CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 活動報告 | Main | ニンジン ニュースレター»
月別アーカイブ
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
【8月5日出発】モンゴル交流ツアー [2019年05月10日(Fri)]

第13回モンゴル交流ツアー

-----2つの障がい児センターに
   きれいな水とトイレを贈る旅------


例年は----障がい児に車いすを届ける旅----ですが、今回は、----ウランバートルにある2つの障害児センターにきれいな水とトイレを贈る旅----に参加しませんか

期間:2019年8月5日(月)〜8月10日(土) (8/4前泊付き)
参加費:188,000円

joba.jpg


ニンジンでは、2016年秋から、モンゴルでJICA草の根技術支援事業を行ってきました。ウランバートル市内のゲル地区に親たちが立ち上げた障がい児センターが2か所あります。理学療法士、教師、保育士が年に3回渡航して、このセンターに出向き、親たちに障がいのある子どもの育て方を指導してきました。
リーダーを中心に親子がまとまり、地域に根ざした障がい児センターとして、今後も活動を続けていく自信をつけています。
ウランバートル市の中心部は上下水道が整い、-40℃の冬も暖房が保障されていますが、ゲル地区には水道がありません。水は給水所に汲みに行きます。地面に穴を掘って小屋掛けのトイレが普通です。
子どもたちの衛生と健康を保つために、きれいな水とトイレを贈るクラウドファンディング(5月20日〜6月28日実施)を行います。施設の条件を整えれば、行政からの援助を得る道を開くことができます。
この度、募金を手渡す旅を企画しました。モンゴルの大自然に触れ、2つの障がい児センターの子どもたちに出会う旅に、どうぞご参加ください。

8/4 静岡のホテルに前泊
8/5 静岡富士山空港よりチャーター便でモンゴルへ
   午後 ウランバートル市内観光
8/6 2つの障がい児センターを訪問・贈呈式・交流
   夕刻 モンゴル民族舞踊鑑賞
8/7 専用車で草原へ、遊牧民ショー見学
   ホスタイ国立保護区のツーリストキャンプ
   乗馬、野生馬タヒ観察、ゲルに宿泊  
8/8 午前 自由行動
   午後 ウランバートルへ移動
8/9 午前 市内観光
   午後 ショッピング、他
8/10 10:45 ウランバートル発のチャーター便
   15:55 富士山空港到着
   17:00頃 専用バスで東京方面に出発(東京または新宿駅付近へ)

詳しくは、こちらからダウンロードしてご覧ください。
     募集要項2019Mongol_tour.pdf
     申込書2019Moushikomisho.pdf

参加費用:会員価格 お1人様:¥188,000.-  
     (ニンジンの賛助会費 ¥3,000.-、 正会員会費 \10,000.-) 
募集定員:12名様
申込み期限:6月16日(定員に達し次第締め切り)
手配旅行社:株式会社エムジェイツアーズ
添乗員はつきませんが、ニンジンのスタッフ(日本人)が同行し、現地では日本語ガイドがお世話します。
お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン 
     Tel/Fax: 03-3553-7056、090-1255-7396
     Email: info◆ninjin-npo.org (◆を@に変えて送信ください)




【12月21日】モンゴル、ホーミーのコンサート [2018年12月05日(Wed)]

いつもニンジンの「モンゴルの風」コンサートでおなじみの
あのホーミーの名手、ボルドエルデネさんのリサイタルを聴きにいきませんか。
ニンジン事務局にご連絡いただければ、一緒にチケットを取っておきます。

以下、ボルドエルデネさんから、

「こんにちは
皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
12月21日に「モンゴルホーミー」私のリサイタルコンサートをする事になりました。
ホーミーのあらゆる種類、技で皆さんを楽しませます。
コンサートに一緒に参加する方々:私のお母さん「モンゴル国功労芸術家SH.ダワーフー」そしてイフタタラガ音楽グループ、民謡歌手サランチメグ Saranchimeg Chultemjamts、馬頭琴奏者ウルグン Urgun Zugachin、ダンサー:ナランゲレル Brain Naagii、ブルマ Buram Flower、ブジン Bujin Zorigtbaatar、ジャブハー Javkhaa Lastinka、と言った方々が参加されます。

