CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
月別アーカイブ
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
まだ間に合う夏のモンゴル [2010年07月24日(Sat)]

「モンゴルの障害児に車いすを届ける」と「モンゴルで一番大きい淡水湖・フブスグル湖へ行く」を一度に実現するのが、今年のニンジン・モンゴル交流ツアーです。

まだ参加者募集しています!

「第6回ニンジン・モンゴル交流ツアー〜障害児に車いすを届ける旅〜」

 ニンジンでは、モンゴルの障害児への支援を行っています。毎年、日本で使用済みとなった車いすを収集・整備し、モンゴルの障害児に届けています。8月7日出発の「ニンジン・モンゴル交流ツアー」に参加して、一緒にモンゴルへ車いすを届けませんか。 
 今年もモンゴル航空のご協力のもとに車いすを20台ほど運び、ウランバートルにある障害児親の協会で車いすを直接子どもたちに手渡します。その後、北モンゴルへ飛び、フブスグル県のムルン市で障害児親の協会の支部を訪ね、車いすを届けます。
 
 その後はフブスグル湖へ。針葉樹林の湖畔のキャンプに滞在し、大自然を満喫します。トナカイを飼う遊牧民ツァータン族を訪ねたり、お花畑を楽しもうという企画です。
 フブスグル湖 は、モンゴルで一番大きな淡水湖で透明度世界2位といわれます。モンゴルの北端、ロシア国境近くの海抜1600mにあり、いまでも太古の姿を留めた貴重な自然環境を残しています。幻の魚イトウが釣れることでも有名で、釣り好きの方にもお薦めです。

なかなか行く機会のない場所です。ぜひ参加をご検討ください。

期間:2010年8月7日(土)〜14日(土)成田発着。
参加費用:275,000円(この他に空港使用料や追加燃油費等がかかります)
申込み:7月7日以降は、航空機の座席が確保できれば参加ができます。
添乗員はおりませんが、日本からニンジンのスタッフが同行し、現地ではガイドがつきます。

詳しくはニンジンのホームページ:
http://www.ninjin-npo.org/news/tour2010.html
お問い合わせは事務局まで:Tel/Fax:03-3553-7056
(留守の場合、090-1255-7396まで)
  Email:info◆ninjin-npo.org (◆を@に変えて送信してください)


七夕コンサート盛況でした [2010年07月24日(Sat)]

7月2日(金)に開催した、七夕チャリティコンサート『モンゴルの風』は、おかげさまで180名のお客様にご来場いただき、盛況のうちに終了しました。コンサートの内容も充実していたと多くのご来場者からとても好評でした。今回は、国際アービック協会(鑑賞団体)の皆様にも初めてご鑑賞いただくことができました。

昨年に引き続き、バトオチルさんとボロルマーさんは馬頭琴と楊琴のすばらしいハーモニーを奏でてくださいました。




2年ぶりでボルドーエルデネさんのホーミーが会場に響きました。左は司会の光井紀子理事です。



今回初めて聴くことができたモンゴルの三味線奏者、オトゴンチメグさん。日本の三味線とは違って、鉛筆というかクレパスのような形の木のバチ?で弾くんですね。



そして、今回特別に踊りで賛助出演してくださったのが、エンフトゥヤさんでした。



今回もロビーにパネルを展示して、ニンジンのモンゴルでの活動を紹介させていただきました。コンサートの合間には、足立房夫理事長と会員の北梨加(協力隊OG作業療法士)よりご挨拶・報告をさせていただき、このコンサートの趣旨へのご理解を訴えさせていただきました。

ご協力いただきました出演者の皆様、ご来場いただきましたお客様、そしてコンサートの裏方として支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。