CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 農援団 ニュースレター | Main | 活動予定スケジュール»
月別アーカイブ
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
【8月7日出発、モンゴル交流ツアー】 [2016年05月26日(Thu)]

第10回ニンジン・モンゴル交流ツアー
――障がい児に車いすを届ける旅――


 2013年以来、お休みしていましたが、モンゴルの自然にふれたい、ニンジンの活動しているモンゴルを見てみたいという声があり、この夏久しぶりに企画しました。モンゴルの首都ウランバートルへ車いすを運び、障がい児保護者の会を通してお子さんたちに手渡すとともに、国内線のプロペラ機で南ゴビの大草原に降り立ち、モンゴルの大自然を3日間体感しましょう。

SouthGobi.jpg


こちらからダウンロードできます。
  募集要項 2016tour_youkou_revised.pdf
  旅行条件書 2016Travel_info.pdf
  申し込み書 ニンジン 申込書.doc.pdf

日 程  8月7日(日)〜 8月13日(土)6泊7日
-------------------------
1 日目  
12:30 成田空港に集合 14:40成田空港⇒18:50 ウランバートルにモンゴル航空で移動

2 日目 
南ゴビ、ダランザドガドへ国内線航空機で移動、NGOシェアザジョイ(障がい児)センターを訪問。 国立博物館を見学、ツーリストキャンプに移動

3 日目  8 月 9 日 (火)
ゴビ自然史博物館見学。ヨリンアム渓谷ハイキング。 遊牧民伝統の技術、羊の解体を見学。
<オプション:乗馬体験 約 1 時間(別料金)>
夕食:モンゴルの伝統料理ホルホグ。

4 日目  8 月 10 日 (水)
恐竜遺跡を史上初めて発見したバヤンザグの見学。ラクダを飼う遊牧民の家族訪問。
モルツォク砂丘を見学。

5 日目  8 月 11 日 (木)
国内線にてウランバートルへ移動。市内観光(恐竜博物館、スフバートル広場、ザイサン丘、ボ グド宮殿博物館)<市内観光のかわりに障がい児保 護者の会訪問もできます>
夕方:モンゴル民族歌舞鑑賞(ホーミーや馬頭琴の演奏を お楽しみ下さい)

6 日目  8 月 12 日 (金)
市内観光(ガンダン寺、民族歴史博物館)。
ショッピング等のご案内(カシミヤショップ、食品 市場等)

7 日目 8 月 13 日(土) 帰国便変更しました
14:45 モンゴル航空で東京に向け出発
19:30 成田空港へ到着。解散

* 現地の都合により、日程は一部変更になる場合もあります。
------------------------

参加費用: 2名1部屋使用、ゲルは4名で1ゲル使用、航空機はエコノミークラス利用
   会員価格 お1人様:¥253.000- 
(ニンジンの賛助会費 ¥3,000.-、正会員 \10,000.-)  
シングル追加料金:¥9,000.- (ウランバートル市内3泊のみ)
募集定員: 15名
申込み期限:6月20日(定員に達し次第締め切りとなります)

お問合せ⇒特定非営利活動法人ニンジン Tel/Fax: 03-3553-7056、090-1255-7396 
Email: info◆ninjin-npo.org  ◆を@に変えて送信してください。



新役員名簿 [2016年01月05日(Tue)]

ニンジンは、新しい役員体制となりました。
城理事長、梅村理事、鈴木理事、中島顧問、小崎顧問が新しく就任しました。
名簿は以下の通りです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

特定非営利活動法人ニンジン 役員名簿
(任期:2015年12月1日〜2017年11月30日)

理事長  
 城 良二 城整形外科クリニック院長
常務理事  
 槇ひさ恵 特定非営利活動法人ニンジン事務局長
理事
 梅村 浄 梅村こども診療所 小児科医 
 小松光一 大地を守る会国際局顧問
 鈴木 茂 生活協同組合全国都市職員災害共済会経理部長
 野口陽子 元養護学校教員
 馬場伸成 福祉施設職員・岡山県協力隊を育てる会理事
 林 賢三 花園学園大学非常勤講師
監事  
 萩原 利昌 公益社団法人川崎市医師会参事
 平塚 綾子 特定社会保険労務士
   
顧問  
 中島雅之輔 元東京都立北医療療育センター副院長
 小崎 慶介 心身障害児総合医療療育センター整肢療護園長

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

この役員体制で、会員の皆様、ご支援いただいている皆様と頑張っていきましょう。

このCanpanの団体情報も更新しました。
https://canpan.info/open/dantai/00003395/dantai_detail.html


城良二新理事長からのご挨拶  [2016年01月05日(Tue)]

ニンジンは12月1日から新しい理事長が就任しました。
新理事長からのご挨拶です。
                             Dr.shiro.jpg

  

  ごあいさつ   



    理事長 城 良二


 この度、足立房夫前理事長の後任として、特定非営利活動法人ニンジン(以下ニンジン)の理事長に就任した城(しろ)良二と申します。就任に当たりひとことごあいさつ申し上げます。私は、長年整形外科医として障害児療育に関わってまいりました。特に心身障害児総合医療療育センターに在任中は、障害児の診断、手術、リハビリ治療を実践してまいりました。この間、縁あって療育支援活動のためモンゴルに赴き、現地の状況を見てきました。当時のモンゴルは市場開放され急速に発展したとは言え、障害児に対して十分な対応が行われてはいませんでした。小児整形外科医として何か皆様のお役に立ちたいと思いながら、このニンジンに参加させて頂きました。
 ニンジンの活動は、当初中古の車椅子をモンゴルに運ぶことが中心でしたが、最近は日本の障害児の専門家を派遣し、障害の早期発見・早期療育のサポートをし、逆にモンゴルの障害児の親や関係者を日本に招聘し日本の状況を見てもらうなど、活動の幅を拡げています。またタイ北部との農業交流も継続的に行っています。このためニンジンでは、療育を専門とする医師・理学療法士・作業療法士・義肢装具士、障害児教育を専門とする教員、福祉行政の専門家、ボランティア活動の専門家、農業指導の専門家など多職種の人間が集まり、それぞれの得意な分野で活動をしています。また、専門を持たない方でも様々なお手伝いをお願いしています。
 今後、若い方々にも参加を呼びかけ、より多くの会員の方々の活躍の場が提供できるよう微力ではありますが尽力する所存です。皆様の益々のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

コンサート会場の忘れ物 [2012年07月09日(Mon)]

コンサート終了後、会場でストールの忘れ物が見つかりました。お心あたりの方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。ご自宅へ郵送いたします。

wasuremono.JPG

連絡先:Email: info@ninjin-npo.org
団体情報更新 [2012年01月12日(Thu)]

ニンジンの会計年度は10月1日から翌年の9月30日です。11月26日の総会後、東京都への報告書提出、法務局への登記などが無事終わりました。
このCANPAN内の団体情報に、2010年度の報告一式、2011年度の計画、新役員名簿を掲載しました。
右のマークの下の団体名をクリックすると団体情報のページに飛びます。
来年の事業スケジュール [2011年12月22日(Thu)]

来年の事業スケジュール

  ニンジンは、会計年度が10月1日に始まり、9月30日で終わります。つまり、半年間普通の団体とずれていることになります。これは最初の任意団体のニンジン設立が2003年10月4日であったことによります。

  11月26日には、特定非営利活動法人ニンジンの通常総会を開催しました。来年の9月30日までの2011年度の事業計画が決まりました。事業報告書は今しばらくお待ちください。

  取り急ぎ、事業予定がわかる一覧表をアップします。まだ確定でない部分もありますが、北タイや来夏のモンゴルツアーを予定したいと思われる方は、日程ををご確認ください。

年間スケジュール表はこちらからダウンロードできます。

2011-2012_schedule.xls


車イスの保管場所ができました [2011年11月18日(Fri)]

ニンジンにとって、心身障害児総合医療療育センターで集まった車イスをどこに保管すればいいのかという問題はずっと悩みの種でした。
そこに強力な助っ人が登場しました。2月のルデラ交流ツアー、そして8月のモンゴルツアーにも参加された千葉県東金市の西芳秀さんが、ご自分の土地に車イスを保管できる小屋を建ててくださいました。しっかりした小屋ですが、なんと屋根材を上げるところ以外はお一人で作られたそうで、びっくりです。



たまたま今年は東日本大震災が起こったため、東北にも車イスを提供していますので、在庫がほとんどない状況です。今現在は保管場所に持っていく必要が残念ながらありませんが、
これで、たくさん集まっても困らないですね。

西さん、本当にありがとうございました。
足立理事長がJICA理事長表彰を受賞 [2011年10月06日(Thu)]

足立さん おめでとうございます

10月4日、秋晴れの気持ちのよい日に、ニンジン理事長の足立房夫さんがJICA理事長表彰を受けました。この日の夕方、日本青年館で受賞をお祝いする会がありました。100人あまりが集まり、ニンジンからも8人が大挙してお祝いに駆けつけました。
 
