CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年01月25日

安全体感教育 平成27年1月20日実施

blog_title.jpg


1月20日、大分県佐伯市の大分地域造船技術センターにおいて、安全体感教育を行いました。

※この教育は、災害を疑似体験することにより労働災害の危険性をリアルに体験し、安全に対する意識を高めていただくことを目的としています。

今回参加した60名は、全て外国人実習生のみなさんです。
通訳を交えながらの教育となりました。


DSC01060.JPG


◆電気危険体感 低圧電気危険体感

DSC01016.JPGDSC01018.JPG


◆高所危険体感 5m墜落衝撃体感

DSC01005.JPGDSC01014.JPG


◆高所危険体感 安全帯ぶら下がり体感

DSC01026.JPG


◆玉掛け作業危険体感 手指挟まれ危険体感

DSC01031.JPG


◆回転体危険体感 回転体巻込まれ強さ体感

DSC01072.JPGDSC01071.JPG


◆安全帯・ヘルメットの正しい装着体感

DSC01047.JPGDSC01054.JPG


◆防じん・防毒マスクの正しい装着体感

DSC01055.JPGDSC01058.JPG


参加されたみなさまお疲れさまでした!
posted by 日造協 at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育

2015年01月20日

安全体感教育 平成27年1月15日実施

blog_title.jpg


1月15日、横浜市磯子にあるジャパンマリンユナイテッド(株)横浜事業所 磯子工場内において安全体感教育を行いました。

※この教育は、災害を疑似体験することにより労働災害の危険性をリアルに体験し、安全に対する意識を高めていただくことを目的としています。

(写真左:ジャパンマリンユナイテッド(株)横浜事業所・安全衛生グループ・グループ長 橋本顕氏/写真右:安全衛生グループ・磯子チーム 伊藤和幸氏)

CIMG1119.JPGCIMG1164.JPG


雨の降る寒さ厳しい中、167名の方が参加されました。

CIMG1181.JPG


◆高所危険体感 5m墜落衝撃体感

まずは、60kgのタックルバッグを5Mの高さから落とし、床に落ちた時の衝撃や音を感じてもらいました。(写真左)
次に、1/5の重量の12kgのバッグを5Mの高さから落とし、網に落下した時の衝撃の大きさを体感してもらいました。参加者からは『たった12kgでここまで重さがかかるのか!』と驚きの声があがっていました。


CIMG1124.JPGCIMG1131.JPG


◆高所危険体感 垂直タラップ昇降危険体感

安全帯を付けた状態でハシゴを昇り、わざと足を踏み外してもらいどうなるかを体感してもらいました。安全帯が腰のあたりまでずり上がってしまい、正しい装着の必要性を実感した方もいたようです。


CIMG1136.JPGCIMG1139.JPG


◆高所危険体感 安全帯衝撃体感

70kgの重りをつけ、落下させた時の、安全帯の状態を確認してもらいました。
安全帯は切れていませんでした。ただ、一度墜落を経験した安全帯は、強度が1/2なってしまいます。もう一度同じように落下させると、安全帯は見事に切れてしまいました。

切れていないからといって使い続けるのは危険なのですね。


CIMG1150.JPGCIMG1151.JPG


◆ヘルメット・安全帯の正しい装着・使用法、点検方法等

保護具メーカーによる上記講習の後は、参加者全員の安全帯の劣化状況を点検し、劣化の激しいものは新しいものと交換しました。


CIMG1157.JPGCIMG1162.JPG
posted by 日造協 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育

2014年12月02日

安全体感教育参加者募集のお知らせ

blog_title.jpg

= (一社)日本造船協力事業者団体連合会の安全教育 =


安全体感教育参加者募集


最近、最も新しいタイプの安全教育としてマスコミ等でも度々とりあげられている安全体感教育をあなたも参加して安全感度を高めてみませんか!

