CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年02月04日

安全衛生教育読本☆ポルトガル語完成☆日造協☆



大変お待たせいたしました。



安全衛生教育読本 ポルトガル語版完成いたしました。

会員さまには、1月23日発送させていただきました。





会員さまは無料です!

また、必要冊数を予想して送付しましたが、足りない場合には
   同封の書類に記入の上、FAXにてお申し込み下さい。


会員様以外の一般の方にも販売いたしております!!

有料(セット単位)での申込みとなっています。
一冊単位での、販売は行っておりませんので
御了承ください。

送料は込となっております!
料金先払いとなっており、入金確認後の発送です。

 @5冊・・・5,000円
 @10冊・・・8,000円

他にも 中国語 タガログ語 インドネシア語と
ございます!!

中国語のみ  @ 5冊・・・3,000円
         @10冊・・・8,000円になります。




詳しくは お気軽にお問い合わせくださいね


お電話・・・03−5510−3161(業務部)

メール・・・ kaiji@nichizou.or.jp

です。

次回は ベトナム語を予定しています!!
御期待ください。


☆日造協でした☆

2008年09月03日

インドネシア語版 完成!

『安全衛生教育読本』

−インドネシア語−





まるインドネシア語版が完成しました!

会員の皆様には、本日発送致しました。
今週末までには到着になるかと思います。

メモ冊子にアンケートが添付されております。
お時間ありましたらご記入の上
FAXにて御返送下さい。今後の参考にしたいと思います。

電球必要冊数を予想して送付しましたが、足りない場合には
   同封の書類に記入の上、FAXにてお申し込み下さい。



 ”一般の方のお申し込みについて”

有料(セット単位)での申込みとなっています。
お金料金先払いとなっており、入金確認後の発送です。

◎ 5冊・・・5,000円
◎10冊・・・8,000円

※送料込


[下記は申込用紙です。ご利用下さい]


☆他言語の在庫あります(全て送料込料金)



黒電話お電話・・・03−5510−3161(業務部)
パソコンメール・・・ kaiji@nichizou.or.jp

音符お問い合わせ等、お気軽にどうぞ笑い



太陽・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハイビスカス

9月に入ったら、急に暑さが戻りました。
関東地方は、突然の雷雨や雨曇りの天気ばかりです。
四国地方は極端な少雨で、深刻な水不足になっていますね。
このような不順な天候が続くようです。
乾杯美味しい食事で栄養を摂って残暑を乗り切りましょう!ごはん

2008年05月09日

(飛来崩壊災害防止編) 冊子「災害防止マニュアル」

!「飛来崩壊災害防止編」

・・・・・ 1冊 400円送料込 ・・・・・(おまとめ購入割引有り)




主な内容(目次)


1.飛来・落下災害防止

 1−1 高所における一般基準
 1−2 上下共同作業
 1−3 飛来・落下物の防護措置はよいか
 1−4 安全ネット等の張り方は適切か
 1−6 危険区域への立入禁止をしているか
 1−7 クランプの取扱は適切か(イーグルランプ等)
 1−8 物の置き方は適切か

2.倒壊防止

 2−1 一般基準
 2−2 縦けた組立作業
 2−3 パイプサポート支柱(型わく支保工)
 2−4 作業開始前の点検
 2−5 足場の組立・解体作業



☆ 造船業以外の方々にも対応加納な内容となっています。
☆ 9×13cm の作業員携行サイズです。
☆ 厚紙上質紙タイプ


日造協(にちぞうきょう) 
電話1(プッシュホン) 03−5510−3161
メールする kaiji@nichizou.or.jp

2008年05月08日

冊子「災害防止マニュアル」

「災害防止マニュアル」 全7種類




当会の刊行物をご紹介します。
上記の写真左上から、下段も左側から右側の順番

*「黄色」 職種別 溶接編
*「白色」 一般心得・基本事項編(共通安全心得)
*「ブルー」 墜落災害防止編
*「黄緑」 動力災害防止編
*「ベージュ」 飛来崩壊災害防止編
*「ピンク」 職種別 塗装編
*「灰色」 電気災害・火災爆発災害・酸欠災害・健康障害 防止編


!作業員が携行出来るサイズ、「9×13cm」 となっております。
 こちらは、主に造船関係者用に作成されましたが、
 内容は危険現場に携わる方であれば、
 広く活用出来る編集となっています。
 作成は平成8年前後ですが、現在でも使用されているものです。

今後、各冊子の内容を簡単ですが掲載する予定です。
イラストがふんだんに入り、字も大きく
厚手の上質紙を使用しています。
現場使用者から、大変好評を頂いているミニマニュアルになります。


スピーカ1冊 400円(送料込み)でお譲りしております。
 まとめての購入は割引制度があります。


熱帯魚購入のご相談・内容のお問合せは、お気軽にご連絡下さい。



電話1(プッシュホン) 03−5510−3161

メールする 「kaiji@nichizou.or.jp」

にちぞうきょう(日造協)

2008年05月02日

保護帽(ヘルメット)

「なぜ保護具をつけるのか?」

本日は、現場作業の
最重要必需品のひとつ、
「ヘルメット」
を取り上げます。




”なぜつけるのか”





◎ヘルメットは、人体で最も重要な部分である
頭部を守る保護具です。
頭上からの落下物や飛来物、
高所からの墜落・転落や転倒などした際に、
頭部に加わる衝撃を緩和し
障害物が頭部に接触した場合の
切創を防ぐことがヘルメットの主な役目です。

なお、船舶造船業は
高所作業が多く
上部からの飛来落下物による
被災が予想されるため

(墜落時保護用・飛来落下物兼用)
の物を装着すべきでしょう。


(事例)
★4tトラックで運び込まれた荷物を
玉掛けしようとして
あおりに足を掛け乗り上がった時、
あおり止め金具の1ケ所が外れかかっていた為
あおりが動き、路上に墜落した。
ヘルメットにクラックが入るほど
頭部を強打したが
脳には異常がなく打撲で済んだ。

(教訓)
☆ヘルメットは墜落時保護用を使用し、
あご紐をしっかり締めることにより
頭部を守ってくれることを実証した災害である。


上記も、鈴木滿アドバイザーに
寄稿いただいた事例です。メモ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



明日からほとんどの企業では
4連休になります。
このブログもお休みとなります。

偶然ブログに来られた方、
時々読みに来られる方、
全ての読者様ありがとうございます。


休暇・お仕事にかかわらず、
事故の無いようにお過ごし下さい。