CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
海外日系人大会 [2019年10月18日(Fri)]
皆さんこんにちは

海外日系人大会お疲れ様でした。
今回はレセプションでチリとペルーの大使館の大使と話すことができました。
自分が日本で卓球を練習していることに興味を持ってもらうことができました。
他にも普段会う機会が少ないN F S Aのメンバーと話をすることができて、よりメンバーを知ることができました。
同時に学校がまた始まりました。今期からゼミがあります。ゼミの先生は日系人について論文を書いたことがある、ラテンアメリカについて研究する先生です。ゼミの具体的な内応は文学を通じてラテンアメリカについて勉強することです。経済のゼミと迷いましたが、卒業論文を書くにあたって自分が少しでも詳しいテーマの方が貢献できると思ってこのゼミを選びました。さらに経済はゼミではなくても授業で多く取れることも考えました。今期は経済系の授業が3つ、経営が1つ、他はテーマがバラバラです。ゼミは毎週読むことや書く事が多く、結構大変なので頑張っていきたいと思います。

それでは来月お会いしましょう!

チリ・13期生
松原大
Posted by 日系留学生管理者 at 00:18 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最後のブログ [2019年10月17日(Thu)]
皆様お元気でしょうか?

9月に書くはずだった最後のブログですがドタバタしているうちに10月になってしまいました。。
いつも気軽に書いていたブログですが、最後の投稿と思うと重みを感じ悲しくなって来ます。

JICAの研修生として日本へ来た当初は10ヶ月間、両親の故郷で学び帰ろうと思っていました。しかし様々な出会いに恵まれあれから早7年が過ぎました。
今でもはっきり覚えています。JICAの研修生と日系人協会、JICAの担当者の方々との交流会がみなとみらいで行われました。そこで中井さんに出会いました。JICA日系リーダー育成事業という奨学金のお話を聞き、『そう言うのがあるんだ!』と思った事から夢と少し抑えていた挑戦したいと言う気持ちが大きくなっていきました。その後は私自身の覚悟も変わり、日本財団の奨学金へ応募した時には挑戦し、前に進む事だけを考えていました。沢山、安全では無い挑戦もしました。しかし、とっても恵まれた事にいつも支えてくれる方々、背中を押してくれる方々、そして引き上げてくれる方々がいました。

とても辛い時に中井さんが言ってくれた言葉があります。それは、大学内での問題で、どんどん学生やスタッフが辞めていってしまう状況。。、もちろん私にも降りかかって来ていました。そんな時、『貴女には敵は一人でも味方は沢山いる事を忘れないで』と言って下さいました。NFSAの皆んななら分かると思いますが、何か辛い状況にある時去って行く日本人は沢山いますが寄って来てくれる人はなかなかいません。そして、家族や故郷を思い出し、帰りたい!と思う時があります。まさにそんな時の一言でした。大げさでは無く、あの時が切っ掛けで日本と日本人への考え方が少し変わった様に思います。同時に気持ちも軽くなりました。あの頃の辛かった日々が嘘の様に京大での4年半があっという間に過ぎました。現在の研究室では本当に先生方に恵まれました。博士号を得た事より先生達に出会えた事に心より感謝しています。研究だけでは無い沢山の事を学びました。

私は2015年に新規生としてMaki, Andressa, Natasha, Fernando, Toyoと Rafa (Shaku)の7人でNFSAのメンバーに加わりました。とっても大人なこのメンバーにとても救われました。特にAndressaとはJICAの奨学金から一緒でしたので更に安心感がありました。近すぎず遠すぎず!でもいつもいるこの仲間に出会えた事に本当に感謝しています。

また、この奨学金を通してNFSAのメンバーに出会えた事。一生の宝物です!一人3色くらいあるとても多様なメンバーですが最高の仲間達です!研修でしか会えない私にとっては皆んなと過ごす時間は元気を充電できる時間でした。皆んなをとても尊敬しています。これからも仲間でいられる事に感謝しています。

