CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年02月28日

出張型災害再現実験教育 平成27年2月24日実施

blog_title.jpg


今年度17箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が大造協力事業協同組合を対象として行われ、68名の方にご参加いただきました。

(写真左:理事長 山外正人 氏 写真右:副理事長 藤川賢一郎 氏)


山外正人理事長.JPG藤川賢一郎副理事長.JPG


≪火傷≫ 作業服(綿生地)と下着(化繊生地)の燃焼実験の様子

綿に比べると、化繊生地は溶けながら燃えていきます。
化繊生地の下着が燃えた場合、燃えカスが肌にべっとりと付き、火傷のリスクが高まります。


P1150081.JPG


≪墜落・転落≫ ランヤードフックの高さでの実測実験の様子

安全帯使用時に、墜落・転落をした場合の身体にかかる負荷の実験です。
踏んでも割れない、かた〜い竹がご覧の通りの状態に!


P1150116.JPGP1150120.JPGP1150138.JPG


≪換気≫船内作業時の換気実験の様子

底部に滞留したガスがきちんと換気できるかの実験です。
容器上部につけたファンだけ使った場合、上の方しか空気の流れが起きず、底に溜まったガスが排出されません。ファンと容器底まで届くホース使った場合は、ガスは見事容器の外へ排出されました。ファンを使っているからといって、きちんと換気ができるとは限らないのですね・・・


P1150290.JPGP1150293.JPG


関係者のみなさまとの記念撮影。
3年間にわたりおこなった「出張型災害再現実験教育」は、本日をもって終了となりました。来年度からはまた、新たな教育がスタートします!


最後の記念に関係者で記念撮影.JPG
posted by 日造協 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2015年01月30日

出張型災害再現実験教育 平成27年1月29日実施

blog_title.jpg


今年度16箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が協同組合JMU呉協力会を対象として行われ、53名の方にご参加いただきました。

(写真:ジャパンマリンユナイテッド褐燻幕ニ所 安全衛生グループ 総括スタッフ 倉田 幸博 氏)


DSC06820.JPGDSC06823.JPG


≪飛来・落下≫ レバーブロック使用時、荷重を掛け過ぎ破損実験

レバーを使うとどのくらいの力が掛かっているのか。
実は思っているより力が掛かっているんです。そのためフックが外れてしまい、大惨事につながる可能性が、、!


DSC06839.JPGDSC06840.JPG


≪玉掛け≫吊り角度0度と120度時のワイヤー張力/ロープ切断実験

ロープとロードセルを使っての張力実験。
垂直に吊るのと120度に吊るのとでは、ロープに掛かる負荷が全然違います!後者がおよそ2倍なのだそうです。なので、吊り角度が大きくなると切れる可能性が高くなります。


DSC06860.JPGDSC06862.JPG


≪墜落・転落≫ ランヤードフックの高さでの実測実験

安全帯を使って、身体にかかる負荷の実験しました。
足元近くにフックを掛け2.7m下に転落した場合、なんと1,000sもの衝撃を受けてしまいます。フックは腰よりも上部に取付けましょう。


DSC06873.JPGDSC06874.JPG


(写真:(株)呉新工業 代表取締役 森 勝志 氏)

DSC06909.JPG
posted by 日造協 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2014年11月25日

出張型災害再現実験教育 平成26年11月20日実施

blog_title.jpg


今年度15箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が福岡造船(株)長崎協力会を対象として行われ、47名の方にご参加いただきました。

(写真:福岡造船株式会社長崎工場 工務部工務安全課課長 中田 広幸 氏)


IMG_3696.JPGIMG_3698.JPG


≪火傷≫空気中と酸素中内での綿生地の燃焼実験

酸素には燃焼を助ける働きがあります。
写真は、酸素が充満しているボックスに火種を入れた時の様子ですが、ご覧のようにあっという間に燃え広がります。火気を使った場所で、<酸素でのエアー吹かし>は危険!


