CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main | 2017年04月»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
更新履歴
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
【受講者募集!5/10〆切】教師海外研修「パラグアイ/エチオピア」五感で学ぶ体験! [2017年03月26日(Sun)]
開発教育指導者研修(実践編)と一括して共働で実施している
JICA中部『教師海外研修』。こちらも申込み受付けが始まりました!

今年度の訪問国は、南米パラグアイと、アフリカ大陸エチオピアです。
申込みは5/10(水)まで。研修内容や募集要項等詳細は、
以下JICA中部ウェブサイトをご覧ください。

jicakaigai2017.jpg
https://www.jica.go.jp/chubu/event/2017/20170725_01.html


◇詳細・募集要項:JICA中部ウェブサイト
過去の研修の様子、報告書もご覧いただけます。
https://www.jica.go.jp/chubu/enterprise/kaihatsu/kaigaikenshu/index.html
--------------------------------

※以下、JICA中部ウェブサイトより抜粋

2017年度教師海外研修
五感で学ぶ体験!−パラグアイ&エチオピア


【研修日程】
パラグアイ…2017.7.25(火)〜8.7(月)
エチオピア…2017.8.5(土)〜8.17(木)
※上記の海外研修のほか、国内における事前・事後研修や
開発教育指導者研修(実践編)にも参加していただきます。
[2017年度開発教育指導者研修(実践編)の内容と日程]

【後援(申請中)】
外務省、文部科学省、愛知県教育委員会、三重県教育委員会、岐阜県教育委員会、
静岡県教育委員会、名古屋市教育委員会、静岡市教育委員会、浜松市教育委員会

【趣旨】
開発教育・国際理解教育に取り組まれる教師の皆さんが、実際に開発途上国を
訪問することにより、開発途上国が置かれている現状や国際協力の現場、
開発途上国と日本との関係に対する理解を深めて頂き、帰国後は、訪問によって得た
成果を活用した学校現場での授業実践等を通じ、次代を担う児童・生徒の教育に
役立ててもらうことを目的として実施します。

【3つのウリ】
1.国際協力などの現場に訪問し、人々との交流や意見交換ができます!
2.生きた教材を、チームで計画的に収集し、授業に生かす方法を学べます!
3.研修の学びを生かした授業実践は、子どものより良い変化が期待できます!

【対象】
愛知・岐阜・三重・静岡の各県の小学校、中学校、高等学校、中等高等学校、
高等専門学校、特別支援学校の教師および教育委員会の指導主事等で
募集要項に示した応募資格及び参加条件を満たす方

【定員】
パラグアイ、エチオピア合わせて20名程度

【参加費等】
旅費・研修費は無料
海外における宿泊費・食費は参加者による個人負担
(詳細は募集要項を参照のこと)

【参加方法(応募方法)】
申込書にご記入のうえ、FAX、郵送、Eメールのいずれかにて
事務局にお送りください。
(JICAでは申込書の受付けを行いません)

【申込(応募)締切】
5月10日(水)(必着)
・面接による選考を行い、選考結果は5月末までに事務局より
 文書にて通知いたします。

【事務局・お問い合わせ】
NIED・国際理解教育センター JICA研修係
〒464-0032名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
E-MAIL:nied@love-hug.net
FAX:052-781-5779
TEL:070-5333-5566(担当:川合)

■関連ファイル
・ 表紙
・JICA中部の海外研修のウリ
・研修の概要
・募集要項
・申込書
--------------------------------
Posted by NIED at 09:00 | お知らせ | この記事のURL
【受講者募集!5/21〆切】開発教育指導者研修(実践編) [2017年03月25日(Sat)]
JICA中部がNIEDと共働して実施している研修の1つ、
開発教育指導者研修(実践編)』の受講申し込み受付が始まりました!

東海4県の学校の教員、地域国際化協会・NGO/NPOスタッフ、
JICAボランティアなどで開発教育・国際理解教育を実践されている方を
対象にした、一年間を通して行う指導者向けの研修です。

申し込みは5/21(日)まで。
募集要項等詳細は、以下JICA中部ウェブサイトをご覧ください!

jica2017.jpg

◇詳細・募集要項:JICA中部ウェブサイト
https://www.jica.go.jp/chubu/event/2017/20170610_01.html


◇過去の研修の様子、報告書もご覧いただけます。
https://www.jica.go.jp/chubu/enterprise/kaihatsu/shidousha/

--------------------------------

※以下JICA中部ウェブサイトより抜粋

ESD(持続可能な開発のための教育)とグローバル人材
2017年度開発教育指導者研修(実践編)


【開催日時】
2017.6.10(土)〜2018.2.11(日)
第1回…2017.6.10(土)13:00〜17:00 ・6.11(日)10:00〜15:00
第2回…2017.7.15(土)13:00〜17:00 ・7.16(日)10:00〜15:00
第3回…2017.8.26(土)13:00〜17:00 ・8.27(日)10:00〜17:00
第4回…2018.2.10(土)10:00〜18:00
実践報告フォーラム…2018.2.11(日)10:00〜16:30

【会場】
JICA中部 なごや地球ひろば 2階セミナールーム [会場地図]

【後援】
愛知県教育委員会、三重県教育委員会、岐阜県教育委員会、
静岡県教育員会、名古屋市教育委員会、静岡市教育員会、
浜松市教育委員会

【内容】
6月から8月の3回の研修で開発教育・国際理解教育の理念と実践方法を学び、
9月から2018年1月に研修の成果を活かして、各自学校や地域の現場で実践を
行った後、2018年2月に一般公開で実践内容を発表・評価しあう、
1年間を通した開発教育・国際理解教育の実践者向けの充実した研修です。
また、「教師海外研修」参加者は、本研修にすべて参加します。
異なる場で学んできたことが本研修に還元され、さらに豊かな学び合いの
場となります。

