CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
月別アーカイブ
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ニュースレター発行しました [2011年10月31日(Mon)]

ニュースレターVol.14を発行しました。

今回は、新しいデザインになりました。

PDF版をここからダウンロードできます。
モンゴルツアー報告(4) [2011年10月24日(Mon)]

17日には、 ウランバートル近郊の景勝地テレルジへ出かけました。いいお天気に恵まれ、緑の草原のなか、日本でいえば高山植物にあたるような花々が待っていました。エーデルワイスもたくさん見ることができました。全員が乗馬も体験しました。





最終日18日には、ふた手に分かれて、見学組は、今年2月に新装なった国立身体障害者リハビリテーションセンターに行きました。夏休暇中で、医師もお二人だけでしたが、施設を見せていただきました。15床の入院棟のうち3床の子どもに親が付き添って入院できるかわいい部屋がありました。ここにも、ストレッチャー代わりにも使えるフルリクライニングの大きな車いすを1台寄贈しました。



モンゴルでも医科大学に4年制の理学療法士(PT)専門学校ができ、群馬大学の先生が教えているそうです。この春最初の卒業生が出たとのこと。作業療法士(OT)のコースはスイスから先生が来て教えているとのことでした。OTは来年から卒業生が出るそうです。
こうした専門教育がきちんと根付くと、モンゴルの障がい児療育も大きく進展することと期待できます。
モンゴルツアー報告(3) [2011年10月24日(Mon)]

16日は、いよいよ障がい児親の協会(APDC)での車イス贈呈です。今年も、親の協会の事務所がある国立盲学校の中庭で車いすの適合をみてお子さん身体に調整して渡す作業を行いました。今回運んだ21台のうち親の協会へは18台を寄贈しましたが、ここで、車いすをお渡しできたのは、2歳から14歳までの11人(うち1人は午後の障がい児センターから)のお子さんでした。今年も理学療法士の吉濱理事を中心に、義肢装具士の大塚副理事長、千葉県東金市から参加された西さんが車いすの調整に当たりました。





また、事務所の中では、脳性マヒの専門医の中島雅之輔先生が診察をしてくださいました。事前に希望を受付けていたのは5組でしたが、車いすを受け取りに来た親子も希望される方が多く、10組以上になりました。

最後に勢ぞろいして記念撮影をしました。手伝いに来てくださった方々も一緒です。



また、事務所の中で、代表のセレンゲさんからお話を伺い、その後、かわいいお花のついた手づくりのお礼状をスタッフのお嬢さんのザヤさんから一人ひとりに手渡され、一同感激、涙する一幕もありました。



午後は、 ウランバートル市の北西のチンゲルテイ区のゲル地区にある障がい児センター(CBRC)を訪問しました。このセンターは、NGOのADRAモンゴル事務所が市から5年間の契約で運営を引き受けてきたところです。この11月からはWorld Visonに変わるとのことでした。
160人ほどの身体、知的、精神障がいのお子さんが通ってきていて、6人のスタッフで対応しています。ここでも中島先生に診てもらいたいと待っている方たちがいて、時間を超過して6組の診察をしていただきました。





モンゴルツアー報告(2) [2011年10月20日(Thu)]

モンゴルツアー報告(2)

南ゴビでの2日目は、ゴビ自然博物館の見学、ヨーリンアム渓谷へのハイキング、羊の解体の見学、モルツォク砂丘体験とラクダに乗る体験、そしてホルホッグの夕食とたくさんのメニューをにぎやかに楽しみました。





協力隊の現役の二人、藤原麻美子さんと野沢綾子さんは、ハイキングから戻って昼食をすませたところでまたバスで遠路ウランバートルに戻るために、ダランザドガドに移動。シェアザジョイセンターのナツァグさんが迎えに来て、バスターミナルまで送ってくださいました。



15日、また2便に分かれてウランバートルへ戻りました。





【11月19日】モンゴル・メロディ [2011年10月11日(Tue)]

コンサートのお知らせです。

いつもニンジンのコンサート「モンゴルの風」に出演いただいている馬頭琴のバトオチルさん、バトエルデネさん、ホーミーのボルドーエルデネさんたちが出演するモンゴル音楽のコンサートがあります。


モンゴルの巨匠 ジャンツァンノロブ作曲
モンゴル・メロディ

ジャンツァンノロブ自ら解説をしながら進めるコンサート

日時:2011年11月19日(土)18:30開演、18:00開場、
会場:横浜みなとみらい/小ホール
    横浜市西区みなとみらい2-3-6 Tel:045-682-2020
    *みなとみらい駅(東急東横線直通/みなとみらい線)下車、
     「クイーンズスクエア横浜連絡口」より徒歩3分
出演者:A.バトオチル
     A.バトエルデネ
     R.アマルバヤル
     I.アマルトヴシン
     M.サウガゲレル
     B.ボルドーエルデネ
     P.ムンフツェツェグ
     Ch.ミャグマルスレン
     奥山由美
     久下未来
     イサキ瑛恵
     他
主催:モンゴル・メロディ実行委員会
共催:駐日モンゴル大使館

チケット:全席自由3,000円(前売2,500円)
チケット取り扱い Tel:045-682-2000
問い合わせ先:J.Damdintseren 080-5077-8486
光井紀子 090-3526‐9960
URL:http://www.jantsannorov.com
Email: contact@jantsannorov.com

チラシはこちらからダウンロードできます。

20111119.pdf
足立理事長がJICA理事長表彰を受賞 [2011年10月06日(Thu)]

足立さん おめでとうございます

10月4日、秋晴れの気持ちのよい日に、ニンジン理事長の足立房夫さんがJICA理事長表彰を受けました。この日の夕方、日本青年館で受賞をお祝いする会がありました。100人あまりが集まり、ニンジンからも8人が大挙してお祝いに駆けつけました。
 
独立行政法人国際協力機構(JICA)では、国際協力などJICAの業務推進に対して目覚ましい功績があった個人、団体を讃えるために「JICA理事長表彰」を実施していて、第7回となる今年度のJICA理事長表彰(国際協力感謝賞)が、社団法人協力隊を育てる会会長としての功績を認められ、足立さんに授与されたものです。 

この受賞は、育てる会の会長として受けられましたが、お祝いに駆けつけた多方面の関係者の顔ぶれに、足立さんがこれまで長きにわたり国際協力や社会福祉、障がい者支援などに尽力されてきたことがわかりました。

足立さん、これからも、健康に気をつけて、ご活躍を!