CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・日頃の作業に潜む危険を実際に体験する「出張型労働災害リアル体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2018年09月19日

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育《塩釜会場》開催案内

blog_title.jpg


酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育(塩釜会場)開催のご案内です。

平成30年10月1日(月)に、宮城県塩釜市において「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」を開催します。

1.研修の日時及び場所

◆日時
平成30年10月1日(月)
10:55〜17:50(受付:10:30〜)

◆会場
東北ドック株式会社大会議室
住所・・・宮城県塩釜市北浜4−14−1
T E L・・・022−364−2111

2.研修カリキュラム・・・合計5.5時間

酸素欠乏症等の発生の原因について・・・1時間

酸素欠乏症等の症状について・・・1時間

空気呼吸器などの使用方法について・・・1時間

事故の場合の退避及び救急蘇生の方法について・・・1時間

その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項・・・1.5時間

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。
実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

2018年09月12日

出張型労働災害リアル体験教育≪ジャパンマリンユナイテッド横浜協力会(鶴見)≫ 2018/9/7実施

blog_title.jpg


今年度7回目の「出張型労働災害リアル体験教育」がジャパンマリンユナイテッド横浜協力会(鶴見)で行われ、49名にご参加いただきました。

(写真左:会長 浜島 祥二 氏/写真右:事務局次長 唐澤 善平 氏)


DSCN7180.JPGDSCN7179.JPG


◎綿生地と化学繊維生地の燃焼・火傷実験

綿と化学繊維は燃え方が違い、それによって火傷の度合いが変わってきます。


DSCN7190.JPG


◎切断・加熱作業時、着火不良と失火による爆発実験

DSCN7191.JPGDSCN7192.JPG


◎ 高所危険体感


垂直梯子の昇降時、3点支持の重要性体感と、脚立使用時、バランスを崩し転落する体感。


DSCN7224.JPGDSCN7230.JPGDSCN7237.JPG


◎耐切創手袋の耐切創性能を実験

DSCN7284.JPG


◎保護メガネの実験

DSCN7300.JPG


みなさまおつかれさまでした。

2018年09月07日

職長・安全衛生責任者教育《長崎会場》開催案内

blog_title.jpg

職長・安全衛生責任者教育(長崎会場)開催のご案内です。

平成30年9月18日(火)〜19日(水)、長崎市において「職長・安全衛生責任者教育」を開催します。

1.研修の日時及び会場

◆日時
平成30年9月18日(火)〜9月19日(水)
1日目(9/18):7:55〜17:05(受付:7:30〜)
2日目(9/19):8:00〜15:50

◆会場
福岡造船株式会社 長崎工場 2F会議室
住所・・長崎県長崎市深堀町1−1−4
T E L・・095−871−5155

2.研修カリキュラム・・・合計14時間

<作業方法の決定及び労働者の配置に関すること>・・・2時間
(1)作業手順の定め方
(2)労働者の適正な配置の方法

<労働者に対する指導又は監督の方法に関すること>・・・2.5時間
(1)指導及び教育の方法
(2)作業中における監督及び指示の方法

<危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること>・・・4時間
(1)危険性又は有害性等の調査の方法
(2)危険性又は有害性等の調査の結果に基づき講ずる措置
(3)設備、作業等の具体的な改善の方法

<異常時等における措置に関すること>・・・1.5時間
(1)異常時における措置
(2)災害発生時における措置

<その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること>・・・2時間
(1)作業に係る設備及び作業場所の保守管理の方法
(2)労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

<安全衛生責任者の職務等>・・・1時間
(1)安全衛生責任者の役割
(2)安全衛生責任者の心構え
(3)労働安全衛生関係法令等の関係条項

<統括安全衛生管理の進め方>・・・1時間
(1)安全施工サイクル
(2)安全工程打合せの進め方

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みはお早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

出張型労働災害リアル体験教育≪株式会社メタルワンスチールセンター四国≫ 2018/9/4実施

blog_title.jpg


今年度6回目の「出張型労働災害リアル体験教育」が株式会社メタルワンスチールセンター四国で行われ、22名にご参加いただきました。

(写真左:代表取締役社長 岡島 賢士氏/写真右:管理統括総務経理部長 千葉 紳吾氏)


DSCN7169.JPGDSCN7035.JPG


◎ 塗装スプレーガンの取扱い不良による危険実験

スプレーガンは、容器に取付けたニンジンがえぐられてしまう程の勢いがあります。


DSCN7063.JPGDSCN7064.JPG


◎炭酸ガスアーク溶接と酸欠に関わる危険実験

船内での溶接作業環境を再現した装置を使い、酸素濃度を計測。

換気が適切でない環境で作業を続けると、ガス中毒や酸欠で死に至る危険性が、、


DSCN7077.JPGDSCN7080.JPG


◎ 低圧電気感電危険体感

微弱な電気で感電してもらい、電気の特徴を知ってもらう。


DSCN7084.JPGDSCN7090.JPG


◎ ぶらさがり体感

衝撃が腹部に集中する胴ベルト型と、分散できるフルハーネス型との痛みの違いを体感。


DSCN7139.JPGDSCN7141.JPG


◎防じんマスクの実験


マスク内の圧力と漏れ率をスクリーンで確認。


DSCN7157.JPG


参加されたみなさまおつかれさまでした。

2018年09月05日

出張型労働災害リアル体験教育≪協同組合三菱広島協力会≫ 2018/8/31実施

blog_title.jpg


今年度5回目の「出張型労働災害リアル体験教育」が協同組合三菱広島協力会で行われ、54名にご参加いただきました。

(写真左:理事長 平賀 哲朗氏/写真右:専務理事 部村 登希雄氏)


IMG_1745.JPGDSCN6946.JPGIMG_1747.JPG


◎綿生地と化学繊維生地の燃焼・火傷実験

綿と化学繊維は燃え方が違い、火傷の度合いが変わってきます。


IMG_1691.JPG


◎切断・加熱作業時、着火不良と失火による爆発実験

IMG_1694.JPG


◎低圧電気感電危険体感

IMG_1715.JPGIMG_1758.JPG


◎高所危険体感

垂直梯子を昇降する場合に3点支持の重要性を体感


IMG_1724.JPGIMG_1760.JPG


◎熱中症予防指導

DSCN6954.JPG


みなさま、おつかれさまでした。