CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年02月 | Main | 2015年04月»
月別アーカイブ
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
北タイ焼畑の村スタディツアー報告(2) [2015年03月20日(Fri)]

今回のツアーには、大学生、農業関連、会社員、主婦、キャリアカウンセラー、退職した教員、獣医と多彩な人が参加したので、参加者同士のコミュニケーションも豊かに行われました。毎朝、前日の振り返りを得意の絵日記でしてくれた堀米萌美さん、みんなに手話を教えてくれた加藤慶子さんのおかげで、朝から充実していました。

previous_day_report.JPG


sign_language_teacher.JPG


 村にいる間には、水道施設の支援金の贈呈式・鍬入れ式に養豚講座。コーヒーや果樹の植えてあるところを見せてもらったり、記念植樹をしました。また、持参した古着のバザーは今年も大盛況で、売り上げを子ども寮の食費の足しにと寄付してきました。夜は、ダイエーさんにラフ族の歴史や、彼の取り組みについて話をしてもらったり、醸造の専門家の銚子の山口好一さんにもお話しいただきました。

study_mtg.JPG


Freemarket.JPG


 今回参加した大学生の蔭山真理奈さんは、高校時代に中国舞踊を習っていたというので、ここは中国・雲南からやってきた人たちでみんな喜ぶから、ぜひ踊りを見せようということになり、日曜日の教会のミサが終わった後、教会の前の広場で踊りを披露しました。子どもからお年寄りまで、本当に大好評でした。

marina'sdance.jpg


 最後の夜には、村の人たちがラフ族の踊りを見せてくれて、みんなも輪に入って踊りました。山の村の後は、子ども寮、研修農場をみて、メーサイへ、ゴールデントライアングルを周遊して、チェンライ空港から、無事帰国の途につきました。

 参加者のお2人から感想文をいただきました。こちらからダウンロードできますので、ご覧ください。
 ・高山真理さん takayama.pdf
 ・蔭山真理奈さん kageyama.pdf
北タイ焼畑の村スタディツアー報告(1) [2015年03月10日(Tue)]

村が変わっていくことを実感

 2月11日から18日にかけて、北タイのラフ族の村、ローチョ村を訪ねてきました。参加したのは、19歳から73歳まで、千葉、東京、埼玉、神奈川、宮城からの13人で、今回は過去に村を訪れた人が多く、初めての人は3人でした。
 
Law_Chow_village_view.JPG


 チェンマイからNGO ルデラ(Rural Development of Lahu)の代表ダイエー・セイリさんたちの車2台に分乗して、チェンライ県メーソアイ郡タコー、ホイナムクン地区ローチョ村へ向かいました。村に着くと、スレート屋根の家が増えています。
 村では、2010年から、RTF(Return to the Forest)プロジェクトに取り組んで今年はその最後の年になります。このプロジェクトでは、焼畑で荒れた山に植林して森を復活し、豚を飼い、コーヒーや果樹を植え、自然を守る循環型の農業で収入をアップして自立を図っています。実際に収入が増え新しく家を建てようと、土地の造成をしているところもありました。

P1030637.JPG


 今回も、東金の西芳秀さんが養豚講座を開きました。例年と違うのは、RTFプロジェクトで養豚やコーヒー栽培に取り組んでいる人たちを見て、他の村人たちも取り組みたいというやる気が強く感じられたことです。養豚講座でも質問がたくさん出ました。

villagers_coming.jpg

水道施設をつくる鍬入れ式に村のひとが三々五々集まってきます。

 しかしながら、村の人が皆で取り組むには、生活用水だけでも不足ぎみなので、もう一つ農業用の水道施設が必要とされていました。そのために昨秋、日本でクラウドファンディングに初挑戦して資金集めをしました。今回その資金65万円を持っていき、水道工事の材料費として支援者76人の名簿と一緒に村に渡しました。貯水槽をつくる教会の裏手で贈呈式をしましたが、その後、村では総出で工事が進んでいます。

donating_ceremony.JPG