CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
日本で初の表彰台・チリの独立記念日 [2018年09月18日(Tue)]
 皆さん、こんにちは
 チリの松原です。
 今月は2つの大きな出来事がありました。
 一つ目は狭山杯という毎年、埼玉県の狭山市で開催される大会で準優勝したことです。
一番嬉しかったことは日々練習している動きや戦術を試合で出すことができたと感じることができたことです。決勝は同じ部活の先輩に負けましたが、難しい試合を乗り越えて決勝まで進めたのはとても良かったです。これからはもっと大きな大会でも活躍できるように頑張ります。
 今月の18日はチリの独立記念日でした。チリでは大きなお祭りがいつもこの時期になると全国で開催されますが、自分はよく大会や遠征で海外にいることが多かったので参加する機会が少なかったです。しかし今年はチリから外務大臣が18に来日するということで原宿にある東郷神社という神社で国歌斉唱したり、チリの国旗をあげることになりました。そして自分がチリの代表として国旗を上げる役として選ばれました。はじめは非常に驚いて、さらになぜ自分が呼ばれたのだろうと思っていました。しかしこのような機会は滅多にないと思い、参加することにしました。短い時間でしたが、チリの外務大臣に会えてとても光栄でした。このような場にもっと呼ばれるようこれからも努力しようと思います。
 ではまた来月!
1535291298890.jpg
【(カテゴリなし)の最新記事】
Posted by 日系留学生管理者 at 00:34 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
9月 [2018年09月16日(Sun)]
皆さん、こんにちは。
今月の6日と7日に秋の研修が実施されました。
この研修では初めてリーダーをやらせてもらいました。
私は心配性で人に何かを任せるよりも自分で全部やったほうが安心するのであまりリーダーに向いていないと思います。しかし、今回の研修でいろんな人に助けられて、秋の研修チームのメンバーに頼って、とてもいい研修ができたと思っていますのでとても感謝しています。
そして、今月から論文を書き始めました。論文のテーマはストックオプションの課税についてのブラジルと日本の制度の比較研究です。
来週にはゼミの合宿もあり、そこで論文の発表をします。すでに税理士として働いているOB/OGの方々が発表を見に来るのでとても緊張しています。
これからはとても忙しい日々が続きそうですが、頑張って乗り越えたいと思っています!

清野さゆり
13期生
ブラジル

Posted by 日系留学生管理者 at 17:10 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋学期開始 [2018年09月15日(Sat)]
関東ではついに秋の涼しさを感じるようになりました。同時に大学院の秋学期も開始と、ボクシングでいう第2ラウンド開始です!前学期以上に頑張っていきたいと思います。

さて、この夏休みではよくカラオケに行く機会があったのですが、気づいたことが1つあります。日系人は知っている日本の曲が結構重なることです。例えば、キロロ、Begin、夏川りみ、っていうと9割以上の日系人は歌えるはずです。笑 もちろん、日本でもブームになっていたのなら、なおさらですが、沖縄系の曲 プラス ドラマの主題歌というのがキーワードになるみたいです。「粉雪」、「Love so sweet」、「プラネタリウム」、「宙船」などもそこに入ってきます。そして、日本の文化を世界に広めているアニメからは、「だんだん心惹かれてく」、デジモンの「Butterfly」、「残酷な天使のテーゼ」などが挙げられます。よって、日系人とカラオケに行く際はぜひそういう曲をトライしてみてください。絶対に盛り上がるはずです。笑 逆に日系人のあまり知らないアニメとして、「ドラえもん」、「ゲゲゲの鬼太郎」、「クレヨンしんちゃん」、「サザエさん」、「ちびまる子ちゃん」などがあるので、そこは気をつけてくださいね。笑

今月の曲はauのCMでも流れている桐谷健太さんの「お家をつくろう」です。この曲は2年前の「海の声」に似ていて、とても聞きやすいメロディーが特徴なので、次にカラオケで歌えるように毎日聞いていきます。笑

https://www.youtube.com/watch?v=uEG9ZdhYCUM

では、また来月まで!




