CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03) Ryoko
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (03/13) Raphael Toshiya Suzuki
京都にいるペルー人の友達 (03/05)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
2月 [2019年02月16日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
今月は論文の口頭試験がありました。
とても緊張しましたが、一応無事に発表できたと思います。
結果は来月中旬までわからないので、とてもドキドキしています。
そして、先週には冬の研修で長崎県へ行きました。
偶然にもランタンフェスティバルが開催されていたのでとても良かったです。
研修で一番辛かったのは卒業生のお別れ会でした。
4年間一緒に過ごした人たちとお別れするのは寂しいですが、特に辛かったのは同じ13期生のCarolとKenjiと11期生のエバートンとお別れすることです。
一緒に日本に来た13期生は私の中では特別な存在です。特にCarolとKenjiにはプライベートでも仲良くさせてもらっていたので、二人が日本に残らないのであればとても寂しくなりますが、二人ともとても素晴らしい人たちなのでどこへ行っても成功するに違いないと思います。
そして、私が日本についたときは日本人として大学を受験しないといけないプレッシャーでとても不安になっていました。そんな時、初めての春の研修でエバートンに会い、同じ法律家ということもありまして、すぐ仲良くなりました。遠くに住んでいるので、研修以外で話すきっかけは少なかったですが、私にとっては憧れの先輩です。法律を日本語で学ぶのはとても難しいことです。もちろん言葉の問題もありますが、教師との関係がブラジルに比べて何倍も厳しかったり、日本の大学院は実務家より研究者を育てようとしているようで、色々大変です。それを5年間頑張ったエバートンをとても素晴らしいと思っています。私は何回もエバートンと話して救われました。大学の心配事や悩みを聞いてくれて本当にありがたかったです。今後の研修にエバートンがいないと考えるととても悲しいですが、とても優しくて繊細な人ですので今後はすごく幸せになってほしいです。そして、とても実力のある法律家だと思いますので彼の今後の活躍を楽しみにしています。
卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます!みなさんに会えてとても嬉しかったです。

では、また来月!
清野さゆり
13期生
ブラジル

Posted by 日系留学生管理者 at 23:44 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
外国労働者受け入れ拡大 [2019年02月14日(Thu)]

皆さん、お元気で過ごしているんですか?


今学期、日本語のクラスでアンケート調査が行った。現在、外国労働者受け入れ拡大のテーマはニュースでよく取りざたされているから、これについてアンケート調査を致した。


このアンケートの結果から理解できたことはまず、予想に反して日本人は年齢を問わす、ほぼ各問題で同じ模様を示される。 つまり、日本人は外国労働者が必要だとよく考えられているを明らかにした。上記の理由は日本社会は視野の広がるが必要である。それから外国労働者(特に異文化)と交流するを通して日本社会は世界で「グロバル社会」の主流へ向かい始まりやすいと思われる。


 すなわち、外国労働者を受け入れ拡大はデメリットよりメリットの方が多いの考えは明らかになった。  一方、日本社会はすでに準備やっていないと考えるので、外国労働者とぶつかれないの為に非常に準備しないといけない。


皆さん、外国労働者の受け入れについてどう思いますか?


クラスでこのアンケート報告は日本語で書いて、それは一番大変な事だと思った。初めて書いた日本語の報告書であるからである。大きな挑戦だったけれども、この調査で調査計画の実施やデータの分析等を納得することができた。また、アンケートを作る時に注意しなければならない所も確認することができた。


これから、日本語の勉強をもっと頑張りたいと思う。


皆さん、私のブログを読んで、誠にありがとうございました。


それでは、以上となります。


石田純

コロンビア

14期生

Posted by 日系留学生管理者 at 11:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬の研修 [2019年02月12日(Tue)]
皆さんこんにちは!
お元気ですか?
冬の研修at長崎楽しかったですね.冬の研修チームの皆様,お疲れ様でした!

実は長崎は母方の祖父母の故郷で,今回で2回目の訪問でした.
今までおばあちゃんの出身は長崎県とまでしか知らなかったのですが今回お母さんに詳しい場所を聞いたところなんとボートレースで行った大村市だということが判明しました.知らずに私にとって縁のある地域を訪れていたので,ちょっとだけ自分のルーツを感じられた旅になりました.

