CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
本物の桜 [2019年04月19日(Fri)]

東京にきてから、3週間がたちました。初めて花見をして、毎日きれいな桜並木に感動しています。突然、何であんなたくさん素晴らしい物、桜並木が感動を与えるのかわかりました。


小さいときから、みんな日本のことを聞かされていました。いつも答えは母から聞いてることとか、映画とドラマで見たことなどから知り、わかっていました。いつも日本に住みたかったです。メキシコで毎日外国人の感情をしていて、日本人、メキシコ人について、その意味って何だろうと思っていました。今知ってるのは、一つの意味だけではありません。国籍って言うのは自分に何の意味があるのか作ることで、国境よりもっと広いことだと思います。



亀田マリアナ

メキシコ

16期生

【日系人のアイデンティティーの最新記事】
メンタルヘルス [2019年04月16日(Tue)]
皆さん、こんにちは。
桜が散ってきましたが、最近は寒い日がまだ続いていて、あまり春らしくないです。
今月から新年度に入り、私のNFSAとしての最後の年になりました。
先日慶應大学に入学しました。とてもいい環境で、毎日の勉強が楽しいです。優秀な弁護士に囲まれて、自分も実務家として成長できることを期待しています。
しかし、去年はこのように楽しい大学生活をできていることは全く想像できなかったです。
去年は大変なこが様々重なって、精神的に弱ってしまいました。
毎日が辛くて大学も諦めて、帰国しようと何回も考えました。
そして、去年の年末、ブラジルの友人がインスタグラムでメンタルヘルスについて話していました。彼女はとてもいい仕事と素敵な家族に恵まれているように思えましたが、ひどい鬱病になってしまったと言ってました。彼女は自然に治ると思っていたが、時がたつにつれて酷くなってしまい、自分ではどうすることもできなかったそうです。しかし、彼女は自分の病気に自覚し、治療を通して病気を克服したと言いました。その言葉を聞き、私も治療して、克服したいと思いました。
そして、精神科へ通い始めました。薬を飲むのには抵抗がありましたが、治療を初めてすぐに違いを感じました。最初は精神安定剤と睡眠導入剤を飲んでいましたが、最近は睡眠導入剤を飲まなくても眠れるようになり、精神安定剤の量も徐々に減らしていく予定です。まだ完全に治ったわけではないですが、治療と家族と友達の支えのおかげで克服に向かっています。
このような暗い話をしているのは、他に辛い思いをしている人がいれば、精神科へ行ってみることを勧めたいです。精神的な病気も普通の病気とは変わりません。治療すれば治る可能性があります。
私の今年の目標はこの病気を克服し、NFSAメンバーとしての最後の1年を楽しく過すことです!
残り1年よろしくお願いします!

清野さゆり
13期生
ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 18:53 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
自然に伝わるココロ [2019年04月14日(Sun)]

皆さん、お元気で過ごしているんですか?


先週末、この歌みたいの文書をみつけて、皆と共有したくなりました。下記にあります。


「ありのままの自然の中でも、ひときわ美しい時間があります。季節や天気はもちろん、その時の空気や光の状態によって、自然はいつも違う表面をみせてくれます。

一瞬のきらめきのような美しさ、その時間はとても短いー。だからこそ、出会えたときの喜びは大きく、新鮮な感動が心いっぱいに広がっていくのです。

すぐに表面を変えるのは、いつも揺れ動いてる水面です。ふわり盛り上がったなめらかな波は、透明なしずくを舞い上がらせ、白く消えていく。

遥か遠くから伝わる地球の鼓動に思いをはせながら、そっと撮影していると、その波上を、同じように旅してきたアジサシが飛んでいきます。

生まれたばかりの子ガメを沖へ導いてくれるのも、寄せる波。波おだやかな日には、射し込む太陽が海底で光の模様を編み、風も止まれば、水面は鏡のようになり、太陽をめざしてすくすく育つサンゴを、応援するかのように、鮮やかに映し出します。まるで、万華鏡のような夢の世界。大自然に包まれていることの幸運感に満たされます。

耳をすませばささやき、語りかけてくれる海の動き。時に、何かを伝えているように感じるのは、気のせいでしょうか。

月に引かれ、風に押されて揺れ動く波は、砂を動かし、その風景の形を変えていくことがあります。

ある年のこと。自分たちのアトリエの目の前にあるビーチが、開発の候補地になってしまいました。ウミガメが海草を食べに集い、沖には多様なサンゴが広がる自然豊かな海。

かけがえのないこの海を守ろうと、声をあげ、みんあで何度も話し合った結果、できるだけ影響の少ない場所に変更されることになりました。

すると、春になり、昼間に潮が大きく引くようになると、皆で守った海にハート形の砂州が現れました。

いつもは丸かったり細長かったりする砂州が、その夏は、ずっとハートの姿を見せてくれたのです。うれしくてたまりませんでした。

そんなさまざまな思いや心も、ほんのりと伝わるような、うるおいのある写真が撮られたらいいなといつも思っています。

海と空の間を旅する水やいのちの循環、そして、この広い宇宙でただ一つ存在する生命の星「地球」。

その大切さやかけがえのなさも感じてもらえたら、とてもうれしいです。

いつもあなたに、ちゅら海からの風が届きますように。

うみま」


どうでしたか?