独立行政法人国際協力機構(JICA)では、国際協力などJICAの業務推進に対して目覚ましい功績があった個人、団体を讃えるために「JICA理事長表彰」を実施していて、第7回となる今年度のJICA理事長表彰(国際協力感謝賞)が、社団法人協力隊を育てる会会長としての功績を認められ、足立さんに授与されたものです。 

この受賞は、育てる会の会長として受けられましたが、お祝いに駆けつけた多方面の関係者の顔ぶれに、足立さんがこれまで長きにわたり国際協力や社会福祉、障がい者支援などに尽力されてきたことがわかりました。

足立さん、これからも、健康に気をつけて、ご活躍を!
モンゴルからお見舞いや支援が来ます [2011年03月20日(Sun)]

モンゴルから
東日本大地震、津波へのお見舞いや支援のメールが届いています。


長年のおつきあいのあるモンゴルの企業からは、被災者が寒さを防ぐためのラクダの毛布やソックスを支援物資として送りたいと連絡が入りました。Montulgaという革製品や建築資材などを作っている会社で、ガンバット社長は障害者団体への支援や、障害者雇用を進めています。
モンゴル政府や赤十字とのやり取りのなかで、物資は送れないことがわかり寄付金を送ってくるそうです。社員の方々からも救援物資ではないけれど、革の小物類を寄付したいと1箱送ってくることになりました。

第10治療保育幼稚園のブヤンジャガル園長からは、
「ご家族ともども無事でいらっしゃることを願っています。日本で起きた津波のことを聞いてお気の毒に思います。私たちが知っている人びとがどうしているか心配しています。寄付をいただいた、全職員、障害児の両親たち、そして子どもたちから、お見舞いと同情を送ります。
日本の人びとはとてもパワフルで強いので、この難局を乗り越えられると願っています。」

また、南ゴビのNGOシェア・ザ・ジョイ・センターのバドマー所長からも、
「モンゴルの全ての障害児の家族から、日本の津波被害にお見舞いを申し上げます。津波の様子は見るのも本当に恐ろしいです。どうしたら皆さんの国を助けることができるかわかりません。お給料から義捐金を集めますが、何千もの人びとの生活を再建するにはあまりにも無力です。被災して孤児となった子どもたちを私たちの障害児センターに連れてくることはできるでしょうか?私たちはいつでも受け入れる用意がありますので、どうぞ考えてみてください。
ニンジンの皆さんやご家族をはじめ、存じ上げている多くのよき日本人の皆様によろしくお伝えください。」
とメールが届きました。

心が折れそうになっているときに、本当にうれしいメッセージです。
東北関東大震災について [2011年03月18日(Fri)]

このたびの東北関東大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

被災された会員の方々には、もし可能であれば、ご連絡をいただければ幸いです。
ニンジンとしては、直接的な救援活動はしておりませんが、後方支援としてできることで対応していきたいと思います。

現在、緊急支援に経験豊かなNGOが現地への救援活動を行っています。このために、被災者の支援も大事ですが、その被災者をまず助けるために現地入りしているNGOの活動を支えることが重要です。

そこで、ニンジンの事務所の大家さんであるパブリックリソースセンターが運営するオンラインの寄付サイト、Give One(ギブワン)から以下の通り寄付ができますので、皆様のご協力をお願いします。

---
パブリックリソースセンターでは、
日本国内および海外で、緊急支援金のご寄付を呼び掛けております。

ご寄付は、今現地で緊急支援活動を展開している、日本のNGO5団体に届きます。
これらの団体の活動を通じて、被災地の方々を支えるために、
皆さまのご協力をお願い申し上げます。

◎寄付窓口:オンライン寄付サイトGive One
【東北関東大震災 緊急支援活動】
http://www.giveone.net/cp/pg/TopPage.aspx寄付先団体は以下の5団体です。(3月16日現在)
○AMDA(アムダ)
○ジャパンプラットフォーム(JPF)
○ジェン(JEN)
○難民を助ける会
○ピースウィンズ・ジャパン

◎海外での寄付窓口【Japan NGO Earthquake Relief and Recovery Fund】
http://www.jcie.org/earthquake日本国際交流センターが米国法人内に立ち上げた災害復興支援基金です。
クレジットカードで5ドルから寄付できるほか、小切手での寄付も受け付けできます。

集まったご寄付の50%は、GiveOneを通じて上記の日本のNGOの緊急支援活動に届けられます。
残り50%は、今後の長期的な復興支援に使われる予定です。

-----


| 次へ