1221Mongol_concert.jpg


1221Mongol_ura.jpg
活動報告会開きます [2018年11月20日(Tue)]

JICA草の根技術協力事業報告
モンゴル「障害児療育•教育支援および療育関係者育成事業」
 プロジェクト実施期間:2016年9月〜2019年8月 
小川勝彦医師モンゴル活動報告
訪問期間:2018年9月15日〜22日

ニンジンでは、モンゴル障がい児保護者の会をカウンターパートに、モンゴルの子どもたちにも療育の機会ができることをめざしてモンゴル療育支援事業を行っています。現在、【JICA草の根技術協力事業】の3年目に入ったところです。
そこで、これまで2年余りの取り組みの中で、何ができてきたのか、実際はどうなのか見えてきたことを皆様にお伝えし、残りの1年をより有意義なものにしたく、活動報告をさせていただきます。
また、9月にご夫妻でモンゴルを訪問し、障害児保護者の会を通じ重度のお子さんの診察相談を行われた小川勝彦医師(びわこ学園医療福祉センター野洲 顧問)からもその活動についてご報告をいただきます。大津市よりおいでくださいます。
直接報告を聞く機会はめったにありませんので、ぜひご参加ください。
報告会終了後は、ニンジンの総会、懇親会が続いてあります。こちらへもご参加いただければ幸いです。
PT.png

日時: 2018年11月24日(土)  13:30〜15:00 

13:30 草の根事業活動報告
    (梅村リーダーおよび草の根チーム専門家より)   
14:30 小川先生の活動報告

会場: 中央区女性センター「ブーケ21」研修室2 
    メトロ八丁堀A2出口徒歩3分
   参加費: 無料

15:10 総会 〜16:45  
活動報告会の後、二ンジンの通常総会があります。よろしければご参加ください。オブザーバー歓迎です。

お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン 
     Tel/Fax:03-3553-7056
      Email:info◆ninjin-npo.org (◆を@に変えてお送りください)
【7月27日発】モンゴル交流ツアー [2018年05月11日(Fri)]

第12回モンゴル交流ツアー
……障がい児に車いすを届ける旅……

2018年7月27日(金)〜8月1日(水) 
(7/26前泊付き)

P1030829.jpg


 ニンジンでは、モンゴルの障がい児への支援を行っています。この夏も、ニンジンの活動の一端を担い、あわせてモンゴルの自然と文化にふれる旅を企画しました。モンゴル航空のご協力をいただいて車いすを運び、モンゴル障がい児保護者の会に届けます。ウランバートルからバスで大草原を西北へ向かい、保護者の会のダルハンオール県支部にも車いすを届けます。ここは昨年、障がい児保育の研修で来日したアルタンチメグさんが代表をしています。ここで子どもたちと交流します。その後、大草原のツーリストキャンプでゲルに泊まり、遊牧民の暮らしにふれます。
 今回は、初めて富士山静岡空港からのチャーター便に乗って行きます。例年よりちょっとだけ短く参加費も抑えることができました。ぜひ一度モンゴルへ行ってみませんか。

募集要項はこちらから2018MongolTour.pdf
申込用紙はこちらから2018TourMoushikomisho.pdf

<日 程>
7/26(木)
静岡のホテルに前泊。
7/27(金)
08:15 モンゴル航空チャーター便でウランバートルへ、
13:00 到着後、ガイドの出迎えを受け、市内観光(ガンダン寺)へ
ホテルチェックイン 
7/28(土)
午前:ザイサン丘見学、障がい児保護者の会訪問
午後:市内観光(スフバートル広場・歴史博物館・ボグドハーン宮殿博物館など)
夕刻:モンゴル民族舞踊鑑賞
7/29(日)
午前:ダルハンへ移動 (200q、2.5時間)
保護者の会ダルハン支部を訪問して交流
午後:16:00アマルバヤスガラント寺院へ移動
バルーンブレン近郊のツーリストキャンプ泊
7/30(月)
午前:遊牧民宅訪問、アマルバヤスガラント寺院散策等
午後:乗馬体験(オプション)
バルーンブレン近郊のツーリストキャンプ泊
7/31(火)
午前:ウランバートルへ移動
午後:ゴビカシミア、ノミンデパートや食品市場などてショッピング
8/1(水)
10:45ウランバートル発(モンゴル航空チャーター便)
15:55富士山空港到着後、現地で解散