IMG_3732.JPGIMG_3733.JPG


≪飛来・落下≫ レバーブロック使用時、荷重を掛け過ぎ破損実験

実際にどのくらいの力が掛かっているのか確認してもらいました。実は思っている以上に力が掛かっている事が多く、そのためフックが開き外れて大惨事につながる可能性があります。


IMG_3722.JPGIMG_3724.JPG


≪玉掛け≫吊り角度0度と120度時のワイヤー張力/ロープ切断実験

ロープとロードセルを使って張力の確認。
0度(垂直)で吊るす場合と120度の場合とでは、1本のロープに掛かる負荷は後者がおよそ2倍になります。吊り角度が大きくなるとワイヤーロープには大きな張力が加わり、切れる可能性が高くなります。


IMG_3734.JPGIMG_3735.JPG


こちらは保護具メーカーがヘルメットの劣化をチェックしている様子。

受講者のヘルメットと安全帯の劣化状態を確認しているの図.JPG


参加されたみなさま、お疲れ様でした。
posted by 日造協 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2014年11月24日

出張型災害再現実験教育 平成26年11月19日実施

blog_title.jpg


今年度14箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が長崎県金属工業協同組合を対象として行われ、45名の方にご参加いただきました。

(写真:事務局長 田中 正敏 氏)


P1140550.JPGP1140553.JPG


こちらは≪火傷≫ 作業服(綿生地)と下着(化繊生地)の燃焼実験の様子です。

綿生地は燃えにくいのですが、ナイロン生地は燃えながら生地が腕の模型にべっとりと付いてしまいました。
作業着は綿生地を使ったものを着用していたとしても、下着がナイロン生地だと火傷のリスクが高まってしまいます。


P1140568.JPGP1140569.JPG


こちらは≪飛来・落下≫ レバーブロック使用時、荷重を掛け過ぎ破損実験の様子です。

レバーブロックを実際に使って、どのくらいの力が掛かっているのか確認してもらいました。思っている以上に力が掛かっている事が多く、そのためフックが開き外れて大惨事につながる可能性があります。


P1140576.JPGP1140578.JPG


こちらは≪墜落・転落≫ ランヤードフックの高さでの実測実験の様子です。

安全帯を使って、身体にどのくらい負荷が掛かるかを実験しました。
フックを掛ける位置によって、転落した時に身体に掛かる負担が大きく変わります。足元にフックを掛け、2.7m下に転落した場合にはなんと1,000sもの衝撃を受けてしまいます。
全体重をかけてもビクともしない竹(写真左)が、転落実験後には(写真右)真っ二つに割れています。
フックは腰よりも上部に取付けましょう。


P1140599.JPGP1140600.JPG


こちらは、受講者のヘルメットと安全帯の劣化状態を確認している時の写真です。

P1140630.JPG


参加されたみなさま、お疲れ様でした。
posted by 日造協 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2014年11月18日

出張型災害再現実験教育 平成26年11月13日実施

blog_title.jpg


今年度13箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が因島鉄工業団地協同組合を対象として行われ、58名の方にご参加いただきました。

(写真:総務部部長 村上次彦 氏)


P1140416.JPGP1140423.JPG


≪切れ・擦れ≫薄鋼板穴あけ時、振り回される実験

ドリルをつかって薄鋼板に穴をあける場合ですが、貫通寸前に刃が安定せず振り回されることがあります。振り回されてけがをすることを防ぐためには、板の下にあて木をするなどの対策が必要です。


P1140425.JPGP1140428.JPG


≪切れ・擦れ≫サンダーで切削時、砥石が食い込み振り回される実験

サンダーを使って溶接部の作業を行う場合など、ビードに砥石が食い込んで振り回されてしまうことがあります。作業面に対してのサンダーの角度によっても変わってきますので注意が必要です。


P1140430.JPGP1140433.JPG


≪飛来・落下≫油圧ジャッキ使用時、当て物が飛ぶ実験

10tジャッキを使った実験です。
誤った方法で肌合せ治具を溶接すると、当て物がもの凄いスピードで飛んでいきます。その上、どこに飛ぶか分からないため非常に危険です!


P1140474.JPGP1140477.JPG


こちらは、実験に参加したインドネシア・ベトナム人のみなさま。
通訳を交えての参加となりました。


P1140485.JPGP1140532.JPG
posted by 日造協 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育