CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月27日

安全衛生アドバイザー相談会《ジャパンマリンユナイテッド(株)津事業所協力会》2019/8/5・6

201985日(月)・6日(火)実施



■安全衛生アドバイザー相談会■

〜ジャパンマリンユナイテッド(株)津事業所協力会〜





アドバイザー相談会が85日・6日に

ジャパンマリンユナイテッド(株)津事業所協力会で行われました。





アドバイザーは林田一英氏です。

DSCN8385.JPG





「事業の概要及び安全管理状況の説明」

DSCN8399.JPGDSCN8392.JPG


 



「現場リサーチと現場での安全に関するアドバイス」

DSCN8402.JPGDSCN8413.JPG
DSCN8418.JPGDSCN8447.JPG
作業場でアドバイザーが調査をしながら直接アドバイスして行きます。

 



DSCN8398.JPG
今回、徒弟制度から
澤山補助員、西本受講生、森受講生、平田受講生
参加されました。


 



「現場リサーチ内容の解説とアドバイス」

DSCN8475.JPGDSCN8488.JPG
DSCN8507.JPGDSCN8518.JPG
澤山補助員(写真左上)のアドバイスからスタートです。
続いて、林田アドバイザーの解説です。

 


 


「リクエスト講習」では危険予知訓練の講習を行いました。

DSCN8540.JPGDSCN8557.JPG
おおきな声で「指差し呼称」”今日もゼロ災害言訳なし!ヨシ!”



DSCN8580.JPGDSCN8585.JPG
「どんな危険が潜んでいるか」を話し合い、回避する為の対策などを検討します。



 
DSCN8604.JPGDSCN8605.JPG
最後は、グループごとに話し合った結果を発表していきます。




相談会終了後、林田アドバイザーより

小久保和文会長に「実施認定証」が授与されました。

DSCN8525.JPG
DSCN8528.JPG





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)







安全衛生アドバイザー相談会《南日本造船協力事業協同組合》2019/7/16・17

2019716日(火)・17日(水)実施



■安全衛生アドバイザー相談会■

〜南日本造船協力事業協同組合〜




アドバイザー相談会が716日・17日南日本造船協力事業協同組合で行われました。

安全衛生アドバイザーのもと、35名の方々が参加されました。




 

アドバイザーは林田一英氏です。

DSCN8220.JPG



 


「事業の概要及び安全管理状況の説明」

DSCN8112.JPGDSCN8104.JPG
蛻莓ッ治代表理事、林田隆義副理事長、江ア潤専務理事、
株式会社南日本造船 製造統括部 安全管理グループ 松坂 実グループ長
事業所で取り組まれている安全活動等についてお話いただきました。




「現場リサーチと現場での安全に関するアドバイス」

DSCN8145.JPGDSCN8147.JPG
DSCN8153.JPGDSCN8159.JPG
作業場でアドバイザーが、調査をしながら直接アドバイスして行きます。




「現場リサーチ内容の解説とアドバイス」
DSCN8173.JPGDSCN8175.JPG
DSCN8197.JPGDSCN8186.JPG
皆さん、真剣な表情で耳を傾けます!


 


「リクエスト講習」では危険予知訓練の講習を行いました。

DSCN8269.JPGDSCN8246.JPG
「指差し呼称」”ゼロ災で行こう!ヨシ! 安全先取り!ヨシ!

 

DSCN8293.JPGDSCN8299.JPG
「どんな危険が潜んでいるか」を話し合い、回避する為の対策などを検討します。 



DSCN8304.JPGDSCN8318.JPG
グループごとに話し合いの結果を発表してきます。



 


相談会終了後、林田アドバイザーより

蛻莓ッ治代表理事に「実施認定証」が授与されました。

DSCN8345.JPG
DSCN8349.JPG



 

皆様、2日間お疲れ様でしたひらめき




 

2019年08月26日

出張型労働災害リアル体験教育《三浦造船協力事業協同組合》2019/7/4

201974日(木)



■出張型労働災害リアル体験教育■

〜佐伯会場〜



77日、「出張型労働災害リアル体験教育」が三浦造船協力事業協同組合で行われ、

フィリピンの受講生を含め約80名の方にご参加いただきました。



三浦㈿ 梶川茂夫 理事長.JPGIMG_4443.JPG
三浦造船協力事業協同組合 梶川茂夫理事長(写真左)の挨拶からスタートです。






綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

DSCN1647.JPGDSCN1652.JPG

綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。







低圧電気感電危険体感

DSCN1681.JPGDSCN1685.JPG

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





 

