CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
虹の輪コンサート
宝塚を拠点に活動する市民活動団体です。
ハートフルな音楽の場を通じて、人と人のふれあいを大切にしています。
« 西宮市のデイサービス施設でハワイアン | Main | 大雨の中ゴルフ場でミニコンサート »
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
虹の輪コンサートについて

虹の輪コンサートさんの画像
虹の輪コンサート
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/nijinowa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nijinowa/index2_0.xml
津軽三味線!ソーラン・エイサー[2016年09月10日(Sat)]
津軽三味線全国大会2年連続制覇の竹田傑さんが座長の「和楽座」さんをお招きして、宝塚ワークプラザの作業所の仲間たちの「恵美寿」、小林こども会「エイサー隊」の皆さん3者による、大コラボ演奏会を宝塚市立西公民館で行いました。3団体協演は初めての経験で、計画時に多少不安を感じましたが、南中ソーランの恵美寿さん、エイサーの小林こども会さんにとっては、プロの津軽三味線と一緒に歌い踊る又とないチャンスなので、思い切って挑戦することにした。

3者が同じ音源のCDを持って練習し、本番の日の開演前に約2時間のリハーサルを実施。立ち位置や音響・照明の調整を終えて緞帳を降ろして開演を待つ。緊張が走る。

総合司会は、脇田真理 (宝塚アーティスト協会)さん。 何度かお世話になったが専門がヴォーカル(ソプラノ)だけあって声も映える。

プログラムは、
第一部が、恵美寿さんの歌。上江洲さんの指揮で、「365日の紙飛行機」 、「海の声」、「麦の歌」 の3曲。30人の合唱は迫力ある。

第2部は、小林こども会エイサー隊のエイサーの踊り。指導者の清谷さんも参加して3曲。「てぃんさぐぬ花」、「ダイナミック琉球」、「時を越え」。はじけるリズムで観客も心が躍る。

第3部は、和楽座の津軽三味線をバックに3者協演の見せ場、「涙そうそう」を恵美寿さんの歌に小林こども会の清谷さんが飛び入り参加で歌に加わる。「島人ぬたから」を恵美寿さんの歌と小林こども会エイサー隊の踊り。練習の甲斐あって3者の一体感は胸を打つ。感動したとの声を多数耳にした。3曲目は「南中ソーラン」を恵美寿さんが踊る。日頃の練習の成果を存分に発揮。

第4部は、協演が終わり「和楽座」さんの独演会。10曲を披露してくださり、会場は弾む三味線と太鼓、歌に酔いしれた。出演者は、竹田傑、竹田美恵子、松原由美子、栗山京子、三上昭二の皆さん。

今回は子供連れの親子やハンディを持つ方々用に、椅子のないフラットな席や、幼児室も準備したものの、実際には、どのくらいのお客さんがいらっしゃるか心配したのですが、開けてみると不安が噓のようで、立ち席も一杯でドアの外では入れない方も出て、うれしいながらも反省することが多いコンサートでした。せっかく来ていただいた皆さん全員に観ていただけるような工夫が必要だと強く感じた次第です。

市内各所に貼り出したちらしです。
津軽三味線のチラシ(入稿).pdf

当日のプログラム
◎プログラム20160829(最終版)チェック用.pdf

恵美寿さんの歌の舞台です。見えませんが客席で上江洲さんが指揮棒を振っています。
20160910 和楽座・恵美寿・清谷さん.JPG

小林こども会「エイサー隊」の勢いのあるエイサー。
20160910 小林エイサー隊.JPG

「和楽座」の演奏で歌い、踊る「恵美寿」さんと「エイサー隊」の皆さん。練習とリハーサルが功を奏し、感動をくれました。
20160910 和楽座・恵美寿・小林エイサー隊.JPG

最後の締めは「和楽座」さんの出番です。さすが一級の津軽三味線を聴かせてもらいました。
又、難しい3者協演を気持ちよく受けていただき、心から感謝します。
20160910 和楽座.JPG

出演された皆様、そして混雑の中を我慢してくださったお客様、そして裏方で働いてくださった皆さん、支援くださった宝塚市役所の皆さん、ありがとうございました。




この記事のURL
http://blog.canpan.info/nijinowa/archive/165
コメントする
コメント