CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
虹の輪コンサート
宝塚を拠点に活動する市民活動団体です。
ハートフルな音楽の場を通じて、人と人のふれあいを大切にしています。
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
虹の輪コンサートについて

虹の輪コンサートさんの画像
虹の輪コンサート
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/nijinowa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nijinowa/index2_0.xml
「虹の輪コンサート」の実施した行事を順次ご紹介していきます。ご興味やお問い合わせのある方は、プロフィールにある連絡先にご一報ください。
シルキーコットンズ in パストラール尼崎[2016年04月09日(Sat)]
暖かくなり桜も散り始めたこの日、ケア付高齢者住宅「パストラール尼崎」で、カントリーバンド「シルキーコットンズ」が訪問コンサートをしてくれました。昨年12月6日に宝塚市東公民館で演奏してもらったカントリーバンドす。この時の反応から、高齢者の方に若かった頃によく耳にしたカントリー&ウエスタンの響きは、きっと心地よいに違いないと思ってパストラール尼崎さんにお勧めしましたが、期待通り大変喜んでいただきました。

昨年末のコンサートをご覧になって「シルキーコットンズ」のファンになられた宝塚市にお住いのお二人が、友達とおいでになって一緒に楽しまれました。コンサート終了後、私どもの団体の会員になっていただき、我々にとっては、うれしい一日になりました。

パストラール尼崎のお客さんは、手をたたき、リズムを取り、口ずさみながら1時間弱のコンサートを満喫していただけました。

開場では、素敵な自作ポスターも貼られ、バンドリーダーも気に入って(私ともども)いただいて帰りました。

それにしても、ご高齢とは思えないノリに大感激で、又の機会を楽しみにしながら会場を後にしました。

開場風景と演奏の一端(Youtube)をご紹介します。

s1024DSC06116.jpg

スナップショット 1 (2016-04-14 13-23).png

下記をクリックして、youtubeでコンサートのおさわりをご覧ください。
歌は森山美香でテネシーワルツです。








いくせい会まつりでクープ・ド・クエル協演[2016年02月20日(Sat)]
あいにくの雨。でも今回は「宝塚市手をつなぐ育成会」さんが、宝塚市総合福祉センターを全館借り切ってくださっていたおかげで、全く問題なし。

朝は9時半頃うかがうと、もう玄関横の軒下で焼きそばを焼くいい匂い。大きな鉄板の上では既にこれでもかと言わんばかりの焼きそばの山が出来つつあった。

DSC06078.JPG

雨の中、日頃は異なる作業所で作業するハンディを持つ皆さんが、次から次へと家族連れで来て、玄関では、お互いが「やあ!久しぶり!」とハグしあう人達であふれている。屈託がない!飾りもない!心から楽しそう!こうした風景にいつも感動する。

各フロアでは、出店が出て、作業所で作った品物の販売が始まっている。その横でコンサートの仲間が東北大震災の被災者に送る募金集めのための手芸品の販売が始まる。次第に活気帯びてきた。

DSC06080.JPG

今回は、会場費が無料となったため、「木口福祉財団」さんからいただいた助成金で、ゲーム機「ナインゴールバスケット」と「象さんの輪投げ」の2つをレンタルすることが育成会のご家族の協議で決まった。開演の11時早々に、そのゲームを楽しみに来る人が来はじめた・・・

DSC06089.JPG

DSC06088.JPG

その頃、3階ホールでは、「ひまわり」「虹のメロディー」「ジャズダンス・スタジオFG]の発表が続き、還暦のお祝いが行われた。

12期過ぎから舞台では、クープ・ド・クエルの演奏をバックに、作業所の皆さんが踊りを披露する協働コンサートで、「365歩のマーチ」と「小さな世界」が披露された。

DSC06094.JPG

引き続いて、クープ・ド・クエルの独演会。日頃、プロのミュージシャンの演奏を目の前で聴く機会の少ない方々に、存分に楽しんでいただけたようであっという間に30分が過ぎた。宝塚のスミレンも応援に駆けつけて一緒の楽しんだコンサートでした。