【目的】
本研修は、よりよい未来を描き実現するために、「参加型学習
(アクティブラーニング)」を通して1人ひとりをエンパワーし、
参加の力を身につけるための場と方法を提供することのできる
「開発教育(国際理解教育)指導者」育成することを目的としています。

【開発教育・国際理解教育とは】
持続可能な未来を築くために、人権・環境・共生といった人類共通の課題を理解し、
「身近な人と、世界の人々と、地球のすべての生命と共に生きる」ための価値観を育て、
主体的に行動する力を身につけるための教育です。

【対象】
小学校、中学校、高等学校、中等高等学校、高等専門学校、特別支援学校の教師、
教育委員会関係者、NGO/NPOスタッフ、地域国際化協会職員、
JICAボランティアOB/OGなど、開発教育・国際理解教育を実践されている方

【定員】
40名程度(うち20人程度は教師海外研修参加者)

【参加費】
無料
遠方にお住まいの方はJICA中部に宿泊できます。
(費用はJICA規定に基づきJICAが負担します)

【参加方法(応募方法)】
申込書にご記入のうえ、FAX、郵送、Eメールのいずれかにて
事務局にお送りください。
(JICAでは申込書の受付けを行いません)

【申込(応募)締切】
5月21日(日)(必着)
・5日以内に事務局よりEメールにて応募書類を受領した旨
 ご連絡致しますので、連絡のない場合は事務局にご確認ください。
・応募書類等に基づき選考を行い、選考結果は5月末までに
 事務局より文書にて通知いたします。

【お問い合わせ(業務委託先)】
(特活)NIED・国際理解教育センター JICA研修係
担当者:川合 眞二
電話番号:070-5333-5566
ファックス:052-781-5779
Eメール:nied@love-hug.net

■関連ファイル
・研修の概要
・募集要項
・申込書(PDF)
・申込書(Word)
--------------------------------
Posted by NIED at 09:22 | お知らせ | この記事のURL
開発教育・国際理解教育実践報告フォーラム2017 [2017年03月12日(Sun)]
ヒントが見つかる!仲間に出会える!

JICA中部との協働で実施している「開発教育指導者研修(実践編)」と
教師海外研修」。その集大成となる実践報告フォーラムが2/12に行われ、
120名を超える来場者と共に、今年度の研修の学びを共有しました。

フォーラム2016.jpg
--------------------------------
【ねらい】

【受講者】実践報告、モデルプログラムのファシリテートと参加者との意見交換を通して、
      実践の自己確認、総括を行い、ネクストステップへの意欲を高める
【参加者】実践者の成果と課題を共有し、自らの実践のヒントとネットワークを得てもらう
【主催者】開発教育・国際理解教育を推進し、研修事業の次の参加者を広げる

【実施日時】 2017.2.12(日) 10:00〜16:30

【場所】 JICA中部 なごや地球ひろば 2階セミナールーム

【プログラム内容】
[午前]
1)実践報告:41事例のポスターセッション

[午後]
2)分科会:実践教材体験ワークショップ
(テーマ/タイトル/ねらい/提供者)
 分科会1:多様性「同じと違いから考える人権」
  ・多様性の大切さを理解する(多様性受容力を高める)
  ・エチオピアを通して、人権について理解する。
   (教師海外研修エチオピアチーム)
 分科会2:貧困「貧困のないよりよい未来へ」
  ・絶対的貧困について知る。
  ・貧困の連鎖について理解する。
  ・より良い未来のためにできることを考える。
   (指導者研修実践編受講者チーム)
 分科会3:開発支援・国際協力「誰だって世界と関われる!」
  ・パラグアイの現状や課題を知り、自分たちが地球市民として
   できることがあることに気づく。
   (教師海外研修パラグアイチーム)
 分科会4:多文化共生「多様性の中で共に生きよう」
  ・なぜ、多様性を受け入れる必要があるかに気づき、
   自分にできることを考えよう。
   (指導者研修実践編受講者チーム)

3)教師海外研修報告
 パラグアイ
  @パラグアイの場所等、基本情報を紹介
  A現地訪問先の様子やホームステイ体験をクイズ形式で紹介した後、
   問題ごとに解説
  B現地研修で一番印象に残っている写真を1人ずつ紹介
 エチオピア
  @エチオピアの特徴的な挨拶と基本情報を紹介
  A現地研修での日々の振り返りワークショップを再現する形で、
   研修内容を報告
  B印象に残っている出来事を写真と共に紹介

4)ふりかえり・閉会

[閉会後]
交流会

--------------------------------
◇2016年度指導者研修実施プログラム概要
第1回:開発教育・国際理解教育の目的、内容、方法を体験的に理解する
    http://blog.canpan.info/nied/archive/190
第2回:開発教育・国際理解教育は、人権、環境、平和など
    今日的課題に着目する教育であることを理解する
    http://blog.canpan.info/nied/archive/192
第3回:開発教育・国際理解教育の参加型プログラムの作り方と進め方を
    体験的に学ぶ
    http://blog.canpan.info/nied/archive/196
第4回:開発教育・国際理解教育のすすめかた
    http://blog.canpan.info/nied/archive/246
--------------------------------
◇JICA中部ウェブサイト:http://bit.ly/Ou9hbh