CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ネットワーク | Main | 車いす支援»
月別アーカイブ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
草の根チーム第一回目渡航顛末記(2016.9.11~25) [2016年10月12日(Wed)]

JICA草の根技術協力支援事業
モンゴル障害児療育・教育支援及び療育関係者育成事業

が始まりました。


 昨年秋から準備して来たJICA草の根技術協力支援事業「モンゴル障害児療育・教育支援及び療育関係者育成事業」は、9月1日にJICAとの契約が成立し、草の根チームは11日から25日までウランバートルに行ってきました。梅村浄(プロジェクトマネジャー)、諸石真理子(療育担当)、野口陽子(教育担当)、鈴木茂(経理担当)、堤由貴子(療育担当)に加えて、梅村涼(障害当事者)石崎由紀江(介護者)の7人です。

first_visit_kusanone_team.jpg


キックオフミーティング 
 13日には、障害児親の会と共催でキックオフミーティングを開きました。モンゴル日本文化センターのホールに、親たちが立ち上げた2つの療育グループ、ゲゲーレンとサインナイズの親子を中心に、100人余りの関係者が集まり、オルティンドー(長唄)と馬頭琴の演奏を聴きながらの開会でした。

kickoff_meeting.jpg


 草の根チームからは今後3年間にわたって、療育グループの子どもと保護者に療育と教育のやり方を修得してもらい、療育関係者をセミナーと実習を通じて育てていく事業のあらましを伝えました。カウンターパートのひとつである障害児親の会のセレンゲさんは、「魚をくれるのではなく、どうやって魚をとるかを教えてくれる支援」を歓迎するという話をされました。私たちの事業が目指すところをしっかり受けとめてもらったと、力強く感じました。
 JICAモンゴル事務所長を始め、カウンターパートである労働・社会保障省の担当局長からも挨拶を頂きました。また、JICAモンゴルが実施中のモンゴル障害児教育推進事業(START)とウランバートル市における障害者社会参加促進事業のスタッフも参加して、今後の協力を確認しあいました。子ども劇場のメンバーが歌とダンスで会場を盛り上げてくれた後、ゲゲーレンとサインナイズの代表から「共に事業を進めて行こう」との挨拶があり、グループの子供たちから歌が披露されました。

ゲゲーレンとサインナイズでの活動
 14日から21日まで、休みをはさんで3日間ずつ、チンゲルティ区にあるゲゲーレンと、バヤンゾルフ区にあるサインナイズに行きました。30人余りの子どもの診察、療育評価、教育評価を行い、それぞれの子どもについて、医療的アドバイスと療育、教育の方針を保護者につたえました。3日目にはグループ療育、食事指導を行いました。熱心なお母さん達の質問があり、家で行うだけではなく、定期的に集まって一緒に療育活動を行うことになりました。教育は一人一人に違う課題を準備し、モンゴル語に翻訳したテキストを10月中に届けて、家庭と2つの療育グループに来た時に、取り組むことになりました。算数の問題が解けて、先生から花マルをもらうと、にっこり笑顔がこぼれる子ども達でした。
 ウランバートルの本屋に行って、50冊余りの絵本を買いました。草の根の現地補助員をしている通訳のチメゲーさんにこの絵本を託して、2グループの間を巡回させ、定期的に読みきかせをしてもらうようにお願いしました。子ども達によい絵本を紹介する機会にしたいと、快く引受けてくれました。

 夜間の気温が-30℃に下がる冬の間、子ども達が集まる場所を維持するには、暖房の問題があります。10月5日にゲゲーレンは、チンゲルティ区の家庭病院の古い建物を改修して、新たにオープンしました。役所から暖房費用が出されることになりました。他のNGOから看板や、備品の寄付を受けています。
 サインナイズは発足当初から、教会の建物を借りています。教会が暖房にかかる費用を工面できなければ、敷地内の広い庭にゲルを建てて石炭ストーブを焚き、冬場の療育・教育を続けることにしています。様々な人々からの様々な援助があり、子どもと保護者達は冬の活動が続けて行けそうだと、私たちも一安心しました。