DSC06102.JPG

DSC06096.JPG

その後も、育成会の「こむずフラとプルメリア」「恵美寿」と発表が続き、2時前までの楽しい1日を過ごした。

前々から準備をしてこられたご家族や、育成会の皆さん、支援下さった「木口福祉財団」にお礼申し上げます。







ナポリ料理を楽しみませんか![2015年12月30日(Wed)]
今年の最後は、コンサートを少し離れて「NAPOLI CHEF と YURIKA」が創る、イタリア料理へのお誘いです。内容は、午前の「COOKING CLASS」 と 午後のディナーは、18:00〜19:50 と 20:10〜22:00 の二部制。

親しい仲間との集いに、恋する二人の語らいに、そして家族の憩いに、どうぞ NAPOLI の明るい空気を感じさせるディナーをお楽しみください。

日時:2016年1月26日(火)
COOKING CLASS 11:00〜13:30 
Dinner 一部: 18:00〜19:50 二部: 20:10〜22:00
場所:神戸市東灘区御影中町6−1−2 abiesfirma(アビエスフィルマ)
内容:ちらしをクリックしてご覧ください。

NAPOLI CHEF &YurikaのDinner.pdf

では、abiesfirm で、お会いしましょう!

ご参考までに、12月2日に同じく NAPOLI CHEF と Yurika の「イタリア料理」に行った時の様子をお見せします。

s1280-s1280-DSC06017.jpg

s1280-s1280-DSC06022.jpg



西宮市のデイサービス施設でフルート独演コンサート[2015年12月26日(Sat)]
クリスマスも終わり、正月の声が高まる12月26日、今年最後の訪問コンサートを、西宮市のデイサービス施設で行った。

s1280-DSC06065.jpg

20人位のデイサービスにおいでの方々が、テレビに向かい「朝が来た」の録画を見るのに集中していて、途中でテレビを切って、フルートに切り替えるのは大丈夫かと心配したが、全く無駄な心配だった。演奏が始まると、多くの人がからだや手で音頭をとる人、頭を動かしながら口ずさむ人など、ノリノリの演奏会となった。

演奏は、宝塚アーティスト協会のフルーティスト宮名利 育さん。
曲は、
 @涙のトッカータ
 Aシューベルトのセレナーデ
 Bタイスの瞑想曲
 Cサバの女王
 D川の流れのように
 E愛の讃歌
 F冬の歌
 G最後に『お正月』をみんなで歌って…

 アンコール曲は、私の大好きな「コンドルは飛んで行く」

今年も、楽しいコンサートで締めくくることができました。

では、よいお年を!!



パストラール尼崎でJAZZ[2015年12月12日(Sat)]
s1280-DSC06062.jpg

12月12日ケア付高齢者住宅パストラール尼崎にて、ジャズコンサートを行った。初めてこの種のケアセンターにうかがったが、きれいな上に、スタッフはコンシェルジュ風の制服で、受け付けはまるでホテルの受付のよう。ここに入るのは、自立している高齢者で、そのまま年を経て介護が必要になっても、そのまま住み介護サービスも受けることができるとのこと。

大きな広い集い場(ホール)には、テーブルの上には、一人一人に軽食が並び、ワインやビルなどのサ−ビスもありゆとりを感じさせる環境。

今日は、クープ・ド・クエルメンバーは、
満島宏美  / ボーカル&ピアノ

苅谷宣之 / アルトサックス

菅沼 威 / ベース

村上雅之 / ドラム

曲は、シェルブールの雨傘、シャレード、ベサメムーチョ、コーヒールンバ、青春の輝き等。

皆さん、なかなかおしゃれな雰囲気の中で、楽しいコンサートとなり、アンコールも飛び出すし、「まるで、リーガロイヤルホテルでのコンサートのようだ」と絶賛の声をいただきました。

「又お願いします!」の声を後に・・・



音楽でつなぐきずなづくりコンサート[2015年12月06日(Sun)]
ずっと探していたカントリー&ウエスタンのバンド。昨年9月、ついに「宝塚音楽回廊」で「シルキーコットンズ」に出会い、リーダーの喜多毅さんを捕まえてお願いしたところ快くOK!