掛け替えのない経験を与えて下さったこの奨学金制度に心より感謝しています。規模は小さくても、私も人に夢を与え未来を切り拓くチャンスを与える様な貢献をしたいと思っています。少し話が逸れてしまいますが、最近、新規生の時に頂いた笹川会長の“残心”と言う本を読んでいます。私にとって日系人として生まれ育った事は宿命なのではと考える事があります。そして、何をすべきなのかと。。

最後にご報告させて下さい。
本日(10月17日)博士号取得が決定しました。
また、とてもありがとい事に10月1日より博士研究員として同じ研究室でお仕事をさせて頂ける機会に恵まれました。これまで行って来た研究を纏める機会を与えて下さった事にとても感謝しています。精一杯頑張ります。
更にご縁に恵まれまして、日本農薬総合研究所(大阪)で来年2月よりお仕事をさせて頂ける事が決まりました。海外企業と日本企業とでとても迷ったのですが、二つの祖国に貢献したいと言う思いから日本農薬でのお仕事を決めました。日本農薬でも出会った方々の思いと考え方に惹かれ即決しました。

まだしばらく日本にいるかと思いますので、大阪へ来られる方は声をかけて下さればとっても嬉しいです!!

それではまた来月!(と、いつもは終わっていますが。。)今回はこれからも続くと言う気持ちを込めて『また今度お会いしましょう!!』で終わりたいと思います。

本当にお世話になりました。

12期生 パラグアイ 幸坂歩
Posted by 日系留学生管理者 at 23:50 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
一時帰国 パート3 [2019年10月15日(Tue)]
こんにちは!

ペルー生活を満喫して早くも2ヶ月。日本へ帰る日が近づいてきました。

やり残すことはほぼないと言いたいのですが、やはり今回も会えなかった友人、親戚も多く、結局食べれないものも多々ありそうです。でも、自分にとっては良い充電になったと思っています。

また、両親や兄弟たちとの時間を一番大切にできたと思います。

今日はリマだと定番のルクマ・ミルクジュースを飲みました。絶対に原宿・渋谷とかでルクマジュースを販売したらタピオカジュース以上に売れるはずだと思いました。笑

出発日の前日がお父さんの還暦なので、送別会と誕生会を一緒にする予定です。思いっきりペルーの空気を吸って帰りたいと思います。笑

自分の研究ですが、日本移民120周年の年だけあって、日系社会の動き、日系人のインタビュー、93歳の年配の日系2世のロングインタビューを実施することができて、収穫は良かったです。また、JICAペルー、日本大使館、日系団体の方達との交流も多く、有意義な2ヶ月になったと思います。

今回紹介する曲は、自分の日本で一番好きなアーティスト、ゴスペラーズのIt Still Mattersという曲です。ゴスペラーズといったら、ハーモニー、アカペラというイメージですが、この曲では、洋楽に近いテンポ、英語歌詞が入っていて、普段とは違うゴスペラーズが見られます。

https://www.youtube.com/watch?v=hvnN2YPl7PM

日本に帰ってからは修士論文の仕上げに取り掛かるので、頑張っていきたいと思います!
また来月。

伊藤忠明
ペルー・14期生
Posted by 日系留学生管理者 at 14:22 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
10月のブログ [2019年10月14日(Mon)]
皆さん、お元気ですか?

今週末は台風でした。
台風の影響で停電になる恐れがあるって言われてて友達たちとスーパーにもう二日前に行った。
台風の前の晩はピザ買いに行ったらそこの隣がコンビニで少し入ってみたら、もう何もありませんでした、水も、お弁当ぼ、何もありませんでした。
みんな台風の準備しているのだろうなと思いました。
この台風は僕が住んでいるとは何も感じなかった。台風が終わってからコンビニにも行ったら、雨も降っていなかったし、ここらへんは何もなかった感じだなと思った。
台風がくる前は少し怖かったけど、大丈夫でした。

皆さんも大丈夫であるように祈っています。

LYU
ブラジル
16期生
Posted by 日系留学生管理者 at 14:06 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大東文化大学でのレクチャー [2019年10月14日(Mon)]
みんなさん、こんにちは!

