CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NBV連絡会
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/05) りんりん
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/04)
2017読書ボランティア勉強会 [2017年08月31日(Thu)]
2017読書ボランティア勉強会

今市図書館にて8/25、今年度の1回目読書ボランティア勉強会を行いました。この後9/30の2回目(テーマ動物)、10/24の3回目(アリスの会との交流会)と予定しています。

〜8月25日(金) 2017読書ボランティア勉強会〜
 日光市読書ボランティア連絡会では、今回初めてテーマを決め各々が本を持ち寄り、絵本の読み聞かせをするスタイルの勉強会を行いました。第一回目のテーマは「動物」でした。
 動物と限定しても、それこそ広く、たくさんありますから、終わった後はまるで動物園を一回りしたような気持ちになりました。
 そして、大人を前に読む緊張感、他人の読み聞かせを聞くことで知る、本の見せ方、読み方など、学ぶことが多くありました。

持ち寄って読み聞かせをした絵本は・・・・
「とうさんごりら」
「ちいさなねこ」
「ちいさなヒッポ」
「あれあれ?そっくり」
「ねずみのおよめさん」
「のうさぎのロル」
「どうぶつえんガイド」
「どうぶつえんのおいしゃさん」
「ゆうたのおかあさん」
「こんにちは いぬ」
「パパのしごとは わるものです」
「こぶたは おおきい」
「うえきばちです」
「おさるとぼうしうり」
「おかえし」
「コッケモーモー!」
「いえすみ ねずみ」
P1010925n.jpg

P1010926n.jpg

 一人持ち時間を15分に決めましたが、読みたい本が多く、用意した本が全て読めず、紹介しただけの本もたくさんありました。そんな中、自分だけでは出会えなかった本を知る機会ができることこそ、勉強会の楽しみでもあるのではないかと思います。

参加者の読み聞かせの後は、本の感想や情報交換をしました。中に学童クラブの指導員をしている方がいらして、学童クラブとはどんな所か、長期休暇の一日の流れ、子どもの様子など、読み聞かせボランティア活動だけでは知りえない子どもとの深いつき合い方を教えていただきました。
 また、朝の読み聞かせでは、楽しいものを読むといいという意見もあるけれど、自分の気持ちを伝えたいテーマの本も読んでいいのではないでしょうか。
 学校の図書室にある本を読んだときは、教室に本を置いてきて、先生、あるいは図書委員に返却してもらうこと。意外と図書委員の方が責任を持ってくれるので、読み聞かせをそこだけで終わらせないのでお勧めだという意見もありました。

  絵本の勉強会は、読み聞かせの話はもちろんですが、今の子どもの様子や他の学校の情報交換などもできます。次回のテーマは「昔話」です。どんな話に出会えるか楽しみです。(増渕)


9月、10月もみなさんのご参加お待ちしています。


(ブログ担当:ますかわ)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

NBV連絡会さんの画像
リンク集
月別アーカイブ