伊藤忠明
14期生・ペルー




Posted by 日系留学生管理者 at 21:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最後のブログ [2018年09月15日(Sat)]
皆さん、
お元気でしょうか。13期生のカワタアランです。

そろそろ秋ですがいかがでしょうか。名古屋のほうでは毎日雨でとてもじめじめな感じです。

まず、秋の研修の皆さん、お疲れさまでした。今年で初めてと最後の秋の研修ですが、体験も多くあり、見学にも貴重な話でいっぱいでした。本当にありがとうございました。
Social Innovation Weekの皆様も、素晴らしいイベントに参加させて、ありがとうございます。皆さんにも来年是非参加してください。

残念ながら今月で最後のブログになりました。元々は5年間の夢の企画でしたが、エンジニアとして企業に関することがありまして、働くことになりました。自分の博士課程の夢は少し待つことにしまして、奨学金の2年半後卒業することになりました。
奨学金の皆様に、誠に感謝申し上げます。
この奨学金では多様な環境で勉強や研修を企画したり、日系人に関してもたくさん学びました。NFSAの中でもサポートしてくれた友達も、研修の中で経験した活動もどれも大切にします。
自分が来月からBosch Engineeringでエンジニアとして働くようになったのは、今まで接した人たちから得た経験と知識と思いますので、だから深く感謝申し上げます。この奨学金で自分が企画したプロジェクトもサポートしてくれまして、本当にありがとうございました。そういう機会こそ新しいリーダーが生み出すと思います。自分にはまだリーダーとしては大分足りないと思いますが、たどり着かないことではもう思いません。

皆さん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
13期生
ブラジル
河田アラン
Posted by 日系留学生管理者 at 19:43 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最後のブログ [2018年09月15日(Sat)]
皆さん、
お元気でしょうか。13期生のカワタアランです。

そろそろ秋ですがいかがでしょうか。名古屋のほうでは毎日雨でとてもじめじめな感じです。

まず、秋の研修の皆さん、お疲れさまでした。今年で初めてと最後の秋の研修ですが、体験も多くあり、見学にも貴重な話でいっぱいでした。本当にありがとうございました。
Social Innovation Weekの皆様も、素晴らしいイベントに参加させて、ありがとうございます。皆さんにも来年是非参加してください。

残念ながら今月で最後のブログになりました。元々は5年間の夢の企画でしたが、エンジニアとして企業に関することがありまして、働くことになりました。自分の博士課程の夢は少し待つことにしまして、奨学金の2年半後卒業することになりました。
奨学金の皆様に、誠に感謝申し上げます。
この奨学金では多様な環境で勉強や研修を企画したり、日系人に関してもたくさん学びました。NFSAの中でもサポートしてくれた友達も、研修の中で経験した活動もどれも大切にします。
自分が来月からBosch Engineeringでエンジニアとして働くようになったのは、今まで接した人たちから得た経験と知識と思いますので、だから深く感謝申し上げます。この奨学金で自分が企画したプロジェクトもサポートしてくれまして、本当にありがとうございました。そういう機会こそ新しいリーダーが生み出すと思います。自分にはまだリーダーとしては大分足りないと思いますが、たどり着かないことではもう思いません。

皆さん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
13期生
ブラジル
河田アラン
Posted by 日系留学生管理者 at 19:43 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[2018年09月12日(Wed)]
皆さん

お元気でしょうか?
今月ソーシャルイノベーションフォーラム2018に参加しました。とくに印象に残ったのが、マセソン美季さんとブダ真里江さんのお話でした。
マセソン美季さんは、長野パラリンピック金メダリストでもあり、日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部プロジェクトマネージャー、国際パラリンピック委員会教育委員に関係しています。現在、国際パラリンピック委員会公認教材の開発に携わり、学校教育を通した共生社会の普及推進に翻弄中です。
ブダ真里江さんは、ケンブリッジ大学で認知神経科学の博士号を取得。現在、行動科学コンサルタントとして活躍中です。

とても興味部会お話ありがとうございました。

来月もよろしくお願いします。

12期生・ブラジル
カワタ・ナタシャ
Posted by 日系留学生管理者 at 10:03 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
西日本豪雨、被災地の視察について [2018年09月10日(Mon)]

みなさん、こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?