電気がどんどん涼しくなっていますね。今年の秋と冬あまり寒くならないそうで、嬉しい!笑
僕は今月すごくいい経験がありました。
練馬区にある大東文化大学の教授にあちらにレクチャー教えるように誘われました。
僕は日本にブラジル人移民専門家ですので、あちらの学生にこのテーマについて教えに行きました。
ブラジルへの日本人の移住を少し教えて、日程ブラジル人、また日本へブラジル人の移住についてもたくさん話すことができました。
具体的、日本に住んでいるブラジル人移民はどんな人々ですかを伝えるように、動画も流しました。一つ目の動画は大人在日ブラジル人移民の現実についてで、2つ目の動画は子どもたちの現実についてでした。
レクチャーが終わってから、面白い質問が出ましたので嬉しかったです。みんな興味持っていた気がしました。
こんな日本人の学生と交流できて本当に貴重な経験でした。なぜかと言いうと、自分の研究テーマりんを広げられます。また、僕は将来教授になりたいので、自分にも勉強になりました。ぜひもっとこんな経験できたいです。
ここにレクチャーに流した動画のlinkを入れるので、興味あれば、ぜひ見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=31T3kkvrQyw
https://www.youtube.com/watch?v=73AIbQLVWTE



みんなさん、秋も頑張りましょう!

また来月!

吉田えいじ
ブラジル
13期生
Posted by 日系留学生管理者 at 00:08 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夏の終わり [2019年10月11日(Fri)]
お久しぶりです!

日本に来て早半年が過ぎました。
10月に入ってこれから入学願書を提出しました。来月にはいい報告できることを願っています。
面接があるのでしっかりと準備していきたいと思います。


あんなに暑かった夏がもう終わろうとしています。自分としては夏が一番好きなので少し残念です。
朝晩の冷え込んだ空気が夏の終わりを告げているようで寒さに弱い自分にとっては少しつらい季節に差し掛かろうとしています。毎日が最高気温10度以下の天気とか考えられないですが東京にいる以上はどうにか乗り越えないといけない天気です。北のほうとかはすでに寒くなっているとの情報が入っていますがそこに住んでいないだけまだいいのかなとも思います。


しかしこれから野球界が厚くなってきます。自分の好きな読売ジャイアンツがセリーグ優勝を決め、日本シリーズに勝ち上がろうとしています。応援しているので日本一になってほしいです。また来月にはプレミア12という野球の国際大会も見に行くのでそちらも楽しみです。

それではまた

16期生
ボリビア
金城晃
Posted by 日系留学生管理者 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
論文の提出と新しい実験の始まり [2019年10月10日(Thu)]
みなさん、こんにちは!
お元気でしょうか?
寒くなってきましたね!?

今月、一つのシリーズの実験が終わりました。
得られた結果をまとめて、これから土木材料系のジャーナルに提出します。
結果を楽しみに〜

実験が終わるということで、これから新しい2つのシリーズの実験が始まります。
すぐに始められると思っていましたが、セメントと砂が足りないということで、材料を届くまでに英語の勉強をしたいと思っています。

では、また来月!

13期生、ブラジル出身
リベイロ ブルノ
Posted by 日系留学生管理者 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月・日本音楽療法学術学会 [2019年10月09日(Wed)]
NFSAの皆さん、

お元気に過ごしていますか?もう10月になり段々温度が下がっていますね。風邪をひかないように気をつけてください。
さて、9月には様々な活動がありました。大学が始まり、大阪で日本音楽療法学術学会 に参加しました。三日間で色んな講義や研究発表を聞くことができて勉強になりました。一番印象的に残ったのは 緩和ケアの領域です。この中で生と死の意味、そして末期の患者のケアについて発表をしました。色んな人生の証言を聞き、傍聴と私を含めて感動しつつ涙を流しました。その他、幼児について研究の手順、方法やセッションの工夫に関して学べることができました。学会のおかげで視野が広げたと思います。せっかく初めて大阪に着いたので、夜は少しでも街を観光して美味しいたこ焼きとお好み焼きを食べました。梅田の近くで泊まっていましたので商店街がたくさんありました。凄く賑やかで綺麗な街だと感じました。