参加費用:2名1部屋使用、ゲルは4名で1ゲル使用。 航空機はエコノミークラス利用 
     会員価格 お1人様:¥188,000.-  シングル追加料金:¥15,000.- (ウランバートル市内3泊のみ)
(ニンジンの賛助会費 ¥3,000.-、 正会員会費 \10,000.-) 
募集定員:15名様
申込み期限:6月16日(定員に達し次第締め切り)
宿泊予定ホテル:フラワーホテル3泊。 バルーンブレン近郊のツーリストキャンプ(ゲル)2泊。
参加費用に含まれるもの:航空運賃(諸費用含む)、宿泊、送迎、観光、食事(全て)、モンゴル民族舞踊鑑賞、日本語ガイド、富士山空港周辺での前泊代1泊
参加費用に含まれないもの:日本国内の移動手段、飲物、電話、土産物代等個人的性質の費用。
手配旅行社:株式会社エムジェイツアーズ
※添乗員はつきませんが、ニンジンのスタッフ(日本人)が同行し、現地では日本語ガイドがお世話します。
お問合せ:特定非営利活動法人ニンジン 
Tel/Fax: 03-3553-7056、090-1255-7396 
Email: info◆ninjin-npo.org  ◆を@に変えてお送りください。
【6月9日】「モンゴルの風」コンサート [2018年05月02日(Wed)]

モンゴルの障がい児を支援するための
チャリティコンサート


『モンゴルの風』


 15回目の開催となる今年は、6月9日(土)の夜に開催します。
 このコンサートは、モンゴルの伝統音楽演奏家のご協力をいただいて、まだ車いすの入手も難しいモンゴルの障がい児に身体に合った車いすを送り、医師、理学療法士などの専門家を派遣してモンゴルの障がい児を支援するために開催するものです。会場では、ニンジンのモンゴルでの活動のご報告をします。ご来場いただくことが支援になります。ぜひお誘いあわせの上、素晴らしい演奏をお楽しみいただくとともに、ニンジンの活動にもご理解をいただければ幸いです。

2018concert.jpg


 演奏するのは、昨年大変好評を博したモンゴルの民族楽器を演奏する「イフタタラガ」です。馬頭琴とホーミーの男性3人に加え、女性のモンゴル琴とヨーチン(楊琴)の奏者の5人編成です。最高の馬頭琴に二人のホ−ミーの音色、そこに琴とヨーチンの繊細で豊かな音が広がります。

◆「イフタタラガ」…ホーミーと馬頭琴、モンゴル琴、ヨーチンの一流奏者が組んだユニット
 ・A. バトエルデネ…馬頭琴
 ・B. ボルドエルデネ…ホーミー&馬頭琴
 ・A. ドルギオン…馬頭琴&ホーミー
 ・Ch.ミャグマルスレン…モンゴル琴
 ・D. ネルグイ…ヨーチン

image1.jpeg


ぜひモンゴルの草原を吹き渡る、さわやかな風を感じにご来場ください。

開催日:2018年6月9日(土)
時 間:19:00開演(18:30開場) 20:50終演
会 場:ルーテル市ヶ谷センター(市ヶ谷駅より徒歩) 新宿区市谷砂土原町1-1 
主 催:特定非営利活動法人ニンジン
後 援:駐日モンゴル国大使館
定 員:200席
料 金:前売券2,500円、当日券3,000円   前売予約可

チラシはこちらからダウンロードできます⇒20180609concert.pdf

◆チケット購入方法◆
FaxまたはEメールにて、お名前、ご連絡先、必要枚数、チケット受取方法をお知らせ下さい。

《チケット受取方法》
@郵便振替にて送金の後、郵送で受け取る。
A当日受付で支払い受け取る。

《振込先》 
郵便振替  口座番号 00130-9-778399 
      加入者名 特定非営利活動法人ニンジン

ゆうちょ銀行 
店番019 店名 ○一九店  
口座番号 当座 0778399
     加入者名 トクテイヒエイリカツドウホウジンニンジン

《申込み先》 FAX:03-3553-7056  
       Eメール:info◆ninjin-npo.org
(◆を@に変えて送信してください。)
【7月31日出発】モンゴル交流ツアー [2017年06月05日(Mon)]

