CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国際理解教育講座2017ファシリテーター編 第3回 | Main | ひょうたん島ワークショップ»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
更新履歴
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
2017年度 開発教育指導者研修(実践編)第3回 [2017年10月02日(Mon)]
開発教育・国際理解教育のすすめかた

JICA中部と協働で提供している開発教育・国際理解教育の実践型指導者研修
2017年度第3回に実施したプログラムです。

NIEDb_JICA3_DSCN4624.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・流れのあるプログラムの作り方について学び、参加型手法を習熟する。
・実際にプログラムを作り、ファシリテーターとしてプログラムを実施する練習をする。
・ファシリテーターの役割とよりよい参加型の進め方についてポイントとなることを確認する。

【対象】 東海4県の教師・NPO関係者等 約40人

【実施日時】 2017.8.26(土) 13:00〜17:17、8.27(日) 10:00〜17:20

【場所】 なごや地球ひろば2階 セミナールーム

【プログラム内容】
[1日目]
◆セッション1:研修オリエンテーションとアイスブレーキング
1)主催者挨拶
2)第3回のねらいの確認、自己紹介 
3)全体アイスブレーキング〜参加者アンケートを考えよう!/量的に捉える
4)グループアイスブレーキング〜人生のタイムライン/時間軸で捉える
5)ファシリテーターの役割
6)第2回ふりかえり

◆セッション2:開発教育・国際理解教育“学びの柱”理解を深める
1)グループ替え、自己紹介
2)学びの柱の確認
3)[柱1]他者、他国と肯定的に出会う・[柱2]つながりに気づく目的と学ぶための工夫
4)柱3 共通の課題を共に考え・共に越える目的と学ぶための工夫
-1.変えたいこと、変えるべきことは何か/カード式整理法・二次元軸表
-2.人類共通の課題を越えていくには?〜柱3が大切な理由/派生図
-3.持続可能なよりよい未来創りのために大切なこと/リスト作り

◆セッション3:開発教育・国際理解教育 参加型プログラムの作り方
1)グループ替え、自己紹介
2)プログラムとは〜「ねらい」「ストーリー(流れ)」「アクティビティ(参加型手法)」
3)第1回と第2回を「ねらい」「ストーリー(流れ)」という視点でふりかえる
4)第1回〜第3回を「手法」という視点でふりかえる
5)8つのテーマのプログラムを作ろう!
6)1日目のふりかえり
7)事務連絡

[2日目]
◆JICA TIME
◆セッション4:教師海外研修報告
1)教師海外研修エチオピアチーム報告
2)教師海外研修パラグアイチーム報告

◆セッション5:プログラムを作ろう!
1)プログラムの作り方シミュレーション

◆セッション6:実践!ファシリテーション!&ふりかえり
1)プログラム発表→実践報告フォーラム2018分科会ランキング→評価提案
-1.プログラム発表
-2.実践報告フォーラム2018で提供したいものランキング
-3.プログラムの評価提案、ふりかえり
2)実践報告フォーラム2018 分科会担当決め
3)グループ替え
4)よりよい参加型を進めるファシリテーションのポイント〜よりよいFは○○する

◆セッション7:実践報告フォーラム2018の概要説明と準備のお願い
1)実践報告フォーラム2018の概要説明と準備のお願い
2)事務連絡

--------------------------------
◇JICA中部ウェブサイト:http://bit.ly/Ou9hbh