皆さん、私のブログを読んで、誠にありがとうございました。


それでは、以上となります。


石田純

コロンビア

14期生

Posted by 日系留学生管理者 at 23:25 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ニュージーランドから日本へ。 [2019年04月14日(Sun)]
日本について今3週間目です。
僕はこの最後の一年間ニュージーランドでホステルのデューティマネージャーでした。
ニュージーランドのあったかい音頭から日本の寒さには少し驚きましたが、すぐに慣れるもんですね。この最後の一年間は僕にとってものすごい良い年でした。いろんな人と出会って、人々みんな違う事をしていて、でもみんなで同じ所で1日だけどもあの出会いで楽しまれたのが、僕にとって本当に良かったことです。
日本でもそいう出会いがあれば良いなと思っています。
これからも日本で頑張ります!

植原優悟
16期生
ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 12:25 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
180度 [2019年04月11日(Thu)]
みなさんはじめまして!ボリビア多民族国から来ました金城晃と申します。


この度16期生としてあらたにNFSAに加わることになりました。右も左もわからない自分ですが何卒よろしくお願いします。

スカラーシップに受かったときは本当に信じられなく仕事終わりに疲れていたのにもかかわらず人前も気にせず喜んでしましました。それからは自分の人生が180度変わるということの’楽しみと23年間住んでいた国を離れるのは少し寂しくなるというループの繰り返しでしたが周りの応援もありやってやるぞという気持ちです。

自分の専攻は調理学で昨年ボリビアの調理師専門学校を卒業し、今回より自分の技術を磨くべく日本にやってきました。和食は世界無形文化遺産に登録されるほど素晴らしく、一つ一つの技術がとても高いレベルにあるので母国では到底学ぶことのできない技術や調理法などを学んでいきたいと思います。

調理師専門学校に入学する前に自分は新宿日本語学校に入学しました。今日から授業が始まり自分は一般コースの上級IIに入ることが決まりました。これから苦手な漢字の書き、作文作成などを学び、最も苦手としているコミュニケーション能力を高めていければいいと思います。

まだまだ未熟な自分ですが卒業するときに胸を張って「日本で学んで本当に良かった」といえるように頑張りますのでどうかよろしくお願いします!


16期生
ボリビア
金城晃
Posted by 日系留学生管理者 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ネットワークの大切さ [2019年04月10日(Wed)]

みなさん、こんにちは!

お元気でしょうか?


無事に319日に日本へ帰ってきました。

今回の研究活動は非常に役立ったと感じています。

なぜなら、ブラジルと研究の繋がりが少ない私にとって多くの教授や研究者とお話ができて自分のネットワークが広げたと思っています。

また、共同研究もすることになりましたので非常にうれしいです。


325日から29日まで那覇に出張しました。

土木材料の収集と京大への運送、そして工場見学をしました。

収集が大変でJA沖縄の方々の協力に感謝です。

合計250s越を京大へ、とにかく腰が痛いです!


ブラジルでも日本でも、世界中にいる多くの人とのネットワークが大切ですね!


13期生、ブラジル出身

リベイロ ブルノ


Posted by 日系留学生管理者 at 16:58 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
時代の名前 [2019年04月09日(Tue)]

皆さんこんにちは!お元気ですが?

とうとう平成が終わりを告げるとは、そしてそれだけではなく、自分の人生で時代が変わるのが二回目だと考えるのは凄いですね。(一回目は覚えていませんが...


と言うことで、上記をきっかけに今回は元号と近代の元号の名前の由来に関して紹介したいと思います。


元号は日本を含むアジア東部での年を数えたり記録する方法です。年号(ねんごう)とも呼ばれることもある。

日本では飛鳥時代(645年)に最初の元号「大化」が用いられました。当時から今年の5月から始まる「令和」まで248の元号が使用されてきました。

また、改元の理由としては君主の交代(代始改元)、吉事(祥瑞改元)や凶事に際してその影響を断ち切るため(災異改元)などがありましたが、1868年(慶応4年)に一世一元の詔(いっせいいちげんのみことのり)により天皇一代に元号一つ一世一元の制が定められました。


元号の選び方に関しては、1979年に制定された元号法がありますが、たった2項から成り立ってます:

・第1: 元号は、政令で定める。

・第2: 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める(一世一元の制)。

ただし、「年号の歴史」(1996年雄山館発行)によると、元号の選定条件は6つあるそうです:

(1) 国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。

(2) 漢字2文字であること。

(3) 書きやすいこと。

(4) 読みやすいこと。

(5) これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。

(6) 俗用されているものでないこと。


と言うことで、今度はいくつかの元号の名前の由来に関して紹介したいと思います。


まずは紹介されたばかりの「令和」これは万葉集にある「初春の令月(れいげつ)にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」との文言から引用したものであり、安倍総理によると「厳しい寒さのあとに、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたい」と言う願いから決定されたとのことです。

ちなみに、これまでの元号は全て中国の古典を由来としてきたとされてますが、今回は初めて国書を由来とした元号です。


その前の「平成」は、「史記」五帝本紀の「内平外成」、そして「書経」大禹謨の「地平天成」から、「内外、天地とも平和が達成される」という意味を元に決められたそうです。「内平外成」は、家の中は穏やかで、世間も平和で安定している、さらに国内が平和で、他国との関係もうまくいっているという意味で、「地平天成」は万物が栄え、世の中が平穏に統治されていて、天の運行がうまく進み、全てのものが栄えると言う意味です。


僕が生まれた「昭和」は、四書五経の一つ書経尭典の「百姓昭明、協和萬邦」から来てます。

百姓(人々のこと)が、照明すれば(それぞれ徳を明らかにすれば)、萬邦(世界中)を協和できる(仲良くさせることができる)という意味から、国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味です。


その前の「大正」の由来は「易経」彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」で、天の徳が支障なくゆきわたり、政が正しく行われるという意味だそうです。


最後に「明治」の由来も「易経」で、「聖人南面而聴天下、嚮明而治」より名付けられました。

「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)ひて治む」 は、聖人が南面して政治 を行えば、天下は明るい方向に向かって治まるという意味です。


いかがでしたか、皆さん?元号の名前の由来を考えると、例え名前通りにうまく行かなかったとしても、やっぱり何事もまずはより良い結果や期待を込めて始めるのは大切だなと思いました。なのでまだちょっと早いですが、皆さん、良い令和時代を!


また次回!


14期生

メキシコ

南重松行紀

Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成最後の月 [2019年04月07日(Sun)]
みなさん,こんにちは.いかがお過ごしでしょうか.
新元号が遂に決まりましたね.

「令和」「Reiwa」

個人的にはとても響きが良く素敵な新元号だと思います.
出典は日本古典の万葉集からで,この「令話」には人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていくという思いが込められているとのことです.

同じ研究室の留学生に「令和」って英語だとどういう意味になるの?と聞かれて"Order and Harmony"かな?と答えたのですが外務省によると正しい意味は"Beautiful Harmony"だそうです.
そこで思ったこと:美しい調和って私の名前(美和)の意味と同じじゃない?(笑)
新元号と同じ意味の名前を持てるとは誠に光栄でございます.

5月1日から始まる令和,良き時代になるよう,これからも頑張っていきましょう.
この4月には平成最後のNFSA研修も行われます.春の研修チームは楽しい企画をたくさん考えています.NFSAのみなさんお楽しみにー

第14期生 パラグアイ
善村美和

Posted by 日系留学生管理者 at 14:34 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
4月 [2019年04月05日(Fri)]
皆お元気ですか? 私の新しい家はとても素晴らしいです!大学のとなりだし、近くにスーパーやコンビニでが多いですのでとても便利です。 そして今月大学生活が始まるので本当に楽しみにしています。やっと大学生になります!今週はとても忙しいです。色々なガイダンスが行われていますし、一人暮らしの生活はたくさんやらなければならないことがありますね。早く授業を始めて欲しいです。ガイダンスで色々な国な友達ができましたので大学は本当に良い時になる。 そして、SNGにお世話になりました!SNGのおかげでここまで来られましたので心から感謝しています。SNGで山ほどな忘れられない思いができたので、本当にありがとうございました! ブラジル 15期生 西村フェリペ
Posted by 日系留学生管理者 at 22:33 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
春です!桜です! [2019年04月02日(Tue)]
皆様お元気でしょうか?

春です!桜です!京都の桜は何度見ても綺麗です!いつも初めて見るかのような気持ちになります。日本にいる方は是非一度は京都の桜を見に来て下さい。
ゆっくり桜の名所巡りでもしたいところですが、ドクター論文講演会(最終的試となる験発表のようなものかな)が来月に決まりましてドタバタしています。自分の仕事に没頭させてくれる環境に感謝です!
学生の指導を任され一気に責任と仕事が増えましたが、信用し任せて下さったことに感謝しています。また、学生の才能を伸ばして上げれるような指導が出来ればなと思っています。

あまりまとまりがない文章ですが今月はこれで。
それではまた来月!

春の研修楽しみにしています!

12期生 パラグアイ 幸坂歩
Posted by 日系留学生管理者 at 18:24 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