第11回ニンジン・モンゴル交流ツアー
――障がい児に車いすを届ける旅――


 ニンジンでは、モンゴルの障がい児療育支援活動をご理解いただきながら、モンゴルの人々と出会い、素晴らしい自然、文化にふれる旅を行っています。
今年は、車いすをモンゴルに運びつつ、モンゴルの大草原をバスで西へ向かい、世界文化遺産となっているハラホリンや、ツェンヘル温泉では露天風呂のあるツーリストキャンプに泊まり、またモンゴルの夏の祭りであるナーダムも見ることができるツアーになっています。
このツアーでは、3日目にバスで長距離を移動しますが、ここ数年の間に道路の整備が進んでいます。未舗装の区間が30kmほどあります。
見どころ満載です。モンゴルの大草原が待っています。ぜひご参加ください。

Kharhorin.jpg


こちらからダウンロードできます。
  募集要項 17tour_boshuyoukou.pdf
  申し込み書 17mousikomisho.pdf
日 程  7月31日(月)〜 8月7日(月)7泊8日
-------------------------
1 日目  7/31
12:30 成田空港に集合 14:40成田空港⇒19:10 ウランバートルにモンゴル航空で移動
専用バスでホテルへ
2 日目 8/1
障がい児保護者の会を訪問。市内観光、モンゴル民族歌舞鑑賞。
3 日目 8/2 
専用バスに車いすを積んで、ハラホリン経由ツェンヘルへ。到着後、モンゴルの温泉で疲れを癒します
4 日目 8/3
ツェツェルレグへ行き、保護者の会アルハンガイ県支部に車いすを届ける。県立博物館、ブルガン山を眺めキャンプに帰る。希望者は乗馬体験ができます。温泉を楽しみます
5 日目 8/4
世界遺産オルホン渓谷に位置するハラホリンへ、エルデネゾー寺院、ハラホリン博物館、亀石、ホショーツァイダム博物館を見て、ブルドのツーリストキャンプへ移動。夕食は、モンゴルの伝統料理ホルホグをお楽しみください
6 日目 8/5
専用車でウランバートルに向かう。午後、ウランバートル郊外にてモンゴルの夏祭り、ナーダムを見学
7 日目 8/6
午前、ウランバートル市内観光、午後、ショッピングにご案内
8日目 8/7
17:55 モンゴル航空で東京に向け出発
13:40 成田空港へ到着。解散

* 現地の都合により、日程は一部変更になる場合もあります。
------------------------

参加費用: 2名1部屋使用、ゲルは4名で1ゲル使用、航空機はエコノミークラス利用
      会員価格 お1人様:¥237,000.− 
      (ニンジンの賛助会費 ¥3,000.-、正会員 \10,000.-)  
     シングル追加料金:¥18,600.- (ウランバートル市内4泊のみ)
募集定員: 10名
申込み期限:6月26日(定員に達し次第締め切りとなります)

希望者が10人を超える場合でも航空券が確保できれば参加は可能ですので、ご相談ください。
ご不明の点はどうぞお問い合わせください。

お問合せ⇒特定非営利活動法人ニンジン Tel/Fax: 03-3553-7056 
Email: info◆ninjin-npo.org  ◆を@に変えて送信してください。

【6月10日】「モンゴルの風」コンサート [2017年04月17日(Mon)]

モンゴルの障がい児を支援するための
チャリティコンサート


『モンゴルの風』

20170610コンサート‗チラシ20170415_0000.jpg


 今年は例年より早く、6月10日(土)の夜に開催します。
 このコンサートは、モンゴルの伝統音楽演奏家のご協力をいただいて、まだ車いすの入手も難しいモンゴルの障がい児に身体に合った車いすを送り、医師、理学療法士などの専門家を派遣してモンゴルの障がい児を支援するために開催するものです。当日は、ニンジンのモンゴルでの活動のご報告もします。

演奏するのは、今年もモンゴルの民族楽器を演奏する「イフタタラガ」ですが、今年は、馬頭琴とホーミーの男性3人に加え、女性のモンゴル琴と新たにヨーチン(楊琴)の奏者も加わり5人編成になりました。最高の馬頭琴に二人のホ−ミーの音色、そこに琴とヨーチンの繊細で豊かな音が広がります。

◆「イフタタラガ」…ホーミーと馬頭琴、モンゴル琴、ヨーチンの一流奏者が組んだユニット
 ・A. バトエルデネ…馬頭琴
 ・B. ボルドエルデネ…ホーミー&馬頭琴
 ・A. ドルギオン…馬頭琴&ホーミー
 ・Ch.ミャグマルスレン…モンゴル琴
 ・D. ネルグイ…ヨーチン

IKH_TATLAGA_4_small.jpg

Nerugui_san.jpg

ぜひモンゴルの草原を吹き渡る、さわやかな風を感じにご来場ください。

開催日:2017年6月10日(土)
時 間:19:00開演 (18:30開場)
会 場:ルーテル市ヶ谷センター(市ヶ谷駅より徒歩) 新宿区市谷砂土原町1-1 
定 員:200席
料 金:前売券2,500円、当日券3,000円   前売予約可

チラシはこちらからダウンロードできます⇒http://www.ninjin-npo.org/news/20170610concert.pdf

◆チケット購入方法◆
FaxまたはEメールにて、お名前、ご連絡先、必要枚数、チケット受取方法をお知らせ下さい。

《チケット受取方法》
@郵便振替にて送金の後、郵送で受け取る。
A当日受付で支払い受け取る。

《振込先》 
郵便振替  口座番号 00130-9-778399 
      加入者名 特定非営利活動法人ニンジン

ゆうちょ銀行 
店番019 店名 ○一九店  
口座番号 当座 0778399
     加入者名 トクテイヒエイリカツドウホウジンニンジン

《申込み先》 FAX:03-3553-7056  
       Eメール:info◆ninjin-npo.org
(◆を@に変えて送信してください。)
【7月23日】チャリティコンサート「モンゴルの風」 [2016年05月26日(Thu)]

モンゴルの障がい児を支援するための
チャリティコンサート


『モンゴルの風』

2016Concert20160610_0001.jpg


 今年は、梅雨が明けていることを期待して、7月23日(土)の夜に開催します。
 このコンサートは、モンゴルの伝統音楽演奏家のご協力をいただいて、まだ車いすの入手も難しいモンゴルの障がい児に車いすを送り、医師、理学療法士などの専門家を派遣してモンゴルの障がい児を支援するために開催するものです。当日は、ニンジンのモンゴルでの活動のご報告もします。

今年の出演者は、昨年大変好評だったモンゴルの民族楽器を演奏する「イフタタラガ」ですが、今回は男性3人でなく、男性2人に女性のモンゴル琴奏者が入ります。また、伝統舞踊の踊りも入ります。

◆「イフタタラガ」…ホーミーと馬頭琴、モンゴル琴の一流奏者が組んだユニット
 ・A.バトエルデネ…馬頭琴
 ・A.ドルギオン…馬頭琴とホーミー
 ・Ch.ミャガマルスレン…モンゴル琴
◆ 舞踊 G.ブルマー(モンゴル伝統舞踊家)

ぜひモンゴルの草原を吹き渡る、さわやかな風を感じにご来場ください。

開催日:2016年7月23日(土)
時 間:19:00開演 (18:30開場)
会 場:ルーテル市ヶ谷センター(市ヶ谷駅より徒歩) 新宿区市谷砂土原町1-1 
定 員:200席
料 金:前売券2,500円、当日券3,000円   前売予約可