早速、宝塚市のきずなづくり推進事業として申請し、採用通知をいただいた今年7月から準備に取りかかった。約4か月間の準備を経て今日に至ったが、その間に何と多くの方や団体さんの協力をいただいたことか…

準備過程で、紙芝居サークル「ちょうちょ」さんと、司会には「宝塚アーティスト協会」さんが協働を受諾してくださった結果、「シルキーコットンズ」、宝塚市手をつなぐ育成会のジャズダンスチーム「スタジFC」さんと、我々「虹の輪コンサート」を加えた5団体のビッグな協働コンサートになった。加えて、宝塚市の支援をいただき、本番では150人を超えるお客さんに来ていただきました。ロビーでは、「宝塚さざんか福祉会」の作業所さんに商品販売もしていただいたし、ボランティアで参加してくれた方々の力もなくてはできなかった。皆さんありがとう。

先ず、苦労して配ったり掲示したチラシを見ていただこう。

ちらし(最終).pdf

さて、いよいよ本番!! いくつかの場面を紹介しよう。

司会は、「宝塚アーティスト協会」の脇田真理さん。さすがでした。さわやか!

20151206脇田真里さん.jpg

第一部は、創作紙芝居。題名は「僕 カウボーイ?!」。創作出演は、カウボーイ姿の “愛 うえ雄”、こと山口晋さん。皆さんに絵を見ていただけるように、スライドで画面をスクリーンに映しながらの熱演。こんな感じでした。

20151206山口晋さん.jpg

第2部は、前半の「スタジオFC」のオリジナルダンス。「花は咲く」と「夢をかなえてドラえもん」。会場の皆さんの手拍子も加わって、元気にはじけた。

後半は、プロのバンド演奏をバックに踊る障がい者のダンスチーム「スタジオFC」のコラボ。喜多さんが、最初は、こんなコラボができるのかと想像できなかったとおっしゃっていたのだが、宝塚歌劇団OGの育かつみさんの振り付け・指導で、バンドもダンスもカウボーイ姿の一体となったすばらしい舞台には感じるものがありました。

201512シルキーコットンズの演奏で踊るスタジオFC.jpg

20151206スタジオFC&シルキーコットンズ協働舞台.jpg

第3部は、シルキーコットンズのライブ。
曲は、「愛さずにはいられない」「ラブミーテンダー」、見事なボーカルで「知りたくないの」「テネシーワルツ」など観客を楽しませてくれました。

20151206シルキーコットンズの知りたくないの.jpg

20151206シルキーコットンズのテネシーワルツ.jpg

そしてお別れは、脇田さんの歌、シルキーコットンズの演奏、スタジオFCのダンスで「10人のインディアン」を披露。バンドの演奏に送られて、拍手のうちにコンサートを終えました。

20151206脇田さんの歌でフルメンバーで10人のインディアン.jpg

多くの方に支えられた、今回のコンサートは沢山のお客様に何かを残してくれたに違いありません。

又、機会があれば、いや、機会を作ってみんなで再開しましょう。

ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。












安倉西身体障害者支援センターでジャズ演奏[2015年09月23日(Wed)]
宝塚市ボランティア活動センターの紹介で、安倉西身体障害者支援センターでジャズ演奏を披露した。バンドは「宝塚アーティスト協会」さんから「T.Ajikawaグループ」のお二人。

みなさん、とても楽しく聞いていただき、演奏者も大喜び。演奏後、施設の方からも皆さんの反応もとても良かったとの声をいただいた。我々には残念ながら皆さんの反応を完全に読み取ることができないため、介護されている皆さんの声は本当にありがたく受け止めました。

今回は、安倉西身体障害者支援センターでの初めてのコンサートでしたが、「次回はこんなのもやりたいね」などの話も弾み、又の訪問を計画したいと思いました。

コンサートの後で、宝塚市ボランティア活動センターの発行する「みんなボランティア」の記事にしたいとの申し込みをいただき、インタビューを行っていただきました。記事が楽しみです。

