CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
春6月 [2019年06月12日(Wed)]
みなさん

仙台からです。
今回は食中毒について、お話しします。
食中毒の被害が、1年で最も多くなるのは6、7月にかけての時期とわかっている。先月すでに、広島県の宿泊施設で男女73人が、腹痛や発熱を訴えるなど、大規模な食中毒被害が発生しており、これから、さらに被害は増え続けると予想されている。
そこで、なぜ梅雨の時期に食中毒の被害が多いのかを少し調べたことを今回お話しします。

1つ目は、高温多湿な気候になるから。食中毒の元となる細菌は25℃以上で湿度が高いと爆発的に増えていく。
2つ目は、梅雨の時期になってくると気温が高くなって体の免疫力が落ちてくるから。体の免疫力が落ちている時に食中毒の原因となる菌がついた食べ物などを食べてしまうと、本来、胃で殺菌されるはずの菌が殺菌されなくなり、食中毒になってしまう。
実は、2018年厚生労働省が発表したデータによると食中毒になった原因の中でおよそ7割をしめていたのが、カンピロバクターという聞き慣れない菌。実は今、サルモネラ菌やO-157よりも、この菌が原因で食中毒になる人が多い。

なので、注意しましょう。
来月もよろしくお願いします。

カワタ ナタシャ
12期生・ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 19:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント