CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2016年03月 | Main | 2016年05月»
2016年04月28日(Thu)
ホームホスピス村に新たに本家が完成
福岡県久留米市の「たんがくの家」
地域の人たちとの交流の場も


がんや認知症などのお年寄りが、家庭的な雰囲気の民家で、最期まで安心して暮らせることを目指すホームホスピス。そのトップランナーのひとつ、福岡県久留米市の「たんがくの家」では、新たに本家が完成し、地域住民との交流の場になるカフェも設置されました。これでホームホスピス村のホーム(家)は4軒になりました。熊本地震の余震が続く中、入所しているお年寄りにとって元気の源になっています。

本家のカフェを案内する樋口千恵子理事長
本家のカフェを案内する樋口千恵子理事長


2016年04月27日(Wed)
熊本地震の復興支援、本格化
日本財団、熊本県と合意書締結
独自の復興支援センターも


 日本財団が先に発表した計93億円に上る熊本地震の緊急支援策について笹川陽平会長と蒲島郁夫知事が4月26日、合意書を交わしました。合わせて県庁前のビルに「日本財団災害復興支援センター熊本本部」も開設、今後、NPOやボランティア団体との打ち合わせ、行政との情報交換を蜜にしながら官民の連携による復興支援活動を本格化させる考えです。

合意書を締結、握手する蒲島知事と笹川会長
合意書を締結、握手する蒲島知事=右=と笹川会長


2016年04月27日(Wed)
パラリンピック競技特集(18)自転車
パラ競技.png
リオ大会の出場枠が男子3人、女子2人に!

走路にシベリア松を使用した、長さ250メートルのバンクを猛スピードで走り抜ける―。我が国の自転車競技のメッカ、伊豆ベロドローム(静岡県伊豆市)で4月16、17の両日、全日本自転車競技選手権大会トラック・レース、日本パラサイクリング選手権・トラック大会が開かれました。2020年の東京五輪同様、東京パラリンピックもこの会場で競技が行われることに決まり、世界標準仕様のドーム型競技場はいつになく盛り上がっていました。

個人パーシュートで優勝の川本、2位の相園、3位の小林の各選手
個人パーシュート重度の部で優勝の川本(中央)、2位の相園(左)、3位の小林(右)の各選手


2016年04月26日(Tue)
施設の改修が終わり、お披露目会
奈良・東大寺境内の親子レスパイトハウス
TOOTH FAIRY支援の一環


奈良・東大寺の境内にある一般社団法人「奈良親子レスパイトハウス」の施設改修工事が完了し4月23日、お披露目会(内覧会)が開かれました。歯科医師によるチャリティー活動「TOOTH FAIRY(歯の妖精)」の支援によって施設を新しくすることができました。TOOTH FAIRYプロジェクトは、日本財団が日本歯科医師会の協力を得て進めている社会貢献活動です。奈良親子レスパイトハウスは2010(平成22)年から、東大寺境内にある宿坊などに医療スタッフ同行のもと難病児とその家族を招いて、親子がともに休息する機会を提供してきました。老朽化した厨房や浴室を今回改修し一部増築を行ったことで、施設内での宿泊や日帰りサービスが、より快適、安全にできるようになりました。

新設された調理室兼ボランティアスタッフルーム(向かって左正面の建物)
新設された調理室兼ボランティアスタッフルーム(向かって左正面の建物)


| 次へ