DSC05953.JPG




音楽でつなぐきずなづくりコンサート打ち合わせ[2015年09月16日(Wed)]
来る12月6日(日)の「音楽でつなぐきずなづくりコンサート」の打ち合わせを、9月16日(水)宝塚市総合福祉センターで行った。場所は、ジャズダンスクラブ「スタジオFC」の練習場のホールを訪問する形で実施。コンサートのメインミュージシャンであるカントリー&ウエスタンバンド「シルキーコットンズ」の喜多さんも参加され、舞台での楽器の配置などについて確認した。スタジオFCの振付・ダンス指導をされている宝塚OGの育かつみさんの指導の下で、熱心に練習する皆さんの姿を拝見した。いつ観ても感動する。

バンド「シルキーコットンズ」をバックに踊る協演は2曲に決定し、「スタジオFC」独自のダンスの後で披露することになった。その後は、「シルキーコットンズ」の独演でカントリーウエスタンの世界を楽しんでいただきます。

写真は、舞台上の育かつみさんを見ながら練習に励むメンバーと、手をたたく喜多さん(後姿)です。

当日は、宝塚市手をつなぐ育成会さんの野口さまと久寿米木さまともお話しし、具体化が進んできたことを実感しました。

DSC05853.JPG
宝塚市きずなづくり推進事業に採用されました[2015年08月09日(Sun)]
正にうだるような暑さと、突然の雷雨が混ざり合った異常な気候の中、久しぶりのブログ更新です。長い間ブログを更新していませんでしたが、着々と準備は進めていました。

その結果、この度、宝塚市のきずなづくり推進事業として「虹の輪コンサート」の提案した「音楽でつなぐきずなづくりコンサート」が、去る7月14日に市の行政提案型事業として認められました。確定までは具体的な計画を進めることを控えていましたが、関係団体との協議を終え、宝塚市の関係部署の協力もいただいて、以下のように確定しました。

コンサート名 「音楽でつなぐきずなづくりコンサート」
開催日時    12月6日(日)10:30〜11:40
場所      宝塚市東公民館ホール
出演団体    カントリーウエスタンバンド「シルキーコットンズ」
        ジャズダンスクラブ スタジオFC (一般社団法人宝塚市手をつなぐ育成会)
        紙芝居サークル ちょうちょ
プログラム  @ウエルカム ちびっこ(創作スライド紙芝居)
       AスタジオFCのジャズダンス
       BシルキーコットンズとスタジオFCのカントリーミュージックの協演
       Cシルキーコットンズのカントリーミュージックの世界

今回のコンサートの狙いは、障がい者とプロのミュージシャンによる協演を通して、誰もが何のバリアーもなく一緒に活動するコンサートを実施し、一般の親子にも積極的に見に来ていただき、障がい者とプロが、お互いが認め合いながら一緒に協力している姿を見て、親子で話し合っていただくことです。

紙芝居サークルの「ちょうちょ」さんに、この説明をし協力をお願いしたところ、快く受けていただき、このために紙芝居を創作していただくことが決まりました。市民団体同士のコラボが実現し、今後の協力も進めることになりました。

既にスタジオFCでは、元宝塚歌劇団の 育かつみ さんによる振付と指導でダンスの練習がスタートしています。

多くの皆さんに鑑賞していただき、みんなが楽しむ「音楽の街宝塚」の実現を目指したいと考えています。
宝塚市立の安倉南身体障害者支援センターでコンサート決定[2015年07月27日(Mon)]
宝塚市社協ボランティア活動センターの紹介を受けて調整していた「安倉南身体障害者支援センター」でのコンサートが決まりました。

日時:10月12日(月)14:00-14:30
場所:宝塚市立福祉施設安倉南身体障害者支援センター
出演:宝塚アーティスト協会
   大塚会長のピアノ演奏と脇田理事のソプラノ独唱

普段目の前で聞く機会がないと思われるソプラノ独唱を大いに楽しんでもらえると思います。