CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2019年06月 | Main
2019年07月12日(Fri)
《徒然に…》海と日本人に関する意識調査
日本財団 アドバイザー 佐野 慎輔

徒然に…ロゴ日本人の7割のひとが「海に行きたい」と答えた。四方を海に囲まれ、海から数々の恩恵を受けている海洋国家・日本にとって、頼もしい結果といっていい。

「海の日」を前に、日本財団では現在の日本人の海への意識、行動の実態を明らかにする「海と日本人に関する意識調査」を実施した。5月24日から6月3日まで、全国47都道府県の15歳から69歳までの男女5800人ずつ、計1万1600人を対象としてインターネットによる聞き取り調査を行い、12日、集計結果を発表した。

「海が好きだ」と回答した人は57%にのぼり、2017年の調査時の52%からわずか5%だが上昇している。同様に、「海にとても親しみを感じる」も43%と2年前の35%から増加した。また、「海は日本人の教育にとって、大切な存在である」は57%と前回の42%から15%も伸びており、海に親しむ活動、海洋教育を推進している日本財団にとっては、「単純にうれしい結果であり、取り組みの成果」(海野光行常務理事)となった。


2019年07月08日(Mon)
「新日英同盟」を積極外交の柱に
(産経新聞「正論」2019年7月4日付朝刊掲載)

日本財団会長 笹川 陽平

seiron.png日英両国が争ったインパール作戦の地に日本財団の支援で「平和資料館」が完成し、先月22日、開館式に出席。75年後の平和な姿を前に、近年、新たな動きを見せている“新日英同盟”について思いを新たにした。


2019年07月02日(Tue)
アジアの平和構築 若手の人材育成こそ急務
(リベラルタイム 2019年8月号掲載)
日本財団理事長 尾形武寿

Liberal.png
日本財団が手掛けている奨学金事業の一つに「アジア平和構築奨学金事業(APS)」がある。地域紛争や宗教・民族対立が激しさを増すアジアで、国際的な視野に立って平和構築に貢献できる人材を育成するのが狙いだ。


2019年07月01日(Mon)
無人運航船がつくる2040年の日本の未来を日本財団が提言!!
〜日本財団 無人運航船セミナーを開催〜

日本財団は18日、「無人運航船が変える2040年の未来」と題したセミナーを開催しました。セミナーでは、世界初の完全自律運航フェリーの実証に成功したフィンランド国営フェリー会社「フィンフェリー」のマッツ・ロジンCEOらが登壇し、無人運航船の日本の導入に向けて、開発が先行する欧州での事例や、デジタル技術開発での課題について講演しました。

写真
開会挨拶をする笹川会長