CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
春です! [2017年04月25日(Tue)]
皆さん
元気ですか?

やっと春が来ましたね!冬が長すぎて春の温かさもう忘れてしまいました!
でも、温かくなると杉やヒノキの花粉が結構飛んでいるので現在、花粉症で大変の私です!

研究と春の研修の準備で忙しいのに29日にくるのが楽しみしています!

また春の研修で!

中川アンドレッサ
ブラジル 12期生
はじめまして! [2017年04月25日(Tue)]
皆さん、こんにちは!

ブラジルから参りました西村まりです。今年の4月、東京に着いて、一年間、新宿日本語学校を通います。
去年、一年間に、鳥取県に留学しました。日本の民謡について研究していて、今後もその研究を続けたいと思います。

まだ、先輩達全員に会ってないんですけど、今度の春の研修に皆さんに会えることを楽しみにしています。
これから、NFSAの皆さんにお世話になります。皆さんと一緒に頑張りたいと思います。

よろしくお願いします。


ありがとうございます。


西村まり
最後の1年が始まる [2017年04月24日(Mon)]
皆さん、こんにちは。

最近の夜はまだ少し寒いですが、昼は暖かく散歩に行きたくなります。ただ桜が満開の時はもっと長ければいいですね。


桜といえば花見ですね。今月上旬に他のNFSAメンバーと一緒に新宿御苑で花見をしました。新期生も来てくれたので、今考えると10期生から14期生まで、現役全期生のメンバーが集まりました。みんながすでに仲良し、楽しい1日を過ごせました。


また学校の授業が始まりました。卒業に必要な単位はほとんど取れたので、授業を後1つ履修したら完了ですが、面白い授業がたくさんありなかなか1つだけを選ぶのは難しいですね。それでも、前ほど授業が多くないので研究に集中できる時間が増えました。ちなみに、同じ大学に通うNFSAメンバーの人数が増え、キャンパス内で会ったり、話したり、一緒に食事できるのは楽しみです。


私の日本での5年目が始まり、奨学生としての最後の一年なので迷いや不安がありますが、時間を有効に使いチャンスをつかみ、卒業と未来に向かって頑張っていきたいと思います。


それでは、また次回。


新本ラファエル

ぺるー

10期生


2017年度始まりましたー [2017年04月23日(Sun)]
みんなさん、こんにちはー

天気がだんだん熱くなっていますのでうれしいエイジです!
やっぱり、ブラジルから来た人にとってこんなに長い間寒い天気は難しいなー
さてさて、2017年度始まりました!
今から毎日授業があるようになります。忙しくなるけど、嬉しいです。
授業が始まったのは1週間だけですけど、読む者がたくさんあります。必ず最後まで動力するから、大丈夫です。
大学の話以外、今年花見たくさんできたのでうれしいです。去年は花見全然できませんでしたからもたいないなーと思いました。ですから、今年桜が咲く前花見をしたい場所を選んで行くように計画しました。行った場所は上野公園、千鳥ヶ淵、東京ミッドタウンとつくば学内の公園です。とても楽しかったです。今年した花見はすべて昼中でしたので、来年夜桜見に行きたいです。
次計画しているのは花火大会です。行きたいのは横浜のみなとみらいの花火大会と鎌倉の花火大会です。鎌倉の花火大会が行う日に鎌倉へ朝早く行って、夕方まで海を過ごしたら、夜に花火を見ようと思っています。ぜひ楽しみです。

読んでくれてありがとうございました!

吉田えいじでしたー
13期生
ぶらじる
20170407_141909.jpgPSX_20170408_030159.jpg
今月から大学で授業を始めました [2017年04月22日(Sat)]

皆さん、こんにちは!


今月から大学で授業を始めました。私の祖父母が入学式に参加することができて本当に嬉しかったです。

私は授業の始めにはないていました。なぜならば私の教室では私は唯一の修士号だったので、私にオリエンテーションを教えてくださる方は人はいませんでした。でも、少しずつ周りの人が私を助けてくれました、私はもうさみしくないです。

これからの大学いん生活はとても楽しみです。大学で良い成績を収めるためにぜひ頑張ります。


友カロリネ香織
ブラジル
13期生

新学期・新研究室メンバー [2017年04月21日(Fri)]

皆さんこんにちは!


お元気ですか?