関係機関との連携
 9月12日と23日には、関係部署を訪問しました。国立リハビリテーションセンター、第10幼稚園・治療保育園では、次回渡航時から始める療育セミナー、家庭医セミナーの打ち合わせを行いました。
 労働社会保障省、保健省訪問では、ニンジン草の根の事業内容を、これからモンゴルが、中国とアジア開発銀行の援助で、全国に建てようとしている療育センターの療育・教育指導のモデルとして、参考にしたいという考え方を示されました。
 JICAモンゴル事務所、JICA障害児教育促進事業(START)事務所、JICA障害者の社会参加促進事業事務所の訪問では、各団体が協力しながらモンゴルの障害児・者の療育、教育、社会参加を進めて行こうと意志確認をしました。
 24日には親の会本部事務所で、セレンゲさん、両グループのリーダー達と今後の活動について打ち合わせを行いました。療育・教育活動をしていくと、ここはどうやったら良いのか、疑問に思うことがたくさん出て来ると予想されるので、2グループで定期的に親の集いを開いてもらい、その時に日本とSkype会議をしようという提案をしました。
 便利なツールができたものです。すでに7月に第1回目を実施して、顔をみながらの会話を経験ずみでした。11月には時間をずらせて2グループの保護者達と、次の機会には親の会本部に集まってもらったリーダー達と、Skype会議を開く約束が出来ました。

 盛りだくさんの2週間。チームの誰もが、大きく体調をこわすこともなく、和気あいあいと活動できたのは、親の会のセレンゲさん、2グループのリーダーと子ども・保護者達、2人の通訳さんの助けがあってこそ、でした。また、JICAとの契約にあたっていただいた事務局の槇さん、理事長の城先生のバックアップに感謝します。(2016.10.8) 
公開フォーラム&交流パーティー 参加者募集中 [2016年09月22日(Thu)]

【モンゴル障害児保護者の会招へいプログラム】
【JICA草の根技術協力事業報告会】
公開フォーラム と 交流パーティー 
「モンゴルの障害児に療育の機会を」

ニンジンでは、モンゴル障害児保護者の会をカウンターパートに、モンゴルの子どもたちにも療育の機会ができることをめざしてモンゴル療育支援事業を行っています。
9月25日よりモンゴルから保護者の会役員、国会議員、行政担当局長など5人を招いて2度目の研修を実施します。一方、現地で立ち上がった自主保育の2グループに対し療育技術の移転、指導者の育成を3年間かけて行うJICA草の根事業も9月から始まり、1回目の専門家派遣が終わり来日メンバーと一緒に帰国します。
そこで、1週間日本の現状を見たモンゴルの方たちと、モンゴルでの事業を立ち上げたニンジンの療育専門家たちの報告をもとに、モンゴルの障害のある子どもたちの未来のために何をしていけばいいのか意見交換する会を開きますので、ぜひご参加ください。
そして、その後はお互いに知り合い交流する楽しいひと時をもちたいと思います。パーティーだけのご参加もお待ちしています。

日時: 2016年10月1日(土)    
公開フォーラム 16:00〜18:00
交流パーティー 18:30〜21:00
会場: 練馬区役所19階会議室、
    パーティーは20階交流会場 
   (練馬区豊玉北六丁目12番1号)  
主催: 特定非営利活動法人ニンジン
助成: 立正佼成会一食平和基金
後援: 駐日モンゴル国大使館、日本肢体不自由児協会
実施: 練馬モンゴル障害児問題を考える会     
                                          参加費: フォーラムは無料、パーティーは2,000円(軽食と飲み物代)
申込み方法: お名前、ご所属、連絡先、パーティー参加の有無を、メールまたはFAXで
9月22日までにお知らせください。

チラシはこちらからダウンロードできます。Forum&Party_chirashi.pdf

お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン
     Tel/Fax:03-3553-7056
     Email:info◆ninjin-npo.org(なるべくメールでお願いします) 

草の根グループモンゴル報告(その2) [2015年11月06日(Fri)]

9月20日から27日までの草の根グループのモンゴル訪問
諸石さんの報告の続きです。

第10治療保育幼稚園での、園長、スタッフとの会合

4-1meetingNo.10.jpg

奥左手がブヤンジャガル園長


PT&OTを中心とする「療育指導者養成セミナー」の場所の提供をお願いしたところ、了解いただきました。さらに同園のPT&OTが2つの保育グループをフィールドとする実習に参加することも了解されました。
同園には、座位保持椅子に座ることができて保育できる子ども達から歩ける子ども達まで通園利用できていましたが、重症児は受け入れていませんでした。
4-2No.10class.JPG