個人的に一番良かったのが南島原の民泊でした.
今回お世話になったのが宮田さんという農家を営んでいる料理上手なお母さんとマメなお父さんご夫婦のお宅でした.初めて会ったにも関わらずとても暖かく迎えてくださりまるで実家に帰ったような感覚に陥りました.ホテルよりも快適で慌ただしい研修のスケジュールの合間の癒しのひと時が過ごせました.
都会の喧騒に疲れた皆様へ,南島原の民泊オススメです!

さて,私も今年度がNFSAで過ごす最後の年です.悔いの無いように充実した年にしたいと思います.未熟者ですがNFSAのサブリーダーとしても頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!

第14期生 パラグアイ
善村美和


Posted by 日系留学生管理者 at 11:32 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
卒業の皆様へ [2019年02月12日(Tue)]
みなさん

お元気でしょうか?
先週冬の研修が長崎県で行われました。不安でありましたが無事大きなミスが無く終えました。NFSAメンバーも喜んでくれたので何よりでした。

今回卒業性の中では、先輩たちや同期たちがいたのでとても深く心に感じました。新たな挑戦に頑張ってください。
今まで、NFSAのことありがとうございました。

私もあと一年ですが、卒業された皆様をもって頑張ります。

またどこかでお会いしましょう。

お疲れさまでした。

カワタ ナタシャ
12期生・ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
20代、最後の日 [2019年02月10日(Sun)]

みなさん、こんにちは!


いかがお過ごしでしょうか?


最近寒いですね!?




新しい年になったばかりですが、もう1か月をあっという間に経ちましたね!


明日は私の30歳の誕生日です。ということは、今日は私の20代の最後の日になります。


私にとって年を取るのは悲しくありませんが、今日はこの29年間の自分の人生にあった様々なことを思い出しました。良いこともあれば悪いこともありましたが後悔がありません。




今年もNFSAの皆と自分の誕生日を過ごすことになるのでとても嬉しいです。



皆さん、30代になっても頑張りますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。




13期生、ブラジル出身


リベイロ ブルノ


Posted by 日系留学生管理者 at 11:55 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
巣立ちの時期 [2019年02月06日(Wed)]
 皆さんこんにちは。
 パラグアイの大山です。
 さて、2019年も1ヵ月が終わりました。時間の流れがとても早く感じます。
3月をもって長野大学を卒業する予定ですが、ただいま大学4年間で溜まった家具や道具を絶賛処分中です。あげられるものは後輩にあげ、リサイクルできるものはリサイクルショップへ。
 アパートを整理していると色々な思い出が出てきて捗りません。(笑)でも、日本に来て10年が経とうとしている今日、本当に沢山の方がに支えていただきながら、生きていくことが出来ました。そんなことを考えていると目から鼻水が垂れてきて、感謝の気持ちでいっぱいです。
 大学の後輩たちとの別れもとても寂しく感じてます。。
でも大丈夫!!
 不安な気持ちの隅っこに、そんな気持ちが隠れています。
 あ〜がんばってくれるといいな〜(笑)

それではまた三月に最後の投稿をしますのでお楽しみに。

パラグアイ 12期生
大山 豊彦
Posted by 日系留学生管理者 at 09:02 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
忙しい1月 [2019年02月05日(Tue)]
皆さんこんにちは、

元気に過ごしていますか?一月は部屋探して忙しかったが、やっと見つかりました。大学から電車で10分くらいです。引越しをするのが楽しみにしていて、これでまた新しい生活に慣れなければいけません。引越しするのは2月の15日です。
年が明けてSNGで新しい学期が始めました、上級2は難しくなっています、特に読解と社会・化学の語彙です。
SNGの社会見学のため築地本願寺と朝日新聞に行きました。本願寺の建設はすごく大きくて綺麗です。一度、クラスメートと入って祈りました。そして、朝日新聞に新聞作りを見学しました。最後に築地の市場で海鮮丼を食べに行きました。初めて食べて、意外にカツ丼よりとても美味しかったです。

最後になりますが、能力試験のN2に合格しました。頑張って、今年か来年にN1を目指して受かりたいです。では、また来月に会いましょ。風邪を引かないようにお大事に。

比嘉 春美
ペルー
15期生

Posted by 日系留学生管理者 at 22:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
研究とは体力なり [2019年02月02日(Sat)]

皆様こんにちは!

みんな無事に家に帰れましたでしょうか?

