CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
2016年09月30日(Fri)
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム閉幕
特別ソーシャルイノベーター3組選出
3日間で延べ約2200人が入場


東京・港区の虎ノ門ヒルズフォーラムで開かれていた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016」は9月30日、特別ソーシャルイノベーターの最優秀賞に岩本悠・学校魅力化プラットホーム共同代表(37)、優秀賞に河内崇典・Collective for Children共同代表(39)・高亜希・同代表(36)と、林篤志・Next Commons Lab代表(30)を選出し、3日間の幕を閉じました。3日間の入場者は延べ約2,200人にのぼりました。

特別ソーシャルイノベーターの最優秀賞に選ばれた岩本さん

特別ソーシャルイノベーターの最優秀賞に選ばれた岩本さん(左から4人目)



2016年09月29日(Thu)
ソーシャルイノベーター10組11人の競演!
ブースごとにプレゼンを実施
特別イノベーターは30日選出


日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016」2日目の9月29日、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで、社会課題の解決に向けて活動を推進していけるリーダーとして選出されたソーシャルイノベーター10組11人によるプレゼンテーションが行われました。各イノベーターはブースに陣取り、関心を持って集まったフォーラム参加者に向けて社会課題の内容、取り組み方などについて熱心に説明していました。最終日の30日には、この中から数組の特別イノベーターが選出されます。

全体会で勢ぞろいし、司会役の2人(右端)と話すイノベーター10組11人)

全体会で勢ぞろいし、司会役の2人(右端)と話すイノベーター10組11人)




2016年09月29日(Thu)
休眠預金活用に最大限の協力を
(産経新聞【正論】2016年9月27日掲載)

日本財団会長 笹川陽平 


seiron.png 金融機関に預けたまま10年以上、出し入れのない預金を活用する「休眠預金法案」(休眠預金等に係る移管及び管理並びに活用に関する法律案)が26日に開会した臨時国会中に可決成立するか注目を集めている。
 2012年から翌年にかけ本欄で3回にわたり休眠預金の活用を提案した立場からも、法案が早期に成立し、休眠預金の移管・管理・活用態勢が整備され、一日も速く貧困世帯や障害者支援、地域課題の解決などに休眠預金が活用されるよう望みたい。


2016年09月28日(Wed)
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム始まる
小泉進次郎議員が基調講演
29日から30の分科会開く


各分野の第一線で活躍している専門家が一堂に会し、「にっぽんの将来」を議論し、実践する大型イベント「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016」が9月28日、東京・港区の虎ノ門ヒルズフォーラムで始まりました。初日は笹川陽平・日本財団会長のあいさつに続いて、自民党若手のホープ・小泉進次郎衆院議員が基調講演を行いました。フォーラムは30日まで3日間開かれ、30の分科会、社会課題解決のプログラムに取り組んでいるソーシャルイノベーター10組11人らによるシンポジウムなどが行われます。

ソーシャルイノベーションフォーラムの全体会が開かれた虎ノ門ヒルズフォーラム

ソーシャルイノベーションフォーラムの全体会が開かれた虎ノ門ヒルズフォーラム




| 次へ