保育クラス(9時〜17時)


国立リハビリテーションセンター 早期発見研究所(障害とリハ研究所)との会合

ボルド・シャラヴ所長と障害(社会)課長及びリハ(医学)課長の3人で事業開始して1年経過していた。
草の根プロジェクトの一つ、「家庭医向け障害児を理解するセミナー」を国リハと協同企画する申し出に了解を得ました。
所長から、「7つの大学の医学部の中の家庭医師になる学部では、6年目にリハ課目が予定されており参考になる資料を提供して欲しい。」と依頼されました。
5National_Reha.JPG

草の根グループがモンゴルを訪問しました(その1) [2015年11月05日(Thu)]

昨年から、ニンジンでは、JICAの草の根事業に応募して、モンゴルの障がい児療育をより継続的に支援したいというPTや医師など医療専門家および教育指導者が集まって「草の根グループ」を立ち上げています。
この秋に、JICA草の根支援事業として申請を予定しているモンゴル障害児療育支援事業の事前準備と打ち合わせに、JICA東京の「ホップ!ステップ!!国際協力」(市民参加協力(海外)プログラム)という支援(2人分の航空運賃と保険料)を受けて、5人が9月20日〜27日にモンゴルに行ってきました。メンバーは、諸石真理子(PT)、野口陽子(教育指導)、梅村浄(医師/ST)、吉濱信恒(PT/教育指導)、鈴木茂(経理)の5人です。

以下は、諸石さんの報告です。

1 障害児親の会本部訪問 
・ウランバートル市内に子ども発達センターと本部事務所を置く。全国に16支部と7カ所のセンターがあり,会員は4800人代表のセレンゲ さんと会い、「JICA草の根事業・カウンターパートについて」お互いの意見交換を通じて,親の会とニンジン・草の根プロジェクトが契約し,支部組織のサインナイズとゲゲーレンに技術移転する事に合意が得られました。

1Selenge.JPG

親の会代表セレンゲさん。親達の手
作り教材を見せて,障害幼児療育の活動を示す。

2 親の会支部NPOサインナイズ訪問
通学できていない(貧しく,いじめや親が面倒をみれない)子ども達と,障害児を含め10人へ昼食提供と保育活動を週に2回行ったり,他にクラブ活動(野外散歩,スポーツ等)を実施している。経済的支援として,ワールドビジョンから食事代や送迎用車とガソリン代や国際NGO(教会関係)から時々受けている。「草の根カウンターパート」の意見交換で、親の会本部と情報共有を努めながら,快諾されました。

2Sain_naiz.jpg

バヤンゾルフ区 サインナイズのバットチョロン&アルタントゥルフール夫妻とアリュカちゃん(11歳)


3 親の会支部NPOゲゲーレン、ウヤンガさんとニンジンの意見交換会 
・小高い丘のゲル地区へチンゲルティ区から場所の提供があり、移転した状況で訪問した。
トイレリホームがこれからだった。保育許容数10人を目標に、教師やヘルパー,おもちゃ購入等、区へ申請中で準備していた。

3−1Gegeren.jpg

チンゲルティ区から場所の提供があり、NPOゲゲーレンとして発足しました。


「チンゲルティ区に障害児を保育するグループがない。楽しい活動を実現して「社会参加」を目指し、親へ障害児の生きる権利意識を提供したい」とウヤンガさんは熱く語られました。

3−2Gegeren_in.JPG

訪問した日は、2部屋へこれからおもちゃや必要用具を準備するところでした。
モンゴルから10名来日しました。 [2015年06月28日(Sun)]