仙台は桜がさき天気も暖かくなりました。

今月から大学も新しい学期を迎え、研究室へ新4年生たちも入ってきました。そして、旧修士2年生も卒業し、誰もドクターへ進まなかったため、僕が研究室での最高学年になってしまいました。。この前までは、新入生だと思っていたのですが、あっという間に学年も、そして去年から年も、一番上になってしまいました。

一番学年が上であることで、いい事と言えば、自分の研究室で決まった席&テーブルを自分で選べれることでしょうかね。。しかし、皆の先輩として、全員より良い研究成果をだし、後輩の見本となることが大事なので、今まで以上頑張る必要があります。

昨日は担当教員へ自分の今年の計画/目標も報告し、後輩たちが〜フェルナンドはすごい!〜と言ってくれるような先輩になれるために頑張ります!!


フェルナンド


アルゼンチン・12期

春になると。。。 [2017年04月20日(Thu)]

皆さん、こんにちは!



2週間前に授業が始まりました。

実は、このラボは春休みがなかったので、残念でした。

春になるとあちこちきれいな桜が見られましたが、もう終わってきました。本当にお花見はとても素晴らしかったですけれど、すごくはやくすぎました。



私の実験について、まだ細胞のグルコース取り込み試験をやっています。色々な化合物を吟味しています。



48日にNFSAの交流会に参加したため、東京へ行って来ました。それは短かったですが、いい勉強になりました。 NFSAOB/OGの話を聞いたり、先輩たちにちょっと話して、とても興味深いと思いました。 そのあと、ブラジルの方の感動的なスピーチを聞いて、

私は感動しました。将来は自分の夢を実現させたいと思います。頑張っていきたいと思います。


皆さんにHNKで会うのを楽しみにしてます。

よろしくお願いします。



13期生

ペルー

佐藤りつ子

すごくいい誕生日!!! [2017年04月19日(Wed)]

皆さん、おはようございます太陽


今日は29歳になって良かったです。今月まで一年間日本に住んでいました。日本の生活はとても素晴らしいです!毎日素敵な人に会って、友達から日本語を習えて、東京大学の先生からサポートたくさん貰って本当に嬉しいです。

今月は大学が始まって、だんだん忙しくなるけどコースはとても面白いです。1年目ずっとクラスがあって、2年目から研修が始まるので今年の9月から頑張ります!にこにこ

毎日ありのままの自分で自分が情熱の持っていることをやることができ、私はとても幸せです。


糸洲勇

ペルー

13期生

自己紹介 [2017年04月18日(Tue)]
みなさん、こんばんは。

私はたけはらクリスティーと申します。二十歳です。ペルーからまいりました。
Nikkei scholarship を合格する前沖縄で住んでいました。とても楽しくて、住みやすかったですが、あまり良い友達がいませんでした。
NFSAのファミリーに入ったのが私に良いと思います。色々な人と話できるので、困った時は先輩に相談しますから安心です。

これから私は新宿日本語学校で勉強してから琉球大学へ戻ろうと思いますが、今年早稲田大学の入学試験をやってみたいです。

よろしくお願いします。

たけはら クリスティー


大学院生活 [2017年04月16日(Sun)]
みなさん、こんにちは。
13期生の清野さゆりです。
4月になりまして無事に大学院に入学することができました。
大学院としての生活はまだ2週間目ですが、とても辛いです。
大学のホームページには日本語と英語で勉強できると書いてあったので今の大学院を選ばせてもらったのですが、実際は英語の科目はほとんど存在せず、あったとしても単位にならないので取る意味がないです。
そういう理由で全授業日本語で受けています。
その授業では私に日本人としてのレベルを求められます。
特に一番辛いのは指導教員の授業です。一番私の留学生である立場を知っているはずの先生なのに他の日本人のクラスメートも驚くほど私に日本人としてのレベルを求められています。
漢字が読めない自分にしては教科書を読むのに精一杯なのに本に載っていない事件判決や論文、条文などを細かく説明するレポートを提出するように言われました。週に2つのレポート、ゼミの準備。指導教員だけでやることいっぱいです。そして、自分なりにすごく頑張ったものを出したら、「全然不十分だ、学部生じゃないから」など言われました。
先生が悪いというわけではありません。もちろんできない自分が悪いです。
それが悔しくて悔しくて自分のことが嫌いになりそうです。
そして、少し親を恨んでしまいます。「ブラジルに帰らずずっと日本にいたら私も漢字読めたのに」なんて思います。そんな風に人のせいにしてしまう自分も嫌いです。
嫌いですが、今は何もできません。先生に怒られ続ける日々を我慢し、いつか漢字が読めるようになって先生の要求に応えられるようになることを期待するしかないです。

清野さゆり
13期生
ブラジル
| 次へ