◎高所危険体感

脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

DSCN1572.JPGDSCN1674.JPG

 脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。





 

◎保護具の体験教育

各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。

DSCN1589.JPGDSCN1614.JPG

  各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。




 

◆遮光保護具の性能比較 遮光眼鏡VSサングラスの体験】

有害な光から目を守る遮光眼鏡とサングラスを使って体験します。

遮光眼鏡は赤外線を通しませんが、サングラスは赤外線を通してしまいます。

DSCN1592.JPGDSCN1596.JPG
DSCN1608.JPG

高速飛来物を想定して

エア・ソフトガンで耐衝撃性の体験をします。



  
◆防じんマスクの実験 【マスク内の圧力と漏れ率をリアルタイムで確認
DSCN1573.JPGDSCN1611.JPG

防じんマスクをきちんと装着していないと溶接ヒュームや研磨の

粉じんを吸ってしまい、じん肺になる可能性があります。

じん肺は現在の医学では治らない怖い病気ですので、

防じんマスクは正しく装着しましょう。





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)







出張型労働災害リアル体験教育《株式会社ナカタ・マックコーポレーション》2019/6/20


2019620日(木)



■出張型労働災害リアル体験教育■

〜長崎会場〜




620日、「出張型労働災害リアル体験教育」が今年度から造船構外企業協議会の

新たなメンバーとなった株式会社ナカタ・マックコーポレーションの長崎工場で

行われ、40名の方にご参加いただきました。





IMG_4108.JPGIMG_4258.JPG





綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

IMG_4262.JPGIMG_4121.JPG
 綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。

 


 

◎ 塗装スプレーガンの取扱い不良による危険実験

IMG_4125.JPGIMG_4129.JPG

スプレーガンは、実験容器に取付けたニンジンがえぐられてしまう程の勢いがあります。

取り扱いの際には、ガンを握らない方の手の位置に注意してください。




 

低圧電気感電危険体感 

IMG_4158.JPGIMG_4160.JPG 

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





◎高所危険体感

脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

IMG_4168.JPGIMG_4183.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。





◎保護具の体験教育

受講者が実際に使用しているマスクや安全帯の状態を

保護具メーカーの方にチェックしてもらいます。

IMG_4271.JPGIMG_4273.JPG

 各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。





IMG_4198.JPGIMG_4220.JPG
IMG_4234.JPGIMG_4254.JPG
続いて、各保護具メーカーのご協力もいただき、
保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。



 

皆様、お疲れ様でしたexclamation×2





2019年08月20日

出張型労働災害リアル体験教育《因島鉄工業団地協同組合》2019/6/12

2019612日(水)


■出張型労働災害リアル体験教育■

〜因島会場〜



612日、「出張型労働災害リアル体験教育」が因島鉄工業団地協同組合で行われ、
タイ、インドネシアの受講生を含め54名の方にご参加いただきました。



IMG_3785.JPG





綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

IMG_3786.JPGIMG_3795.JPG

綿と化学繊維は燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。




◎酵素支燃性の危険実験

IMG_3802.JPGIMG_3805.JPG

酸素を充満させた容器内の布に着火をすると、あっという間に燃え上がります。

エアー吹き作業で残留した酸素で、作業着が燃えて火傷を負う災害も報告されています。




◎炭酸ガスアーク溶接と酸欠に関わる危険実験

IMG_3818.JPGIMG_3822.JPG

船内での溶接作業環境を再現した装置を使い、酸素濃度を計測。

換気が適切でない環境で作業を続けると、ガス中毒や酸欠で死に至る危険性が潜んでいます。

十分な換気を心がけましょう。




低圧電気感電危険体感

IMG_3830.JPGIMG_3945.JPG
微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらいます。





IMG_3862.JPGIMG_3869.JPG

マスクや安全帯の点検、適切な使用方法の説明、

さらに熱中症予防指導士による熱中症についての講習も行います。




IMG_3889.JPGIMG_3886.JPG
IMG_3905.JPGIMG_3908.JPG

各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性等の説明をしていただきます。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




続きを読む・・・