室、療育医療センター、特別支援学校などの現場を訪問し、一週間のハードスケジュールをこなし、本当に充実した研修となったようです。
 研修のプログラム内容、メンバー、日程については、こちらをご覧ください。201506InvitationProgram.docx

IMG_0014.JPG

最初に乳児の4か月健診を見学した練馬区関保健相談所の前で

IMG_0080.JPG

練馬春日町幼児教室「てんとう虫」ではモンゴルのお母さんたちも一緒に動きました。

IMG_0158.JPG

ここに通っているお母さんたちの話を聞いて、モンゴルの方たちも感想をそれぞれ話しました。

20日には「公開フォーラム&交流会」で、モンゴルの状況をセレンゲ代表から報告し、練馬で長年活動された経験者藤井良子さんのお話も伺い、練馬の親の会の皆さんやニンジンのメンバーと交流しました。
IMG_0188.JPG

この日は、用意してきた民族衣装に着替えて列席しました。
21日ようやく浅草に行き、船で浜離宮へ、そしてショッピングをして帰国となりました。

今回の受け入れにご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。



水道施設が完成 [2015年06月08日(Mon)]

昨年、初めてクラウドファンディングREADYFOR?に挑戦して、北タイ、ラフ族ローチョ村に水道施設を作りたいとご支援を呼びかけ、無事達成することができました。2月にその支援の65万円を村にお渡ししてきました。

村では、3月に村人総出で水道の貯水槽の工事をしましたが、このほど、遠くの山から水を引く工事も終わりました。

kansei14.jpg


ご支援いただいた皆様のお名前を表記した大きな看板も完成し、村では皆が集まってお祝いしました。

kansei7.jpg


kansei3.jpg


kansei12.jpg


これで、村の皆が豚を飼い、コーヒーを育てることができます。頑張って取り組む農家は収入を上げることができるようになります。ご支援、本当にありがとうございました。

来年3月に、また村の様子を見て養豚講座を開くために村を訪れるツアーを予定しています。
【6月20日(土)公開フォーラム&交流会 [2015年06月08日(Mon)]

公開フォーラム & 交流会 
「モンゴルの障がい児に
療育の機会実現をめざして」


 モンゴルでは、いまだお子さんに障がいが診断されても受け入れてくれる所がほとんどありません。こうした状況を改善しようと活動しているモンゴル障がい児保護者の協会のリーダー10人が6月15日から22日まで、ニンジンの招きで来日します。
 練馬区内で始まった集団保育や、早期発見、早期療育が行われている乳幼児健診、障害児療育専門病院や特別支援学校等を視察研修することになりました。
 研修最後の日になりますが、モンゴルの障がい児の現在の状況と取り組みを伝えてもらい、また練馬で障がい児の親の会の経験を伝えていただき、来日したメンバーと交流する機会を設けましたので、ぜひご参加ください。

日時:2015年6月20日(土) 16:10〜18:45     
会場:練馬区役所20階交流会場 (練馬区豊玉北六丁目12番1号)
   http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/ku/ku/about.html  
主催:特定非営利活動法人ニンジン
助成:立正佼成会一食平和基金
後援:駐日モンゴル国大使館
フォーラム実施:練馬モンゴル障がい児問題を考える会                   

                                  
16:00 開場 
16:10 挨拶 ニンジン 足立理事長              
16:20 「モンゴルの障がい児のいま」 
障がい児保護者の協会 セレンゲ代表
16:50 「練馬での経験から・・・」  
練馬の障がい児の親の会から 藤井良子さん
17:20 交流会 (軽食と飲み物を用意します。差し入れ大歓迎です)
18:45 終了

交流会参加費:1,500円(交流会の軽食と飲み物代)
お申込み:お名前、ご所属、連絡先、交流会参加の有無を、メールまたはFAXでお知ら
せください。なるべく6月15日までにお願いします。
    当日の連絡先:立川雪子:携帯090-8105-6762 

チラシはこちらからダウンロードできます。公開フォーラム & 交流会 チラシ.pdf

お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン 
     東京都中央区湊2-16-25-202 
     Tel/Fax:03-3553-7056
        (090-1255-7396)
      Email:info@ninjin-npo.org
     (なるべくメールでお願いします)  
【7月3日】七夕チャリティコンサート「モンゴルの風」 [2015年06月01日(Mon)]

モンゴルの障がい児を支援するための
七夕チャリティコンサート


『モンゴルの風』

 今年は、7月3日(金)の夜に開催します。
 このコンサートは、モンゴルの伝統音楽演奏家のご協力をいただいて、まだ車いすの入手も難しいモンゴルの障がい児に車いすを送り、医師、理学療法士などの専門家を派遣してモンゴルの障がい児を支援するために開催するものです。当日は、ニンジンのモンゴルでの活動のご報告もします。

今年の出演者は、

◆「イフ タタラガ」…ホーミーと馬頭琴の一流奏者が組んだユニット
 ・バトエルデネ
 ・ボルドエルデネ
 ・ドリゴン
◆ 舞踊 ブルマー(モンゴル伝統舞踊家)
20416_889857851037257_6605625015206813984_n.jpg


Burmaa.jpg


男性3人のパワフルで繊細な演奏、そして踊りが楽しみです。
ぜひモンゴルの草原を吹き渡る、さわやかな風を感じにご来場ください。

開催日:2015年7月3日(金)
時 間:19:00開演 (18:30開場)
会 場:ルーテル市ヶ谷センター(市ヶ谷駅より徒歩) 新宿区市谷砂土原町1-1 
定 員:200席
料 金:前売券2,500円、当日券3,000円   前売予約可

チラシは、こちらからダウンロードできます。

◆チケット購入方法◆
FaxまたはEメールにて、お名前、ご連絡先、必要枚数、チケット受取方法をお知らせ下さい。

《チケット受取方法》
@郵便振替にて送金の後、郵送で受け取る。
A当日受付で支払い受け取る。

《振込先》 
郵便振替  口座番号 00130-9-778399 
      加入者名 特定非営利活動法人ニンジン

ゆうちょ銀行 
店番019 店名 ○一九店  
口座番号 当座 0778399
     加入者名 トクテイヒエイリカツドウホウジンニンジン

《申込み先》 FAX:03-3553-7056  
       Eメール:info◆ninjin-npo.org
(◆を@に変えて送信してください。)