CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2017年05月 | Main
2017年06月29日(Thu)
地域住民の健康をサポートする「まちの保健室」
鳥取看護大学で毎月開催
「まめんなかえ師範」も養成


鳥取県倉吉市の学校法人藤田学院・鳥取看護大学(近田敬子学長、学生約250人)では、住民と学生が参加する「まちの保健室」を中心に据えた健康づくり運動を進めている。毎月1回開かれる「まちの保健室」では、学生たちが健康相談や健康チェックを行うとともに、テーマを決めてミニ講話を行っている。さらに、健康づくりリーダー「まめんなかえ師範」の養成も続けられ、健康寿命の上昇につながると好評だ。参加した地域住民(手前)にミニ講話を披露する学生たち=鳥取看護大提供

参加した地域住民(手前)にミニ講話を披露する学生たち=鳥取看護大提供




2017年06月28日(Wed)
累計入館者40万人に、国立ハンセン病資料館
24年で到達、春季企画展さなか
全国博物館施設の活動報告会も開催へ


日本財団が管理運営を受託している「国立ハンセン病資料館」(成田稔館長、東京都東村山市)の累計入館者数が6月27日、40万人に達した。社会啓発を目的とした2017年度春季企画展を開いているさなかで早速、記念セレモニーを開いた。7月1日には企画展の一つとして全国の博物館施設による活動報告会も開催する。
40万人目の入館者、萩原理彩子さんを真ん中にして一緒にくす玉を割る成田稔館長(右)と藤崎陸安・全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長(左)

40万人目の入館者、萩原理彩子さんを真ん中にして一緒にくす玉を割る成田稔館長(右)と藤崎陸安・全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長(左)




2017年06月27日(Tue)
鳥取の「地域観」を身につけよう!
幕末の「研志塾」精神を再興
日本財団、県と協力して実施


「地域のために何かをしたいが、どうしたら良いかわからない」。鳥取県で働く人たちに、個人として必要となる考え方や、組織を動かしていく方法を学んでもらおうというユニークな講座「研志塾」が県内持ち回りで開かれています。日本財団が鳥取県と協力して推進している「鳥取プロジェクト」の一環で、自分と地域との関わりを見つめ直し、「地域観」を身につけてもらうのが狙いです。

講師の原田博一さん(右端)の講義を熱心に聞く受講者

講師の原田博一さん(右端)の講義を熱心に聞く受講者




2017年06月26日(Mon)
Jリーグ7チームと連携、17年度LTO
きれいな海を目指す環境プロジェクト
活動スタート、「釘のない海の家」も完成


きれいな海を次世代に引き継ごうと、神奈川県・湘南の海岸でごみ拾いを続けているNPO法人「海さくら」(古澤純一郎理事長、東京都目黒区柿の木坂)と日本財団が、スポーツと清掃活動を絡めて海の環境問題に取り組む「LEADS TO THE OCEAN(通称:LTO)〜海につづくプロジェクト」。2017年度は男子サッカーのプロリーグ(Jリーグ)7チームと連携して進めることになり、7月からのスタートを記念して、関係各団体が6月24日(土)午後、片瀬東浜海岸で砂上会見。午前中に完成したばかりの「釘のない海の家」の前で意気込みを発表し、参加した子どもたちと砂浜掃除を行った。

Jリーグ7チームとの活動開始に当たり出席者で記念撮影

Jリーグ7チームとの活動開始に当たり出席者で記念撮影



| 次へ