CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NBV連絡会
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/05) りんりん
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/04)
本の修理講習 [2015年06月29日(Mon)]
本の修理講習
〜子どもゆめ基金助成活動〜

6月20日(土)、支援センターにて本の修理講習を行いました。

ブックカバーの全面張りに挑戦。
新刊本を補強することで、本が長持ちします。
全面張りが難しい場合は、背表紙だけでもフィルムシートを貼るとよいです。

写真 2.JPG

写真 6.JPG


ページが外れてしまった場合は、ビニール糊又は木工ボンドでのどを止めるのが、ベストです。
又は専用のテープを使って貼り合わせます。

文字やけして、タイトルが消えてしまった場合は、テプラなどでタイトルを貼り付け、その上からフィルムシートで補強しましょう。
その時、学校図書館の本の場合はラベルも合わせて交換すると綺麗です。

見返しののどが切れてしまった場合は、のど布テープで補強するのが良いです。又は見返しに文字や絵がある時は補修テープより厚みのあるフィルムシートを使うと仕上がりが綺麗です。フィルムシートの場合劣化すると又は切れてしまうことがあります。

本の状態により修理の方法もまちまちですが、修理コストや買い替えも検討したいものです。
絶版になっている絵本などは買い替えができません。大切に直して読みたいものです。

修理は見栄えのよさも考え丁寧に行うようにしましょう。
時間も労力もかかりますが、新たに子どもたちが手に取る楽しみを考えて修理しましょう。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


        (ブログ担当:ますかわ)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

NBV連絡会さんの画像
リンク集
月別アーカイブ