CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ファシリテーター講座2012 テーマ編 第2回 | Main | ファシリテーター講座2012 テーマ編 第4回»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
更新履歴
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
ファシリテーター講座2012 テーマ編 第3回 [2012年12月05日(Wed)]
テーマ:共生
『ヒトの社会と動物と』


もしも動物たちが言葉を話すことができたなら、
私たちに何を伝えるのでしょうか。
人の意識や日々の何気ない選択が動物に与えている影響とは?
アニマルライツ/ウェルフェアとは?
ヒトと動物が共生する社会とは?
動物との関係を通じて、今のヒト社会を見つめていきました。

ファシリテーター講座2012テーマ編第3回 私は誰でしょうゲーム
--------------------------------
【ねらい】
動物の権利を考え、人と動物がお互いに幸せな社会を築くために
どうしたら良いかを考える。

【対象】 一般

【実施日時】 2012.6.2(土) 10:00〜17:00

【プログラムの流れ】
1)アイスブレーキング:自己紹介
2)ゲーム:私は誰でしょう
・参加者の背中に動物の絵が描かれたカードを下げる。
・ランダムに動いてペアを作り、相手にYesかNoで答えられる質問をしながら
 自分が何の動物かを探っていく。
・分かった人から席に座り、全員が座れたら答え合わせをする。
3)今日のテーマ「共生・共棲」とは?
4)動物からの恩恵を考えよう
・生活の中で、動物の関わっているものや動物から受けている恩恵について
 思いつくものを書き出す。
5)違いの違い:動物の権利を考えよう
・動物(哺乳類・鳥類)に関する質問表について、「許容できる」
 「どちらともいえない」「許容できない」に分類する。
・質問表の内容は、
  放し飼いにして自由に育てた鶏を殺して食べる
  化粧品販売のためウサギによる動物実験を行う
  競走馬を育てレースで走らせる
 など20項目。
6)動物クイズ:日本や世界における動物の現状を知ろう
7)動物なりきり紹介(フォトランゲージ)
・サーカスのゾウ、実験用のラット、毛皮を採られるキツネなど、
 動物の具体的な現状と背景を知り、グループ内で伝え合う。
8)ワークを振り返って5)の分類を見つめなおし、許容できる基準を作ろう
9)なぜ「許容できない」が起こる社会になってしまうのか、
 原因を探ろう(因果関係図)
10)「許容できない」がある社会だとどうなるか、影響や危険性を考えよう
11)人と動物との関係において、自分のできることを考えよう
・「許容できない」に分類したもののうち、一つを選ぶ。
・それを解決するために私たちや社会ができることはどんなことがあるかを考える。
・これから動物との共生のために、自分にできることを考え、書き出す。
12)発表と全体共有
13)振り返り、感想共有
14)経験学習の4段階および、プログラムで扱った参加型の手法の
 振り返りと紹介
--------------------------------
タグ:共生
Posted by NIED at 16:05 | NIED自主講座 | この記事のURL