CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2016年06月 | Main | 2016年08月»
2016年07月29日(Fri)
被災した小中学生に思い出プレゼント
船上から花火観賞、帆船ツアーなど
日本財団の復興支援イベントを発表


子どもたちにとって夏休みは特別なもの。熊本地震が起こった4月からの1学期が大変だった記憶を持ち続けていく子どもたちに、特別な思い出を贈りたい、と日本財団の尾形武寿理事長は7月28日、熊本県庁で記者会見を行い、被災した小中学生に向けた復興支援イベントを開催すると発表しました。8月12日と25日の2日間、船から花火を観賞するほか、帆船日帰りツアーや大型フェリーによるウミガメ放流体験を行い、合計1,440人を招待します。

日帰りツアーを行う帆船「みらいへ」

日帰りツアーを行う帆船「みらいへ」(写真提供:一般社団法人グローバル人材育成推進機構 帆船「みらいへ」事業部)




2016年07月28日(Thu)
「くっつく海の生き物展」開催中
子どもに人気の「マダコタッチ」
山口県下関市のしものせき水族館


子どもたちに海の生き物に関心を持ってもらおうと、「ガチッ!ピタッ!ギュッ!くっつく海の生き物展」が、山口県下関市の「しものせき水族館」(通称「海響館」)で開かれています。この企画展は、ヒトデやイソギンチャクのような何かにくっついている生物に焦点を当てたもので、海響館を運営している公益財団法人・下関海洋科学アカデミーが主催、日本財団が共催して11月23日まで開かれています。

水槽にくっつくコバンザメを観察する子どもたち

水槽にくっつくコバンザメを観察する子どもたち




2016年07月27日(Wed)
海洋都市横浜をアピール「うみ博」初開催
産官学連携イベント、来場者12,000人
多彩な海の魅力をたっぷり体感


描いてきた絵をかざす、大人気のさかなクン。会場は超満員でした

描いてきた絵をかざす、大人気のさかなクン。会場は超満員でした


多彩な海の魅力を子どもから大人までたっぷり体感してもらおうと7月22日(金)、23日(土)の両日、横浜市で海洋都市横浜をアピールする初の催し「横浜うみ博2016」が開かれました。海洋開発をテーマとした産官学連携のイベントです。横浜港の大さん橋国際旅客ターミナル内にある大さん橋ホールをメイン会場にして、日本郵船歴史博物館、日本郵船氷川丸、帆船日本丸・横浜みなと博物館、三菱みなとみらい技術館、横浜・八景島シーパラダイスなど市内9施設のサテライト会場と併せて開催され、主催者発表によると、メイン会場だけで約1万2千人の来場者でにぎわいました。


2016年07月26日(Tue)
消防艇誕生、進水式を間近から
夏休み子どもたちが思い出づくり
造船所見学、今年も全国で一斉実施


この地球で一番大きな工業製品の「船」を見に行こう−と子どもたちや家族を招いた進水式見学祭が7月21日、東京都江東区潮見2丁目の墨田川造船(株)で開かれました。7月上旬から8月中旬にかけて全国の造船所や舶用事業所で、地域に在住する小中学生を対象にして一斉開催される見学会の一つです。夏休みの自由研究や思い出づくりに、と招待された子どもたちは家族や友だちと一緒に、誕生した消防艇が初めて海に浮かぶ様子を間近から見たり、船をつくる材料に触れたりロープワークを体験したりしながら、用意された各種のイベントを存分に楽しんでいました。

進水した消防艇「ありあけ」

進水した消防艇「ありあけ」




| 次へ