皆さん、読んでくれてありがとうございます。
では、来月お会いすることを楽しみにしています。

比嘉
15期生
ペルー
262C7D45-9CFB-404B-848B-8EBB2825526D.jpeg21948477-C1D6-4AF1-AC9A-610F7CA91AC9.jpeg173D52BB-C576-4814-895E-595E722C94B5.jpeg
Posted by 日系留学生管理者 at 12:56 | この記事のURL | コメント(0)
夏休み [2019年10月07日(Mon)]
みなさん、こんにちは。
少しづつ寒くなってくましたね。
遅くなってしまいましたが、私の夏休みについて少しお話したいです。
今年は学生として最後の夏休みでしたので、少し詰め込みすぎて、大変でした。
インターンシップ、勉強会参加、ホームステイなどでとても忙しい夏休みになりました。
インターンシップでは外資系の企業の法務部でインターンシップをしました。今まで、日本では法律事務所でのインターンシップは経験していましたが、初めて企業内弁護士の仕事を体験できてよかったです。インターンシップでは様々な仕事を体験できたり、企業の法務部でどのような仕事をしているか聞けてとても勉強になりました。そして、改めて、自分の未熟さを感じさせられました。最後のフィードバックでは、外国人にしては日本語がいいが、仕事するには、まだ不十分、そして英語も十分ではないと言われてしまいました。確かに、慶應に入るまで法律の勉強を英語で勉強したことがなかったので、まだ、英語で仕事ができるレベルではないと改めて気付きました。今後、改善しないと仕事を見つけるのは大変だと感じました。まだ卒業後何をすれば良いか迷っているので、この経験をきっかけに企業内弁護士も楽しそうだなと思って、今後の参考になりました。
そして、9月にはベトナムでASEAN諸国の大学と慶應大学の合同勉強会がベトナムのハノイで行われした。日本とブラジル以外の国で法律がどのように勉強されているかを体験できてとてもいい経験でした。全体的に楽しかったですが、一つだけ、とても辛かったことがあります。それは、ベトナムで2つの刑事事件の裁判を見学しました。どちらの事件でも被告人に弁護士がついていませんでした。ベトナムでは死刑の事件でなければ、国は弁護士を払えない人に弁護士を手配しないと言われました。私はベトナム語はわかりませんが、明らかに裁判官と検察官が厳しい話し方で被告人に質問しているように感じました。その後、ベトナム人の友達に確認したところ、厳しい話し方だけでなく、専門用語、法律の条文などを使って被告人に質問していたそうです。一般の人が法律をわからないまま専門家である検察官に反論できる訳がありません。私には被告たちは怯えているように見えました。当然犯罪を犯したなら、罰される必要があります。しかし、十分な弁護なしで、公平な裁判ができるとは思えません。自分の目の前でこのようなことがおきているのに何もできないのはとても辛かったです。改めて、弁護士の仕事の重要性を感じました。
とても忙しい夏休みでしたが、いろんな経験ができてたくさん学べたと思います。

では、また!
清野さゆり
13期生
ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 15:47 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
海外日系人大会 [2019年10月07日(Mon)]
みなさま,こんにちは.お久しぶりです.
いかがお過ごしでしょうか.

10月1日〜3日に第60回海外日系人大会が開催され,私もNFSAの留学生として参加させていただきました.今大会のテーマは「令和の日本と国際化の架け橋・日系社会」です.
今年度の大会宣言も順次,以下のページで閲覧できるようになるので興味のある方は是非ご覧ください.
http://www.jadesas.or.jp/taikai/sengen.html

今回は第60回を記念する節目ともあり天皇皇后両陛下もご臨席され,とても盛り上がった3日間でした.
そしてなんと,パラグアイ代表として両陛下にご接見するとても光栄な機会を与えていただきました.すごく緊張しましたが両陛下にとても優しくお声がけいただき自分の研究のことも少しだけお伝えすることができました.
こんな素晴らしい機会を与えてくださった関係者のみなさまに改めてお礼申し上げます.

これからもこの国際社会において日系人というアイデンティティを誇りにし架け橋となるような人材となって,貢献したいと思います.

第14期生
パラグアイ
善村美和
Posted by 日系留学生管理者 at 11:03 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