CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・日頃の作業に潜む危険を実際に体験する「出張型労働災害リアル体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2017年08月10日

職長・安全衛生責任者教育《本牧会場》開催案内

blog_title.jpg

職長・安全衛生責任者教育(本牧会場)開催のご案内です。

平成29年9月13日(水)〜14日(木)、横浜市において「職長・安全衛生責任者教育」を開催します。

1.研修の日時及び会場

◆日時
平成29年9月13日(水)〜9月14日(木)
1日目(9/13):7:55〜17:05(受付:7:25〜)
2日目(9/14):8:00〜15:50

◆会場
三菱重工業渇。浜製作所 本牧工場3号館1F 協力会教室
住所・・神奈川県横浜市中区錦町12
T E L・・045−622−6091

2.研修カリキュラム・・・合計14時間

<作業方法の決定及び労働者の配置に関すること>・・・2時間
(1)作業手順の定め方
(2)労働者の適正な配置の方法

<労働者に対する指導又は監督の方法に関すること>・・・2.5時間
(1)指導及び教育の方法
(2)作業中における監督及び指示の方法

<危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること>・・・4時間
(1)危険性又は有害性等の調査の方法
(2)危険性又は有害性等の調査の結果に基づき講ずる措置
(3)設備、作業等の具体的な改善の方法

<異常時等における措置に関すること>・・・1.5時間
(1)異常時における措置
(2)災害発生時における措置

<その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること>・・・2時間
(1)作業に係る設備及び作業場所の保守管理の方法
(2)労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

<安全衛生責任者の職務等>・・・1時間
(1)安全衛生責任者の役割
(2)安全衛生責任者の心構え
(3)労働安全衛生関係法令等の関係条項

<統括安全衛生管理の進め方>・・・1時間
(1)安全施工サイクル
(2)安全工程打合せの進め方

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

粉じん作業に係る特別教育《土生会場》開催案内

blog_title.jpg

粉じん作業に係る特別教育(土生会場)開催のご案内です。

平成29年9月8日(金)、尾道市因島土生町において「粉じん作業に係る特別教育」を開催します。

1.日時及び会場

◆日時
平成29年9月8日(金)/11:40〜16:30(受付11:10〜)

◆会場
土生公民館 会議室
住所・・・広島県尾道市因島土生町2574
TEL・・0845−22−0032

2.カリキュラム・・・合計4.5時間

<粉じんの発散防止及び作業場の換気方法>・・・1時間
(1)粉じんの発散防止対策の種類及び概要
(2)換気の種類及び概要

<作業場の管理>・・・1時間
(1)粉じんの発散防止対策に係る設備及び換気の為の設備の保守点検の方法
(2)作業環境の点検の方法 清掃方法

<呼吸器保護具の使用方法>・・・0.5時間
(1)呼吸用保護具の種類、性能、使用方法及び管理

<粉じんに係る疾病及び健康管理>・・・1時間
(1)粉じんの有害性 粉じんによる疾病の病理及び症状
(2)健康管理の方法

<関係法令>・・・1時間
(1)労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号)
(2)労働安全衛生法施行令(昭和四十七年政令第三百十八号)
(3)労働安全衛生規則(昭和四十七年労働省令第三十二号)
(4)粉じん障害防止規則並びにじん肺法(昭和三十五年法律第三十号)及びじん肺法施行規則(昭和三十五年労働省令第六号)

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この教育に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

低圧電気取扱業務に係る特別教育《江波会場》開催案内

blog_title.jpg

低圧電気取扱業務に係る特別教育(江波会場)開催のご案内です。

平成29年9月7日(木)広島市江波において「低圧電気取扱業務に係る特別教育」を開催します。

1.研修の日時及び場所

◆日時
平成29年9月7日(木)/7:55〜17:30(受付7:25〜)

◆場所
三菱重工業轄L島製作所 江波工場内 本館1階 大会議室A
住所・・・広島県広島市中区江波沖町5−1
T E L・・082−231−6428

2.研修カリキュラム・・・合計8時間

◆座学(7時間)
<低圧の電気に関する基礎知識>・・・1時間

<低圧の電気設備に関する基礎知識>・・・2時間

<低圧用の安全作業用具に関する基礎知識>・・・1時間

<低圧の活線作業及び活線近接作業の方法>・・・2時間

<関係法令>・・・1時間

◆実技(1時間)
<低圧充電電路の停電・復電の確認/充電部が露出している開閉器の操作方法>・・・1時間



------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

職長・安全衛生責任者教育《江波会場》開催案内

blog_title.jpg

職長・安全衛生責任者教育(江波会場)開催のご案内です。

平成29年9月5日(火)〜6日(水)、広島市江波において「職長・安全衛生責任者教育」を開催します。

1.研修の日時及び会場

◆日時
平成29年9月5日(火)〜9月6日(水)
1日目(9/5):7:55〜17:05(受付:7:25〜)
2日目(9/6):7:55〜17:05

◆会場
三菱重工業轄L島製作所 江波工場内 本館1階 大会議室A
住所・・広島県広島市中区江波沖町5−1
T E L・・082−231−6428

2.研修カリキュラム・・・合計14時間

<作業方法の決定及び労働者の配置に関すること>・・・2時間
(1)作業手順の定め方
(2)労働者の適正な配置の方法

<労働者に対する指導又は監督の方法に関すること>・・・2.5時間
(1)指導及び教育の方法
(2)作業中における監督及び指示の方法

<危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること>・・・4時間
(1)危険性又は有害性等の調査の方法
(2)危険性又は有害性等の調査の結果に基づき講ずる措置
(3)設備、作業等の具体的な改善の方法

<異常時等における措置に関すること>・・・1.5時間
(1)異常時における措置
(2)災害発生時における措置

<その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること>・・・2時間
(1)作業に係る設備及び作業場所の保守管理の方法
(2)労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

<安全衛生責任者の職務等>・・・1時間
(1)安全衛生責任者の役割
(2)安全衛生責任者の心構え
(3)労働安全衛生関係法令等の関係条項

<統括安全衛生管理の進め方>・・・1時間
(1)安全施工サイクル
(2)安全工程打合せの進め方

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

2017年07月11日

安全講習会≪川重事業協同組合≫ 2017/7/6実施

blog_title.jpg


7月6日(木)、川重事業協同組合を対象とした安全講習会が行われました。

社会保険労務士の茶園幸子先生による「労災保険のあらまし(通勤災害編)」についての講習です。


DSC06009.JPG


通勤災害の定義の説明から始まり、どこまでが認定されるのか、事例を挙げて解説しました。

DSC06010.JPGDSC06013.JPG


参加されたみなさま、おつかれさまでした。
posted by 日造協 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全指導事業