 6月15日から22日まで、ニンジンでは、モンゴル障がい児保護者の協会(APDC)からリーダーを招へいしました。
 ニンジンでは、日本国際協力財団、まちづくり地球市民財団の助成を受けて、毎年専門家グループが訪問し、ウランバートルで診察・相談、療育従事者への研修(PT研修会)、保護者、医療者に向けての啓発セミナーを行い、日本では40年あまり前の経験になりますが、療育を実現するには行政の動きを待つだけでなく、当事者である保護者たち自身の動きが重要であることを伝え、啓発活動をしてきました。
 その甲斐あってか、地域にできた保護者のグループのなかに、昨年来ウランバートル市内で自主保育を立ち上げたグループも出てきました。そんな状況下、日本でどのように早期発見、早期療育の実現に向けて保護者たちがが立ち上がり動いてきたか、どのような状態を作り出せばいいのか日本で研修したいという希望が今回、立正佼成会一食平和基金の助成をいただいて実現しました。8名を招へいし、2名は自費で参加され、全部で10名が来日しました。
 乳児健診の現場、障がい児の幼児教室、療育医療センター、特別支援学校などの現場を訪問し、一週間のハードスケジュールをこなし、本当に充実した研修となったようです。
 研修のプログラム内容、メンバー、日程については、こちらをご覧ください。201506InvitationProgram.docx

IMG_0014.JPG

最初に乳児の4か月健診を見学した練馬区関保健相談所の前で

IMG_0080.JPG

練馬春日町幼児教室「てんとう虫」ではモンゴルのお母さんたちも一緒に動きました。

IMG_0158.JPG

ここに通っているお母さんたちの話を聞いて、モンゴルの方たちも感想をそれぞれ話しました。

20日には「公開フォーラム&交流会」で、モンゴルの状況をセレンゲ代表から報告し、練馬で長年活動された経験者藤井良子さんのお話も伺い、練馬の親の会の皆さんやニンジンのメンバーと交流しました。
IMG_0188.JPG

この日は、用意してきた民族衣装に着替えて列席しました。
21日ようやく浅草に行き、船で浜離宮へ、そしてショッピングをして帰国となりました。

今回の受け入れにご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。



【6月20日(土)公開フォーラム&交流会 [2015年06月08日(Mon)]

公開フォーラム & 交流会 
「モンゴルの障がい児に
療育の機会実現をめざして」


 モンゴルでは、いまだお子さんに障がいが診断されても受け入れてくれる所がほとんどありません。こうした状況を改善しようと活動しているモンゴル障がい児保護者の協会のリーダー10人が6月15日から22日まで、ニンジンの招きで来日します。
 練馬区内で始まった集団保育や、早期発見、早期療育が行われている乳幼児健診、障害児療育専門病院や特別支援学校等を視察研修することになりました。
 研修最後の日になりますが、モンゴルの障がい児の現在の状況と取り組みを伝えてもらい、また練馬で障がい児の親の会の経験を伝えていただき、来日したメンバーと交流する機会を設けましたので、ぜひご参加ください。

日時:2015年6月20日(土) 16:10〜18:45     
会場:練馬区役所20階交流会場 (練馬区豊玉北六丁目12番1号)
   http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/ku/ku/about.html  
主催:特定非営利活動法人ニンジン
助成:立正佼成会一食平和基金
後援:駐日モンゴル国大使館
フォーラム実施:練馬モンゴル障がい児問題を考える会                   

                                  
16:00 開場 
16:10 挨拶 ニンジン 足立理事長              
16:20 「モンゴルの障がい児のいま」 
障がい児保護者の協会 セレンゲ代表
16:50 「練馬での経験から・・・」  
練馬の障がい児の親の会から 藤井良子さん
17:20 交流会 (軽食と飲み物を用意します。差し入れ大歓迎です)
18:45 終了

交流会参加費:1,500円(交流会の軽食と飲み物代)
お申込み:お名前、ご所属、連絡先、交流会参加の有無を、メールまたはFAXでお知ら
せください。なるべく6月15日までにお願いします。
    当日の連絡先:立川雪子:携帯090-8105-6762 

チラシはこちらからダウンロードできます。公開フォーラム & 交流会 チラシ.pdf

お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン 
     東京都中央区湊2-16-25-202 
     Tel/Fax:03-3553-7056
        (090-1255-7396)
      Email:info@ninjin-npo.org
     (なるべくメールでお願いします)  
モンゴル現地レポート [2014年09月17日(Wed)]

現在、ニンジンの派遣で吉濱信恒PTと梅村浄(きよら)医師の2人の専門家がウランバートルで活動中です。梅村浄(きよら)さんから現地レポートが届きました。
〜・〜・〜・〜・〜
ウルギーからウランバートルに戻った日は雨で寒かったのですが、ここ数日は晴れて、おだやかな日が続いています。私の風邪もだいぶ、よくなりました。

