CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NBV連絡会
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/05) りんりん
平塚ミヨ先生の素語り講習 (10/04)
平成25年度 第6回定期総会 [2013年05月20日(Mon)]
平成25年度 第6回定期総会を行いましたかわいい

5月14日(火)、日光市民支援センターにて今年度の定期総会を行いました。
みなさま、お忙しい中でのご参加ありがとうございます。




P1000963[2].jpg

前年度は、グリム童話生誕200年記念の年であり、連絡会も5周年を迎えたのを記念して、グリム童話に関するイベントをたくさん企画しました。
グリム童話中心のおはなし会、グリム童話の世界展を杉並木公園ギャラリーで行う等、大勢の方に参加していただき嬉しく思います。
今年も皆さんに喜んでいただけるような事業をやっていきますので、ご協力お願いします。と会長高橋から挨拶がありました。

総会はすべての議案が承認されました。
今年度も子どもたちと本を結ぶ、ボランティアの皆さんにとって、少しでも実りある活動が提供できるようにしたいです。
         
 ★おはなし会
・会員の山崎久子さんの語り
「生子石のはなし」 
塩野室の伝説でやまめを食べて石にされた女の人の話。今もその石はあるそうです。
「豆は三里もどっても」 
福島の民話 味噌豆ってどんな味のする豆なのでしょう?
P1000964[2].jpg


・会員の花岡寛さんの読み語り    
「かんぴょうを植えない村」 
下野壬生の伝説。かんぴょうを植えない村の訳、それを乗り越え、この村はかんぴょうの産地になったのだそうです。
「とんだ ぬけさく」
 エチオピアの話。ちょっとまぬけな男のにくめない行動は思わず笑ってしまいます。
P1000966[2].jpg

       
 ★交流会
交流会では、お茶をしながら好きな本の話、所属している学校の話をしました。

P1000970[2].jpg

Tさんは花岡さんの話にとてもひきこまれたと言うことでしたが、花岡さんはご自分の話し方は聞き手に話をおしつけてしまう、もっと自分で想像し楽しみを残してあげるような話し方の方が望ましいと言っていました。
Nさんは日光の図書館が指定管理者になり心配していたが、児童書、読み聞かせ、勉強会等に意欲的に関わってくれたり、他の図書館との連携も迅速になり、良かったと言っていました。
また、連絡会の活動は、ボランティアにとって大変意味のあるものだから、もっと参加してくれる方が増えるといいですね、とのことでした。

皆さんの貴重な意見が聞けて、良かったです。
(記事:増渕)



今年度も、より良い読み聞かせ活動、図書ボランティア活動が出来るよう一緒に学びましょう本

プリムローズでも、楽しい英語おはなし会を継続していきたいと思いますわーい(嬉しい顔)
どうぞよろしくお願いいたします。

         (ブログ担当:ますかわ)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

NBV連絡会さんの画像
リンク集
月別アーカイブ