7月に西日本豪雨によって様々な自然災害が起きました。

先月、広島県呉市にあった土砂崩れの地域へ視察しました。

もうすでに、1か月経っていましたが、復興作業はまだまだ残っていました。

土砂崩れが起きた地域を見るだけで悲しいことですが、被災者の話を聞くとさらに悲しくなります。

自分が逆の立場でしたら想像して、どのような行動をとっていただろうと思うと、被災者の気持ちが少しわかる気がします。


日本に住んでいる外国人が機会あれば、是非ボランティア活動を進めします。

地域の方々と仲良くできるし、災害や命についても考える機会にもなります。


今回の被災地の視察について思ったのは、社会貢献活動と言うのは様々な形があります。ボランティア活動はその一つだと思います。

様々な形の中で、自分もできることをこれから頑張っていきたいと思っています。


13期生、ブラジル出身

リベイロ ブルノ

Posted by 日系留学生管理者 at 13:36 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今日で実習終わり [2018年09月08日(Sat)]
パラグアイから帰ってきた2日後に児童館実習が始まりました。そして今日で実習90時間の児童館実習が終了しました。最少はとても緊張しました。それは、中学生や高校生たちと話すことはなかったからです。しかし、職員からの優しくて丁寧な指導を受けながら緊張感が消え、早く慣れることができました。これまでの実習と比べるとこの実習はとても楽しかあったです。子ども達と毎日関わり、一緒にドッチボール、復活、カードゲームなど遊ぶことができました。短い90時間でしたが、子ども達との距離が縮んでたくさん関わることができてとても良かったと思います。
最後の特別支援実習に向けて頑張りたいと思います。


パラグアイ
氏家マキ
12期生
Posted by 日系留学生管理者 at 23:07 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の研修 [2018年09月07日(Fri)]
みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか。
夏の残暑も治りだいぶ涼しくなって来ましたね。

筑波大学は秋学期が10月から始まるので9月いっぱいはまだ夏休みということなのですが、ゼミはもう既に始まっており研究以外にも学会や勉強会があり意外と忙しいです。
そしてこの前も、若干早めの時期に行われた秋の研修、そして日本財団開催のソーシャルイノベーションフォーラムに行って来ました。

今回の秋の研修では群馬にある日伯学園の子供たちとの交流やあかぎアドベンチャープログラムがありました。
日伯学園は群馬県大泉町にあるブラジル人学校ですが、日本にありながら一歩足を踏み入れるともうそこはブラジルの学校でした。もちろん私はブラジルの学校に通ったことは無いのですが飛び交う会話はポルトガル語であったり南米特有の空気感を感じちょっと懐かしい気持ちになりました。
NFSAの大先輩であるネイデさんも群馬の学校でバイリンガルの先生をやっており今回も講義をしてくださいました。やはりこういったブラジル人学校に通う子供達は日本で育っていくなか、大学や高校への進学が難しく勉強を続けていくモチベーションが低くなるそうです。
そこで私たちができることはまだ彼等に近い年齢の学生という立場を活かして交流をしながらロールモデルを見せてあげることだと仰りその通りだなと感じました。
今回も日伯学園の中学生と留学生たちの各専門分野グループに分かれてのワークショップをしたのですが、これで興味を持ってもらい勉強していくモチベーションに繋がれば嬉しいです。

ソーシャルイノベーションフォーラムでは様々な分科会に参加させていただきました。
「世界イチ遅れている日本」という分科会ではダイバーシティー、多文化共生、共生社会、グローバル社会、インクルーシブ社会などをテーマに多様化する日本でどう動くべきかを登壇者の皆さんが討論する場でした。
日本に住む前は日本は安全で便利な国と良いイメージしかありませんでしたが実際に日本で住んでいく中であれ?ちょっとおかしいんじゃないの?って思うことがありパネリストのみなさんも同じことを指摘してらっしゃって遅れている日本とはこういうとこなんだなと再確認しました。
かといってすぐ解決策が見つかるわけではありませんが共生社会の一参加者としてできる努力はしていこうと思います。

それではまた来月!

第14期生
パラグアイ
善村美和


Posted by 日系留学生管理者 at 14:52 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
吉祥寺秋祭り公演 [2018年09月06日(Thu)]
こんにちは。
パラグアイの大山です。

さて本日の投稿は、8日に行われた吉祥寺秋祭りについてです。
御神輿を迎えるお神酒場所で、和太鼓や日本の踊りを披露しました。「森の踊り衆」という私たちが現在太鼓を習っている先生の教え子たちのグループとの共演で、先輩たちの動きがもうすごいすごい!とっても刺激的な一日になりました。
山車を地元の子供たちが引きながら、僕は山車の上でひたすらお囃子を打ち続ける場面もあり、腕パンパン。。。でも、やっぱり祭は楽しいですね。
終わった後の打ち上げもがぶがぶ飲みまくりで、もっともっと日本の伝統文化を通して沢山の人と交流したいです!

パラグアイ 12期生
大山
Posted by 日系留学生管理者 at 10:23 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