9月12日には、チンゲルティ地区に住んでいる障害児親の会世話人オヤンガーさんを訪ねました。ノミンちゃんは8歳になりましたが、ずっと家にこもりっきりの生活でした。妹が小学校に入学したので、お母さんはノミンちゃんをバギーに乗せて、一緒に小学校に通学しているそうです。この夏休みの間、無償で部屋を借りて、障害児が集まって、兄弟も参加して、絵を描いたり、工作をしたりする時間を持つことができました。その時の作品を大切な宝物のように、見せてくれました。子ども達は仲良しになり、新学期からも互いに行き来しているそうです。オヤンガーさんはゲルを一棟、寄付して貰ったので、建てる土地を探して、協力してくれるお母さん達と一緒に、地区に住んでいる障害児が集う場所を作りたいと、考えています。まずは土地探しから始めます。

1Uyangar.JPG

オヤンガーさんとノミンちゃん


9月15日にはバヤンズルフ地区の親の会世話人バットチョローンさん、アルタントルフールさんが立ち上げたばかりのNGOサエン・ナエツ子ども発達センターに招かれました。春のニンジン専門家派遣で中島医師に頑張りましょうと、励まされて、7月には別荘を借りて、障害がある子どもとない子どもが合わせて数十人参加するキャンプを実現しましたと、子ども達の笑顔の写真をたくさん見せてくれました。10歳の娘さんが障害を持っています。
バットチョローンさんは中学校の先生を4年前に辞めて、教育大学の特別支援教育コースに1年間、通いました。つれあいのアルタントルフールさんも先生でしたが、辞職してPTの勉強をする予定です。
春のニンジンの調査を目の当たりにして、正確な調査を基に、障害児の医療や教育について、行政に申し入れをして行きたいと、考えています。

2Batchuloon.JPG

左から、吉濱さん、バットチョローンさん、梅村さん、アルタントルフールさん


この日の午後からは、ソブド保育園に行って、スタッフとお母さん達に、障害児の食事指導のDVDを見てもらいました。春のニンジン専門家派遣で諸石PTが食事指導のセミナーを行いましたが、目で見てより理解しやすいように、日本で動画を撮り、DVDを自主作成して、持っていきました。毎日食べる食事は、健康の源ですから、お母さん達は熱心に見て、活発に質問してくれました。脳性麻痺で頸が座らない子どもに仰向けで食べさせて、誤嚥を繰り返すことの多いモンゴルの子育てに警鐘を鳴らしたいと考えています。
その後、梅村は診察、吉濱さんはPT指導を行いました。園長の愛娘ソブドちゃんは、4歳になり、元気そうでした。下によく似た妹が生まれていました。

3Sovd.JPG

ソヴド保育園で、中央が園長とソブドちゃん、右は吉濱さん


16日は障害児親の会の事務所で、同じ食事指導のDVDを見せて、元JICAの堤さんが実際に指導しました。10人の父母が集まって、食べさせ方だけではなく、食べ物の種類や形態について、熱心に質問していました。代表のセレンゲさんは早速、食事問題を抱えている親のフェイスブックを作って、連絡を取り合うグループを作っていました。スジャータシャンドの高橋さんは、今後4ヶ月をかけて、親の会会員が住む各地域で、12回の実地指導を行います。モンゴルでの食事指導は、第一歩を踏み出したばかりです。
(2014年9月16日 梅村浄)
【7月26日】モンゴル療育支援の報告をします [2014年07月11日(Fri)]

【モンゴルの母子保健にかかわる情報交換会】として、
下記のとおりモンゴルに関わる保健医療活動の情報交換会を開催いたします。
今回は、最近のモンゴルにおける活動、4〜5月にウランバートルで行った障がい児の実態調査、療育セミナー・PT研修の結果の報告と、今後の調査・研究や現地での活動についてのディスカッションの機会とします。
お忙しいなか恐縮ですが、万障お繰り合わせの上、ご出席頂きたくご案内申し上げます。

