CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
更新履歴
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
未来を築くユース会議2016 第5回記録瓦版 [2017年01月15日(Sun)]
昨年12/10に行われた愛知県国際交流協会(AIA)主催
未来を築くユース会議2016』、第5回の記録が
AIAウェブサイトに掲載されました。

実際に行ったプログラムの詳細と、ワークショップの成果物を掲載しています。
ぜひご覧ください。
AIAyouthkiroku2016-5.jpg
未来を築くユース会議2016第5回記録(PDF)


全ての回の記録を、AIAユース会議2016ページからご覧いただけます。
http://www2.aia.pref.aichi.jp/koryu/j/youth100/2016kawaraban_dai2.html
(AIAウェブサイトリンク)

【未来を築くユース会議2016】
■スケジュールと実施プログラム概要

第1回: 10/1 (土) ここから始めよう!
第2回:10/15 (土) 持続可能性って何だろう!?
第3回:11/12 (土) よりよい未来を描こう!
第4回:11/26 (土) 未来への道を設計しよう!
第5回:12/10 (日) 新しい物語を始めよう!

--------------------------------
【お問合せ】
愛知県国際交流協会 交流共生課 交流担当
TEL:052-961-8746 / FAX:052-961-8045
E-mail:koryu@aia.pref.aichi.jp
--------------------------------
Posted by NIED at 10:00 | お知らせ | この記事のURL
国際理解教育講座2016テーマ編 第5回『人権』 [2017年01月14日(Sat)]
わたしの権利、こどもの権利

NIEDの自主講座「国際理解教育講座」2016テーマ編、
第5回のプログラムです。

「子どもが権利を持つとワガママになる」?権利ってなんだろう?
私たちが今持つ権利、なくなったらどんな社会になるんだろう?
子どもに関わる課題を人権の視点から考え、より良い社会に必要なことを
探していきました。

T2016-5.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・人権とは何か、子どもの権利とは何かを知り、その大切さを感じる。
・子どもの人権侵害である虐待について原因や影響を考え、解決に向かう手だてを作る。
・社会課題に対して自らアクションを起こすきっかけとなる。

【対象】
18名

【実施日時】 2016.12.23(金・祝) 10:00〜17:00

【場所】 本山シェアオフィス共有スペース

【プログラム内容】
1)はじめに
・ファシリテーター自己紹介
2)アイスブレーキング
・仲間づくり・仲間こわし
・名刺で自己紹介
3)欲しいもの・必要なもの(ユニセフ「わたしの権利みんなの権利より)
-1.市役所に新しい課ができることになり、その課は子どもたちが欲しい、
  もしくは必要であると考えるものを提供したいと考えている」と説明を受けた上で、
  配られた20枚のカード読み込む。
-2.足らないものを空白のカード(4枚)に記入する。
-3.「政治的・経済的理由から24 個のうち16 個しか提供できなくなった」とし、
  8個を外す。外した8枚のカードは、A3用紙に置く。
-4.「さらに削らなくてはならなくなった」と説明し、さらに8個を外す。
  さらに外した8枚を、もう一枚のA3用紙に置く。
-5.残った8個も別のA3用紙に置き、グループごとに何が残ったか発表する。
-6.最後に残ったものと3、4で削ったものとそれぞれどんな要素・共通点があるかを
  A3用紙に書き、発表する。
-7.基本的人権(Basic Human Rights)、BHN(Basic Human Needs)とは何か資料を読む。
-8.世界人権宣言を読む。
4)人権が守られないと?/派生図
5)子どもと大人、何が違う?/対比表
-1.A3の用紙を3分割し、以下の文章の「○○である」に当てはまる言葉を書いていく。
  @:子どもは○○である
  A:大人は○○である
  B:子どもも大人も○○である
-2.やってみて気づいたこと・感じたことを全体で共有する。
6)子どもならOK?大人ならOK?
-1.書かれている項目がOKなら○、ダメなら×を、子どもチェックリストに書く。
  @:掃除をさぼって教師にたたかれる
  A:自分の進路を親に決められる
  B:自分の意見を親に言ったら子どもは口を出すなと言われる
  C:学校で成績を張り出される
  D:親が子どもの机の中を勝手に見る
-2.同様に大人チェックリストに書く。
  @:仕事のミスをして上司からたたかれる
  A:結婚相手を親に決められる
  B:会議で意見を言ったら無視される
  C:町内会で年収を張り出される
  D:夫婦間で相手の携帯電話を勝手に見る
-3.国際連合の児童の権利条約を黙読する。
7)子どもの権利が守られていないことは?/ブレーンストーミング
8)大人と子ども
-1.ペアになり、じゃんけんで勝ったほうが大人、負けたほうが子どもの役となる。
-2.大人役は椅子の上に立ち、子ども役に向かって以下の言葉を言う。
 「どうしたの?」「どうしてわからないの?」「だめって言ったじゃない!!」
-3.大人役、子ども役それぞれの感想を共有する。
9)虐待がおきるとどうなるか・なぜ虐待がおきるか/派生図・因果関係図
10)虐待をなくすためにどんなことが必要か/派生図・因果関係図に書き込む
11)マイプロジェクトを創ろう
-1.グループで「虐待を無くすために必要なこと」の中から一つ選んぶ。
-2.「○○をなくす(得る)ために、□□をする」というフレーズをA3に書く。
-3.模造紙にプロジェクトの名前、関係者(ステークホルダー)リスト、
  関係者の反応、反応に対するアプローチを書き出す。
-4.プロジェクトを全体へ発表する。
12)大人の権利も子どもの権利も守られる社会のためにできること/KJ法
13)1日のふりかえり
--------------------------------
Posted by NIED at 17:29 | NIED自主講座 | この記事のURL