教育施設の中に高所、玉掛けなどの災害を擬似体験できる施設・機械が用意されており労働災害の危険性をリアルに体験することができます。
是非ご参加ください。



------------------------------------------------------------
参加者募集要領

【開催日時】 平成27年1月20日(火)
 ・午前の部 8時20分〜12時 00分
 ・午後の部 13時00分〜16時40分


【実施場所】 大分地域造船技術センター(三浦造船 野岡工場隣接)


【募集期間】 平成26年12月1日(月)〜平成27年1月5日(月)まで


【定 員】 80名(午前、午後の部 各40名まで)
 最低催行人員 30名


【参 加 料】 日造協会員      50,000円(100名まで/1日)
          〃     1人   2,000円
         会員以外  1人   8,000円
*参加料は前納となっております。(平成27年1月5日迄)


【集合場所・集合時間】
 上記、実施場所に開催時間の10分前迄に集合して下さい。
(教育が始まってからの途中参加はできません)


【そ の 他】
 参加料納付期限 (平成27年1月5日) 後の、取消、欠席への受講料の返却は
致しません。


【実施内容】高所体感、玉掛体感、回転体体感、電気体感
(日鉄住金マネジメント(株)によるプログラム)


【参加容姿】
 作業服(汚れてもよい服装)
 安全靴又はスニーカー(滑りにくい靴)
 ヘルメット
 安全帯・粉じんマスク(準備出来る方のみ)


【申込み】
 申込書に必要事項を記入の上、日造協総務部宛FAXでお申込みください。
 平成27年1月5日(月)必着
 FAX 03−3502−5533


●詳しい実施要領・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。
実施要領.pdf
申込書.pdf
posted by 日造協 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育

2013年12月18日

安全体感教育 平成25年12月13日実施

blog_title.jpg

12月13日、日造協「安全体感教育」が、三菱重工業(株) 広島製作所 観音構内 鋳鍛グランドで行われました。

協同組合三菱広島協力会の部村登希雄専務理事にご挨拶をいただいたのち、体感教育スタート。


DSC00639.JPGDSC00548.JPG


【回転体危険体感】

こちらは稼働設備清掃巻込まれ危険体感です。
タオルを手に持って巻き込まれ体感をしてもらいました。

首に巻いて作業をしている時や、軸受け清掃時、グリスがついて粉じんが付着しているとタオルが巻込まれやすいのです。


DSC00561.JPGDSC00656.JPG


【回転体危険体感】

高速回転巻込まれ危険体感


DSC00572.JPGDSC00575.JPG


【高所危険体感 】

安全帯ぶら下がり体感


DSC00581.JPGDSC00586.JPG


【電気危険体感 】

低圧電気危険体感


DSC00606.JPGDSC00608.JPG


【高所危険体感 】

5m墜落衝撃体感
12kgのマネキンを5Mの高さから落とし(600sの衝撃)、網を持って衝撃を体感してもらいました。(網は80%の衝撃を吸収します。)


DSC00653.JPGDSC00655.JPG

みなさまお疲れさまでした。
posted by 日造協 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育

2013年10月24日

安全体感教育参加者募集のお知らせ

blog_title.jpg

= (一社)日本造船協力事業者団体連合会の安全教育 =


安全体感教育参加者募集


最近、最も新しいタイプの安全教育としてマスコミ等でも度々とりあげられている安全体感教育をあなたも参加して安全感度を高めてみませんか!

教育施設の中に高所、玉掛けなどの災害を擬似体験できる施設・機械が用意されており労働災害の危険性をリアルに体験することができます。
是非ご参加ください。



------------------------------------------------------------
参加者募集要領

【開催日時】 平成25年12月13日(金)
 ・午前の部 9時00分〜12時頃
 ・午後の部 13時00分〜16時頃


【実施場所】 三菱重工業(株)広島製作所 観音構内 鋳鍛グランド


【募集期間】 平成25年10月28日(月)〜11月29日(金)まで


【定 員】 100名(午前、午後の部 各50名まで)
 最低催行人員 30名


【参 加 料】 日造協会員      50,000円(100名まで/1日)
          〃     1人   2,000円
         会員以外  1人   8,000円
*参加料は前納となっております。(11月29日迄)


【集合場所・集合時間】
 上記、実施場所に開催時間の10分前迄に集合して下さい。
(教育が始まってからの途中参加はできません)


【そ の 他】 参加料納付期限 (11月29日) 後の、取消、欠席への受講料の返却は
致しません。


【実施内容】高所体感、玉掛体感、回転体体感、電気体感
(住金マネジメントによるプログラム)


【参加容姿】
 作業服(汚れてもよい服装)
 安全靴又はスニーカー(滑りにくい靴)
 ヘルメット
 安全帯・粉じんマスク(準備出来る方のみ)


【申込み】
 申込書に必要事項を記入の上、日造協総務部宛FAXでお申込みください。
 平成25年11月29日(金)必着
 FAX 03−3502−5533


●詳しい実施要領・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。
実施要領.pdf
申込書.pdf
posted by 日造協 at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育