日 時 : 2014年7月26日(土)14:00〜16:00
会 場 : 独立行政法人国立国際医療研究センター 、研修棟4階セミナー3,4
      〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
       http://www.ncgm.go.jp/access/map.html
内 容
14:00〜  趣旨説明
14:05〜 「モンゴルにおける活動の近況」
      国際医療研究センター小児科医師  赤平百絵 
14:25〜 「モンゴルでの障がい児実態調査報告」
      ニンジン 整形外科医師 中島雅之輔
15:05〜 「モンゴルでの療育指導、PTの育成について」
      ニンジン 理学療法士 諸石真理子
15:35〜  ディスカッション

お申込 :Email:info◆ninjin-npo.org まで、お名前、ご所属をお知らせください。
     ◆を@に変えてお送りください。

なお、当日の連絡先は、090-1255-7396
療育専門家モンゴルで活動中 [2014年04月29日(Tue)]

4月25日から5月5日にかけて、ニンジンのモンゴル療育支援専門家チームがモンゴルで活動中です。今年は、中島雅之輔医師ご夫妻、諸石真理子PT、保健師の立川雪子さん、看護師の植木外喜子さん、車いすの専門家(株)ゼット本社の今清水さん中根さんに事務局槇の8人です。
今回は、診察と合わせて約30人の保護者から聞き取り調査を行い、分析した結果を保護者の会に伝え、今後の可能性を探ることに力を入れます。
並行して、保護者に向けての療育セミナー、理学療法士(PT)のための研修(脳性麻痺の理解、摂食指導法)、車いすの適合、採寸を行います。

Mentor_parent.jpg
中島医師、立川保健師の熱弁に身を乗り出すリーダーたち


ryouikuseminar.jpg
27日に行われた、保護者向けの療育セミナー


Team.jpg
ryouikuseminar.jpg
第2回PT研修会報告 [2013年10月09日(Wed)]

モンゴル交流ツアーの翌週、モンゴルに残った諸石真理子PTと事務局槇は、国立母子センター小児病院リハ科理学療法室を会場に、理学療法士(PT)のための研修会を実施しました。昨年8月は3日間の研修でしたがもっと長くと要望され、今年は4日間の研修となりました。

8月13〜16日、母子センターの医師、看護師、PTの5名を対象に、PTとして「装具療法」の基本を認識し、使用されている装具の適合性や問題性の評価を学び、装具の適切な使い方や調整法ができるようになることを目的として、@下肢装具の使用目的及び種類を知る、A短下肢装具の適合とフォローアップ、B脳性麻痺児訓練実技で目標と課題設定をテーマに研修しました。通訳はバヤラ―さん、準備から研修の補助を高橋生仁子さん(NGO Sujatashand)が担いました。

opening.jpg

研修開始にあたり、講師の諸石PTの説明を聞く。右から、諸石PT、通訳のバヤラーさん、石橋PO、左側に座っている研修生

今回は、JICA協力隊員の石橋和比古さん(国リハ・義肢装具士PO)の協力を得て装具を製作し仮合わせまで行い、PTとPOの連携の重要性を伝えました。国リハが休み中のため、製作はサイハンセテゲル義肢工場(1998年開設)の協力を得て行われました。

初日に3人のお子さんの装具適応評価のケーススタディを行い、プラスチック短下肢装具が必要かデモンストレーションを実施。全員、適応と評価後、研修会場でPTとPOの連携プレーで3人の採型を研修生に見せました。その日の午後から、石橋POは、1事例モデルの成型のため、サイハンセテゲル義肢工場で2日半製作に奮闘しました。

namona_brace.jpg


namona.jpg

最終日、ようやくできた装具を装着したナモナちゃんの仮合わせで、立ち方、歩き方が変わったのを皆で確認しました。本人もお母さんもとてもうれしそうでした。他の2人のプラスチック短下肢装具も、後日石橋POが製作して渡すことにしました。

研修生は非常に真剣で積極的に取り組んでいました。今回は口頭試問を実施し、研修目標に到達できたことを確認して、修了証を諸石PTから渡しました。
16closing.jpg

4日間の研修の内容を準備して現地で実施するために、諸石さんはじめ関係者の皆様がどれだけの時間とエネルギーを必要としたことか。本当にお疲れさまでした。

今回の車いす支援、南ゴビでの訓練指導、PT研修会は、日本国際協力財団、地球市民財団の助成を受けて実施することができました。本当にありがとうございました。
| 次へ