長崎は寒いなーと思っていましたが、京都につき思ったのは<京都には負けますね>


さて、楽しかった冬の研修もあっという間!現実が待っていました。

4本目となり私のデーターが一番詰まった論文の作成を終え共同研究者の方々に目を通していただく過程に入りました。一息つきたいところですが、この論文が私の手を離れている時は次の論文のデーターまとめと執筆です。合間を見て、共同研究者に頼まれているデーターを出したり、将来6本目となる論文用の実験です。一段落し、さてお昼を食べようかと思うと外は暗くなり始めだったりという事が最近はよくあります。

京大へ来たばかりの頃と比べると仕事の要領も良くなり実験をすれば何かしらの結果が出ると言うところまで来ましたが、研究、実験は体力勝負ですね。。競技で例えるならマラソンでしょうか。


持久と辛抱、我慢と努力。。結果の予測と先が見えない時は辛いですね。

沢山仕事をする=良い結果が出る と言う法則が必ずしも成立しないのが研究ですね。


恵まれた事にとっても忍耐強く指導して下さる優秀な先生方のお陰でここまで来る事ができました。


大学時代に自分の決まりごとを作り、今も続けている事があります。それは、<先生に頼まれた仕事はどんなに忙しくても、自分にはあまり関係のない事でも必ずやるという事です>。そして、この姿勢を保つ事が自分の成長と成果につながるはずと信じています。それはなぜかというと:

  •  自分がやった事が無い、または知らない事の場合 >>> 新たな知識と技術を得る機会となる
  • やった事がある、または知っている事の場合 >>> 練習になる、さらに腕を磨く機会になる
  • 先生または指導して下さる方の立場から考え、自分自身を見てみる >>> これは実験などを教えて下さる方が心地よいと思える空間を作るためです。何のため?と思われる人もいるかもしれませんが、実験などを教えて下さる方にとって心地よい時間であれば、また何か教えて頂く際に快く指導してくれるはずです。しかし、もし最初の時間が不快である場合、最低限の指導となるでしょう。よく、一生懸命やりました!と聞きますが、勉強している以上それは当然の事ですよね。
       

さて、沢山書いてしまいましたが、辛い時を過ごしている人の支えになれたら本当に嬉しいです。


それではまた来月!


12期生 パラグアイ 幸坂 歩



Posted by 日系留学生管理者 at 18:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬… [2019年02月01日(Fri)]

皆さんこんにちは。

11期生ブラジル出身のエバートンです。


今年の冬はあまり寒くないような気がしますが、皆さんはいかがでしょうか?


冬といえば、インフルエンザの時期ですね。私は毎年、冬になると一回くらい風邪をひいてしまうタイプですが、今年は普通の風邪ではなく、インフルエンザにかかりました。手洗い等の予防に気を付けていますが、なんか、今回はダメでした。


病院で薬いただいて、熱はすぐに治りましたが、薬の副作用で結構きつかったです。論文提出後だったのが唯一のいいことでした。あんな目にあうのはもう嫌です来年は予防接種をしようかと思っています。


さて、今日からは留学生会の冬の研修が始まります。今年度は長崎県で開催されます。


天気は曖昧ですが、夜景見たいですね一応、カメラを用意してきました。


最後の研修になりますので、頑張ります。


Posted by 日系留学生管理者 at 11:57 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
細川周平の本について [2019年01月30日(Wed)]
皆さん、

お元気ですか。
最近、社会学の細川周平の「遠きにありてつくるもの―日系ブラジル人の思い・ことば・芸能」という本を読んでいます。音楽専門の私にとって、社会学の論文や本などが難しいです。読解する中に、わからない言葉にぶつかると、簡単に辞書を引いて、その言葉自体がわかるようになります。が、この本は文法的にも難しくて、言葉と言葉との繋がりの問題もあります。
けれども、細川周平はブラジルの日系社会における歴史や悩み、また移民の過程や移民者の気持ちなど、さらに日系ブラジル人の「思い」や「情け」や「郷愁」などについて論じていますので、興味深くて素晴らしい本だと思います。日系の皆様にすすめます。また、ブラジルの歴史や日系社会などについて深く勉強したい方々にもおすすめです!

オブリガード。
どうぞよろしくお願い致します。

渕上ラファエル広志
Rafael Hiroshi Fuchigami

ブラジル
12期生
Posted by 日系留学生管理者 at 13:27 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