CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2018年02月 | Main | 2018年04月»
2018年03月30日(Fri)
あらためて問われるA型事業所の在り方
相次ぐ閉鎖受け倉敷でフォーラム開催
障害者の就労継続支援事業


相次ぐ閉鎖で障害者の大量解雇が続く就労継続支援A型事業所問題を考えるフォーラム「A型せとうちサミットin倉敷」が3月18日、岡山県倉敷市で開催された。NPO法人「就労継続支援A型事業所全国協議会」(全Aネット、久保寺一男理事長)の主催。厚生労働省の調査ではA型事業所の70%以上が事業収益だけでは賃金を賄えない状況にあり、相次ぐ閉鎖を前にA型事業所の在り方があらためて問われる事態となった。

全国から260人が参加したA型せとうちサミット会場

全国から260人が参加したA型せとうちサミット会場



2018年03月29日(Thu)
「マリンチャレンジプログラム」初の全国大会開催
かえつ有明中・高校が最優秀賞受賞
「トビハゼの転がる方向に関する研究」


海に関わる研究に挑戦する全国の中・高生を支援する「マリンチャレンジプログラム」の第1回全国大会が3月28日、東京都港区で開催され、全国59チームの中から選抜された16チームによる最終成果発表が行われた。審査の結果、かえつ有明中・高校(東京都)の研究「トビハゼの転がる方向に規則性はあるのか」が最優秀賞を受賞した。

001.jpg

丸幸弘リバネス代表取締役CEO(前列左端)ら審査員と記念撮影する、かえつ有明中・高校の田中絢音さん(同2人目)と藤本沙帆さん(同3人目)





2018年03月29日(Thu)
優勝は三代目源流少年隊(大分)
第20回日本太鼓ジュニアコンクール
本選進出60チームが技と音色を競う


伝統音楽の和太鼓の普及・振興を目的とした「第20回日本太鼓ジュニアコンクール」が3月25日、金沢市の金沢歌劇座大ホールで開かれた。本選進出60チームが技と音色を競い合い、三代目源流少年隊(大分)が優勝し、内閣総理大臣賞に輝いた。

優勝した三代目源流少年隊(大分)

優勝した三代目源流少年隊(大分)



2018年03月26日(Mon)
平昌パラリンピックブログ6 メダリスト凱旋トークショー
「挑戦する闘志、あきらめない心で獲得した10個のメダル」

平昌冬季パラリンピックのメダリスト4選手が20日、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)が主催し、東京・赤坂の日本財団ビルで開かれた「メダリスト凱旋トークショー」に出席した。パラサポのメールマガジンで応募した約100人のファンにメダルを披露、見事な成績を収めた大会の印象と今後への思いを語った。

001.jpg

メダリスト凱旋トークショー。左から、森井大輝選手、成田緑夢選手、新田佳浩選手、村岡桃佳選手





| 次へ