チラシはこちらからダウンロードできます⇒2016Concert20160610_0001.pdf

◆チケット購入方法◆
FaxまたはEメールにて、お名前、ご連絡先、必要枚数、チケット受取方法をお知らせ下さい。

《チケット受取方法》
@郵便振替にて送金の後、郵送で受け取る。
A当日受付で支払い受け取る。

《振込先》 
郵便振替  口座番号 00130-9-778399 
      加入者名 特定非営利活動法人ニンジン

ゆうちょ銀行 
店番019 店名 ○一九店  
口座番号 当座 0778399
     加入者名 トクテイヒエイリカツドウホウジンニンジン

《申込み先》 FAX:03-3553-7056  
       Eメール:info◆ninjin-npo.org
(◆を@に変えて送信してください。)


【12月4日~6日】カザフ刺繍ケステ展 [2015年11月14日(Sat)]

美しいカザフの刺繍とお話

モンゴル障がい児療育支援事業で活躍されている梅村浄先生の「こども診療所」では、モンゴルで自主保育の支援をしていただいている堤由貴子さんにも手伝ってもらって、カザフ刺繍「ケステ」展を開きます。5日には、帰国中の堤さんのお話も聞けます。

日時:2015年12月4日(金₎〜6日(日) 10:00~17:00
主催:モンゴル岩塩・スーホ●http://kotobatokokoro.com/profile/umemura/ モンゴル岩塩/
場所:梅村こども診療所●西東京市南町5-17-2
連絡先:090−7216−1704(梅村)

ギャラリートーク 時間:14:00〜15:00
12月4日(金)カザフ女性が生み出す刺繍世界 廣田 千恵子さん
 刺繍布が作られる経緯・製作の様子・展示されている布の解説を行います。
12月5日(土)ウルギーの障害者たち 堤 由貴子さん
12月6日(日)カザフ文様に込められた願い 廣田 千恵子さん
 カザフ文様が持つ意味や用いられ方などを遊牧民の生活の様子と絡めながらご紹介します。

チラシはこちらからダウンロードできます。kesute_chirashi.pdf
 
「ケステ」とは
 ケステとは刺繍を意味するカザフ語です。
 モンゴルの西端にあるバヤンウルギー県にはカザフ人が住み、標高が高く乾燥している地域で遊牧をしています。女性たちは乳搾りや家事のかたわら、刺繍布で住いを彩り、豊かに暮らしています。
 トゥス・キーズ(壁掛け)をはじめたくさんの刺繍作品と写真を展示します。また、バヤンウルギー県で活動して来た2人の女性を招いて、遊牧民の暮らしを語ってもらいます。刺繍布の向こうにあるカザフの文化に触れてみませんか。
 開催期間中、刺繍作品とモンゴル岩塩を販売し、収益の一部はウルギー市の障害者施設に寄付いたします。

―<<講師紹介>>―
廣田 千恵子(ひろた ちえこ)
NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ専従スタッフ。 千葉大学大学院博士前期課程修
了。専門はカザフ民族の装飾・手芸研究。HP「カザフ情報局ケステ」を運営している。
 http://www.kazakh-mongol.com

堤 由貴子(つつみ ゆきこ)
JICA海外青年協力隊員としてウランバートルで2年間、以後ボランティアとしてウルギー市で
障害者ケアに従事。作業療法士。

ご来場をお待ちしています。

【10月24日】モンゴル・メロディ3 コンサート [2015年09月23日(Wed)]

モンゴルの中でも最も有名な作曲家の一人であるジャンツァンノロブ氏が、自らの楽曲を解説しながら進めるコンサートがあります。出演者は、ニンジンの『モンゴルの風』コンサートでおなじみの方たちが多いです。

モンゴル・メロディ3

日時:2015年10月24日(土) 18:40〜開場 19:00開演
会場:ルーテル市ヶ谷センター 音楽ホール
料金:3,000円(当日 3500円)
出演:馬頭琴:バトエルデネ、ドルギオン、ムングン、
       オーガントヤ、デルゲルマー
   ホーミー:ボルドエルデネ、
   琴:ミャグマルスレン、
   笛:サウガゲレル、
   ピアノ:鎌田しのぶ
他、日本人のコンクール入賞者の演奏もありま す。

主催 世界馬頭琴協会
後援 駐日モンゴル大使館

チラシはこちらからダウンロードできます。Mongol_melody3.pdf

お問合せ先:
光井紀子 090-3526-9960
宮原洋子 090-2215-1023
| 次へ